FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。

CFNMの話 その140

616、続・酔っぱらいの女性に見られる
たぶん酔っててよく分からなくなってたんだと思います。 女性は根元を握りながら目はォシッコを放出し続けるちんぽに釘付けでした。 そんな女性の顔を近くで見てみると、見た目では30代の半ばから後半くらいかなって感じのどちらかと言うとキレイめの人でした。 まもなく膀胱に溜まっていたォシッコが全部出終わると、何も言ってないのに女性はボクのちんぽをプルプルと振って尿道に残ったォシッコを最後まで出し切ってくれています。 その頃には女性に握られているこの状況にちんぽが反応し始め、半勃ち状態。 それを感じてか、ォシッコが終わったあとも握った手を離しません。 それどころか今度は軽く上下に擦り始めたではありませんか! 外で、それも見ず知らずの女性にォシッコしてる所を見られて、かつちんぽを扱かれてるこの状況。 即座にちんぽはフル勃起。 徐々に早くなる女性の手の動きに気持ちよくなっちゃってもうされるがままでした。 扱いている間女性は耳元でまた囁きます。 「すごいね。硬くなってるよ。」 「おちんちん気持ちいいの?ぬるぬるしてるよ?」 そんなこと言われると余計に興奮してしまい、スグに射精感が。 んんっ!出るっ! ぼそっとそう言い、ボクの精液が前の壁に勢いよく飛び散りました。 ボクが射精したことを確認すると、女性は何も言わずに止めてあった自分の自転車に乗ってそのまま去っていきました。 あれは何だったのか… 夢のような幻のような女性の後ろ姿を見送ったあとボクも帰路に着きました。 今思えば、その後誘ってみればそれ以上の事まで発展したかも知れないと思うと惜しいことをしたなと後悔してます。
バズーカ
617、JK言葉責めを受け射精
だいぶ寒くなってきたが同時に早く暗くなるので、徒歩で下校の女子高生たちにフルチンですれ違うという挑戦をしている。2人~数人に何度も露出成功。場所を素早く変えながら同じ学校の生徒に固執しないのがコツ。そんな中、やはり数人のグループがグルメの話を盛り上げながら通りかかった。さりげなくフルチンですれ違い「こんばんは。楽しそうだね?」と声をかけてみた。数人は、一瞬「ギョ」っとして小声で「ヤバイ、マル変?」とひそひそ話しつつも「あっ、こんばんは。」と返してきた。「寒いから、温かい食べ物が美味しいよね?」とさりげなく言ってみる。するとゲラゲラ笑いだし、「あの?何でおチンチン丸出しなんですか?パンツ失くしたんですか?」と、一人が訊ねる。そこで「おっ、いい質問だね。君達みたいな可愛い女子高生の子達に見て欲しいからなんだよ。」と答えた。因みにパイパンにしておいた。「なるほど、確かに私達可愛いしね。寒くないんですか?捕まりますよ。」と冷静に普通の会話を交わす。「寒さより見られてる興奮でいっぱいだよ。これでセックスするんだよ。どう?」「別に知ってるけど。もう見たから隠して下さい。」すると別の一人が「勃ってないし。セックスなんてする相手いないんでしょ?だから見せてんでしょ?可哀想、惨め。」ー「そ、そうなんだよ。最後までイクとこ見て?お願い。」ー「ダメ。もう前隠して。」 「じゃあ、こっち見て?」と後ろ向いてアナルを見せる。「も~、何でそんなとこ人に見せれるの?人として情けないよ!」その言葉を聞いて猛烈に興奮し、すごいスピードでシゴいて、向けたアナルをヒクヒクしながらピュ、ピュピュ、ピュー、といってしまった。女子高生達は呆れた様子で去っていった。「もうイッたんだから来ないでね!来たら通報だよ!」マニアゼロ
618、ギャル系女子高生に見せつけ
共学校の通学路で運に任せてJKを狙うのは、僕みたいなJK狙いからしたら基本中の基本だと思うけど、 そこで邪魔になってくるのが男子なんですよね。(他の通行人もだけど) 同じ道を往復しながら 「JK来ね~かな~」 「チクショー!男もいるじゃねーかよ!」 「なんで男ばっか来んだよ!」 通学路露出あるある ですね。 それにくわえ、 何度も何度も同じ道を往復しているのはかなり不自然だし、どう見ても怪しい。 そこでその邪魔者(男子)がいなかったり効率的なことを考えると、やはり女子校にたどり着く。 これもまた僕みたいなJK狙いの奴が一度は考えることですよね。 以前こんなことがありました。 私立K女子高は比較的派手な生徒が多く、このテのタイプが好きな僕からしたら、 この場所に来て ここのJKを見るだけでボッキしてしまうほどでした。 女子校をローテーションでまわるって話がありましたが、 僕にとってこの場所はそのローテーションのエース。 しかもエースの座を何年にもわたって守っていた、絶対的エースでした。 メイン通学路から外れた場所に40段ほどの階段(道幅2m)があり、ここは周囲から死角になっていたので、露出ポイントの1つとしていた場所でした。 登校時間を過ぎた朝9時過ぎ、JK3人組がダラダラやってきました。 学校はこの階段をのぼって数分歩いた先にあったので、階段ですれ違いながら露出する作戦でした。 タイミングを合わせて階段を下りていき、途中くらいで3人とすれ違ったその直後、 クルッと3人の方を向き、上着で隠していたフルボッキを露出! 突然の行動に 「へ?」「なに?」的に無言でこっちを見た3人は、そのままチンポをジロリ。 距離は1mあるかないかくらいの近距離でした。 少々派手なギャル達でしたが、 遅刻してきたくらいにダル~い朝から、いきなりチンポを見せられて驚き、 「う゛お゛っっ!」 低い声を出して 大きくのけ反った 1人。 他の2人も呆気にとられた表情で僕を見て固まっていた。 こんな行為を平気で?してきた僕ですが、中身は小心者の超ビビりです。 派手目のJKは好きですが、近距離で3人が相手となると調子乗った行動はとれません。 もつれそうになりながら一気に階段をかけおり、おりきった先で3人を見上げながらシコシコシコシコシコ!! 僕なりの精一杯のアピールです。 階段の上からその行為を見ていた3人は、 「マ ジ か よ ぉ~~!」 「チョ~ビビったんだけど~!」 「ありえなくね!?」そんな声が聞こえてきましたが、 逃げるが先ってことで退散となりました。 ちなみに余談ですが、 朝の登校時間より夕方の下校時間の方がJK達のテンションも高く、ノリ良く見てくれる率は 高い かも 知れませんね。オフィスケイズ
619、ぽっちゃり系の女性宅配員に見せる
休日の昼下がり、携帯が鳴ったので出ると宅配業者だった。 代引きの荷物があるので今在宅でしょうか?今近くにいます、と女の声。 『はい、今いますのでお願いします』と応答。 しめたと思い、速攻全裸になりXLサイズのTシャツを着る。 かなり大きめのTシャツなので、チンコの先がギリギリ出るか出ないかくらいの丈。 うちはマンションの5階。 思い切りシゴいて待ち構えるが、興奮と緊張で半勃ちどまり。 チャイムが鳴り、ドアを開けると30過ぎくらいの女性宅配員。 化粧っけはなく茶髪、ちょっとポッチャリ体型でかわいいタイプ。 一応Tシャツを着ているが下半身はスッポンポンでスースーする。 下を見ると、チンコの先がチラチラ見えている。 おねえさんはノーリアクション。 おねえさん『(なにごともないように)●●●円お願いします』 俺『(サイフを覗いて)あ、すいません。細かいのないんで取ってきます』と一旦ドアを閉め奥へ。 室内で思い切りシゴいて、勃起状態のまま再びドアを開ける。 Tシャツの股間部分が持ち上がって、勃起が丸わかりの僕を見て一瞬、口を開けピクっとするおねえさん。 股間を見ないようにすぐに視線を上に移すが、表情が丸わかりで大興奮。 もちろん定番の小銭落としを決行。 床に散らばった小銭を拾うためしゃがむと、その拍子にTシャツがズレてチンコが外に出た。 そのまま立ち上がると、完全に勃起チンコが露出。 上はTシャツ、下は全裸という状態でおねえさんと対面。 おねえさんは下唇をかんで目をそらす。 そのまま小銭入れから小銭を出しチンコの真上に手を持って来てならべてから、 『百円、二百円、、、』とわざとらしく数える。 当然おねえさんも確認するので、俺の手の中の小銭を一緒に見るが、 ここで手をちょっとずらして、真下のチンコを見せ付けた。 チンコが見えた瞬間、一瞬顔をそらすが小銭を見ないわけにはいかないので、再び視線はチンコへ。あきらかにまばたきが多くなり落ち着かない様子だが、 『ではサインをおねがいしますね~』と意外にもフランクな口調でサインを求められる。 なにも気にしてませんよ、という感じが逆にソソる。 送り状を受け取り、ドアを下敷きにしてサイン。 わざと背伸びして上の方でサインしたので、Tシャツが引っ張られヘソ近くまで露出。 もう我慢できなくなり、送り状をわざと落として、しゃがんだ時に思い切りシゴいた。 かがんでいるので、おねえさんからは直接シゴくところは見えてないが、明らかにオナニーしているの男を見下ろす状態に。 もうビンビンに上向いたチンコを丸出しで、送り状を渡し品物を受け取る。 30㎝くらいの幅の段ボールで軽量だったので、左手で受け取り、荷物の下では右手でチンシコ。 さすがにモロはまずいので、Tシャツをかぶせてシゴいた。 荷物を渡すとおねえさんは『では失礼しまーす』と背を向け出て行こうとするが 興奮で理性を失った俺は、出て行く直前に、素早くTシャツを脱いで全裸になり、腰を突き出してで思い切りシコった。 ありがたいことにドアを閉める直前、ちょっと振り返ってくれて会釈。一瞬だが全裸オナニーを見せる事に成功。 その日は思い出しオナニーで3回ほどヌきました。
レイディックス
620、JKに縮みあがったチンコを笑われる
2月の寒~い夕方のことでした。 外に出た瞬間チンポが縮こまるほどで、野外露出には適さない日でした。 そんな日は露出しなきゃいいじゃん。 って話ですが、骨の髄まで露出に侵されていた僕は、寒かろうが例え雪が降っていようが露出せずにはいられない奴だったのです。 (僕には屋内露出って選択もありませんでした) 駅の裏手に「○○プラザ 」なんて公共施設があり、そこの一階の窓際(一部ガラス張りになっていました)に椅子とテーブルがあって、 放課後の時間帯は高校生とかが勉強したりお喋りしたりでよく利用されていたようです。 もともとココに来るのが目的だったわけではなく、たまたま徘徊中に前を通ったのですが、 窓際にJK3人組が座っているのが見え、思いがけぬチャンスにスイッチが入る。 冬以外なら露出スイッチONと同時にチンポがムクムクしてくるのですが、2月の極寒となるとそうもいきません。 駅の裏手で人通りは少なかったとは言え、いつ邪魔が入ってもおかしくはないし、 建物の前、窓の前で長時間立ち止まって露出するような場所でもありませんでした。 こういうとき、 「どうしようかな~露出しちゃお~かな~う~ん、チンポも立たないしな~」 なんて考えながらウロウロしがちですが、それはそれで余計怪しいので即実行。 小指以下に縮こまったマイクロチンポを窓越し3mから見せつけました。 僕に気付き、チンポに気付いた3人は「えっ!?」てな表情で2~3秒固まったあと、 「うそっ!?」みたいな驚きの表情で顔を見合わせる。 1人はまたも僕を見てきたが、2人は「ぷぷぷぷ(笑)」的に肩を震わせながら下を向いて笑っていた。 露出の何が興奮するって、相手の表情やその表情の変化です。 チンポを見た瞬間に笑う相手はあまりいないと思いますが、驚き顔から徐々に口元がゆるんで最後は笑顔(ニヤケ顔)になる人はたまにいますよね。 僕はこの表情の変化がたまらなく興奮し、この表情が見たいがために露出を繰り返してきたようなもんです。 下を向いて笑っていた2人の表情に興奮し、体がカーーっと熱くなったのがわかりました。 最近何かと話題の覚醒剤。 僕はこれに手を出したことはないですけど、体が熱くなるこの感覚、これが露出の麻薬みたいなもんなのでしょう。 この感覚になると寒さなんて吹き飛びます。 凍りついていたチンポに血液が一気に集まって熱くなり、ムクムクしてきました。 2人はまだニヤケ顔でチラチラ見ていたので、この表情をしている内にスパートをかけました。 一旦上着でチンポを隠し、隠した状態で小刻みにシゴいて勃起完了! 上着をまくりあげて見せつけると、 目をくわっ!と見開いて「ぎょっ!」とした表情の3人。 ニヤケ顔だった2人も一瞬にして表情が変わりました。 ここからが本番ってとこですけど、 この数秒後に邪魔が入ったので終了になってしまいましたが、 驚き顔(マイクロP) → ニヤケ顔 → 驚き顔(FB) と、 一度の露出で何度も表情の変化が見られた冬の成功例でした。
ブラックドルフィン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

変態マゾカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
53位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム