FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。
月別アーカイブ  [ 2019年05月 ] 

CFNMの話 その193

etrtftykguio.jpg
891、水泳部のJCにチンポを見せながら会話
仕事で地方のホテルに行ってきました。 市街地の宿がいっぱいで、へんぴな場所にあるホテルしか取れなかったのですが、 R狂的には大満足でした。 当日は水泳部と思われるJCが宿泊してるようでした。 (入り口の黒板に『~中学水泳部様』の記載が) チェックイン時にはジャージ姿の健康的なJCたちがロビーではしゃいでいました。夜8時頃、最上階にある風呂に行くため浴衣を持って行こうとすると、なぜか明らかに小さい子供用の浴衣も一着ありました。 これを見た瞬間にR欲が湧いてしまいました。 あえて子供用浴衣を持って風呂へ。 風呂に浸かり、出るときはノーパン&子供用のパツパツの浴衣姿。 この格好で風呂の入り口前のベンチに座って一か八かJCを待ちます。 彼女たちがまだ風呂に入っていなければ上がってくるはず、という期待を胸に・・ さびれた古いホテルなので他に客は居ません。 監視カメラの位置は確認し、ゆっくりモノをシゴきます。 すると下の階から騒がしい声が聞こえてきます。 JCたちは大浴場のすぐ下の階に泊まっているらしく階段で上がってきます。 私は浴衣の帯をゆるゆるにして階段の方へ。 下から上がってくる水泳部JC3人組は騒がしくおしゃべりしていましたが 上にいる私の姿を見てフリーズ。 小さ過ぎる浴衣の前をはだけさせ勃起したモノはほぼ丸出し。 私はその格好でスマホをいじって、いかにも気付いてない風を装います(笑) JCたちは信じられないという顔でガン見。 みんな健康的に日焼けしててかわいい。 下からなのでチンポの裏側と金玉が丸見えです。 階段の幅は狭く、上がってくるJCたちにぶつかりそうになったので 『あ、すいません』と声を掛け横によけました。 そして思い切って話をしてみることに。 すれ違いざま

JC『あっ、すいません』
私『皆さん部活かなにかの合宿ですか?』
JC『あ、はい、水泳部です・・・』
私『そうなんだ、頑張ってね』
JC『あ、はい』

短い会話でしたがこの最中、半勃起のモノが丸見えです。 もう先っぽがJCたちにくっつきそうな距離でしたが、 彼女たちは逃げもせず、あっけに取られた感じで私のチ●ポと裸を上から下まで見ていました。 私がチンポをちょっと握ると、会話してない後ろのJCは一瞬驚き、にやにや笑い出しました。 すれ違い階段を降りる際、後ろからJCたちの会話が聞こえてきました。 『ちょっヤバいわ(笑)』 『なあ、なあ、あれ変態やんな?変態やんな?(笑)』 『普通に喋ってたのウケるわ~(笑)』 大はしゃぎの会話が聞こえてさらに興奮。 部屋に帰ってその晩3発ヌキました。
892、オナニー中に遊びに来た女友達
あれは私がまだ高○生の時の話です。 当時私は家庭の事情で3ヶ月程の間、実家で一人暮らしをしていました。まだオナニーも覚えたてで寝ても覚めてシコり、「そんな事よりオナニーだ!!」を地で行く少年にとって夢のような環境でした。 ですがその夢の様な環境は最初だけですぐさま友人(ヤンキー)の溜まり場になってしまいました。毎晩毎晩遊びに来てオナニーライフを邪魔された記憶があります。 その遊びに来てる連中に混じってタイトルの女友達2人(ヤンキー)も居ました。友人達は冗談でセクハラとかしてたんですが自分はビビリだったので手は出せなかったです。 一応男の連中には「遊びくる時は連絡を入れろ。いきなり来て俺がシコってたりしたらまじで困る!」と念を押してたのでオナニー現場に突撃されはしなかったのでよかったのですが問題は女友達の方でした。 彼女等はいつも男共と来るので男達が来なけりゃ彼女等も来ないだろうとタカをくくっていました。 ある休みの日、外で遊び夕方頃珍しく一人で帰宅した時の事でした。 久しぶりに誰もいない我が家。思う存分シコリ倒そうと思い玄関で靴を脱ぎズボンとパンツを脱ぎ捨てシコリながらウキウキで自分の部屋に行きました。 先輩から代々受け継がれダビングしまくったおかげで輪郭がボヤけた裏ビデオ(当時はVHS)を見ながら怒涛の如くシコリ上げました。 今でも変わりませんが私の基本ポジションは仰向けに寝てシコリ天に向かって射精するスタイルです。 その日も変わらずそのスタイルで射精し全部お腹に掛かっているのも構わず肩で息をしながら余韻に浸って居ました。 すると後ろの押入れがバンッと開き女友達2人が大爆笑で出て来ました。 こちらも一瞬で現実に戻され近くにあった毛布で精子まみれにも関わらず体を隠しました。 恥ずかしさとパニックで出た最初の言葉は「誰にも言わないで」でした。 彼女達は爆笑しながら言える訳無いじゃんと返してくれホッとしました。そこで少し落ち着き「いつから居たのか?」「全部見てたのか?」など質問をしました。 彼女等は私が家に帰宅する前から家に勝手に上がり込んでいたらしく私のバイクの音が聞こえたから驚かそうと思い押入れに隠れて待っていたそうです。鍵は掛けていたのですが窓が空いていたらしくそこから入ったみたいです。 という事は最初から見てたらしく、彼女曰く下半身スッポンポンでチンポをシコリながら部屋に入って来た時は押入れの中の空気が止まったそうです。 そんなこんなでそっち系の話でいじられ「いつもセクハラとかしなくて優しい○○君がこんな変態だったんだね~。チンコ気持ちよかった?」的な事やら「毎日こんな風にチンポいじってるの?」など言われ、またもや勃起して来た事を覚えてます。 彼女等もそれに気付き「見せて!」「子供のチンチンがそのまま大きくなって可愛い笑笑」「でもムケたらグロい。」などドMの心に突き刺さるワードを放ち最終的にもう一度シコってとお願いされ彼女等の眼前でオナニーしました。 精子を彼女等にティッシュで受け止めて貰いチンポを綺麗に拭いて貰いながら「また見せてね!」と言われ「こちらこそ是非お願いします!」と約束してその日、彼女等は帰りました。
893、JC達に馬鹿にされる露出狂
ある地方都市の繁華街にあるファッションビルでのことです。 そこは、JC~JD向けファッションをメインに扱っている若者用のビルです。 といっても、ユ○クロが入っているから老若男女問わず行き交っています。 ビルの最上階は、休憩スペースがあってJCやJKがベンチに座ってダラダラしていることが多いトコです。 数年前の夏に、そこで初めてRしました。 その最上階で、まだ幼さの残る顔つきからしてJCな二人を見かけました。 この二人は、日焼けして褐色な肌とノースリーブにホットパンツ姿で揃えた背伸びしている部活少女っぽい印象でした。 休憩スペースの自販機コーナー近くにあるベンチでスマホを触りながら、休憩していました。 僕は休憩スペースの隅にあるトイレへ行き、FBまでシゴいて準備しました。 Pをジーンズのチャックから取り出し、Tシャツとリュックで隠しながらJC達のいるベンチに向かいます。 JC達は先程と変わらず、スマホを触ってはダラダラ会話しています。 JC達の近くまで行く頃には、バクバクと動悸が激しくなり、膝がガクガクと震えてきました。 勇気をだして、JC達の前で隠していたPをさらけ出して歩きます。 JC達はスマホを見ながらの会話に夢中で気づきません。 それではっと、作戦を変更です。 自販機コーナーに行き炭酸飲料を買います。 ドカッとペットボトルが自販機の取り出し口に落ちてきて、チャリンチャリンと小銭が吐き出されます。 JC達も何事かと、僕のいる自販機の方をチラッと見ました。 Pを出していることに気づかなかったのか、すぐにスマホへと顔を向けてしまいました。 僕はJC達のいるベンチ前2mくらいに行って立ち止まり、ペットボトルの蓋を開けます。さすがのJCも目の前でプシュッと音がして、 立ち止まっている男がいることに不審に思ったのか一人が顔をあげました。 僕はやったとばかりに、FBしたPをさらけ出します。 JCは目を丸くしてビクッと体を震わせます。 そして、隣りに座ってスマホ画面を見て下を向いてるJCに耳打ちしています。 耳打ちしている間、チラチラとこちらを見ています。 もう一人のJCは顔を上げると「うわっ」と声をあげました。 二人は顔を背けて、チラチラとこちらを見ながらヒソヒソ話しだしました。 「あの人、さっきトイレ行ってたよ。しまい忘れたのかな」「バカ、見せてんだよ。ヘンタイだって」「えぇ~、そう?見せて何が楽しいんだろ」「ああいうヤツに前あったけど、キモチイイと言ってたよ」「マジで~、キモーい」 二人に注目されて嬉しくなった僕は、Pに力を入れてピクピクと上下に動かしました。 「ぷっ、ピクピクいってる」「ちょっと見てないで、ほっとこ」「だってチンチン見たの初めてなんだもん。あんなにデカいんだ」「あんなのタッてるわりにホーケーだし」包茎まで見てもらえるなんて、最高です。 このままSまで見てもらえそうな予感がしたので、 僕はシゴき始めました。「うわっ、何かやっている」「キモっ...シコってる。ねぇ、もう行こうよ」「もっと見たかったのにぃ」JC達はこちらを見ないように荷物をまとめながら、移動する準備を始めました。 もうとっくに最高潮に達していた僕は、 この機会を逃すまいとSに向けてペースアップします。 JC達が立ち上がろうとこちらを見た瞬間、ビュッビュッビュッとJCに向けてSしました。 残念なことに、JC達の足元手前へ着地しました。 JC達は最後の発射まで、足元と僕の姿を交互に見ながら、唖然としていました。 「キモっ、ヘンタイ」「ヘンタイさん、バイバイ」と言うと、JC達は早足でエスカレーターへと向かっていきました。 偶然に他の買い物客がいなかったからいいものの、 結構なリスクを犯していたと帰宅後にゾッとしました。 こんなことがあってからは、しばらくそこのビルには近付いていません。
894、射精を罵倒するJC
T県のある予備校は、二階廊下の一部にあるフリーエリアが建物の裏手にある駐車場に面している。 ちょうど駐車場を窓から見下ろすような格好で、JCやJKが食事や談笑してたりする。 駐車場は、大通りから一本奥の側道に接していて、人通りもなく死角が多い。 数年の前のこと、その駐車場を通りかかるとJC3人の談笑している姿を見かけた。 チャンスとばかりに、駐車場へ走り込んだ。 ちょうど駐車してある車がまばらにあって、入り口から姿を隠せる。 JC達はまだ気付いていないが、立ち小便を装って窓から背中だけ見える位置で待機する。 窓の様子をチラチラと伺いながら、FBまでシゴキながら露切りする仕草を装う。 しばらくすると、JCの一人が気付いたようで、肘で隣に座っているJCを小突く。 突かれたJCには顔を見合わせニヤっとして、さらに隣のJCに耳打ちしている。 JC達の近くで窓が開いているのか、会話が聞こえてきた。 「立ションしてるよ、あの人」 「キモいわ~」 「ずっとあのままだよ、相当貯まってたんだw」 「こっちに気付いてないのかな。丸見えじゃん」 JC達が注目していることを確認すると、大げさにシゴきだした。 「え、ちょ」 「あれ何してんの。メッチャ手動かしてんだけど」 「バカ、シコってんだよ」 「マジかw」 「シコってるの、初めて見たww」 「男子が話してたの聞いたけど、シコるのって気持ちいいらしいよ」 「B、ムッツリすぎw」 「Aの彼氏はシコってるん?」 「シコるとか言うなしw聞けるわけないじゃん」 JC達の盛り上がりが分かると、膝がガクガク震え、一気に昂ぶってきた。 調子に乗って、窓へ体を向けて、更に本気でシゴく。 「えっ、えっw」 「こっち向いてシコってるし!w」 「てかビンビンじゃん。何かデカい」 ギャーギャーと騒ぎ出したので、そろそろ限界を感じた。 もったいなかったが、JC達によく見えるよう横へ体を向けて、斜め上方向に射精した。 数日オナ禁していたこともあって、ビュビュッと白い弧を描いて1m先くらいに着地した。 「うわっ、何か飛んだよ」 「マジ!シコって出してるw」 「メッチャ飛ぶんだww」 「あんなの絶対妊娠するwww」 手を叩いて笑ってるJC達を背に急いでその場を去ろうとした。 すると、ガラッとJC達が窓を開けた。 「気持ちよかったですか~ww」 「また来てね~キャハハハwww」 嘲笑されながら、大満足で逃げ去った。
大好きな後輩の前で、告白オ〇ニー罵倒と恥辱のエンドレス
895、アルバイトのJKにドン引きされる露出狂
まずは陳列中のJK店員をターゲットにした。 チンコをズボンのチャックから出して、Tシャツに隠しながら近づく。 JK店員は通路にしゃがんで陳列しているので、こちらに気付くと陳列棚に寄って通路を開けてくれた。 まだチンコには気付いていないようだ。 すぐにこちらから陳列中の商品へと顔を背けてしまった。 俺は商品を選んでいる素振りで、JK店員の真横まで行き、Tシャツからチンコを出して立ち止まった。 するとJK店員は邪魔そうにこちらを見上げた。 顔から50cmもない距離でフル勃起のチンコを出した男にビックリしてか、 尻餅をついて「え、何で」と言うと、こちらの顔とチンコを交互に見た。 俺はチンコをピクピク動かして、ご挨拶をしながら適当な商品を数点手に取ると、Uターンしてレジに向かった。 今度はレジのJK店員がターゲットだ。 Tシャツでチンコを隠して、レジ前に並んで先客の会計を待つ。 自分の番になったら、とりあえず隠したまま商品をレジカウンターに置いた。 JK店員はダルそうに、商品をスキャンし始めた。 俺は財布を出して、Tシャツでチンコを隠してスキャンが終わるのを待った。 JK店員が合計金額と告げると、俺はわざと1万円札を渡した。 渡す間もチンコは隠したままだ。 JK店員は1万円札を受け取り、レジ打ちしている。 俺はこのタイミングでTシャツからチンコを出して、チンコが見えるように、財布を下腹部で広げた。 JK店員はお釣りにお札を数えながら渡そうとすると、チンコに気付いて「うわぁ...」と嫌そうに顔を歪めた。 お札を受け取ると、チンコをよく見えるようにゆっくりと財布へとしまう。 JK店員はこの間に嫌そうな顔をしながらも、残りの釣り銭を手にして待っている。 俺はお札をしまい終わると、亀頭オナのように軽く亀頭を数回コスった。 JK店員は汚物を見るような目でこちらを睨み、小銭を俺に手渡そうと手を伸ばす。 もちろん、受け取る手はチンコの真上で待機している。 JK店員は渋々とチンコに触れないよう左手を俺の手に添え、右手で小銭を渡そうとする。 俺は腰を使ってチンコを動かして、彼女の左手に亀頭でキスした。 少しひんやりとした柔らかい感触が亀頭に伝わってくる。 彼女はさっと左手を抜き、右手の小銭を「うぇー」っと気持ち悪そうな顔をして渡した。 他に客がいなかったので、俺は小銭を一旦レジカウンターに置いて、 少しずつ財布にしまいながらシコシコと皮オナを始めた。 後ろを振り返ると、先程のJK店員はこちらの様子を伺っている。 JK二人にジッと見られている異様な状況に、気を抜くと今すぐにも射精しそうだ。 買い物客の入店音が聞こえたが、 入店した男性客はこちらに気付いていないようで店奥のドリンクコーナーへ向かった。 これ以上長居をすると他の客に見付かるので、急いで残りの小銭を財布にしまう。 そして、くるりと後ろを向き、こちらをジッと見ているJK店員にも数回シコシコと見せつけて店を出た。 すると、後ろからJK店員同士の声が聞こえてきた。 「チョー、キモかった」「私なんてチンコ触っちゃったし」 「うぇー、マジで」「ていうかシコるなら、家でやってろって」「ホントホント、シコってるの初めて見ちゃったし」「アイツ、ホーケーのクセして粗チン見せんなよって」「粗チンとかウケる」 とギャーギャー騒いでいた。 ちなみに、半年後にそのJK達に会えないかともう一度その店にいったが、 別の店に変わってしまっていた。
フリーダム
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ 顔面騎乗 JK 強制オナニー 言葉責め ギャル 圧迫 嘲笑 おばさん 踏みつけ 包茎 クンニ いじめ 長身 アナル 熟女 ォシッコ 羞恥 センズリ ブーツ 蹴り 聖水 フェラ JC 爆笑  屈辱 爆乳 足コキ 美脚 ビンタ 格闘技 短小 女装 金蹴り トイレ JS 店員 露出 淫語 看護婦 ぺ二バン  露出狂 温泉 立ちション 酔っぱらい女 オムツ OL 赤ちゃんプレイ  授乳 巨尻 JD 臭い 部活 ぽっちゃり お漏らし 浣腸 奴隷 蝋燭 ママ 女子大生 寝取られ 強制ホモ 女子高生 写メ マッサージ師 水着 マッサージ 電車 プール おっぱい バス ペニバン 集団 電気あんま 清掃員 M女 ヤンキー 巨根 調教 銭湯  バイブ ヒール 女教師 パート 金玉 コンビニ店員 灰皿 パイパン コスプレ メイド ナース カップル奴隷 M女 剃毛 失禁 M男 同級生 竹刀 排泄 筋肉 Jk お姉さん バイト 茶髪 緊縛 芸能人似 子供 動物真似 パンチ チンカス アロマ企画 キャバ嬢 OL  レズ 外国人 お母さん 首絞め 後輩 ペ二バン オナニー 水責め デブ ジャージ カップル 食糞 同僚 セールスレディ フリーダム NTR 尿道 ネカフェ 乳首 飲尿 黄金 足舐め 母親 レザー アナル舐め 素人 先輩 飲み会   裸踊り 散歩 貞操帯 コンビニ パンスト 女子 携帯 ウンチ 女の子 婦警 格闘 ぶっかけ 撮影 電気アンマ 乳首責め 匂い 人間便器  SEX 土下座 電気按摩 アカスリ 69 早漏 肉体改造 五十嵐ゆい 首輪 野外 スパンキング 射精 マザコン 女看守 クラスメイト JK 感想 先生 メス化 童貞 ぺニバン キス ボクシング 愛音ゆり 夢野あいだ オムニバス  赤ちゃん 鷹宮りょう ロリ カラオケ 検尿 ハード ヨダレ 大槻ひびき ウエイトレス 奥様 掃除のおばちゃん 上司 咀嚼 パンチラ ミニスカート おなら フードクラッシュ ふたなり 巨漢 オナクラ 人間灰皿 チャット 宅配 デッサン ナンパ うんこ 運転手 祭り アダルトショップ 巨乳 タイツ アナルフィスト CMNF ブルマー マッサージ女性 病院 スーツ ウンコ ユニフォーム ネット ドン引き 手袋 風俗嬢 モデル  コーチ 失神 ジム ヌードデッサン ホモプレイ テニス 漫画 ラブホテル レギンス 排泄公開 拡張 風呂 スナック 検事 事務員 友達 専門学生 保健室 改造 母乳 旅館 写真 幼児プレイ お尻ペンペン NTR パイパン看護婦 中国人 おばちゃん おばあちゃん バスガイド 観光地 公園 漫画喫茶 ディルド 公開排泄 海外 ニューハーフ 拷問  グロ 介護 田舎 酔っぱらい女性 少女 知り合い 試着室 妻の友達 JC スポーツ用品店 ネイルサロン 不良  塾の先生 マクドナルド 満喫 フェラチオ ブス 誕生会 オナホール ニヤニヤ エレベーターガール 伯母 女子社員 パンティ 女子マネ 部下 ばばあ 女将 ジョギング 水泳部 マンション 公園散歩 警備員 レジ店員 計測 歯医者 浴衣 笑顔 ホテル  ファーストフード店 失笑 水泳 居酒屋 乗馬 トイレットペーパー ブーツ舐め 煙草 学生 脚コキ 看護師 ボンテージ 監禁 訪問販売 精子 脱糞 親子連れ レジの店員 客引き 中国 JS 障●者 ホームレス 男女兼用 隣人   おむつ 公衆トイレ 女上司 抱っこ ホモ 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR