FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。

CFNMの話 その196

hygtfrdedrfffffffffffftgy.jpg
896、JKにオナニーを覗かれる
大学時代にひとり暮らししていたアパートは、駅からそんなに遠くない場所だけど閑静なところにありました。そして隣は私立の女子高校で、生徒は結構可愛い子が多く少年誌にモデルで出ていた子もいました。校舎は4階建てで、裏がこちらのアパートの部屋と向かい合うようになっていました。私の部屋は2階で窓が結構大きくて、校舎の3,4階の窓の様子がよく見えました。直線にして30~40mくらいしか距離がなかったように思います。窓は透明な部分が多く、カーテンではなく簾を掛けていたのですが、あまり簾を下ろすことはありませんでした。ひとり暮らしなので、シャワーを浴びて全裸で部屋をうろうろすることも多かったのですが、そんなある時(日中)、ふと校舎に目をやると女子高生達が窓越しに何人もこちらを見て笑っていました。その時物凄い興奮を覚えて、それをネタに何度もオナニーしました。只、こちらはまったく気づかないふりを装い続けました。それからも女子高生達は、放課後など度々こちらを覗いていました。簾を半分下ろした状態で奥のソファー(窓に向いて座るようになっている)に全裸で座り、ポルノ雑誌でわざと顔を隠しながら、大股開きでオナニーしました。女子高生達は、最初2、3人だったのが4~5人、10人と増えて窓越しにこちらを凝視してる様子がわかりました。フィニッシュでは、左手でお尻を広げてアナルがぽっかり開いた状態で、腰を激しく振って大量に射精しました。そういうのを何度となく繰り返していると、ある時アパートの前の道を歩いていると、部活で学校から少し離れた運動場に移動する十数人の生徒たちとすれ違いました。すると向こうから、「こんにちは~、いつもお元気ですね!」と声を掛けられたのです。クスクス笑っています。「あ、こんにちは~。」と返し、「あれ、僕のこと知ってるのかな?」と何気なく訊ねると、「いつも丸見えですよ。やらしいよね~?」「そこのアパートのお兄さんでしょ?」と言われ、私は白々しく「えっ、嘘!見えてんの?いや~恥ずかしいな!ごめんね。ひとり暮らしなもんで。嫌なもの見せちゃったかな?先生に言ったりしたの?」と聞き返した。すると「あっ、言ってないよ。家ん中だし。勉強になるしね。男の人のああいうの。こっちこそ黙って覗いちゃって。」そこで初めて年頃の女の子が如何にエッチか思い知った。
897、海岸でのCFNM体験
私は海岸に戻り、悶々とした時間が過ぎて行きました。ここに他の女性が来たなら恐らく露出していたと思います。 ところが、1時間ほど経った頃、再びその女性が戻って来ました。 砂浜に座ったて、何か食べたりしています。 つい先ほどの彼女のォシッコシーンが脳裏に甦り、彼女に又、せんずりを見せ付けたい欲求がこみあげてきました。 しかし、近くにはサボりの郵便局員がバイクに股がってスマホを見ています。 私は心の中で「帰れ、頼む帰ってくれ!」と念じました。 暫くして、その女性は砂浜を歩き出し、少し離れた場所へ移動しようとしています。 その彼女の行動はある程度、把握していますので、私は先回りして彼女が来るのを心待にしていました。 スマホのスピーカーで、テレフォンセックスのおねえさんに喋ってもらった、私を蔑む婬語を音量マックスで鳴らしながら。 エロエロ気分は最高潮に盛り上がっています。 彼女が砂浜に座ったのを見計らい、私は息遣いを荒くしながら彼女に近づいて行きました。 スマホからは 「露出狂の変態チンポ」 「ツルツルのパイパン変態ちんぽぉ、見せ付けるのよ~おねえさんに~」 「ほぉ~ら、ほぉ~ら、せんずりシコシコシコシコするのよ~」 私はスマホのカメラを動画撮影モードにセットし、私のチンポとその先に彼女が映っている事を確認しました。彼女は髪をかきあげながらジッとこちらを見つめています。 もう限界です。 彼女の視線を全身で感じながら、彼女を見つめ返し、シコシコシコシコ。 「はぁはぁはぁ、出るっ、出るっ」 連日の露出せんずりのため、大量には射精出来ませんでしたが、これ以上にない射精感を味わいました。 後で動画を確認しましたが、私が射精した後、彼女の表情は少しニヤッとしたように見えました。
【人類M男化計画】音声で手コキ 射精はゲームオーバー★マゾヒスト育成ゲーム「マゾヒストプランナー2・覚醒」〜心菜さんに開放させられる〜
898、スポーツウェアのJKにチンポを見せつける
某公園でその日スポーツイベントがありました。スポーツウェアのJKらしき集団がいました。ふとトイレを見ると外から丸見えタイプで、真横に水道がある。これは大チャンス。私はトイレから少し離れた場所で待機。そして水場にJK集団で来たのを確認すると、さりげなくトイレへ。すでに半勃起状態のチンポをキンタマごと丸出しして小便するフリして軽くしごく。水場の集団はすぐ気付きニヤニヤしだす。顔を手で覆う子もいれば顔を背ける子もいる。しかし、やはりチンポに興味を持つ年頃だ。キャッキャしながらもチンポをガン見する子が多い。すると最初は顔を背けてた子も他の子に隠れながらチンポを覗き見。口に手をあてびっくりした表情の子もいる。おそらく初めて大人のチンポを見たのだろう。あまり騒がれるとヤバいので小便してるフリして精子を放出し、何もなかったようにトイレを後にした。勘のいい子が「え?今のってォシッコ?何か白くて粘ってたよね?」と皆に聞いていた。
899、研究されるM男
私立大学に進学して入ったサークルに中学時代、ひ弱な男子をターゲットにイジメを繰り返していた不良の女子グループのメンバーの一人だった女がいた。金銭をせびったり、罵声を浴びせる、嘲笑する、パンツを脱がすなど、ターゲットになった男子一人を取り囲み数人の女子でイジメをおこなった。放課後の体育館倉庫などでフルチンにされ、四つん這いやチングリ返されてオナニーさせられたりした。サークルに入って飲み会があったとき、その女(沙織=仮名)は、昔のことを謝罪してきた。優しい感じになったような気がした。「許されるなら付き合ってほしい」と申し出てきて、何度かデートしたり、飲みに行ったりした。「マンションに一人で住んでいるから」と誘いを受け、いよいよかという感じで夜半過ぎに訪れた。初エッチを頭に描いてベルを押し、中に入った。すると、女友達が数人訪れて飲んでいた。「一緒に飲もう」と誘われ部屋に入る。ちょっと拍子抜けしたが、「彼女らが帰ったら」という期待はあった。(他に昔のイジメグループのメンバーはおらず、知らない 女の子ばかりだった) 飲んでるうちに沙織が「こいつ、 M男でさ あ、みんなの前でケツの穴ヒクヒクしながら精子飛ばしてたんだぜ!」と言い出す。「えっ、嘘?じゃあ見せてよ!」と2~3人が言い出し、抑えつけられて全裸にされる。チングリ返されて抑えつけられ、いろいろなツールを準備していた。最初からの計画だったよ うだ。下半身をほぼ剃毛され、幼じのようにツルツルにされる。ロ ーターやらテンガまたは手コキで性器を責められ、ディルドやエネマをアナルに突っ込まれる。拡大鏡とトーチで玉袋の皮膚の様子やらチンポの先っぽの穴まで観察される。クスコでアナルを拡げられ 内部まで観察される。開かれた肛門から直腸の入り口をひとりひと りが写メに収め、画像を見せられた。その格好で開いたアナルに指を入れて「前立腺はここかな?」と勉強会が始まった。何度となく射精してしまい、精液を透明な袋に入れて観察。明け方服を着るとマンションを追い出された。
自由研究でオチ●チンを調べられました
900、ォシッコの音を聞きながら…
背の高い、ショートボブの女子高生が、とある店で、携帯で、しゃべっていた。密かに憧れていた、ミッション系の制服 しかも英語ペラペラ。トイレに入って社会の窓閉め忘れましたていで、見せつけることに、しかもノーパンで。チラッと私を見て顔が赤くなった。「気づいたんだ。」と嬉しい瞬間。しかも、商品棚の斜め前のベストの位置で、商品を見ているフリをして、凝視してくれました。「えっ、ちんちん?」という可愛いリアクション。他の売り場に移動すると、店員と話をしていたので、「ヤバイ、通報かな?」とビビったが、暫くすると、またその娘だけ、商品棚の斜め前にしゃがんで、凝視してくれました。「興味あるの?」と聞くと、頷いてくれたので、雑居ビルの、男子トイレに入ると、その娘が、「ォシッコしていい?」と言い和式の個室に入りました。暫く隣の個室で、待っていましたが、ォシッコの音が、したので、思わずしゃがんで、覗くと、大きなお尻が、丸見えでした。その後に、同じ個室に入り シゴいている所をみてもらいました。
~サディスティックな妹に劣等マゾの性癖を暴かれ意地悪な言葉責めと執拗寸どめの無間地獄に屈伏。奴隷誓約射精を強要される兄~【2年A組クラス委員長:芦原園未(1)】

CFNMの話 その195

etrtftykguio.jpg
891、水泳部のJCにチンポを見せながら会話
仕事で地方のホテルに行ってきました。 市街地の宿がいっぱいで、へんぴな場所にあるホテルしか取れなかったのですが、 R狂的には大満足でした。 当日は水泳部と思われるJCが宿泊してるようでした。 (入り口の黒板に『~中学水泳部様』の記載が) チェックイン時にはジャージ姿の健康的なJCたちがロビーではしゃいでいました。夜8時頃、最上階にある風呂に行くため浴衣を持って行こうとすると、なぜか明らかに小さい子供用の浴衣も一着ありました。 これを見た瞬間にR欲が湧いてしまいました。 あえて子供用浴衣を持って風呂へ。 風呂に浸かり、出るときはノーパン&子供用のパツパツの浴衣姿。 この格好で風呂の入り口前のベンチに座って一か八かJCを待ちます。 彼女たちがまだ風呂に入っていなければ上がってくるはず、という期待を胸に・・ さびれた古いホテルなので他に客は居ません。 監視カメラの位置は確認し、ゆっくりモノをシゴきます。 すると下の階から騒がしい声が聞こえてきます。 JCたちは大浴場のすぐ下の階に泊まっているらしく階段で上がってきます。 私は浴衣の帯をゆるゆるにして階段の方へ。 下から上がってくる水泳部JC3人組は騒がしくおしゃべりしていましたが 上にいる私の姿を見てフリーズ。 小さ過ぎる浴衣の前をはだけさせ勃起したモノはほぼ丸出し。 私はその格好でスマホをいじって、いかにも気付いてない風を装います(笑) JCたちは信じられないという顔でガン見。 みんな健康的に日焼けしててかわいい。 下からなのでチンポの裏側と金玉が丸見えです。 階段の幅は狭く、上がってくるJCたちにぶつかりそうになったので 『あ、すいません』と声を掛け横によけました。 そして思い切って話をしてみることに。 すれ違いざま

JC『あっ、すいません』
私『皆さん部活かなにかの合宿ですか?』
JC『あ、はい、水泳部です・・・』
私『そうなんだ、頑張ってね』
JC『あ、はい』

短い会話でしたがこの最中、半勃起のモノが丸見えです。 もう先っぽがJCたちにくっつきそうな距離でしたが、 彼女たちは逃げもせず、あっけに取られた感じで私のチ●ポと裸を上から下まで見ていました。 私がチンポをちょっと握ると、会話してない後ろのJCは一瞬驚き、にやにや笑い出しました。 すれ違い階段を降りる際、後ろからJCたちの会話が聞こえてきました。 『ちょっヤバいわ(笑)』 『なあ、なあ、あれ変態やんな?変態やんな?(笑)』 『普通に喋ってたのウケるわ~(笑)』 大はしゃぎの会話が聞こえてさらに興奮。 部屋に帰ってその晩3発ヌキました。
892、オナニー中に遊びに来た女友達
あれは私がまだ高○生の時の話です。 当時私は家庭の事情で3ヶ月程の間、実家で一人暮らしをしていました。まだオナニーも覚えたてで寝ても覚めてシコり、「そんな事よりオナニーだ!!」を地で行く少年にとって夢のような環境でした。 ですがその夢の様な環境は最初だけですぐさま友人(ヤンキー)の溜まり場になってしまいました。毎晩毎晩遊びに来てオナニーライフを邪魔された記憶があります。 その遊びに来てる連中に混じってタイトルの女友達2人(ヤンキー)も居ました。友人達は冗談でセクハラとかしてたんですが自分はビビリだったので手は出せなかったです。 一応男の連中には「遊びくる時は連絡を入れろ。いきなり来て俺がシコってたりしたらまじで困る!」と念を押してたのでオナニー現場に突撃されはしなかったのでよかったのですが問題は女友達の方でした。 彼女等はいつも男共と来るので男達が来なけりゃ彼女等も来ないだろうとタカをくくっていました。 ある休みの日、外で遊び夕方頃珍しく一人で帰宅した時の事でした。 久しぶりに誰もいない我が家。思う存分シコリ倒そうと思い玄関で靴を脱ぎズボンとパンツを脱ぎ捨てシコリながらウキウキで自分の部屋に行きました。 先輩から代々受け継がれダビングしまくったおかげで輪郭がボヤけた裏ビデオ(当時はVHS)を見ながら怒涛の如くシコリ上げました。 今でも変わりませんが私の基本ポジションは仰向けに寝てシコリ天に向かって射精するスタイルです。 その日も変わらずそのスタイルで射精し全部お腹に掛かっているのも構わず肩で息をしながら余韻に浸って居ました。 すると後ろの押入れがバンッと開き女友達2人が大爆笑で出て来ました。 こちらも一瞬で現実に戻され近くにあった毛布で精子まみれにも関わらず体を隠しました。 恥ずかしさとパニックで出た最初の言葉は「誰にも言わないで」でした。 彼女達は爆笑しながら言える訳無いじゃんと返してくれホッとしました。そこで少し落ち着き「いつから居たのか?」「全部見てたのか?」など質問をしました。 彼女等は私が家に帰宅する前から家に勝手に上がり込んでいたらしく私のバイクの音が聞こえたから驚かそうと思い押入れに隠れて待っていたそうです。鍵は掛けていたのですが窓が空いていたらしくそこから入ったみたいです。 という事は最初から見てたらしく、彼女曰く下半身スッポンポンでチンポをシコリながら部屋に入って来た時は押入れの中の空気が止まったそうです。 そんなこんなでそっち系の話でいじられ「いつもセクハラとかしなくて優しい○○君がこんな変態だったんだね~。チンコ気持ちよかった?」的な事やら「毎日こんな風にチンポいじってるの?」など言われ、またもや勃起して来た事を覚えてます。 彼女等もそれに気付き「見せて!」「子供のチンチンがそのまま大きくなって可愛い笑笑」「でもムケたらグロい。」などドMの心に突き刺さるワードを放ち最終的にもう一度シコってとお願いされ彼女等の眼前でオナニーしました。 精子を彼女等にティッシュで受け止めて貰いチンポを綺麗に拭いて貰いながら「また見せてね!」と言われ「こちらこそ是非お願いします!」と約束してその日、彼女等は帰りました。
893、JC達に馬鹿にされる露出狂
ある地方都市の繁華街にあるファッションビルでのことです。 そこは、JC~JD向けファッションをメインに扱っている若者用のビルです。 といっても、ユ○クロが入っているから老若男女問わず行き交っています。 ビルの最上階は、休憩スペースがあってJCやJKがベンチに座ってダラダラしていることが多いトコです。 数年前の夏に、そこで初めてRしました。 その最上階で、まだ幼さの残る顔つきからしてJCな二人を見かけました。 この二人は、日焼けして褐色な肌とノースリーブにホットパンツ姿で揃えた背伸びしている部活少女っぽい印象でした。 休憩スペースの自販機コーナー近くにあるベンチでスマホを触りながら、休憩していました。 僕は休憩スペースの隅にあるトイレへ行き、FBまでシゴいて準備しました。 Pをジーンズのチャックから取り出し、Tシャツとリュックで隠しながらJC達のいるベンチに向かいます。 JC達は先程と変わらず、スマホを触ってはダラダラ会話しています。 JC達の近くまで行く頃には、バクバクと動悸が激しくなり、膝がガクガクと震えてきました。 勇気をだして、JC達の前で隠していたPをさらけ出して歩きます。 JC達はスマホを見ながらの会話に夢中で気づきません。 それではっと、作戦を変更です。 自販機コーナーに行き炭酸飲料を買います。 ドカッとペットボトルが自販機の取り出し口に落ちてきて、チャリンチャリンと小銭が吐き出されます。 JC達も何事かと、僕のいる自販機の方をチラッと見ました。 Pを出していることに気づかなかったのか、すぐにスマホへと顔を向けてしまいました。 僕はJC達のいるベンチ前2mくらいに行って立ち止まり、ペットボトルの蓋を開けます。さすがのJCも目の前でプシュッと音がして、 立ち止まっている男がいることに不審に思ったのか一人が顔をあげました。 僕はやったとばかりに、FBしたPをさらけ出します。 JCは目を丸くしてビクッと体を震わせます。 そして、隣りに座ってスマホ画面を見て下を向いてるJCに耳打ちしています。 耳打ちしている間、チラチラとこちらを見ています。 もう一人のJCは顔を上げると「うわっ」と声をあげました。 二人は顔を背けて、チラチラとこちらを見ながらヒソヒソ話しだしました。 「あの人、さっきトイレ行ってたよ。しまい忘れたのかな」「バカ、見せてんだよ。ヘンタイだって」「えぇ~、そう?見せて何が楽しいんだろ」「ああいうヤツに前あったけど、キモチイイと言ってたよ」「マジで~、キモーい」 二人に注目されて嬉しくなった僕は、Pに力を入れてピクピクと上下に動かしました。 「ぷっ、ピクピクいってる」「ちょっと見てないで、ほっとこ」「だってチンチン見たの初めてなんだもん。あんなにデカいんだ」「あんなのタッてるわりにホーケーだし」包茎まで見てもらえるなんて、最高です。 このままSまで見てもらえそうな予感がしたので、 僕はシゴき始めました。「うわっ、何かやっている」「キモっ...シコってる。ねぇ、もう行こうよ」「もっと見たかったのにぃ」JC達はこちらを見ないように荷物をまとめながら、移動する準備を始めました。 もうとっくに最高潮に達していた僕は、 この機会を逃すまいとSに向けてペースアップします。 JC達が立ち上がろうとこちらを見た瞬間、ビュッビュッビュッとJCに向けてSしました。 残念なことに、JC達の足元手前へ着地しました。 JC達は最後の発射まで、足元と僕の姿を交互に見ながら、唖然としていました。 「キモっ、ヘンタイ」「ヘンタイさん、バイバイ」と言うと、JC達は早足でエスカレーターへと向かっていきました。 偶然に他の買い物客がいなかったからいいものの、 結構なリスクを犯していたと帰宅後にゾッとしました。 こんなことがあってからは、しばらくそこのビルには近付いていません。
894、射精を罵倒するJC
T県のある予備校は、二階廊下の一部にあるフリーエリアが建物の裏手にある駐車場に面している。 ちょうど駐車場を窓から見下ろすような格好で、JCやJKが食事や談笑してたりする。 駐車場は、大通りから一本奥の側道に接していて、人通りもなく死角が多い。 数年の前のこと、その駐車場を通りかかるとJC3人の談笑している姿を見かけた。 チャンスとばかりに、駐車場へ走り込んだ。 ちょうど駐車してある車がまばらにあって、入り口から姿を隠せる。 JC達はまだ気付いていないが、立ち小便を装って窓から背中だけ見える位置で待機する。 窓の様子をチラチラと伺いながら、FBまでシゴキながら露切りする仕草を装う。 しばらくすると、JCの一人が気付いたようで、肘で隣に座っているJCを小突く。 突かれたJCには顔を見合わせニヤっとして、さらに隣のJCに耳打ちしている。 JC達の近くで窓が開いているのか、会話が聞こえてきた。 「立ションしてるよ、あの人」 「キモいわ~」 「ずっとあのままだよ、相当貯まってたんだw」 「こっちに気付いてないのかな。丸見えじゃん」 JC達が注目していることを確認すると、大げさにシゴきだした。 「え、ちょ」 「あれ何してんの。メッチャ手動かしてんだけど」 「バカ、シコってんだよ」 「マジかw」 「シコってるの、初めて見たww」 「男子が話してたの聞いたけど、シコるのって気持ちいいらしいよ」 「B、ムッツリすぎw」 「Aの彼氏はシコってるん?」 「シコるとか言うなしw聞けるわけないじゃん」 JC達の盛り上がりが分かると、膝がガクガク震え、一気に昂ぶってきた。 調子に乗って、窓へ体を向けて、更に本気でシゴく。 「えっ、えっw」 「こっち向いてシコってるし!w」 「てかビンビンじゃん。何かデカい」 ギャーギャーと騒ぎ出したので、そろそろ限界を感じた。 もったいなかったが、JC達によく見えるよう横へ体を向けて、斜め上方向に射精した。 数日オナ禁していたこともあって、ビュビュッと白い弧を描いて1m先くらいに着地した。 「うわっ、何か飛んだよ」 「マジ!シコって出してるw」 「メッチャ飛ぶんだww」 「あんなの絶対妊娠するwww」 手を叩いて笑ってるJC達を背に急いでその場を去ろうとした。 すると、ガラッとJC達が窓を開けた。 「気持ちよかったですか~ww」 「また来てね~キャハハハwww」 嘲笑されながら、大満足で逃げ去った。
大好きな後輩の前で、告白オ〇ニー罵倒と恥辱のエンドレス
895、アルバイトのJKにドン引きされる露出狂
まずは陳列中のJK店員をターゲットにした。 チンコをズボンのチャックから出して、Tシャツに隠しながら近づく。 JK店員は通路にしゃがんで陳列しているので、こちらに気付くと陳列棚に寄って通路を開けてくれた。 まだチンコには気付いていないようだ。 すぐにこちらから陳列中の商品へと顔を背けてしまった。 俺は商品を選んでいる素振りで、JK店員の真横まで行き、Tシャツからチンコを出して立ち止まった。 するとJK店員は邪魔そうにこちらを見上げた。 顔から50cmもない距離でフル勃起のチンコを出した男にビックリしてか、 尻餅をついて「え、何で」と言うと、こちらの顔とチンコを交互に見た。 俺はチンコをピクピク動かして、ご挨拶をしながら適当な商品を数点手に取ると、Uターンしてレジに向かった。 今度はレジのJK店員がターゲットだ。 Tシャツでチンコを隠して、レジ前に並んで先客の会計を待つ。 自分の番になったら、とりあえず隠したまま商品をレジカウンターに置いた。 JK店員はダルそうに、商品をスキャンし始めた。 俺は財布を出して、Tシャツでチンコを隠してスキャンが終わるのを待った。 JK店員が合計金額と告げると、俺はわざと1万円札を渡した。 渡す間もチンコは隠したままだ。 JK店員は1万円札を受け取り、レジ打ちしている。 俺はこのタイミングでTシャツからチンコを出して、チンコが見えるように、財布を下腹部で広げた。 JK店員はお釣りにお札を数えながら渡そうとすると、チンコに気付いて「うわぁ...」と嫌そうに顔を歪めた。 お札を受け取ると、チンコをよく見えるようにゆっくりと財布へとしまう。 JK店員はこの間に嫌そうな顔をしながらも、残りの釣り銭を手にして待っている。 俺はお札をしまい終わると、亀頭オナのように軽く亀頭を数回コスった。 JK店員は汚物を見るような目でこちらを睨み、小銭を俺に手渡そうと手を伸ばす。 もちろん、受け取る手はチンコの真上で待機している。 JK店員は渋々とチンコに触れないよう左手を俺の手に添え、右手で小銭を渡そうとする。 俺は腰を使ってチンコを動かして、彼女の左手に亀頭でキスした。 少しひんやりとした柔らかい感触が亀頭に伝わってくる。 彼女はさっと左手を抜き、右手の小銭を「うぇー」っと気持ち悪そうな顔をして渡した。 他に客がいなかったので、俺は小銭を一旦レジカウンターに置いて、 少しずつ財布にしまいながらシコシコと皮オナを始めた。 後ろを振り返ると、先程のJK店員はこちらの様子を伺っている。 JK二人にジッと見られている異様な状況に、気を抜くと今すぐにも射精しそうだ。 買い物客の入店音が聞こえたが、 入店した男性客はこちらに気付いていないようで店奥のドリンクコーナーへ向かった。 これ以上長居をすると他の客に見付かるので、急いで残りの小銭を財布にしまう。 そして、くるりと後ろを向き、こちらをジッと見ているJK店員にも数回シコシコと見せつけて店を出た。 すると、後ろからJK店員同士の声が聞こえてきた。 「チョー、キモかった」「私なんてチンコ触っちゃったし」 「うぇー、マジで」「ていうかシコるなら、家でやってろって」「ホントホント、シコってるの初めて見ちゃったし」「アイツ、ホーケーのクセして粗チン見せんなよって」「粗チンとかウケる」 とギャーギャー騒いでいた。 ちなみに、半年後にそのJK達に会えないかともう一度その店にいったが、 別の店に変わってしまっていた。
フリーダム

CFNMの話 その194

886、銭湯掃除の娘に見せつけ
休みの前の日に友達と夜中まで遊び深夜2時頃1人帰宅した時の事です。いつもは遅い時間なので家のシャワーを浴び眠るのですがその日はどうしても広いお風呂に入りたく夜中2時半頃銭湯に向かいました。 いつもは家族連れなどで賑わっている所なのですが深夜の時間帯、他に客は誰も居なく有線から流れる演歌が余計に寂しさを際立たせていました。受け付けには暇そうに雑誌を見ているおばちゃんがいました。 早速自販機で入浴券を買い受け付けのおばちゃんに券を渡しました。ふとカウタンターを見ると掃除の時間の張り紙があり3時から4時迄掃除の時間だそうです。という事はあんまり入浴する時間が無いのかと思いおばちゃんに聞いてみました。 するとおばちゃんはその時間内は自販機を締めて新しく入ってきたお客さんはお断りするが時間前に入っていたお客さんに関しては掃除が気にならなければそのまま入浴してても構わないと言う事でした。 私としてはせいぜい2~3人の業者のおじさんが掃除しにくると思い気にならないのでそのまま了承しました。 浴場に入ると見事に誰も居なくゆっくり入浴を楽しみました。 そして3時になり誰が浴場に入ってくる気配がし業者のおじさんかと思い見て見るとなんと短パンにTシャツ姿の女性が10人程入って来るではありませんか。 備え付けのベンチに座り全裸で呆然としてる私を横目に女性達はテキパキと掃除を始めました。 その中の1人と目が合うとニコリと会釈をしてくれそんな状況に軽く興奮を覚え一物が半立ち状態に陥りました。 すると女性達はチラチラと半立ち状態のペニスに視線を送り気が付いたらフル勃起してました。タオルを被せ隠した所でテントが張った状態になり意味がありません。元々露出願望があった自分だったのでタオルを取りそそり立ったペニスを見せつけました。視線に気付かないふりをしてペニスが良く見えるよう足を広げストレッチをしました。そしたらクスクスと笑い声が聞こえますます興奮しました。試しにみこすり半シコって様子を伺った所大丈夫そうだったのでそのままオナニーをしその日は果てました。 女性達の反応は無関心な態度の人も居ればニヤニヤとしてる人もいてとてもとても興奮した記憶があります。 その日から休みの前の日は必ず夜中の銭湯に行くようになりました。
887、ネットカフェのレジの女性に…
関東のとあるネットカフェにて、入室後しばらくはエロ画像やエロ動画を眺めて過ごします。 興奮も高まり、勃起も安定した頃合いになるのを待って、レジカウンターへ行きました。レジの女性は、ちょいフリーター風20代後半。淡い茶髪ショートカットの165cmくらい、やせ形、胸はそこそこ。 レジでお菓子を2品ほど購入。自分のズボンはあえてチャック全開。社会の窓(死語?)からは、半勃起で盛り上がったチンコがトランクス越しに存在感を主張している状態です。 金の受け渡しの際に、レジ女子の視線が一瞬ぼくの股間に向いたことを確認し、興奮はさらに高まります。 個室に戻って、その興奮を思い出して、フル勃起になったチンコをトランクスの上からします。握ったりつまんだり、撫でたり擦ったりしていると、トランクスの先端には1円玉サイズくらいにかウパー染みができてきました。 そこで、もう一度レジカウンターへ行きます。 格好は、さっきのまんまです。

僕「あの、すみません」
レジ女子「はい、なんでしょう?」
僕「えっと・・・」
レジ女子「はい?」
僕「あの・・・、エロ動画見てたらオナニーしたくなっちゃったんですけど、個室でオナニーしてもいいですか?」
レジ女子「はい?・・・・・・」
僕「ドアはちゃんと閉めますから。オナニー用にティッシュが欲しいんです。」
レジ女子「え、えっと・・・」

僕、レジ女子の顔を見つめながら答えを待つ。 

僕「えっと・・、やっぱり、ダメですか?」
レジ女子「あ…はい…部屋を汚されると困りますので…」
僕「そうですか・・じゃあ、トイレでしてきます」

と言ってトイレでオナニーしてきました。 レジ女子に向かって恥ずかしい言葉を自ら言うという興奮。 個室でオナニーされると困ると答えられて「じゃあトイレでします」と返答したときの反応。 (ええ~、結局するんかい!というツッコミが聞こえてきそうな表情) 「トイレでします」と言ってトイレへ向かってる最中に振り返って見たときに見えた、軽蔑しきった表情。 すべてが最高の興奮材料となり、かなり気持ちよく射精できました。
888、海岸でのCFNM体験
とある海岸で、年齢的には35くらいと思うけど、ちょっと精神病的な感じでブツブツ独り言をいいながら、砂浜に寝そべったり、野良猫に餌をあげたりしてるのを何回か見かけて気になってました。顔立ちの悪くないスレンダーな女性だけど、いつも小汚ない服着て、だいたい17時から見かけて、遅いときは23時過ぎに砂浜に座ってるのを見かけた事がありました。 遅い時間なので、回りには誰もいません。 初めてその女性に見せ付けた時は、短パンを膝まで下ろし、パイパンの勃起したものをシコシコシコシコしながら近づいて「ほーら、イヤらしいチンポ、ねぇ見て見て~!せんずり気持ちいい~!」と声をかけました。「ギャー!」と大声を出されましたが回りには誰もいません。1mくらいの至近距離でじっとチンポを睨み付けられながら、ドピュドピュっと大量に射精を見せ付けることに成功しました。 それから、その女性を見かける度に同じような事を繰り返してます。
889、スパッツ越しに見せてるお母さん
稽古終わりにスパッツ越しに見せてるお母さんに遂に言われました。 先日も稽古終わりにスパッツ一枚で身体を涼しくなるシートで拭いてると、帰る挨拶をしに部屋に来ました。暑いから部屋の入口は開けっ放しです。 その日も暑い中稽古したのでスパッツは汗でスケスケでした。 すると、「暑かったから汗で透けちゃってるよ!笑」と言われ始めて気づいたフリをして、「うわっ!恥ずかしい!粗末なモンをすみません!笑」と言うと「そんな事無いわよ。ウチの男達はみんな皮被りだから!笑」と笑って言ってました。 ちゃんと亀頭の形とか細かく見てたんだと思ってかなり興奮しました。次はスパッツや水着のスケスケのインナーで見せようと思ってます。
890、チンポに興味津々の女性
日課のオナニーをしている時にちょうどインターホンが鳴った。カメラ越しに見ると40代後半くらいの綺麗な女が立っていた。「すこしだけお時間ございますか?」と言われたので、玄関まで通した。すでにギンギンに勃起しているちんこをボクサーパンツで強引に隠しドアを開けた。すると案の定、勧誘の話だった。 内容はよく覚えていないないが食材関係だったと思う。話し始めてから数分と経たないうちに女が俺の勃起に気づいた。「あら...」と視線を送るので正直に「シコってたんすよ」といったら女は「若いわね~」と色っぽく答えた。理由は分からないがものすごく興奮していた俺は今思えば普通ではなかったと思う。 いきなりパンツを脱いで下半身を露わにして、女に「見てて」と言いその場で扱き始めた。女は「えっ...!?」と戸惑っていたがすぐに笑顔になりしゃがんで顔を近づけてきた。シゴいてるちんぽの臭いを嗅いできて「舐めてもいい?」と聞かれたとほぼ同時に玄関の扉に向かって射精した。女は「あら~すごいわぁ」と声を漏らした。興奮冷めないおれは、その後立て続けに3回女が見てる前で射精した。
ビッグモーカル

CFNMの話 その193

881、合法トイレでのCFNM体験
私はもっぱら合法トイレRしてます。この合法トイレRも次々に改装され、昔に比べると穴場が減りました。昔は某若者向け百貨店のトイレなんか、通路真横から丸見えで、女子トイレに行くにはその通路を通って行くから、チンコ見られ放題だった。お洒落な百貨店だから若い女子が次から次へと行き交う夢のような所でした。口に手をあて「やだー信じられない」とか「うわ、モロ見え」「剥けてたよ」「玉まで出してた」「立ってる!」等、色んなリアクションを楽しめました。
882、脱毛のお姉さんに…
お姉さんが部屋に入ってきて「バスタオル失礼しますね~(槌槌槌)」とバスタオルの前を開いた瞬間、時が止まりました。 お姉さんはパンティからはみ出したギンギンにそそり立ったチンポをガン見して固まってしまってます!ちなみに僕のチンポには蛇の刺青が入っていてそれにもびっくりしたそうです汗 そのまま太ももの脱毛したのですが目線はチラチラとチンポに行ってるのが分かりました笑 そして局部の追加をお願いしたら他の予約は入ってなかったのでOKでした!その時にはだいぶ打ち解けてパンティが可愛いとかチンポ汁ダラダラの亀頭を何回も拭いてもらったりしました笑 印象に残った言葉が「オチンチン固くしてた方が(脱毛)しやすいから頑張って勃起させててね」でした! その言葉だけで来て良かったと感じました! 本当は自分でシゴクの禁止ですが痛さを紛らわす為にチンポシゴかせて下さいとお願いしたら射精しなければと言う事で許可頂きました。知らないお姉さんとチンポシゴきながら世間話するのはとても興奮しますねwww 最終的に脱毛後のクリームを塗ってもらってる時に射精しました! あえての無言の射精だったのでお姉さんもびっくりして思わず手で受け止めてくれたのは意外でした!
883、積極的なおばさんたちの前で
治安の良くないアパートに住んでた時の話です。 休みの日に家にいたんですが某宗教のおばちゃん2人組が勧誘しに来ました。 その日は特にやる事もなく朝からウィッグ、ミニスカにTシャツにキワドイ穴あきパンティを履いて女装を楽しんでいました。 インターホンがなりドアスコープを覗いたら怪しい冊子を持った知らないおばちゃん2人組。 即座に「あ、これは宗教勧誘だな」と察し無視しようと思ったんですがちょっとからかって見ようと思い女装したまま玄関ドアを開けました。 最初はおばちゃん2人はビックリしてましたが自分は体は男だが心は女だと説明したら意外と納得してくれました。 まぁそのまま玄関で談笑してたんですが宗教チックな話になり興味はあるがあまり気が進まない的な感じでやんわりと断ったつもりだったんですがおばちゃん達は勘違いしたのか猛烈にアタックし始め収集がつかなくなり今日は時間がないのでまた今度話をしましょうとその日は納め帰って貰いました。 次の休みの日にいつも通り女装してアナニーとオナホでシゴいてたらインターホンがなりました。 約束をすっかり忘れていた事を思い出しとりあえずディルドとオナホを抜き玄関を開けました。 今回はおばちゃんが1人増え3人で来襲してきました。手には大量のパンプレット?と何故か食材。 曰くこの新しいおばちゃんは料理が得意で栄養士の資格を持っている。お兄さんがあまりにも顔色が悪く痩せているから栄養があるもの食べさせたいとの事。 料理作ってる間に色々某宗教の説明をさせて欲しいとの事。 いや、有り難いですけどちょっと今部屋に上げれる状態じゃありませんと断ったんですが「男の子の部屋なんだからちょっとくらい散らかってて当たり前、ついでにお掃除もすませば身も心も綺麗になる」と言い半ば強引に部屋に上がり込まれました。 部屋には無修正のDVDがミュートで流れいろんな大きさのディルド、エネマグラ、さっきまで使ってたヌルヌルになってるオナホ(お尻の形した大物)貰い物の染み付きパンティが転がってるカオスな部屋に唖然とされました。 とりあえずすみませんと謝りダッシュでベッドの中にグッズを投げ入れいたたまれない中、話を聞く形になりました。 栄養士のおばちゃんが苦笑いで「若いんだから仕方ない」とフォローして他の2人も笑ってくれました。 まぁですが自分はまだミニスカに穴あきパンティを履いてる状態です。栄養士のおばちゃんがキッチンに立ってる間おばちゃん2人と向かい合わせで世間話をしていたのですが何故かこの状況で興奮して来て少しずつチンコが大きくなって来たの感じました。 自分はベッドに腰掛けてたのですかミニスカの裾から真っ赤に張り膨れ上がった亀頭が顔を見せおばちゃん達もそれに気付き照れ笑いしながら「あら~、元気なのが見えてきたよ」と指摘してきました。こっちは興奮状態で開き直り「いや~若いんで言うこと聞かないんですよ」と足を大きく開きスカートを捲し上げ赤い穴開きパンティからそそり立ったったチンポを見せてあげました。 そしたらおばちゃん達もまんざらではない様子で興味深々にフル勃起チンポを観察し「すごい立派!」「久しぶりに固くなったチンチンを見た!」「離婚した元旦那より大きい!」など色々お褒めの言葉を頂きました。そこで料理を作ってたおばちゃん登場でまた盛り上がりました。料理おばちゃんが箸で勃起したチンポを掴み箸コキをした時はみんな爆笑でした。 話は自分のオナニーライフに移りベッドに投げ込んだグッズの説明兼実際に使って実践している所を見て貰いました。 お尻をおばちゃん達に突き出しアナルが良く見えるよう割れ目を広げディルドを突っ込む様子はみんな白熱してました。 お尻型のオナホにチンポ突っ込んで必死に腰を動かしてる時など「頑張れ!」「すごい!男らしい!かっこいい!」と心をくすぶる言葉をかけてくれ普段は声を上げない自分ですがその時は「オナホーすごい気持ちいい!」「チンポ溶けちゃいそう」とさけんで射精しました。いつもより大量の精子を放って放心状態の自分におばちゃん達は拍手をしてくれました。腰がガクガクで放心状態の自分をおばちゃん達が抱えお風呂で洗ってくれました。特にチンポとアナルは丹念に洗って貰いそのままアナルに指3本入れられ手コキで2回目の射精させて貰いました。 その後一年くらい宗教勧誘は無しでおばちゃん達は新しいおばちゃん仲間や時には1人で来たり自分の家に通ってくれました。
884、見せられた女性
会社で暑気払いがありました。その時普段ちょっと気になっている派遣社員の女性と隣合わせになりました。 彼女はちょっとロリの入った20代のかわいい女性です。私はちょうどその人と反対側にいた人たちと話をしてい ました。その話が一段落した所で、その女性の方を見ると何やら周りの人と「何度も見せられましたよ。」と 言っていました。何の事か聞くと、彼女は街なかで露出魔に遭った話をしていたのでした。彼女は酔って半分 トロンとした目でもう男の人のあそこは見飽きた、見せられる度に「もうわかったよ。」と心の中で言っている と言ってました。でも彼女曰く「でも見せる男の人の気持ちもわかるわ、あたしだって体の真ん中でブラブラ 揺れてる物が付いてたら面白いから見せたくなっちゃうわよ。」と笑いながら言ってました。私はこんなあどけなさの 残っているかわいい女性の口からこんなみだらな言葉が出てくるなんてと、ちょっと興奮して来てしまいました。 しかも、その後追い打ちをかけるように「ねえ、○○さんのブラブラも見せてくれません?」と私に言って来たので咄嗟の 事に驚いて「えっ?やだよ!」と言いました。でもせっかくかわいい女性が言ってくれてるのにチャンスを潰す事が 惜しくなって、すぐに「ここじゃ。」と付け加えました。すると彼女、「じゃ、今度別の所でね。」と言ってその場は 終わりました。その後は別の話題になりましたが、私はあの後何だかずっとその事が気になって、その事を思い出す たびに興奮して来てしまっています。本当にあの子に見てもらえる時が来るのだろうかとムラムラとしています
885、デリバリーの女の子に見せつけ
ピザのデリバリーを頼みました。 インターホンの画面を見たら可愛い女の子 普段から家では全裸なのですが、急いで風呂に行き頭からシャワーを浴びました。 で、濡れた髪を拭き腰にタオルを巻きビデオをセットして玄関を開けると女の子は一瞬ドアを閉めようとしましたが「ごめんね。お風呂入ってたから…」と言うと恥ずかしそうにしながら中に入ってきました。 会計を済ませて「これでコーヒーでも飲んで」とチップを渡した瞬間に巻いていたタオルを落としました。 女の子は「うわぁー」って感じのリアクションで仰け反りなごらちんこを見てくれました。 慌ててタオルを拾いタオルで股間を抑えたフリをしましたがタオルはちんこの脇に引っかかった感じでズレていたのでずっとちんこは出たままでした。 女の子は「ありがとうございました」と笑顔で帰っていきました。 めちゃくちゃ可愛かったです。
オフィスケイズ

CFNMの話 その192

e45r6tftyg45dft455ddrrdrr.jpg
877、便器舐めにドン引きするJK
とある女子高の校門から、真っすぐの通りに沿いに公園があって、トイレが通りに面しています。通りを歩いてくると、女子トイレの開いてるドアの中に、丁度便器が見える角度です。 JK集団が下校してくる時間に待機して、近づいてきたタイミングで、四つん這いになり、便器の中に顔を突っ込みます。 実際に便器を舐めては、いませんが、いかにも舐めているように、小刻みに頭を動かしてみせます。舐めているふりをしながら、自分の股の間から、そっとJKたちの表情を伺います。 僕の姿にきづいた1人のJKが、立ち止まり、「えっ…?何あれ。」続いて他の子達も僕の方を見ます。「なにしてんだろ…」「えっ?キモっ!便器舐めてる!」「オェ、汚ね~」「変態だ!変態!」そして笑いながら、通り過ぎて行きます。 僕はMなので、女の子達にこのような言葉を浴びせられ、軽蔑の目で見られたら、笑われたりすることに、興奮します。 この時僕は、服を着たままなので、とくに通報されることは無いので、安心です。 彼女達がいなくなった後、誰もいないところに場所を移して、さっきの事を思い出しながら、全裸になってオナニーします。 以前1度だけ、3人のJK「何…してるんですか…?」と話しかけて来てくれたので、「便器が汚かったから、舐めて掃除してたんだよ。」というと、みるみる汚い物を見るような目になり、「キモっ!」「変態!」と言ってくれて、キャーキャー笑いながら自転車で帰って行った時は、最高でした。
878、ゴミ捨ての時におばさんと…
燃えるゴミの日だったので、ゴミステーションまでボクサーパンツ一枚で行くことにしました。 住んでいる人もまばらな地域なのでゴミ日と言えども人と会うことはほぼありません。 実際この数ヶ月、私が朝5時くらいに出ることもあってかゴミを捨てる人の姿を見かけたことはありませんでした。 最初は全裸で向かおうと思っていたのですが、万が一のことも考えてパンツだけは履くことにしました。 私は早朝ゴミステーションまでコソコソと向かいました。 私がゴミを置き、ゴミステーションの扉を閉めて帰ろうとすると誰かが私の名前を呼びました。 なんとそこには例のおばさんがいるではありませんか。 前と同じ色あせたズボンとヨレヨレのタンクトップ姿のおばさんはパンイチの私の姿を見て 「お兄ちゃんいくら暑いからってその格好で外に出るマズイよ~」 と笑っていました。 私はと言うと完全にこの状況に焦ってしまいさっきまで勃起していた息子は萎え、狼狽えることしか出来ませんでした。 私はなるべく平静を装い、おばさんになんで朝早くからここに居るのかを聞きました。 おばさんは「私デブだからね~。毎日暑くなる前に歩いてるのよ~。」 とのこと(おばさんは肉付きは良いですが決してデブという程ではありません。) 私はおばさんの姿を見て本能が勝り、また勃起してしました。 おばさんは当然それに気付き 「あらら~、お兄ちゃん朝から元気なのね~」 といつものように笑っていました。 私のムラムラは最高潮になり、その場でパンツを脱ぎました。 おばさんは驚いた様子もなく 「また前みたいにするのね?」 と、私の方に近付いてきました。 向こうから来たのなら遠慮はいりません。 私は道端にもかかわらず、息子をシゴきました。 おばさんはそれを優しそうな顔で見つめていました。 私は前回もこんな表情だったのかなと思いながらもう片方の手でおばさんの胸を触りました。 やはりおばさんはノーブラでした。 おばさんは抵抗せずに為すがまま胸を揉まれていました。 興奮のせいか多少乱暴に揉んでいましたが、それでもおばさんは少し嬉しそうにしていました。 次第に私に限界が近づいて来ます。 私はおばさんの胸をぐっと掴んだまま絶頂を迎えました。 前回と同じようにおばさんのタンクトップやズボンに射精し、ぼたぼたと足にも精液が落ちます。 おばさんはポケットからハンカチを取り出し、 私の息子を綺麗に拭いてくれました。 そしておばさんは私に 「帰ろっか!」 といつもの明るい表情で言いました。 私はパンツを履き、おばさんと一緒にアパートに帰りました。
879、恥ずかしい虐め
放課後に佐々木(柔道部のヤツ)に階段の踊り場に呼び出され、階段の踊り場に差し掛かったところで急に首を絞められたそうです。 友人はおふざけだと思って特に抵抗しなかったらしいですが、そのまま失神直前まで首を絞められ、意識が遠のく直前で解放されたそうです。 その後、佐々木から人前で服を脱がされそうになったっぽいことをぽつりぽつりと語り、全容が分からないまま「まぁ気を付けろよw」と締めくくられました。 僕は恐らく、佐々木が進学に失敗して浪人し、その当てつけにいじめっぽいことをしたのだと推察しました。 恐らく友人もそのことに気がついており、僕に警告してくれたのだと思いました。 僕はその、”女子を含めた何人かの前で脱がされそうになった”という話を聞いて、露出に興味があったわけではないですが、ちょっとやられても良いなwくらいに思ってました。 多分、疲れてたんだと思います。 そんな話を忘れてたある日、その時がやってきました。 クラスのホームルームが終ったあたりで、クラスの明るいキャラクターの女子から「なんか佐々木が向こうで呼んでたけどw」と話しかけらました。 僕は(もしかしたら)と思って、念のため貴重品をロッカーの中に入れてから階段に踊り場に向かいました。 踊り場に向かう途中、吹奏楽部の練習の音が遠くに響く中でやけに場が静まり帰ってた様に感じました。 階段の踊り場につながる廊下の角を曲がる瞬間に、唐突にヤツは襲ってきました。 異常に強い力でマフラー越しに首を絞められ、正直なところ思考する余裕など全くなくなりました。 すぐに気を失ったような気がしましたが、少しだけ腕の力が弱められて意識が戻りました。 そのまま気を失うラインを行ったり来たりしながら体感30秒くらい首を絞められてました。 そして腕から解放されると意識はありましたが立ってられない状態で、脇を抱えられながら膝からくずれ落ちました。 「お~失神した」「マジなんだな」みたいな会話が聞こえてきました。うっすら目が開いてた気がしましたが、何も認識できなかったように思います。 そのまま何人かの話声が聞こえましたが吹奏楽の練習の音で全然聞きとれませんでした。すこし楽し気でした。女子も2人ほど混ざってたと思います。 すると、唐突に「じゃ、いきま~すw」と佐々木の声が顔の近くで聞こえました。やたらドキっとし、一気に意識がもどり視界が涙でボヤけてることがわかりました。 僕は学ラン越しに冷たい廊下の感覚がありましたが、腹部の圧迫感がスッと抜けるとお尻と足に冷たい床の感覚が伝わりました。 僕はすっかり意識が明瞭になり、自分が制服のズボンとパンツを脱がされ、何人かの前に下半身がさらされてることを自覚しました。 そのまま起きるべきでしたが、なんとなくこのままでいいやと思いました。多分、見下してたんだと思います。 そう思うとすぐにドキドキし初めました。このまま狸寝入りを決め込もうと思いました。 その矢先にiPhoneのシャッター音が聞こえました。吹奏楽部の練習の音が遠くに響く中で、さらに二つ三つほどスマホのカメラのシャッター音が聞こえました。 そのまま誰も会話をせずに1分ほど色んなシャッター音を聞きました。クラスの女子にも撮られてたのでしょうか。 シャッター音が止むと、「ねぇこれ、脱がして、足上げてさw」と誰かが言い、すぐ静まり返ると、足首まで下げられたズボンとパンツを取り払われ、下半身が完全に丸裸になりました。 寒さと妙な興奮で震えだしそうでした。「ねぇどうするのw」という女子の声が聞こえたと思ったらすぐに足を抱えて広げられ、お尻の穴が良く見える体勢にされました。 「かえちゃんかえちゃんw」という佐々木の声が聞こえ、すこしするとまたカメラのシャッター音が聞こえました。佐々木が女子に撮らせたんだと思います。 すこしすると「これはかわいそうw」「まぁでもウザかったでしょ?w」みたいな会話が聞こえてきました。(妬まれてたんだなぁ)と思いました。 すると佐々木の声で「いや、受かりました~じゃねぇんだよなww」という声と共に足で股間を軽く蹴られました。 軽く蹴られただけですが、すごく痛くて平静を保てずにうめき声を漏らしてしまいまいた。 女子の笑い声が聞こえましたが、佐々木が「あ、起きる」と言い、ギクりとしました。バレるかと思ってましたが、途端にお腹を踵で思いっきり踏まれました。 人生で感じた痛みの中で断トツに痛く、痛みで全く動けず、思考という思考が中断されました。すぐに涙があふれ、呼吸の度に変な声が出ました。 僕はあまりの痛さとお腹への力で思いっきり失禁してしまいました。人生で一番強い勢いで排尿したと思います。ォシッコがダバダバと廊下を打ち付ける音が響きました。すぐに足が解放され、漏らしながら仰向けから横向けにうずくまりました。 痛みが我慢できるレベルに収まるまで、失禁を止められませんでした。なんとか失禁を手で握って止めて、深呼吸を数回するとギリギリやつらの会話が聞こえました。何人かはスマホで写真を撮ってたと思います。 失禁を止めてた手を解放して上半身を起こそうとすると腹部に強烈な痛みが走り、自分が目視する中で、再び自分のモノから尿を漏らしてるのを見届けながら、泣きました。 あまりの情けなさと痛みとショックでその場に体育座りになり、しばらく泣いていたように思います。あまりに泣きすぎて頭が痛くなるほどでした。やつらはいつの間にかいなくなっていました。 しばらく泣いていると、この状況を人に見られたらもっと酷いことになると思い、すぐに顔を上げてズボンとパンツを探して履き、スポーツタオルで床のォシッコを拭いてトイレで絞りました。 トイレでタオルを絞り、あふれ出る自分の尿を見ながらまた泣き、ちょうど良いと思いトイレに立てこもりました。数時間は立てこもったと思います。
880、女子高生にセンズリを見てもらう
まだ学校に監視カメラが無かった頃、夜中の女子校の校庭で素っ裸になり大の字で寝っ転がり、センズリをしました。そしてグランドにチンコの絵を描いたり、チンコ、キンタマ等淫語を書きました。翌日校庭横に車を停めて仮眠してるふりをして、JK達の反応を見てました。笑い転げるJKを見ながらセンズリしてたら、校舎二階窓から車内を見られ、たちまち大騒ぎ。窓にズラリとJKが並び車内でセンズリしてる私を見ながら大歓声。大量の精子を放出すると更に大歓声。長居はヤバいから精子まみれのチンコ出したまま車を発進。バックミラーに写るJK達は大笑いしてました。
フリーダム

CFNMの話 その191

inubytfr5drftgybuhnjimko.jpg
871、ヤ○ルトのおねえさんとのCFNM体験
ヤ○ルトのおねえさんの続き。いつも家では全裸で過ごしてるんだけど、 いきなりインターホンがピンポン♪モニターを見るとあのヤ○ルトのおねえさん^^全裸のままドアを少しあけて対応。。突然だったから当然まぁ息子も眠ってたんだけど、 おねえさんと話をしながら隙間から息子が見えるように してたらどんどん息子が大きくなって完全フル勃起。でもおねえさん今日は目線もさげず、 気づいてませんみたいな対応をしてた。だけど最後ドアを閉める前に ありがとうございましたと頭をさげながら息子を眼見。完全フル勃起した息子見てもらえたので、俺も大興奮。 次来たら1ヶ月ぐらい契約するつもり。 まぁその時は玄関まで入ってきてもらい完全フル勃起を見てもらおうと思ってる。
872、花火大会で見せつける
某所の花火大会に行ってきた。 花火自体はついでで、もちろんメインは露出。 シート敷いて楽しむようなのが集まっている場所ではなく、これからそこに向かう…またはより良く見える場所を求めてさまよっている女性複数組を狙う。 夏だから楽な格好で…とはいえ、白の薄手のTシャツは汗で乳首が見えてしまうし、短パンはファスナー全開ノーパンで無毛のモノを露出しっぱなし。 唯一隠すことが出来るのはうちわのみ。 浴衣などの季節限定な格好もいいが、肩出しや足の露出度が高い女性の方が興奮する。 歩いてくる女性グループを建物の影で待ち伏せては、王道な立ちションのフリや堂々とシコシコを見せつけたり。 場所変えの際にはすれ違う女性に乳首付近を凝視されたり、うちわで露出したモノを扇いで注目させたり。 複数でいると気が大きくなるのか笑う人も少なくなかった。 無言で通り過ぎてから変態がいたと小声で騒ぐのが圧倒的に多かった。 一度離れて休憩、今度は帰宅組を狙う。 同じような反応が見られる中、酒が入ったことで大胆な女性も現れる。 「かわいそー!なめてあげようかー!?きゃはははは!」 などとそそられる挑発をもらったが、声の主は肥えた主だった… 最終的に、なぜか帰宅中に自撮りに夢中になっている若い女性2人が私の放出の的となった。 道の真ん中を1歩進むか進まないかほどに動いてはパシャリを繰り返す彼女達は周りが全く見えていなかった。 先回りし影から彼女達の生足と若い声を堪能し存分にシゴくと、堂々と彼女達の真正面に出て仕上げに入った。 騒がれても逃げ道は確保済み、冷たくあしらわれても十分に放出出来る。 彼女達はまたパシャリ、パシャリ。撮影した画像を確認してようやく前を向いた。 明らかに目が合ったのを確認、そしてイク!イク!と連呼し服を捲り乳首も弄りながら1歩踏み出した。 「うわ!キモい!やだ!」「ふざけんな!こっち来んなよ!」 その日一番の反応だ。私の好みの嫌悪する顔。 眉間にシワを寄せ後ずさりする彼女達に向かって放たれた体液は、私にしては珍しくよく飛んだ。 「みか走ろっ!」「まってウチ無理!」 さっきまでとは違う、真剣な声色で逃げ出す2人。 私は余韻に浸り、ポケットから録音中だったスマートフォンを取り出し録音を終了した。 そう、数時間にも及ぶ行為を録音していた。 録画が出来れば理想だが、録音なら難易度は大きく下がるからだ。 合計1時間41分。容量は388MB。 私のコレクションがこうしてまた潤ったのだった。
キミを誘惑してくるえっちでエロイ浴衣のお姉さん
873、女子高生に全裸で話しかける
夕方7時くらいから夜9時くらいにかけて、静かな住宅街にあるアパートの階段下辺りでフルチンで待つ。女子高生がひとり、周りに人気がない条件に遭遇するまで。そういうチャンスに巡り合わせても、こちらに気づいてダッシュで逃げていくのも当然といえば当然。「あっ、驚かせちゃってすみません。危害は加えませんから、事情を説明しますんで聞いてください!」と呼びかけ、それでも10人にひとり、立ち止まって聞いてくれる子があるかどうか。「すみません、こんな格好で、変なもの見せちゃって。」そんな呼びかけにす。「あっ、ええ、まあ大丈夫で」と答えてくれた子が今までに数人いた。「実は、あの最中に、彼女と喧嘩になって。それで、そのまんま追い出されて。ズボンとパンツが家の中なんで。」しかも、コンドームつけたまま。「えっ、それって酷いですね。どうするんですか?」「うん、これじゃ動けないし、熱りが冷めるまで隠れて待つしかないよ。だから、通報とか勘弁ね。」「わかりました。気をつけてくださいね。」その会話の間、全く隠すことなく晒したまま、女子高生もふつうにこちらを見ながら話した。
874、熟女の女性に見せつけ
昭和の雰囲気漂うホテルに、1人で入りました。 以前使用した時に、料金を部屋のドアの前まで、40半ばの女性が、取りに来るシステムなのを知っていました。 そこで、全裸にバスタオル1枚巻いて、ジュースを1本注文します。フロントに電話をした時に、女性の声を確認します。200円を、なるべく多くの小銭にして、ドアのノックを待ちます。コンコン、すみません。っと女性の声、はい!っとドアについた小窓を開け、ジュースを受け取り、小銭を渡す瞬間に、あっと小銭をばら撒きます。 すみません!と言いながら小窓を閉じて、扉を全開に開け、女性の姿を前に、何枚か小銭を拾い、女性に渡す瞬間に、お腹に力を入れて、バスタオルを落とします。女性は、あっ…と言うと黙ったまま。 僕も、すみませんと言いながら、まだ落ちている小銭を探して、全裸のまま立ち上がり、まだ足りませんか?と聞くと、その女性は、小銭を数えるのもままならないように、必死に数えます。その間も、僕は全裸のまま、女性の前で立ちつくしました…興奮してきて、半立ち状態になった所で、あと20円…と女性に言われ、また下を探す…運良く?棚の下に入っていた小銭を、四つん這いになって、拾いアナルから裏玉まで見せる事に成功しました。 もぉその事で、フル勃起していた物を、プルプル揺らしながら、残りの20円を渡して、すみませんでした。と言うと、女性も私の顔と息子をチラチラ見ながら、ありがとうございました。と言って扉を閉めて、フロントに戻って行きました。 事故に見せかけて、全裸にアナル、裏玉、フル勃起を見せる事に成功したその後は、それをオカズに三回ヌイて帰宅しました。 また行って、同じ手口で何回か見せたいと思います。
875、宗教勧誘の女性に…
午前中我が家には俺1人。ピンポーンと玄関のチャイムが鳴り、今日届く予定の宅急便かと思いインターホンに出ると、宅配業者ではなく私服の女性。インターホン越しでは30代くらいの地味目な女性。 保険の勧誘かなぁと思いきや、話を聞いていると宗教の勧誘みたいな感じで、チラシをポストに入れますので、見てください的な感じ。 俺は部屋でのんびりしてたので、パンツ一丁にタンクトップの姿、ちょっとこの女の子に見せたらどうなるのかなと思い、そのまま玄関まで行きドアを開けてみた。「あっ!おくつろぎのところ申し訳ありません」と言いながらも、俺の姿に少し動揺している。「宗教の勧誘?宗教ってあんまり良く分からないからなぁ」などと興味も無いのに話をしてみた。「聖書とか読んだことないですか?」「無いですねぇ」「そうですかぁ」「あなた若そうに見えるけどこの宗教に入ってるの?」「いえいえ私なんて結構いい歳ですよ。私は親の影響で、小さい頃から入っています」「へ~そうなんだ」なんだかどうでも良くなり、猛烈にチン○を弄りたくなり、そこからパンツの上からシゴキ出してしまった。その女性は危険を察知したのか、それでは失礼します。と言って去ってしまった。
足崇拝

CFNMの話 その190

45drtfygubhygtfrdesrxctvyuhihytr5tffffff.jpg
866、アナルを見たがる女子
僕の場合、性的イジメに特化していったので、蹴ったり殴ったりはあまりありませんでした。女子から徹底的にやられていたので、男子グループは、寧ろ哀れんでくれました。何回か、「もうやめてやれよ!」と助けられたことがあります。それでも女子グループは、密かに呼び出して隠れた場所でやってきました。次から次と違うクラスの子も参加して「早く見たい、見たい!」と興奮していました。でも、AVにあるような「最後は、女子も脱いで乱行エッチ」みたいなことはなく、只ひたすら晒しものでした。我慢汁を採取してリトマス紙で酸かアルカリかなど実験したり、精液を採取して顕微鏡でみたり。(普通の顕微鏡では精子は見えません) 偏差値の低い学校なのに、そういうのは熱心でしたね。本当に楽しんでるみたいでした。クスコのようなものをどこから入手したのか、それでお尻の穴を広げられて、トーチで照らされるとすごい歓声が上がりました。「嘘?肛門ってこうなってるの?その奥に見えるのって腸なの?ねぇ、早く代わってよ!見えないじゃん!」と、お尻の穴の中を見るのが、ブームになりました。下校の時でも帰り道で、あまり面識のない女子達から、「ねぇ、私達にもお尻の中見せて!見た~い。」と声をかけられる始末でした。
867、相撲部のCFNM体験
中学2年の夏に父の仕事の都合で長野県の某所に転校になり、そこで太っている事を理由に相撲部に誘われました。 当時の僕は体重が80キロで身長160センチの明らかなデブで相撲部に入部する事にしました。 入部初日にテストと称して1年3人と屋外にある土俵で相撲をしたのですが3人ともフルチンで、部活で弱い奴はフルチン稽古なんだと言われ対戦したのですが3人から負けてしまい僕が部活最弱になってしまいました。 廻しがなかったから体育着で試合をした僕は先輩に抑えられ短パンとパンツとシャツを脱がされ全裸にされてしまい、僕は中2でチン毛が一本も生えてなくちんこのサイズも勃ってないと4センチしか無くて先輩後輩同級生の皆んなに爆笑されてしまいました。 僕は部活を辞めようと思ったのですがそんなの認めてもらえず、それどころか3年2人と2年2人と1年3人の廻し拭きを部活後にさせられ、土曜日は手洗いして天日干しさせられました。 それ以外に土俵の脇に12畳程の小屋部室と水洗の和式大小便器が一つづつあり部室とトイレの清掃をさせられました。 トイレ掃除は素手でタワシを使ってさせられたのですが、最初の頃サボってたら舐めれる程綺麗にしろと部長に怒られ便器の縁や裏を30分間部長に見られながら全裸で舐めさせられました。 ある日の放課後、2.3年生に連れられて公園に行くと小学高学年の男の子達がボール遊びしているのを見ると2.3年達がひそひそ話し始め、そのことに嫌な予感がしました。 「全裸になってチンポを出して歩け」 「隠すなよ」 と命令されながらワザと子供達の中を歩いてトイレまで連れて行かれました。 当然子供達はこの変態行為に「チンチン出してる」「服着てない」と言いながら先輩達に呼ばれ後ろから付いてトイレに来ました。 トイレに入ると先輩のベルトを外しながら逸物を握り、「おしゃぶりさせていただきます」と声かけし口の中にちんこを入れました。 子供達の視線を感じながらしゃぶっていると「チンチン咥えてる」「汚な」「変態」などとの声が聞こえてきましたが、自分自身の行為に衝撃を感じビンビンにしてました。 その後皆んなの見てる前で小便器に頭を突っ込み舐めながら、ォシッコを体や頭にかけられながらオナニーして射精しました。
868、JCに見せつける
土曜日の夜に短パンにTシャツで自転車で信号待ちをしていると反対側に数人の浴衣を着たJCが来ました。近くで盆踊りをやっていたので、その帰りだったのでしょう。 道はこちら側が暗くて向こうからは見えづらいです。そこで短パンを下ろしておちんちんを 出した状態で自転車を引いて横断歩道を渡りました。向こうから歩いて来た女の子達はすれ 違う時に「ふえ~」と言って走り出しました。顔は笑っていました。そして渡り切った後に 振り返って女の子達の方を見ると向こうもチラッと振り返って「まだ見えてるぅ」と笑いながら 言ってました。
869、車からの露出
窓を少し開けて録画されてる事はモロバレです。 「凄い大きい!デカい!彼氏の倍は有るって!」 これ、喜ばせて遊んでます。 近付く手前で友達と打ち合わせ(露出狂遊び)既にナンバー、色、何歳か 覚えられます。 何故?それは喜ばせてまた来させる為です。 「アノ車の、何日か前の・・・アホや喜んでまた来てるって!」ォシッコしてる時、見栄で半勃起させてるか鬼頭を見られます。 所謂、スキンヘッドのツルピカだとこれもモロバレます。 普通の状態だと鬼頭は縦にシワシワが入ってピカって無い事を知ってます。 本当に遭遇したら驚きと恐怖でそんな大きな声は出せません! なので大きな声で大きい、凄い、彼氏の倍はある、と連語するJKは注意です。 立ちションする時、脇に携帯なんか挟んでると確定されてしまいます。 先輩とかにあの道はたまに・・・と教えて貰ってます。 他にも別Rの方が現れてる可能性も有ります。 自分の驚いたリアクション見て興奮するんだと知ってますから! ただ、そんなJKはチ◯コ何本も見比べて楽しんでます。 露出狂は5センチ以下がお多いと! 粗チンと言うと凹む、可愛そう、次来てくれなくなるから敢えて大きいと喜ばせてます。
870、おばちゃん看護婦
中学3年の時にばあちゃんの家がある長野県の田舎に行ったのですが行く前から便秘気味で、2日目にお腹が痛くなってしまい町の方の病院に行くには1時間以上かかると言われ近くの小さな病院に行ったのですが、その病院は診察室の中にはカーテンなどは一切なく診察室の中で待ってる他の患者に処置されてる姿が丸見えなのです。 僕が入ってきてから何人か小●生やおばちゃんなどの患者さんがやってきてそんななか名前を呼ばれ処置される順番がきたのですが、医者に便秘である事を伝えると浣腸しましょうと言われ服が汚れると悪いからと、全部脱いですっぽんぽんになるように言われたのですが診察室には小●生の姉妹とその母親とおばちゃんが2人ほどいて恥ずかしさから脱ぐのをためらいました。すると母ちゃんから怒られ全部服を脱がされてしまいベットの上に四つん這いの体勢にさせられ、不運な事に他の患者が座ってるのは僕のお尻がある方なのでアナルや包茎ちんちんが丸見えです。 小●生の姉妹は『友達のちんちんより小さい 』『お尻の穴ヒクヒクしてる』などと言っていておばちゃん達は『可愛らしい赤ちゃんちんちんだこと』『包茎なうえにパイパンなのね』などと話していてすごく恥ずかしくて、そんな中看護婦のおばちゃんに浣腸され10分我慢する様に言われたのですが2分ほどでお腹が痛くなってしまいトイレに行きたいと言うと、『あと7分は我慢しなさい』と言われて看護婦さんにアナルを押されながら我慢させられました。看護婦さんからやっと排泄許可が下りたので僕はこの苦しさと恥ずかしさから解放されるとホッとしたのですが看護婦さんから『便の色なども見ないといけないからここでオマルにしてください』と言われギョッとしたのですが、もう既に我慢の限界に達していた僕は恥ずかしさに耐えながら複数の患者のいる所での排便を決意し看護婦さんがベットの上に新聞紙を敷いてアルミのオマルを置いたので僕はだし始めました。 一週間ぶりぐらいだったので臭いはとてつもない轟音と臭さで小●生の姉妹は流石に顔がこわばってて『臭い臭い』って連呼してて僕自身も吐き気がする様な臭いでした。 ですが一週間分も溜まってたので排便が終わるまで20分ほどかかり量も1kgぐらいありました。終わったあとは看護婦さんが『いっぱい出たね~、エライね~』と言って皆の前で四つん這いでお尻を拭かれました。
DANDY

CFNMの話 その189

kuyjthrgefdwewfrteyhrtujkyiluo.jpg
861、包茎状態と勃起時を見られる
友達から、お前はまだ生えてもないんじゃないか?と笑われました。こんな風にいじられるのは慣れているのですが、その時は酔っていたこともあり、ついムキになり反論したところ、じゃあ証明しろよ、と言われました。さすがに見せるつもりはなかったのですが、一緒にいた女子3人からも脱げ脱げコールがあり、勢いで脱ぎました。ノーマル時6.3cmの包茎です。みんなに笑われました。そして確かに毛も生えてたはwでもちっせーとみな大爆笑。女子の一人A子が「フェラしてあげようか?でも口の中でなくなりそうw」とからかう。そこで僕は勃起するように色々イメージ、だんだんとでかくなり、MAX近くになった時には誰も笑ってませんでした。僕のはフル勃起 で18.6cm。先細ですが元のサイズと違い過ぎるのでインパクトはあると思います。A子にフェラしてよっていいましたが「無理無理無理」と断られ。煽った他の人にも謝られましたが。勃起はなかなか収まりませんでした。家に帰ってから抜きましたが翌週からあだ名が赤ちゃんからウタマロに変わりました。巨根でスゲースゲー言われますが、まだ童貞なんです。862、興味津々でチンコの写真を撮る女性
その時僕はフルスモークのバンに乗っていて、仕事帰りによくOL風な女性が通る道を発見!その道は他の車が普通に追い抜けるくらいの明るめな道で、歩道と車道の境が無く、僕はあえて右に寄せて停めました。助手席側を迂回して通ら無ければならない感じになり、その方が良い感じがしたからです。 後ろの席に移るとスライドドアを少し開けて、息子も準備OK!後ろを見ながらしごいていると、ロングヘアの女性が来ました。すかさずドアの側に行き女性が近くなった所でポロリ、車から生えて居る物に戸惑いながらもガン見その距離数センチ、もう興奮MAXで暴発しそう、でもまた女性が後方から、今度はもう少し離れた距離から出して見ようと、また車からにょきにょきと。すると間もなく解ったらしく少し下を向き、真ん中あたりを歩いていた女性が車の方に近づいて来ます!怒られるンじゃないかと思いましたが、近くまで来てやはりガン見していきました。 もう流石にヤバいと思い立ち去ろうと思いましたが、今度は20代前半くらいで派手目な感じの二人が向かって来ました。これで終わりとまたポロリしばらくすると二人とも視線はこちらながらも普通に会話してましたが、通り過ぎると笑いだし、立ち止まって見出しました。 僕は調子に乗りビクン、ビクンと動かすと「何あれ!」と言いながら笑って居ると一人子が恐る恐る近づいて来て、人差し指で先を下にビョ~ン、「やだめちゃ硬い!」もう一人の子が「も~ぅ信じらんない」て言いながら二人とも大爆笑。またこちらを見たのでピクン、ピクンさせると、今度は二人でこっちに来て、何してるんですか?と言われドアを半分ゆっくり開けて、冷やしていたんです。と答えるとひえましたか?とまた言われ、どうかな?とドサクサ紛れにしごいて見ました。後ろの子が「ヤベッシコリ始めた」と笑いながら、立ち去ろうとしましたが前の子はニコニコしながら見てましたが、「写メ良いですか?」と聞かれ、◯◯コだけならと答えるとアップで5枚くらい撮ると、駆け足でもう一人の子の所に戻り二人で歩きながら、「これ凄くない!」て見せると「そんなのどうするの」って言いながらもじっくり見てました。
863、露出狂罵倒する女性たち
中年になり腹も出て恥骨辺りにもかなり肉がつきチンコが半分埋もれて皮も被ります。さらに若い頃より精液量が半減以下、回数も一回の量もトホホなキンタマ。そういやキンタマも一回り小さくなった。そんなチンコでたまに露出すると、やはり「ちっちゃ~い」「見えないじゃん」「赤ちゃんのオチンチンじゃん」「ちいせえよオッサン」「キンタマついてんのか」「かぶってんじゃん、包茎だよ包茎等と、罵声を浴びます。女は露出狂のチンコが小さいと強気に出てきて、時には攻撃してきます。特に女が複数の時はこちらが身の危険を感じる事もあります。容赦ない蹴りがキンタマ目掛けて飛んできた事もあり、つくづく男の威厳はでっかいチンコだなと思う、今日この頃です。
864、混浴温泉でおばさんと…
混浴のある温泉に行き「どうせ若い子は来ないんだろうな」と思いながら少し期待して混浴の温泉へ 平日だったのもあったのか爺さんが1人いただけ「やっぱりなー」と体を洗っていると爺さんが出るのとすれ違いに50代くらいのおば様が入ってきた。 ピチピチの若い子の方が勿論嬉しいがおば様も少し胸は垂れてたがデカい。どうしても見てしまうのが男というものなのか頭を洗いながらガン見。 おば様は特に気にする感じもなく普通に体を洗ってる。 俺はさっさと体を洗って湯船へ行ってさらにおば様の後ろに来るようにして座って見てたら、少し息子が元気になってきてた。 これはイカンなと思って湯船から出てもう一度シャワーの方へ行こうとすると入れ違いでおば様が湯船へ シャワーで目の前の鏡を流しておば様を再びガン見。すっかり元気な息子。抜いちまえとアソコに手を伸ばして曇っていく鏡をもう一度シャワーで流すとおば様と完全に目が合った。にこりと笑うおば様。 「あぁ、見てよかったのか」とおば様の方へ向き直る。 胸を揺らしながらこちらへ近づくおば様。 「ずっと見てたね。今からすること見てていい?」 少し動揺したが萎えない俺「…はい」と返事しておば様にしっかり見てもらいました。1回抜くだけじゃまだまだ元気でおば様も「やっぱり若いわねー」と言いながら2回目はおば様が手でシてくれて俺がイクとこまでシたらさっさと去っていったおば様。 少し放心状態になったけど、水かぶって俺も風呂を出た。
865、過激ないじめ体験
埼玉の片田舎にある偏差値の低い高校に進学した僕。中学では、僕は、おとなしいのに勉強もちゃんとしないで、そんなところしか入れなかった。なのにそこは当時、不良の溜まり場のような学校で、気の弱い奴はとことんイジメられていた。先生達は、事件にならなければ見ぬふり。嫌になって退学するのを待っていた。不良の男子達からはカツアゲ、暴力。更に酷いのは不良のギャルグループ。男に対しては、徹底した性的リンチを加えた。グループ7,8人のギャルの前で毎日のように全裸でセンズリを強要され、バケツに射精させられた。掃除用のゴム手をつけて石鹸をつけて、お尻の穴に指をねじ込まれた。5~6人から穴をほじられ、指を抜くとオナラが出て爆笑される。とうとう失禁しながらウ●チを出してしまった。それでも罵倒され、爆笑されながらセンズリさせられる。ウ●チを出しきらないうちに、またお尻の穴に指を突っ込まれズボズボされる。ギャル達がガン見してる前で僕は悶えてウ●チしながら射精した。イジメを主導してたギャル達は、あちこちのクラスからも女子を連れてきて見学させましたから。僕のあそこはもちろん、射精するとこや陰嚢の皺を伸ばされた姿、お尻の穴を広げられて粘膜が露出した姿まで、延べにすると当校の100人以上の女子に見られてます。その中には、僕が好きだった女の子何人かも含まれます。そんな可愛い憧れの子の前で、アナル丸見えでセンズリさせられ、泣きながら射精して、その子達はしかめっ面でハンカチで口を押さえて「キモ~い、変態!」と罵りました。
ミストレスランド

CFNMの話 その188

juhygtfrdeswwwwwwwww3wert.jpg
856、銭湯の女の子が恥ずかしがり…
銭湯で露出した時の話です。 大きなホテルの銭湯に午後2時くらいに行きました。 人はまばらで、沢山の種類のお風呂があるせいか、メインの洗い場は自分一人でした。 前々から女性の前で勃起したチンコを見せつけたいという欲望があり、その日もお尻の穴にピンク色の極太ディルドを入れたまま、身体を洗うふりをしつつ、しっかりチンコをしごいていました。 ディルドをアナルに激しく出し入れしたりチンコをしごいていると、次第にチンコからはヌルヌルした液体が出てきて、洗い場にはヌチュッヌチュッといやらしい音が響きました。 すると1人の従業員が洗い場に入ってきました。 年齢は20代前半くらいだろうか、黒髪ショートヘアで、いかにも真面目そうな女性ですが、顔はまあまあ可愛い。 Tシャツ姿から察するに細身ながらかなりおっぱいは大きく、俺はすぐにこの女の子にチンコを見せつけたいと思いました。 彼女はこちらをチラチラ見ながら掃除を始めました。 次第に自分の方に近づいてきて、距離は2メートルくらいになりました。 彼女もどことなく自分に興味があるようでした。 俺は勃起したペニスを見せつけるために大きく足を開きました。 垂直に真上を向いたペニスはヌルヌルの液でテカっており、足を開いたためお尻の穴からはピンク色のディルドが半分くらい出かかっていて、遠くからでもはっきりと確認できるくらいに目立っていたと思います。 彼女は依然、掃除をするふりをしながらチラチラこちらを見てきます。 俺は思い切って、「このシャワーって途中でお湯が止まっちゃうんだけど、何でですかね?」と話しかけました。 もちろん、こういう施設のシャワーが時間で止まることは知っていましたが・・・。 彼女は、「すみません」と恥ずかしそうに答えながら俺のすぐ横まで来ました。 しかも、俺のギンギンにそそり立ったペニスをジッと見つめているではありませんか。 興奮した俺は、わざと台の上に置いてあったロッカーのカギを床に落としました。 洗面台の下のかなり奥の方に落ちたので、内心うまくやったと思い、「アッ」とわざとらしく声を出しました。 カギを拾うには、お尻を突き出し、手を奥まで伸ばさないと取れない距離です。彼女は、「大丈夫ですか?」と言いながら床に膝をつきました。 俺は、「うん、でも取れるかなー?」などと言いながら床に膝をつき、彼女の方にお尻を向け、手を伸ばす体勢になりました。もちろん彼女には俺のお尻が丸見え、穴に刺さった卑猥な物体もハッキリ見えます。俺は時間をかけてわざと取れない素振りを見せ、もっとしっかり見てもらえるように彼女の方にお尻を突き出しました。彼女は顔を近づけて、「取れますか?」などと言ってきましたが、横目で確認すると、しっかり俺のアナルを見ているのが分かりました。興奮はMAX。お尻の穴がキュッと締まるのが分かります。 次第に穴がヒクヒクと痙攣しだし、ケツ穴からディルドが今にも抜け出しそうになりました。 それでも彼女はさらに顔を近づけてきます。 たぶん10センチくらいの距離。 なんとなく彼女の荒い吐息がアナルにかかったかのような感じがしました。 俺はアナルが拡がるように、そして勃起しまくったチンコがよく見えるように、不自然なまでに股を開きケツ穴を突き上げます。 (あぁ・・・もうダメだ・・・我慢できない・・・。この体勢のままディルドでアナルを掻き回しながら、ヌルヌル勃起チンコをしごいて発射したい!) 欲望が抑え切れません。 ヌルヌルに湿ったチンコの先からは我慢汁が垂れてきていました。 興奮で膝はガクガクと震え、ヒクついたアナルからはディルドが抜けそうになり、俺はアナルにぐっと力を入れまます。 力を入れるとチンコの先からはスケベ汁がポタポタと滴り落ちてきました。 これほど興奮したことが今まであったでしょうか? チンコは今にも暴発しそうでした。 あまり長い時間をかけるとまずいと思い、欲望と戦いながらも、そこはぐっと我慢・・・。 なんとか欲望を抑え、仕方なくカギを拾って起き上がりました。 「やっと取れましたよー」と言いながら彼女を見ると、彼女は顔を赤らめながら、「良かったですぅ」と言いました。 しかしその時、彼女は床に膝をついた体勢だったため、俺が起き上がると彼女の目の前には勃起したペニスがあるわけです。 もうしごかなくても発射してしまいそうなくらいガチガチに硬直し、ビクンビクンと脈を打ったペニス。 真上を向いてそそり立つペニスの先からは我慢汁が溢れ出て、それが竿の部分を伝って垂れ落ちてきています。 恥ずかしそうな顔をしながらも目の前にある変態チンコを舐め回すようにじっくり見つめる彼女。 恐らく時間にして10秒くらい。 でも自分には、じっくり彼女にチンコを見せつけることができた満足感に浸れるほど長い時間に感じられました。 調子に乗った俺は一歩前に踏み出し、彼女の顔ギリギリまで勃起したチンコを近づけてみました。 ハァハァと息遣いも荒く、ニラニラのチンコを彼女に突き付ける俺。 今思えばよくこんなことしたなとドキドキしてしまいますが、この時は興奮で欲望が優っていました。 もしかするとチンコが彼女の顔にくっついたかもしれない・・・。 このまま思い切って彼女の口の中にチンコをぶち込んでやろうと思いました。 チンコの先を彼女の口元に徐々に近づける・・・。 「ハァハァ・・・ハァハァ・・・」 すると、ハッとしたかのように彼女は急いで立ち上がり、顔を真っ赤にしながら、「では失礼します」と言い、足早に洗い場を去ってしまいました・・・。 と同時に俺も我に返り、なんとか冷静さを取り戻したものの、(彼女にフェラチオさせてやりたかった)という残念な気持ちが急激に興奮へと昇華され、俺はその場でディルドを激しくピストンし、ぐちゅぐちゅとスケベな音を立ててチンコを擦り、一気に絶頂へ。 「あーっ!イクッ!出るよ!いっぱい出るよ!あーーっ!!」 彼女に届けとばかりに大声を発しながら、大量のザーメンを銭湯の鏡にぶっかけました。
857、JKに見せつけ…
普段通学途中の単独でなく数人のJKに見せてます。中途半端なRは通報につながると思っているので、僕は堂々と見せることをモットーにしています。 OKな子は怪しい動きをしているとなんとなく分かる。目が合ってから少し笑ってズボンを脱げば結構向こうも笑って見てくれます。 ののしられることや逃げられることもあるけど、この堂々作戦で通報されたことはありません。 先日は某神奈川県の女子校。学校が駅から遠く、いくつか通学ルートがあるなかのあまり一般の人が通らない道。朝はJK率90安全です。 歩いてきた5人のJKに明らかに不審者っぽいマスクをした僕。ひとりがニヤニヤしはじめたので「これはいける」と直感。 一気にパンツをおろして高速O。ひとりを除いてゲラゲラ笑い出したので、続いてしこしこしこしこ。大量Sを足元にぶちまけました。 おえーっと言いながらも笑って罵声を浴びせながら歩き去るJKたち。唯一おびえた顔で上目つかいでPを見てくれた背の低い子が一番のおかずで、今でも思い出しては抜いてます。 私の露出は基本的にもっこりを見せ付けるパターンが多いです。 (露出といえるか微妙なところですが・・・) 近頃、めっきり暖かくなったので長袖レオタードを着て夜の10時ごろ 隣町の団地を散歩していました。 途中団地内にある小さな公園で休もうと、自販機で飲料を購入している時に すぐ裏手にある横道?らしき細い道を女性が通り過ぎました。 どちらかといえばその日は誰かに見せる目的では無かったので 正直いきなり現れた人に驚いていたところ その女性が公園内に入ってきて、ベンチに座りました。 (明らかに不審者なのに警戒心の無い・・・) 見たところ30代くらいでしょうか、街頭に照らされているといっても 顔には影がかかっていて表情は上手く見えません。 女性と公園に二人きり、しかもこっちの姿はド変態 ムラムラと来て、女性の目の前に仁王立ちしました こんばんはと声をかけると、大声を出したり驚いたりする事も無く 普通にこんばんは、と返され拍子抜け。 正直興が削がれたので、隣に座って話していると(話にも付き合ってくれました) この女性は近くに住む20代後半の人妻で、暑かったので夜風にあたるために散歩を していたら面白そうな人が居たので公園に入って来たと。 この恰好どう思います?と聞いたところ変態過ぎる!と嬉しい反応 少々調子の乗って、勃起しているもっこりを見せ付け 触ってみます?と聞きました。(今思えば滅茶苦茶危ない行為) 最初はハハハと笑っていたのですが、こっちが無言でもっこりを見せていると じゃあ・・・と指先あたりで擦ってくれました。 暗くて分からなかったでしょうけど、布は我慢汁で濡れていました。 しばらく擦ってくれていたのですが、私の方がびびってしまい 射精もする事無くじゃあ、という形で帰ってきました。
858、個人経営のベテラン女性とのCFNM体験
個人経営のベテラン女性の施術では、途中で生理現象だから我慢できなくなったら自分で抜いていいと言われた。自家発電中はさすがに背中を向けて見てくれなかったが、逆に興奮したし、精液で濡れたティッシュは手渡しできたし、抜いたあとの残り液漏れも施術しながら拭いてくれた。 また同じく個人経営のある若い(これが超エキゾチック美人)人妻は、勉強中ということで行く度にポーズが変わる。リクライニングシートを倒したままが普通だが、斜めにおこして施術されたことがある。当然、自分のが丸見えだし、彼女の大きく開いた胸元から谷間も丸見えで、終始フル勃起状態だった。 そしてO部分は、普通は横向きで自分で片手で穴を広げさせられるのが多い(これも興奮する)が、なんと四つん這いを要求される。確かに施術しやすいだろうが、リクライニングシートといい、このポーズといい、明らかにエロ意識でやっている。 ある時から、シートの上にアクリル板を敷いてあったので理由を聞いたら、誤爆したやつがいたそうで後片付けが大変だったからだという。ということは、誤爆しても大丈夫、いやしてもいいですよということかと解釈し(笑)、VI部分のあと、トイレで勃起施術と彼女のおっぱいを思い出しながら速攻で抜き、ちゃんと吹かずに戻って四つん這いに。 当然、残り液がアクリル板にポタポタと…するとやはり気になるのか、ティッシュで板を拭く。あーこの人、トイレで抜いてきたんだ…とバレバレなのも興奮し、終わったあと、またそれをオカズに抜くのが最近のパターン。 研修モニターもなかなかいい。先生がお手本を見せるパターンと生徒の施術を指導するパターン。 前者は、先生が皮をつまんで向きを変えて施術、生徒は熱心に凝視しながらメモをとっていた。後者は生徒がガッツリ握って向きを変えたり、先生が押さえてくれたりと事故率が高かった。
859、ネカフェでオナニーする露出狂
駅前のネカフェで毎日オナニーしてます。 とうとうこの前 間違えて店員の女の子が扉あけちゃいました。 よく受付や会計で顔あわせる かわいい子が。 彼女の視線が俺の顔とギンギンのあそこに一瞬釘付けに なり 失礼しましたと扉しまりました。 妄想します 彼女が男のオナニー見たのが初めてだとショック かな 刺激強くてうち帰ってオナニーネタにするかも 彼氏に変態なお客いてさーとか言って お前もネタにされて るかもよ とか言われながらやられてたらエロいな バイト仲間の飲み会でいつも来るおじさん すごいオナって たんですよとか話題にされてたらバイトの女の子全員が 変態おじさんだと心の中で思ってたらと 卑猥な妄想しながら そのネカフェで書き込んでます。 また 間違えて女の子に見られたいです。 30分ほど前のこと したくて見せたわけじゃないのですが・・・ 姉(といっても僕と双子)のところに 女子が数名泊まりに来ています。 そんな輪の中に入れるわけもなく、 自分の部屋で映画を観ていました。 しばらくて姉が先に風呂へ入れ、 とうるさいので風呂へ。 そして風呂から出て頭をタオルで拭いていると 突然ドアが開き、女子が入ってきました。 僕の両手で髪を拭いていたので チンポ丸出しでした。 その女子も驚いて固まっていたところ、 「ゆうき君ごめん」と謝ってきました。 僕も驚き間抜けな恰好のまま 「え?だれ?」と返事も間抜けでした。 「わたしです、松山です」と答えた。 いつもとは違い眼鏡からコンタクトにしていて 髪も下ろしていたので全然気付かなかった。 松山さんはじっと僕の股間を見ていることに 気付き慌てて隠しました。 コンタクトにゴミが入って取りたい、 とのことっだったので僕は 風呂場へ逆戻り。 摺りガラス越しだけど お尻をこちらに向けているのをじっくりみていると 勃起してしまい、そのままシコシコと。 そろそろ出そうな時に、 松山さんは出て行ってしまった。 さっきラインで松山さんから 「ごめんなさい 弟たちのと あまりに違ったので見てしまいました ほんとうにごめんなさい」と来てた。 友達と比べるとちょっと長めだけど 1/3ほどしか剥けていない包茎なので あらためて「見た!」的にいわれると 包茎を知られた僕の方が恥ずかしい・・・
860、JKの萌える感想
JK、JCともなるとある程度の知識は頭にチン歩入ってます。JKの 中にはもう知識以上の事を彼氏教えて貰ったJKも・・・ しかし、何故か私はその事を知っている! いや、知っていると言うよりJK自らが私に教えてくれるのです。 これはあるチン歩の日の出来事です。 ローカルな山手の通◯路、片側二車線、そこはS字になって更に路肩に駐車スペース有り! ↑午前10時半過ぎ私は得意先からお次の得意先へとワンボックスで移動してた時です。 この時間にしてもうJKが自転車でなんにんも帰宅してる光景が車内から伺えました。 「えッ?もうこんな時間から?早ッ・・・」 そして私はS字の先に有る路肩を発見すると何気に車を路肩に駐車しました。 そう、何気に・・・ 私の車の左側は歩道、即ち間違いなくJKは自転車で歩道を通るのです。 ミラーでS字に入った四人組のJK自転車にロックチン! そしてS字で車のミラーから姿が消えたタイミングである程度、凝り固まった状態で立ちション開始! S字から再び姿を現した頃、JKは程好い距離から私の状況にチン遭遇! A「見て!あんな所でォシッコしてる!」 B「えッ!?最悪~ッ」 C?「いや、チ◯コ凄い大きいって!見てッ!勃起してるくらい有るッて!メチャ大きいって!」 AB?「えッ、マジで!?・・・いやッ、ホントに凄い大きいッ!」 ?「いやッ、メチャ長ぶっといって!凄いデカい!」 ?「平常時でウチの彼氏の倍は有るって!・・・メチャ大きいッて!」 ?「アレ勃起したら絶対20センチは有るって!」 そして気付かぬまま遭遇間近で慌てて終う私でした。 そして私の車を通り過ぎたJKの会話は終わらず・・・ ?「普通であれだけ有ったら勃起したらメチャ、長ぶっといって!凄いなぁ・・・」 そして会話が私の耳から遠退く・・・ 去らばJK!またいつの日か・・・
ボレロ&マーラー

CFNMの話 その187

iuhyhh6u78jhntdy6u7yhdt.jpg
851、彼女に紹介してもらったお店で
最近彼女が出来まして、アソコがなんとツルツルのパイパンなんです。私にもパイパンにして欲しいとの事で、彼女が通ったブラジリアンワックス店を紹介してもらい行きました。 店に行きますと、彼女から直接お電話を頂きましたと言って出てきた店員さんがかなり可愛らしい。どの部位の脱毛かも彼女から聞いていたとの事で、直ぐに下半身丸出し状態で脱毛開始! 泡?を陰毛に塗ってる最中に私の珍子はみるみる膨れ上がり全長17cmのフル勃起珍子を見られる羽目に・・・ 私が恥ずかしがっていると、『恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ』と微笑みなからお腹に張り付いた珍子を優しくつかみ、片手で脱毛してくれました。 脱毛中、興奮MAXになった私は腰を上下してしまい、つかまれた手の中で珍子がゆっくりピストン! 女性店員さんも私の腰の上下に合わせて優しく手を上下。 可愛いお顔に見られながらドクドクと恥ずかしい液を出しました。 もう最高でした。 彼女に行って来た事を話したら、もう店員さんから報告があったらしく全て知っていました。 彼女もその店員さんからお万子を優しくいじられ、半分イカされ汁を垂れ流してしまったらしいです(笑) 1回では完全な脱毛が無理なので、生えて来たらまた行きます。
852、ヨーロピアン女性に見せつけて…
今朝夜が明ける前、とある繁華街の外れにあるアパートの2階のベランダで、ピーナの娘が2人でタバコを吸ってるのが見えました。ちょうどベランダの下にトラックを停めてライトをつけたまんまトラックの前に出て玉ごと出してォシッコをしました。ライトに照らされてまる見えになったPを見ながら、クスクス笑ってる声が聞こえてきました。ォシッコも終わって、Pをプルプル振って軽くシコったら、上から、「オニイサンソンナコトシタラダメヨ!オオキクナッテルヨ!」って言われました。僕は上を見ながら、下に来てって言いながら手招きしました。すると出て来てくれて、2人でPの横にしゃがみました。シコるから、見ててねって言ってシコりはじめると、「スゴイハヤイスグデルカ?」って聞いてきたからわざとあ~あ~って声を出しながら、出るから見ててね!って言って、シコる手を止めて2回くらいピュッピュッとでるとこを見せました。「オ~トンダナ!オニイサンセイシイッパイデタネ!センジュリキモチイイカ?」って言われました!凄く興奮しました!この時間ならまた見てくれるそうです!
853、LさんとのCFNM体験
Lさんにオナニーを見てもらったあと、しばらく二人で話していました。(私はシャツだけの姿でした。) Lさんはこっちに嫁いで来てから10年ほど経つらしいのですが、同年代の人が少ないことやなかなか子宝に恵まれないことなどを話してくれました。 挙句、最近はレスだし着飾るのも面倒になって最近はこんなになっちゃったわよ と、自虐的に笑っていました。 私はとても魅力的だと言うことを伝えましたが Lさんは
「いくら褒めてもヤラせてあげないよ~」 と笑っていました。 話しているうちに私の息子も復活してきてまたビンビンに勃ってきました。 私は 「Lさんが魅力的だからまたこんなになっちゃいましたよ。」 と、シャツを捲し上げ勃起した息子をまたLさんに晒しました。 フル勃起した私の息子を見たLさんは 「まーた勃ってんの?元気ね~」 と、私の息子の先をなでなでしていました。 続けてLさんは 「エッチはしてあげられないけど出すとこ見たげるわ」 と嬉しそうに言ってくれました。 私はまたLさんの目の前でシコシコし始めました。 2回目なので今度はしっかりとLさんにオナニーしてる姿を見てもらえました。 私はLさんにまたイきそうだと伝えるとまたLさんは笑いながら 「頑張って頑張って!」 とまくし立てます。 ほどなく私はLさんの目の前で2度目の射精をしました。 この日は私がしたくなるとLさんが笑いながらオナニーを見てくれると言う流れを日常会話をしながら勃たなくなるまで繰り返しました。 夕暮れが近付き、さすがに勃起しなくなってくるとLさんと私の間には結構な量の精液が落ちていました。 祖母たちがそろそろ帰ってきそうな時間帯なので私が身支度をしているとLさんは私の息子をなでなでしながらハグして 「また来てね!」 といつもの笑顔で帰って行きました。 次いつ会えるかわかりませんが、もし次があれば楽しみにしたいです。
854、トイレ掃除のおばさんに…
僕が出くわすトイレ掃除のおばさんはたいがい50歳以上のババアばかりで見せたいとも思わない人ばっかりでした。 しかも、便器を洗ってるところの隣で小便しようとすると大概一旦トイレから出て行く人ばかりでした。 しかし、今日は珍しく30代くらいの若めな人で(全く可愛くはない)掃除している便器の横で僕が小便しても全く気にせず掃除を続けていました。 さすがに興奮してきてビンビンになってしまったので、ちんこ握ったまま話しかけました。 大変ですねーとか言ってると「あははー全然慣れてますよー」って感じで普通に笑顔で話してくれました。 その後も僕が「なかなか出ませんわー」とか言いながらずっとちんこ握ったまま便器に立ってると、「人がいるからじゃないですか?あえて、個室でする方も結構いますよー」って言われました。 僕は、「いやいや、僕は全然気にならないんですけどねー」とかいいながらずっとそこにいました。 そしたら、その便器の掃除が終わり、こっちの便器の掃除に移りそうだったので、「あ、そっち終わったら僕そっちに移りますよー」と言うと、「あ、お願いしますー」と言われたので、ビンビンのちんこを出したまま移動しました。掃除の人はしゃがんだままなので、当然顔の真ん前を勃起ちんこが通り過ぎます。 そのあとは、普通に便器でずっとしこりながら、なかなか出ませんねーとか言いながら会話してました。 それからは全く意味のわからない理屈ですが、「もしかしたらそっちの方が出るかも」とか言って、掃除中の便器に移りちんこを便器は近づけました。 たぶんしこってるのわかってたので精子を出すと思ったのでしょう、そのまま避けてくれる感じで目はしっかりちんこを見てました。 でも、出た瞬間にだれか来たりしたら困るので精子を出すことはしませんでした。 そのまま、あーやっぱり出ませんわーと言いながら、ちょっとほかのトイレ行ってみますと言うと、「あ、はい頑張ってくださーい」と言われました。 何を頑張るのかわかりませんが。笑855、女子高生に激しく罵倒される
僕の立つすぐの座席には、水色ブレザーにチェックの女子高生が二人座っていました。二人とも、背が高くスタイルも良かったです。 眠くてぼんやりしていたんですが、何となく女子高生を見下ろしていたら、短いスカートから、足を前に伸ばしきって座っているんで、太ももから下の四本の脚が何とも艶かしくて、恥ずかしながら、勃起したんです。 少しピッタリしたスラックスだったのと、パンツがゆるゆるのだったから、勃起すると、すごく目立ったのかもしれません。 「ってかさ~、だからおっ勃たせてんじゃね~よ!」 結構なボリュームの、女性の怒鳴り声。 一瞬、誰が怒鳴ったか、誰が怒鳴られたか、それに言葉の意味もよくわからず。何しろ、いきなり聞こえた怒鳴り声にビックリしました。 ふと、チラッと女子高生の一人と目が合いました。長い黒髪ロングで、何しろキレイな顔立ちのそのコが僕を見上げて睨み付けていました。 そこで、怒鳴り声の主は彼女で、怒鳴られたのが自分だとわかりました。 よくわからず怖いし、無視しようと目を逸らすと、 「シカトしてんなよ。きめ~」 とかまた言われ… 車両内には、年配のじいさんばあさんが数人とか、おばさんが何人かとか、後、覚えてるのは2、30代位の女性の二人連れかいたと思いますが、何しろその位。ただ、みんな何事かとこちらを見ているのはわかりました。 なんか怒られてる、と思われてるのが恥ずかしくもなりつつ、 「何なんですか…」と言ったと思います。 「だから!うちら見て、エロい事考えるのもキモいし、わざわざこっちに勃ってんのを見せつけるのもキモいって言ってんの!マジでキモいから!」 めっちゃまた怒鳴られて。 僕が、「何なんですか?わけわからん」 とか言うと、 「はぁ!何逆ギレしてんのっ!キレてんのこっちだし。おっ勃ってんじゃん、どう見ても!ほら!これ!」 と僕の股間を指さし、 「ずっと見てたじゃん、こっち。で、わざわざうちらの前に立っててさ!勃たせながら立ってんじゃねーよ!」 周りの視線もあり、恥ずかしいのと、むかついたので、 「見てないですよ!」 と強めに言ったのに、 「だから!嘘つくなって。わかるし、こっちは!キモい目でチラチラさ~。そんで股間膨らませて、アピールしてんじゃねーよ。変態!」 ちなみに、もう一人の連れの女子高生は、このやり取りの間、チラッと何度か目が合ったけど、笑うでも諌めるでもなく、無表情に僕を見ているだけ。 恥ずかしくて仕方なかったけど、あまりに強気な女子高生に、反論してもきりがなく、且つ変にこじれるのも怖くて、なぜか、 「どうもすみませんでした…」と謝ってしまった。 すると、 「最初から認めればいいのに。そのうち犯罪犯すなよっ」 とか言われ、それまでの剣幕が嘘のように、隣の無関係顔の友達に顔を向けて、おしゃべりを始めました。 その場にいたくなく、逃げるように車両を移動しました。 目的の駅に着いてホームに出ると、なんと先程の女子高生達も降りてきていて。一瞬、こっちに気づいて、ギロッと睨まれたが、そのままスタスタ歩いていきました。 女子高生に突然、あんなに絡まれた事もないし、あんな言われ方をされたのも信じられなかったです。 確かに、足を見てたのも勃起したのも本当だから、考えたら間違った事は言われてないんだけど。でも、わざと勃起を見せつけたつもりはなく。普通、あそこまで言うかな…思い返しても信じられないのと、やっぱり恥ずかしかったです。周りの目が。セカンドフェイス
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ 嘲笑 JK ギャル 顔面騎乗 強制オナニー 言葉責め 圧迫 踏みつけ おばさん いじめ 包茎 熟女 クンニ 羞恥 長身 アナル 爆笑 センズリ 蹴り フェラ ォシッコ ブーツ 聖水 屈辱 爆乳 JC  足コキ 美脚 ビンタ 格闘技 短小 女装 淫語 店員 トイレ 金蹴り 看護婦 JS 露出  ぺ二バン 露出狂 温泉 立ちション 酔っぱらい女  オムツ 授乳 赤ちゃんプレイ OL JD 浣腸 ママ お漏らし 巨尻 寝取られ 臭い 奴隷 蝋燭 強制ホモ 部活 ぽっちゃり 電車 水着 マッサージ師 おっぱい 女子大生 女子高生 プール 写メ 剃毛 マッサージ 金玉 バス お母さん 清掃員 ヤンキー 女教師 ペニバン 調教 電気あんま 銭湯 M女 巨根 集団 素人 コスプレ ヒール  失禁 お尻ペンペン バイブ 外国人 パート 同級生 レズ M男 M女 OL 緊縛 ナース 義母 コンビニ店員 メイド お姉さん カップル奴隷 パイパン 灰皿 チンカス セールスレディ バイト 後輩 排泄  筋肉 茶髪 アロマ企画 パンチ 竹刀 動物真似 オナニー Jk 子供 野外 キャバ嬢 NTR 首絞め 足舐め 芸能人似 母親 童貞 幼児プレイ 巨乳 ネカフェ 同僚 先生 食糞 マザコン 漫画喫茶 水責め ジョギング ハード ジャージ 飲尿 裸踊り レザー デブ 尿道 土下座 カップル 黄金 ペ二バン 乳首責め フリーダム 乳首 携帯 撮影 ウンチ 69 電気按摩 キス ぺニバン 咀嚼 匂い 早漏 五十嵐ゆい 首輪 ボクシング アナル舐め コンビニ 散歩  飲み会 ぶっかけ 女の子 格闘  先輩 スナック ホテル 風呂 スパンキング 貞操帯 電気アンマ パンスト 婦警 中国人 女看守 ニューハーフ  SEX 肉体改造  アカスリ クラスメイト 感想 人間便器 ウンコ 宗教勧誘 女子 射精 メス化 ヨダレ レギンス 拡張 排泄公開 CMNF ヌードデッサン テニス ふたなり 公園 おばあちゃん バスガイド 公開排泄 アナルフィスト ディルド 漫画 観光地  ナンパ タイツ 人間灰皿 デッサン 祭り 運転手 うんこ 宅配 海外 オムニバス ユニフォーム アダルトショップ ブルマー マッサージ女性 フードクラッシュ 病院 スーツ ホモプレイ ロリ 射精管理 喫煙 介護士 大槻ひびき 年下 写真 警備員 お仕置き 肛門 受付  泌尿器科  屋外 検尿 喫茶店 SM 愛音ゆり 旅館 パイパン看護婦 ラブホテル 拷問 おばちゃん グロ 赤ちゃん 田舎 酔っぱらい女性 介護 専門学生 保健室 改造 母乳 NTR 検事 夢野あいだ 友達 事務員 鷹宮りょう モデル ブス 満喫 フェラチオ 笑顔 誕生会 ニヤニヤ マクドナルド オナホール ばばあ 障●者 ホームレス 客引き 男女兼用 ホモ 隣人 女将 レジの店員 JS 中国 親子連れ 部下 女子社員 公園散歩 ネイルサロン レジ店員 スポーツ用品店 チャット 伯母 不良  エレベーターガール 計測 試着室 女子マネ JK パンティ 水泳部 マンション 浴衣 妻の友達 歯医者 女上司 抱っこ 看護師 上司 学生 おなら ボンテージ 訪問販売 ブーツ舐め 煙草 監禁 脚コキ 知り合い ネット ドン引き 手袋 失神 風俗嬢 出血 少女  コーチ 失笑 ファーストフード店 おむつ   掃除のおばちゃん 奥様 パンチラ 公衆トイレ オナクラ ミニスカート 脱糞 ウエイトレス 居酒屋 水泳  カラオケ トイレットペーパー 巨漢 精子 乗馬 ジム 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR