FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。

CFNMの変化球が見てみたい~男性のォシッコを見る女性たち~

 紫眼球水槽の作品を買ってくれたお客様は、CFNM系のAVが好きだと思います。AVメーカーでも色々と作品を出していますが、立小便を女の子に見せるのがメインのAVって無いですよね。個人的には見てみたいんですけど、皆さんはどうですかね?アロマ企画とかラハイナ東海で作りそうですが、一向に出る気配はありません。「僕の小便見てください」的な。素人が捕まらないんでしょうかね。

↓ちなみに下記商品には、男性のォシッコ姿を鑑賞女性が収録されていますので、興味がある方は是非
チンポを見たがる女たち7
①チンポを見たがる女たち7 素人娘のAV現場見学編[後編]
左の素人娘が立小便観察&感想
※商品のレビューはこちら
チンポを見たがる女たち2
②チンポを見たがる女たち2 病院編
優しい看護婦さんがォシッコをお手伝いしてくれます!!
※商品のレビューはこちら
明るい淫語介護 沢口あすか
③明るい淫語介護 沢口あすか
 「あすかが見ててあげるから、ォシッコいっぱい出してね!」と汚チンポつまんで優しく見つめられながら尿瓶にォシッコ
帰って来た
④帰ってきた 短小包茎 笑って嫐って。
説明不要の傑作にももちろん収録。包茎という事で、しゃがんでォシッコします。
※商品のレビューはこちら
uhtfrdtfyguhihygtfrdfyguhtrft65yfedyydeyy.jpg
⑤感じちゃった僕。 [特別編]
これもアロマ企画。ちなみに特別編は、赤ちゃんプレイも素晴らしいです!!!!
立ち小便
⑥立ち小便を目撃し発情してしまった女の子
ごくごく普通のAVなんですが一応…。CFNM視点で見ると微妙…。
利尿剤パニックCFNM
⑦利尿剤パニックCFNM/モウデター
最近注目しているサークルさんです。CFNMメインで失禁系もよく出てきます。
JKに情けないおち○ち○を辱められたM男たち
⑧JKに情けないおち○ち○を辱められたM男たち/エムタイムズ
CFNM系のサークルさんです。最近発見したのですが、今後の活動も楽しみです。
[ 2019/04/30 09:07 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

M男いじめ その22

rthesyy54sy.jpg
101、包茎マゾを激しく罵倒するドS熟女
お前は変態包茎だな!!ずっと皮のばししてるなんんてどんだけ皮伸ばしちゃってるの!? いつも皮見て興奮してお汁でかわぐちょぐちょにしてるんでしょ!? その自分の皮ちんぽみて興奮してるんでしょ!?変態!!! 自分で皮なめるなんて変態包茎だね!!!ぐちゅぐちゅの包茎ちんぽだね! アナルに包茎チンポいれたいんでしょ?自分の包茎チンポであなるかき混ぜたいんでしょ? 変態!!!! もうなにこの包茎チンポ! それもこんなかっこうして・・・女のもの洋服でしょ? なんで変態皮チンポがでてるんだよ! それも皮チンポたってるし・・・・ その皮チンポ濡らしてるんでしょ?? パンティに皮まきつけちゃったりしてるんでしょ?? 超きもい!! じぶんで皮加えて皮気持ちよくして!!! ほんと変態ちんぽ!!ちんぽ射精したくてたまらないのにいっぱいためちゃうんでしょ? もうお皮の中濡れているのに皮の中ぐちょぐちょにしてちんか すためるんでしょ!?ほんと変態だね。もう変態すぎるよ 皮も伸びすぎだよ!!!皮の中になんでもいれられちゃうんじゃないの?? 女の子のパンティに皮こすりつけたりしてるんでしょ?? へんたいーーー皮の中に舌先入れてくちゅくちゅしてるんだね 
【感想】長文での言葉責めは、M男本人はありがたいだけですが、責める側は大変な労力が必要です。包茎の皮を中心に言葉責めするのはM男を思いやる気持ちの現れです。感謝しましょう。これをボイスにしたらなかなかよさそうですね。
102、セルフフェラが出来る包茎M男を罵倒する女性
マヂで自分でフェラしてるし!!! そんなに皮長くて、ォシッコする時、ちゃんと普通にデキるん???
103、チンカスを見たがる女性
楽しみにしていますね動画と静止画像。あと普段の生活で常に釣りで使うような錘を先に結んで下げとくともっと皮を伸ばせるよ。じゃまた明日、チンカス報告も忘れずにね。私の許可がでるまでは洗っては駄目ですよ(^з^)-☆Chu!!
皮を伸ばす方法を心得ている事から包茎の調教は初めてでは無いという事が伺えます。チンカスの報告を他人にするなんてドキドキしませんか?果たして許可は貰えるのか?チンカスだらけの包茎を見た女性の感想はどうなんでしょう…。
104、女装マゾを辱める女性
よくよく見ると。ウエストが細くて、本当の女性みたいです。包茎ペニスがアイコラで上手に貼り付けているみたいです。包茎ペニスの皮を引っ張ったところが有れば見てみたいです。マジックで目とか鼻とか書いて、引っ張った皮が耳だったりして、そうそう綿棒を尿道に差し込んでぞうさんとか、そんな写真だと笑っちゃいますが…
女装とオムツで躾け直された不良少年の記録
105、包茎チンポを見たがる女性
その包茎チンポ見てみたいです。どんなチンポ?まずはそのビロビロ皮のチンポを見せて。感想をメールしてあげるから。写真で見ると毛を短くしてるんだね、いっそ剃っちゃったら?包茎だから小●生になれるかも?(笑)動画とかも見てみたいです。 
映天

M男いじめ その21

ioewfiojewocojc.jpg
96、包茎好きの女性
まだ起っちゃダメって言ったでしょ!?そんな奴は縛り付けてやる私のオナニーでも見てなさい。あ〜あこんなに硬くなっちゃってイケナイコね…早くシコシコしたいでしょー?でもまだダーメ。私のオマンコぺろぺろしなさい。あっ。ん……いいわよ。あんあーーはぁ、ぁっ…イク、イクわ、あん、ァッ━━━━━━ハァハァ。ありがと。もういいわ、早くシコシコしなさいよ。ただし30秒だけねうふふ。ほら時間なくなっちゃうわよ。臭い皮被りチンポの白いチンカスが好きなのね…変態。その白くて臭いチンカスを鼻の回りに塗りつけなさい。今日1日それで生活しなさい。匂いが薄くなってきたら、また新しく塗りなさい。わかった?クサイ包茎おチンチンのカスがついた指は全部舐めてキレイにしなさい。クサイカスがキレイになったらご褒美をあげる。ところであなたは真性包茎なの?仮性包茎なの?どっち?まークサイ皮かむり赤ちゃん包茎には変わりないけど。ちゃんと毎日カキコしてる見たいね。イイ子よ。臭いチンカス君いる?あなたもプロフィールとコテとトリップ付けなさい。たっぷり調教してあげるから。あなた、まさか抜いてないでしょうね?いつ抜いたかカキコしなさい。あと、週どれぐらいチンカスチンポをしごくのか、カキコしなさい。回数も…ね。
おばさんの性教育
97、言葉責めのお話
あ、やっとちゃんとしたお返事が(゚ー゚☆キラッ ありがとうございます! んと、痴女系で、アナルを責めながら 「こんな恥ずかしい格好しちゃって…職場の人は知ってるの〜?」「写メにとって奥さんに送っちゃおうかしら?」「ほぉ〜らほぉ〜ら、どうなの?」 とかでしょうか。 お客様で、アナルがダメな方もいらっしゃって、「精神的にいたぶられたい」 とおっしゃるのですが、アナル責めなしでどう責めればいいのかちょっと わたしの経験が浅いために…。 で、助けを求めたのです。。。 ちなみに「おらおら系」もやってみたいです。「なんでココに来たの?」「どうされたいの?」から始まって、年上のおじさんとか立派そーな仕事の人には、「そんな〜な人が、わたしみたいな小娘に〜されて恥ずかしくないの?」とか。特に、最近の傾向はおちんちんの大きさ指摘みたいだから…「普通の人はもっと大きいの知ってる?」とか「こんなちっちゃくて恥ずかしくないの?」とかオススメ 恥ずかしいポーズって誰に見られるか、にもよる。 女王様とか、看護婦さんとかには恥ずかしさは少なかった。 今まで一番萌えたのは、オナパブで3人は普通の子なんだけど、1人が女王様経験ありっていう感じの子で その子に他の3人の前でチングリ返しにされ、 「わぁ、お尻の穴まる見え」って言われた時。俺は年下の子と比べて劣ってると凄く興奮しますw 「いい年しておちんちんがこんな小さくて恥ずかしくないの」「大人なのにまだ包茎なんだ〜」「中●生だってもう 剥けてるんじゃないの」「こんな大きさじゃ中●生にも 負けちゃうよね、もしかしたら小●生にも負けるかも」 「もうイッちゃうの?早くない?中●生だってもっと持つんじゃない」 とか言われるとマジですぐ出しますw まあやっぱり、本人に何を言って欲しいか聞いた方が無難かも 俺なんか↑の事言われたら興奮するけど、キタナイ系は萎えます 「おちんちん臭いよ」「痴垢が溜まってるんじゃない」とかは NGですwまあホント人それぞれかと
甘やかされ早漏訓練 保母さん・腰振りオナホ編
98、家畜以下の存在になりたいM男
基本は、街中を婦警さまのミニパトで全裸チンポ引き回しをうけながら、性犯罪防止を訴える。「みなさま、私のようになりたくなかったら性犯罪は絶対やめましょう」このように引き廻しの囚人が現れると、周囲から一斉に野次が飛び、汚らわしい変態に向かって石や生ゴミなどが投げつけられる。実はコレ、国も警察機構も認めた「良い社会参加行動」であり、世間的に変態犯罪者を迫害することで性犯罪の抑止効果を図る目的がある。途中寄った小●校では聖職である女性教師さまが自ら率先してムチを振るい生徒達に性犯罪を犯したクズ人間がどのような社会的制裁を受けるのか、教え説くのだ。もちろん生徒たち自身も、まだ小●校に上がった頃から何度となく社会のゴミの粛正折檻を体験する機会が与えられるし、図画工作・美術の時間などでは、主に女子生徒さま達が囚人の身体に性犯罪防止を呼びかけるポスターを入れ墨することなども、よくある。ショッピング中の若い奥さん集団か、下校途中の女子中高生たちか、ワイワ イと笑い声が上の世界から聞こえてくる中を、自分たちは全裸で壁に手をつ いてお尻を突き出した姿勢で一列になって待機。 端のケツから順に極太ペニバンで犯され、涙を流しながら許しを請う囚人たち悲鳴と、そんな世界とは無縁の自由で楽しげな街の喧騒がミックスされた 刑務所きぼん・・・・
動物園のサル山の檻かなんかに全裸で入れられたいな。観光客に見られるのを恥ずかしがってる様子とか、見せモンじゃないと怒ってる様子とか、女性看守さまがガイドになって、動物心理学の立場から色々説明させたい。閉園時間になると囚人は後ろ手に鎖をかけられるから、溜まってオナニーしたくなった時は、開園時間に観光客の見ている前でするしかない。それも説明されたい。サル山の檻では、時々観光客の女の子がとても長い柄の電極棒を囚人に向かって伸ばすから、ソレを四つん這いになって自分からアナルに入るようお尻を突き出すことが出来ること。そして射精したら「精子を出させていただい て有難うございます」と土下座して観光客の皆様にお礼できること。これが数回できて、礼儀正しくなったら上級檻にいける。上級檻では、実際に軍手をした観光客の女の子にペニバンで犯される。ちゃんと躾けられた犬のようにお手、おかわり、ちんちん、ふせなどの基本芸が出来るようになるのが最低限。それから、くーんくーんと甘えた声で丸出しのケツを振りながらのペニバンおねだり、これが上手かった順に最上級檻にいける。最上級檻では、全裸での火の輪くぐりとか、綱渡り、ふるちんダンスなど 『猛獣下半身大サーカス』に出演させられ、そこで世界中から集まったS Mパブのマスターやアダルト系の見世物小屋を経営している人に拾って貰えれば、とりあえずは出所となる。けれど、ちゃんと服を着させてもらえるか、一生檻に全裸のままかは拾い 主のお国柄と人柄次第…
利尿剤パニックCFNM
99、包茎を嬲るメール①
掲示板見てメェールしました(^^)v今、友達と6人でぃて、Hな話してて、この掲示板見て、女装トカ皮伸ばしトカ、裸踊りトカに興味持って、皆で言葉攻めしたくなってメェールしました\(^_^ )(^_^)/良かったら、ゥチらに言葉攻めさせて下さい♪♪♪ 
→【感想】女子大生と思わしき集団のお誘いメールです。この後、連絡はなかったようですが、画像を見ただけで満足したのでしょうか? 言葉責めや自分たちを「ゥチら」と言うのが良いですね。
100、包茎を嬲るメール② 
いい趣味を持っているみたいね…女装で包茎クサレチンポを晒してくれないかしら? あたしの友達何かに回してご要望通り笑い者にしてあげるわ…
→【感想】やはり年上ドエス様は上から目線が溜まりませんね。こちらも返信はなかったようですが響く発言です。女装姿で包茎クサレチンポを晒す。この上ないご褒美ですね。
RASH

M男いじめ その20

dertfyguhiniiiiiiiiiiii.jpg 91、包茎が辱めを受ける学校の話3
 「よぉ、誠、早速奴隷連れて来たぜ。」 「おっ良介じゃん。それにしても相変わらず小せぇなぁ」 といいながら誠はズボンから出ているチェーンをひっばった。 「うっ…」 「うわっこっちもちっちぇなぁ。小さくてよく見えねぇよ。脱げ。」 「はい…。」 翔はかつての親友達の変わりぶりにショックを受けつつも命令に従った 「本当に貧相だな、てめぇは。おい仮性、貴様も比べるから脱げ」 「はい。」 耕平は制服が半ズボンだったのでばれてしまい、春休み中何かと命令されていたのでもう慣れていた。 早いもの勝と言われ女子は目を輝かせた。包茎男子の見分け方は分かると思うけど、短パンで裸足がこの学校では奴隷です。仮性はこの学校にはいません。 なぜなら中間は必要ないからね」 「奴隷は基本的に学校の地下に飼育するようにしていますので日直は飼育係になってもらいます」「先生、飼育は何をすればいいんですか」「特に何もしなくてもいいけど18時までなら日直の自由に出来ます。」「それでは一先ず奴隷の事は置いておいて、みなさん入学おめでとう。」先生は僕たちの方は一切見ないで話してました。「今日は、これで終わり。みなさん気を付けて帰りましょうね」「起立、礼」「先生、翼はどうしたらいいんですか」「貴女の奴隷なんだから好きなようにしていいわよ。他の奴隷は今からトイレ掃除をしてもらう。分かってると思うがスリッパを履くなよ奴隷は裸足」翼以外の奴隷たちはトイレにむかった 翼は掃除をしなくていいからラッキーと思ったけど…「私の彼氏だったなんて最低…ね?どうしてくれるつもりなの?包茎クン?」「…どうするって…」バチッ女の子に初めてビンタされ少し動揺した…「口答えするなと言われたばかりでしょ」翼は土下座して謝った。「まだ自分が奴隷ということを自覚してないみたいなようね。私の事はご主人様と呼びなさい」彼女…ご主人様は上履きを履いたまま僕の太ももを踏み付けながら言いました。崖から突き落とされた思いでした… ご主人様…は携帯を取り出して「私だけどいま学校が終わったとこだよ。あのね新入生の中で私が一番に奴隷を飼う事になったよ。うん、ありがと。家に奴隷の檻はあったよね?すぐ帰るね」 「帰るよ。何グズグズしてんの?私の荷物をすぐに持って来い。特別に二本足で歩いていいよ」ご主人様の荷物を持ち玄関に向かいました。「私の靴を取って上履きを直せ。いちいち気のきかない奴隷だね。あっそうだ。犬みたいに口で脱がせてよ」
「短小包茎粗チンの女々しい僕が如何にしてチ○ポ便器に堕ちたか」のその後
92、包茎が辱めを受ける学校の話4
ご主人様の上履きを…口で…脱がして下駄箱になおしました。ご主人様が靴を履いて僕は…裸足のまま…首輪の鎖を引かれていきました。「包茎を出せ」短パンから包茎を出しました。こんな格好で外を歩いていきました。歩いて10分のところに豪華な屋敷があり門をくぐりました。「お前はここで正座しておけ」すぐに来るかと思ってたら1時間くらいして大人の人と一緒にきました。その人から竹刀でバシッと叩かれ「土下座だろうがっ」何度も何度も叩かれ気を失ってしまいました。耕平は制服の試着時に、たまたま来ていた誠に半ズボンの制服を試着しているのを見られてしまった。その為に春休み中はいつも呼び出され、好き放題に命令された。さらには周りにばらされてしまった。耕平が一番ショックだったのは女子に呼び出された時の事だ。 そこには好きだった女子もいた。しかし、包茎はクズだと教えられた後だった為、誰も今までみたいに接してくれなかった。「あんた、奴隷候補なんだってね。」 「うん。」 「あれ?身分が上の人には敬語じゃなかったっけ?」 彼女は耕平に蹴を入れながらそう言った。「あ…ごめんなさい。」 「まぁいいや。それよりあんた相当小さいんだって?見せなさいよ。」 「いやだよ…恥ずかしいし…」 「何?反抗する気?あんた逆らったらどうなるか分かってんの?私たちが親にチクれば即奴隷よ?」 「!すみませんでした!!今すぐ脱ぎますから言いつけるのは勘弁して下さい!!」 「じゃあさっさと脱ぎなさいよ。」耕平は慌ててTシャツを脱ぎ、パンツごとズボンを下ろした。「うわぁ、ちっちゃーい」 彼女達はそう言いながら触ったり木の枝で突いたりした。耕平は恥ずかしさで顔を真っ赤にし、目をつぶっていた。しかし、さらにその恥ずかしさに追い打ちをかける命令を下された。「私ォシッコが出る所を見てみたーい!!」 「えっ…?」 「だからここでォシッコしろって言ってんの。奴隷になりたく無いんでしょ?だったら早くしなさいよ。」 「………はい……。」耕平は公園の砂場に向かってォシッコを始めた。恥ずかしさで気が動転しており、場所を選ぶ余裕など無かった。「へ〜そうやって出るんだ〜。それにしてもあんた砂場に何かしたら子供達が使えないでしょ?掃除しなさい。」 「え…でもどうやって…?」「手で濡れた部分をすくえばいいでしょ!?ほら、臭いから早くして!!」 耕平はこの屈辱的な命令に泣きながら従った。砂場にひざまずき、自分の小便で濡れた砂を素手ですくい、それを道路の溝まで捨てに行った。戻って来て再びひざまずいたとたん、彼は後ろから蹴られ、自分の小便だらけの砂が全身に付いてしまった。しかし、彼はすぐに起き上がり作業を続けた。その後も何度も邪魔をされながら何とか作業を終えた。彼は手を洗いにトイレに向かおうとしたがすぐに呼び止められてしまった。「仮性の分際で水道水使うつもり?自分の服で拭けばいいでしょ?」 「はい…。」そういって彼は自分の服で体を拭いた。「臭いからその服捨ててくれない?」 と言われ、耕平はごみ箱に自らの服を捨てた。耕平は全裸で行動するしかなくなったのだ。「じゃあもう私達は帰るから。昼から誠達がくるから正座して待ってろって!!」そう言って彼を置いて行ってしまった。耕平は言われた通りに正座して待っていた。しかし、先程の屈辱を思い出し彼は泣いた。しかし、彼をなぐさめたりしてくれる人はもういない。
93、包茎が辱めを受ける学校の話5
6時に皮の引っ張り合いをして6時30分になったら自分の教室を掃除しろ。7時になったら1時間30分、校門前で正座。その後体操服を着てよし。わが1時間目は体育になっている。みんな体操服に着替えて教室で先生が来るのを待っている。みんなハーフパンツを穿いているのを見て、やっぱり僕は奴隷なんだ…と落ち込んだ。先生が来て「今日は運動場に出てマラソンをしましょう。奴隷は体育の時これに着替えろ」僕たち奴隷は前に出て先生から受け取りました。 みんなと同じ体操服なのかなと思ったけど考えが甘かったです。 それは…半袖と紺のブルマでした…これを穿く…の?生徒たちは外に行き 僕は初めてブルマに足をとおしました…ブルマは恥ずかしいの一言です…。「なにぐずぐずしてんだ?早く外に行って皆の後ろで正座しろ」急いで外に出ました。…急ぐたびにブルマがお尻に食い込んで…ました… 外に出たら当然のように指をさされ笑われ変態扱いされました。 「貴様等が何で残されたか分かるか?貴様等は検査の時に発毛していた4人だ。貴様等もオナニーしたいんだろ?そこのクズみたいに。」 教師は吉岡の性器を竹刀でつつきながら言った。 「特別に明日の性教育の時間にさせてやる。学校の女子全員の前でな。」 そう言って教師達はニヤニヤしていた。「そうだな…今からリハーサルだ。校門の前に整列してオナニーしろ。」 そう言って教師は校門に向かって歩き出した。その後に4人の奴隷達はついていった。 「始めっ!!」 その合図で4人は一瞬戸惑ったがすぐにオナニーをはじめた。「いいって言うまでイクなよ」 そうは言ったものの、久しぶりにオナニーをする奴隷達は恥ずかしがりながらも勃起し、すでに先走りを垂らしている者もいた。その様子は通行人に見られ、罵声を浴びせられた。そして10分が過ぎたころ、やっと許可がおり、みな、ほぼ同時に射精した。彼らはチェーンに付いた精液を渡された自分の半ズボンで拭いた。そしてそのままの状態ではかされた。しかし、まだ勃起した状態だった為、前の部分から完全にはみ出してしまった。「よし、いまからここを掃除しろ。貴様等の精子で臭いからな。終わるまでずっと勃起させとけ。」 彼らは性器を触りながら掃除をした。そのせいで片手が塞がれていた為 かなり時間がかかり、ほとんど眠れないまま次の日をむかえた。次の日、いつも通りに掃除、校門での出迎えを終えいつも通りの授業が始まった。性教育は午後からである。公開オナニーを強制される4人は憂欝な気分で午前中を過ごした。ちなみに今日は初めて丸一日授業がある。もちろん給食もだ。しかし、奴隷達は給食の用意はさせられるが 一般の生徒と一緒に食べる事は許されない。彼等は給食の時間は午前中に使った特別教室等の掃除をさせられる。そして、教室に戻り片付けをした後、学校中の食器を洗い、残った残飯をごちゃ混ぜにした物を食事として出される。もちろん、嫌いな物があるからといって残す事は許されない。そしてさらに同じ物が夕食に出される。まともな食事は休日しか出されない。いよいよ昼休みも終わりに近付き、女子が体育館に集められた。吉岡等4人は裸で正座していた。しかし、他にも二人、裸で正座している者がいた。翔と耕平だった。彼らは仮性と真性の違いを見せる為に呼ばれていた。もちろん、耕平はワースト1の為仮性組の中から無理矢理出席させられた。翔は耕平と同じ様な体格という理由だけで呼び出され、出席を命じられた。
パソコン部員はM男
94、包茎が辱めを受ける学校の話6
いよいよ性教育が始まった。まず全員の前に出されたのは翔と耕平だった。二人はそれぞれ『真性』『仮性』と体に書かれていた。二人はビニール手袋をした教師に皮を思いっきり引っ張られた。耕平は剥けたものの、翔は剥けず、痛がる姿を見られ、さんざん馬鹿にされた。そして耕平は剥いたり戻したりを繰り返しながら、翔は教師に引っ張られ痛がりながら女子生徒の間を一周させられた。二人は上靴等で性器をつつかれたり、嘲笑や罵声を浴びせられながらなんとか一周した。翔は痛くてそれどころじゃなかったが、耕平は恥ずかしさの為泣いていた。耕平はそれだけで済んだが翔は痛がる姿が面白いらしく、何周もさせられ、さらには やってみたいと言い出す生徒も出てきて、何人もの生徒にひっぱられた為最後には出血までしてしまった。「それではみなさんは学校の周りを走りましょう。お前こっちに来い」と、僕が呼ばれて行きました。「位置に着いて、用意」そして…合図は僕のほっぺたをビンタしました「スタート」みんな一斉に走っていきました。「四つんばいになれ」先生は…僕に座りました…下を向いてたら髪の毛をグッと掴まれて「上を向け」そしていよいよ4人の番がやってきた。4人は呼ばれると一列に整列した。その周りを女子達は囲む様に座った。始め!!の合図で4人は一斉にオナニーを始めた。しかし、恥ずかしさのせいでなかなか勃起しない。それはそうである。沢山の女子生徒に囲まれ、性器を見られるだけでなくオナニーまで見られるのだ。しかし、早くしないとそれだけ長くこの地獄の様な時間が続いてしまう。4人は必死にオナニーをし続けた。10分後にやっと勃起した頃には性器はやや赤くなっていた。一人だけ先走りが大量に出ている者がいた。山本である。山本は先走りがクチュクチュ音が出るほど出ており、滴れそうになるのを片方の手で受けとめながらオナニーをしていた。女子達は山本を指差したり、笑ったりしながら見ていた。その様子を見た教師は他の三人を一時中断させ、山本一人を真ん中に立たせた。山本は一人で音を立てながらオナニーを続けていた。ある女子生徒が 「先生!何でそいつだけ変な音が出てたり、さっきから変な液を出したりしてるんですか?」 とニヤニヤしながら質問した。もちろん、教師も女子生徒がわざと聞いているのは分かっていた。 「さぁ、先生もわからんなぁ〜。おい貴様!!その汚い液体は何だ!?」 「が…がまん汁です…」 山本は顔を真っ赤にしながら答えた。その瞬間体育館は笑いに包まれた。 「じゃあ貴様は早くだしたいのか?」 「…はい…」 また笑いが起こった。山本は泣きそうになりながらも必死にオナニーを続けていた。 「よし、そんなに出したいなら出してよかろう。但し、こぼすなよ。」 「はい、ありがとうございます…。」 許可が出たらすぐに実行しなくてはならない。山本はスピードを上げ「うっ」という声と共に 自分の手の中に射精した。 「うわぁ、ピクピクしてる。」「くさーい。」「血管出てるよ。」「何かあいつハァハァ言ってない?」 等と言われながら山本は立っていた。すると、さっきの生徒がまた質問をした。 「先生!その白い液何ていうんですか?」 教師は山本に答える様に命令した。 「…精子です…」 またまた笑いが起こり、今度は別の生徒が質問した。 「せんせーい!それってどんな味がするんですかぁ?そいつに飲ませてみて下さーい」 教師は山本に飲む様に命じた。しかし、山本はなかなか実行しようとはしなかった。 だが山本は竹刀を持った教師か近づいて来るのを見て意を決して飲みこんだ。 吐きそうになりながらも何とか飲みこんだ山本は涙を流していた。 「汚ーい。」「キモーイ。」という声があがった。 「ほら、さっさと感想を言わんか!!」 「…気持ち悪くて…苦いような…変な味でした…」 「よし、貴様は下がれ。おい、そこの三匹!!さっさと続きをしろ!!」 三人は山本と同じ様にさせられ、精子を飲まされた。 「よし、貴様等は下がれ!!おい貴様、こっちに来い!!」 そう言われて山本は呼び戻された。そこにベッドが運びこまれた。そしてその上に寝かされた。 「今からコンドームの付け方を教える。おい!!さっさと勃起させろ!!」 山本は再び女子の前でオナニーを始めた。そして再びクチュクチュ音が鳴りだしたところでやめさせられた。 「今からこいつにコンドームを付ける。よーく見ておくように。」 山本は性器にコンドームを付けられた。そして勃起し続けるように命令された。 教師が今日のまとめを長々と話す間、山本は勃起がおさまらない様に性器を触り続けた。 「よし、今日の授業はこれで終わり。解散!」 そして、やっと性教育は終わった。 女子達が体育館にいる間、男子達にも教室で性教育が行なわれていた。 それはそれぞれのクラスの奴隷達のストリップショウと化していた。 しかし、クラスに残された奴隷達は精通してない者ばかりだった。 そこで仮性組の中から連れてこられた者がオナニーをさせられていた。 中には奴隷に性器をくわえさせてフェラチオをさせる様なクラスもあった。
95、包茎が辱めを受ける
「ちっさ〜い そんな包茎ちんちんよく見せれるねw こんなんじゃ感じないよ〜もっと大きなちんちんの人とエッチしたいな」「え?これって包茎なんですか?へぇーそうなんだー。」「ほーけー、ほーけー♪ ○○さんほーけー♪」「先っぽまで被ってるんですね〜。あ、でもォシッコの穴が少しだけ見える。」「あー、ちっちゃくなってるー。また包茎に戻った。」「日本人の7割は包茎ってホントなの?」「小●生のおちんちんみたい、、、。」「もっと言ってあげる、包茎君。小●生のおちんちんだもんねー。僕は包茎ですって言ってごらん?」「ねえ、包茎おちんちんだったよってみんなに言っていい?おちんちん起っても剥けませんって言っていい?」「もー、おちんちんの皮の先しばっちゃうよ〜」「そういう生意気な事は、剥けてから言って下さぁ〜い♪」
フリーダム

後悔する新人 #17

オレンジの夕焼けはより濃くなり、気温もぐっと下がったような気がする。

美玖「雫~♪」

遠くから声がする。振り向くとポニーテールを左右に揺らしながら美玖ちゃんが手を振って走ってくる。

雫「美玖ちゃん♪」

さっき会ったばかりなのに、私たちは旧友に久しぶりに出会ったかのように両手を握りしめた。

雫「凄い汗かいてる」

美玖「走ってきちゃった、あはは」

ポニーテールで露になったおでこに汗が滲んでいる。

雫「そんなに思い切り走ってばかりいると転んじゃうよ」

美玖「大丈夫大丈夫‼何してたの?」

雫「五十嵐教授に頼まれた本を探して、そのあと研究室に行って夢莉先輩とお話ししてたの」

美玖ちゃんはキョトンとした顔で私を見つめる。

美玖「夢莉先輩?」

雫「ゴスロリの先輩だよ」

美玖「あー五十嵐教授が言ってた。本当にゴスロリ着てた?」

雫「うん。そろそろ美玖ちゃんを迎えに行かなきゃって思って帰っちゃったけどね」

美玖「私のこと待っててくれたの?」

雫「そうだよ。用事がなければアルバイト先の近くで待ってようかと思ったんだけどごめんね」

美玖ちゃんが飛びついてきたので私は後ろにひっくり返りそうになる。

雫「きゃあ~」

美玖「んー雫大好き~♪ありがとう♪」

雫「美玖ちゃん、喜びすぎ」

まるで外国人のようなオーバーリアクションについつい笑ってしまう。 本当に落ち着かない常にエンジン全開の美玖ちゃんは少年漫画の主人公のようだ。 

雫「それでアルバイトはどうだったの?」

美玖「受かったんだよ~♪」

雫「やったね♪さすが美玖ちゃ~ん♪」

美玖「褒められちゃったぁ」

雫「何のアルバイト?」 

美玖「コンビニだよ!!」

美玖ちゃんは抱きついて離れようとしない。私も負けないくらい美玖ちゃんをぎゅっと抱きしめる。 大学生なのに小学生みたいな喜び方をする美玖ちゃんがなんだかとても可愛らしく見えた。

美玖「じゃあ雫のお家に行こう」

雫「段ボールが山積みだけど…それでもいいなら」

美玖「大丈夫大丈夫。私も手伝うし!」

雫「美玖ちゃん、心強い」

美玖「メタルラックを説明書なしで1分以内に組み立てられるよ」

雫「すごーい」

私はメタルラックが何かよく分からなかったけどパチパチと手を叩く。

【続】

M男いじめ その19

86、女装姿で無様に笑われる包茎マゾの話
中●生の頃からは女装している時だけが本当の自分でした。普段は普通に男やってたけど中性っぽい服装と軽く脱色した長い髪で女の子に間違われることもしばしば。そんなときカワイイって言われると一番幸せでした。だけど股間の雄は僕を変えていきます。女の子と性行為をしたい衝動がこみ上げてきます。そんな心で育ったせいか性器が異常に小さく、当然包茎です。初めて女性に自分の性器を曝す機会がきました。「え?なんでこんな縮こまってんの?」僕の性器を見て出た言葉。ショックでした。その言葉はトラウマとなり、やがてコンプレックスは 快感へ…ああ…僕のちっちゃくて皮かむりのォチンチン見てぇぇ。本物の女の子に性的に出来損ないな僕をけなしてもらう。僕は男性として女性が好きなのではない。オンナではなかった劣等感からの歪んだ憧れなのだ。それに雄としての本能が微妙にひしめきあう。まさに変態だ。ああン〜はああァ〜ん〜気持ちいい〜射精のこと、お漏らしって言われるの、このスレではじめて知ったけどこれはいい。「ちーっちゃい包茎ちんちんの、この皮のさっきっちょを、指でこうしてなでなで、ってさすると、どうなっちゃうかなー?」「あ…ちっちゃい包茎ちんちんが、お漏らししそうです」「えー、いい年して、普段はえらそーにしてるのに、お漏らしですって?ふふふ…恥ずかしいね、ぼく」「すみません…」「情けない子どもおちんちん!」(指でピシッとはじく)「あ・・・・・・あぁぁ」「あれー?赤ちゃんおちんちんからお漏らししちゃったのー?悪い子ねえ…お漏らしクン。明日からはオムツしなくちゃね」「なんかさぁ、あんたって顔からしてホーケー君って感じだね(笑)。とりあえず見せてみな、どの程度か見てあげるから」「うわ!皮剥けてないじゃん!これ!(笑)」「ポークビッツみたいに小さいね!これ!(笑)」
女装子お天気お姉さん ~女装子気象予報士まどかのビンビン天気予報~
87、男に嘲笑される包茎マゾの話
自分は一浪して大学に入ったので、就職が高校の時に仲の良かった後輩と同期になりました。研修先の寮で後輩にお風呂に誘われた時に、何とか前を隠して入ったのですが、出てからパンツを履くときにバランスを崩して、後輩に丸見えになってしまいました。後輩も、その場では何も言わなかったのですが、後から 「○さんのチンポ結構やばいねw」「女に何も言われない?wっつーか、した事ある?w」「俺の3分の1?wマジでそこまでの粗チンって初めて見たw」と言われて、それからはタメ口でなめられまくりです。
ショタ&M -精液ぶっかけられたいM男-
88、お母さんが息子の包茎チンポを剥いてくれる話
私が39歳息子は13歳の時でした。息子が自分でしてるのを知った時から息子が包茎だと知りました、私は看護師なので、見せてごらんと言うと初めは嫌がっていましたが、包茎が何故いけないのか説明すると息子は渋々見せました。私は息子のペニスを握り、包皮を少し剥くと「痛い」と言うので、治療せねばと言うと「病院に行くの」と言うので、お母さんで良ければ治してあげると言うと「お母さんの方が良い」と言うので私はお母さんが治してあげると言いながら、息子の股間を開き股間に顔を埋め少しづつ息子のペニスをしごくと直ぐに勃起してはました。勃起した物はもう一人前の男の物でした。息子は何も言わず私のするがままに任せていましたが、少ししごいたら「出ちゃう」と言うと同時に、息子の物が激しく脈打ち私の顔に大量の精液を射精しました。私は「どうだった」と聞くと息子は自分でするより気持ち良いよと言ったので、これから毎日するよと言いました。息子は「分かった」と言うので、その日はそれだけで終わりましたが、私は自分の性器がぐっしょりと濡れているのを感じたので慌てて息子の部屋を出ました。母は『溜まってるんじゃないの?お母さんが抜いてあげようか?』と笑いながら冗談交じりで言ったので、『頼むよ、抜いてくれよ。』と、恥ずかしながら既に勃起していたチンポを母に見せた。『こんなにして、ほらパンツ脱いでごらん』と言う母に従うと、母は上下にゆっくり扱いた。私は母の服の中に手を入れて、時下におっぱいを触った。ダメ元で口でしてくれるように頼むと、仰向けになるように言われ、母はパックリと咥えてくれた。イキそうになったことを母に告げると、母の手と口のピストンは激しさを増し、私は溜まっていた精液を母の口に放った。母は私の射精が終わった後も搾り取るようにゆっくりと吸い上げると、ゴクッと喉を鳴らして飲み込み、私のペニスをティッシュで拭くと、風呂へと向かった。
89、包茎が辱めを受ける学校の話
ここは新学期ごとに身体検査をする。従来の身長体重はもちろん、男子には包茎検査がある。ここで皮が剥けていない男子は「包茎男子」とされる。包茎男子は女子の命令は絶対なのである。当然男子の7〜8割は包茎男子とされ、実質この高校は女子の天下になっていた。毎日朝のホームルームの後は女子が指名した包茎男子が公開オナニーさせられ、1時間目が始まるまでにイッてしまった男子は1日フルチンにされてしまう。 例え3年生であっても包茎男子は1年生の女子にも絶対服従である。フルチンにされた包茎男子は廊下を歩いていても命令さえあればその場でオナニーさせられる。1日に何度もオナらされる男子もいて、その男子は1日が終わると金玉は枯れ果て、皮は真っ赤に擦れている。しかし、大抵の包茎男子は女子にいじめらるだけの毎日でオナらされても射精禁止などでイカせてもらえない場合が多い。よくオナらされる男子は女子に気に入ってもらえている男子のみで、ほとんどの男子は射精させてもらえず生殺し状態なのである。放課後は気に入った包茎男子を部室へ連れて行き、公開オナニーや全裸で部室の清掃など散々コキ使われたりもする。または数少ない剥けチン男子とのセックス見学(見るだけでオナニーするのは禁止)などといったことをする女子もいる。当然、生徒会も全員が女子。その生徒会によって「包茎オナ禁週間」やひどい時は「包茎勃起禁止週間」もある。これを守れなかった包茎男子は1週間全裸やオナ禁1ヶ月といった厳しい罰が待っている。
包茎調教してあげる♪~君は一生、包茎ち○ぽのまま♪~
90、包茎が辱めを受ける学校の話2
精液が残ってた男子はもちろんのこと、なんだか匂いそうな包茎は、小さなレモン石鹸を渡されます。そして、子供用のビニールプールをみんなで囲み、チンポだけ水に突っ込んでゴシゴシ洗う姿は滑稽そのもの。なんだか、おもらしして、下半身丸出しでパンツを洗う幼稚園児みたいです(^O^)「はーいっ、汚い皮の奥までちゃーんと自分でめくって洗うのよ。」真性だから、痛くてめくれないなんてのはナシです。悪臭男子に生きる価値なし。話し方は優しいけど、最終チェックを行う保険室医の先生は、ちゃーんとチンカス臭い匂いがしなくなるまで何時間でも、チンポ洗いをさせることで有名です。 「君ら、いつまでみっともない皮チン、くちゅくちゅやってんの?」 なんて、笑いにきたのは四時間目の授業が体育なんで、体操着で降りてきた女生徒たち。彼女たちに馬鹿にされて半べそかきながら、懸命に石鹸擦りつける真性男子の姿も決して、この世界の学校ではめずらしい光景ではないのです。彼女がいるのに…「早くしなさい」仕方なく短パンを脱いだら先生は竹刀で床を叩き「急げっ」と怒鳴られ半泣き状態になりながら下着も脱ぎました。 「手を後ろで組め」その通りにしたら4人は翼の下半身に集まり、「奴隷決定だね」「はい?」「包茎…最低だよね」彼女から見下ろされ「奴隷と付き合うのは認めないよ」「先生それは分かってますよ」「奴隷…てなんですか?」「この国は包茎は奴隷になる法律がある。よってはお前は奴隷決定なんだ。12歳からこの制度があるからね」奴隷…まだ信じられない…「靴下と上履きは脱ぎなさい。奴隷に必要ないからね。それと通学靴も放課後持ってくるように。学校側で処分してやる」翼が裸足になったら彼女が「正座しろ」冷たく言い放ち「なんで?」と言ったらいきなり先生に蹴られました。「包茎のくせに何ため口聞いてんだ?もうお前の彼女じゃねぇんだよ」翼が正座したら「先生こいつを私の専属奴隷にしていいですか?」「分かったわ。職員室にで書類を提出してからね」包茎奴隷は体育館に集められた。「全員正座」みんな絶望的な顔で正座した。先生たちは…四つんばいになった男子の上に座っている「お前たちも早く椅子になれるようがんばれ」
短小包茎男子矯正教育法

M男いじめ その18

miuytrew456yu65e.jpg
81、モー娘。に包茎を見られる話
高橋に「や〜!ォシッコが管通ってるのわかる〜!おもしろ〜い!」と赤面しながらマジマジと見てもらいたい。最後はプルンプルン振ってもらう 逆に小さいとか包茎とか娘。になじられながらするのもいい。矢口「やだ包茎だよ、こいつ」辻「私包茎って初めて見た〜」なっち「さっさとしちゃいなよ!がまんしてたんでしょ!」石川「きゃっ!出た!汚な〜い。こっち向けないでよ〜」
82、大学生の兄が包茎を虐められる話
今、大学2年ですが、2つ下のに1年前位前から苛めを受けています。 もともとは仲が良く、肉体関係こそないものの、キスをしたり、親が居ない時には 風呂にも一緒に入るような仲だったのですが、あることで僕がを傷つけてしまって から、少しゆがんだ関係になり、の受験のストレスが高まるにつれて、 じゃれ合いから苛めに変わってきてしまいました。 色々なことをされていますが、今はの面白半分で、陰毛を右半分綺麗に剃られ、 左半分はブリーチ剤で完全に金色に脱色されています。 それから、「大学で女を作らないように」と言われ、皮を引き伸ばすような行為を 強制されています。元々仮性気味だったのですが、皮を被せたまましごかされたり、 ガムテープでぐるぐる巻きにされたまま引っ張られたりして、今では勃起時でも皮が 余ってしまう状態になっています。また、のパンツを履いたまま大学へ行かされ たり、メールで「今すぐチャック全開!」と命令され、写メで証拠写真を送らされたりもします。 妹の受験が終わって、大学に行くようになれば、また正常な関係に戻れるだろうと 思っていますが、だんだん苛められるのが(辛いのですが)快感になってきたりも していて・・・ 僕は放課後にまたしても女子4人組に体育倉庫に呼び出されました。 そしてA子が「今日はいい物持って来たんだ〜」と言ってパンティーを取り出しました。 それはA子が家から持ってきたA子自身のパンティーでした。 そして僕は裸になってそれをはくように言われました。 僕は「写真ばらまいてもいいから、許して」と懇願しました。 もちろんそれで許してくれるはずも無く、4人に押さえられ服を脱がされパンツまで脱がされて 全裸にされ、A子の持ってきたパンティーを無理やりはかされました。 その姿を見て笑われ、また写真に撮られました。 「○○君これで私たちに逆らえなくなったね」「じゃあ早速命令してみよっか?」と言って パンティー1枚の姿で校庭をランニングするように言われました。 校庭には下校途中の生徒がまだ何人か残っていて、僕はその生徒達に変な目で見られながら 校庭をランニングしました。 走り終えて体育倉庫に戻ると、パンティーを脱がされ再び全裸にされてオナニーを命じられました。 僕は仰向けになりチンチンを揉んで数分後に射精しました。 勃起したところも射精したところもバッチリ写真に撮られてやっと解放してもらえました。
大きい妹ー僕の妹は発育が良すぎる小悪魔◯学生ー
83、スワッピングで相手の夫のチンポに負ける
包茎旦那を皆が笑う話 ひとつの部屋で夫婦交換して、お互いに見せ合うみたいなプレーをしました。 ひと段落してちょっと飲みながら歓談していると、妻が相手のご主人の大きさを話題に。すっごい大きいとか、立派だとか言い出しました。私は「誰と比べて大きいんだよ?」どうせ俺は小さいよとみんなに見せました。(もちろんみんな全裸でしたので。)横にいる相手の奥さんが私の小さくなっているチンポをみているので「ほ〜ら大きくなーれ」とちょっとしごいて見せました。 すぐに勃起してしまいました。奥さんは笑いながら「元気ですね〜」と言っているが、妻はこっちの方が大きいとか私のツボを刺激してきます。確かに勃起しても11センチの私のチンポと平常時の相手の旦那さんとあまり変わらない大きさ。勃起すると18センチ位あるらしい。私はたまらなくなりもっと大きくなれーと3人の前でシゴキました。相手の奥さんが私をみて見られるの好きなんでしょ?と聞いてきました。 はい、小さいくせに見られるとちょっと興奮するんですと。答えると。「いいわよ。見ててあげる。慣れてるから」との事!?相手の旦那さんがたまに奥さんの前でオナニーするというではありませんか。私も妻の前でオナニーするのが好きだというと、男二人でオナニー姿を披露する事になりました。 それから並ばされて大きさを比較されました。相手の旦那さんは私より細身で優しそうな感じなのに あそこはかなり立派で、私は筋肉質でがっちり型なのに粗チン。しごき方も私より長い分ストロークが長いようです。妻にもっと大きくしなさいよ。負けてるよとか言われました。妻のパンティーにすっぽり納まる私の小さなペニスをみて奥様が「カワイイー、似合ってる」と褒めていました。妻は「そうだよね。ちんちんが小さいから女物の下着が丁度いいのよね〜」私が小さい下着を着けると興奮するんですよと言うと、奥様が男用のビキニとかは履かないんですか?と聞いてきました。私は「アソコが小さいのであんまりフィットしないんです。勃起してないとブカブカなんですよ。なんかかっこ悪くて・・・でも、女性モノだとピタッとフィットするんです。」と答えました。「へぇーそーなんだぁ。ウチの人はスーパービキニとか好きなんですよ。」と奥様が答えると、妻が「そういうの履いてもなんか女物みたいに見えるんだよねー」と私をいじめてきます。私はときどき妻の前でパンティーを履きペニスをバカにされながらオナニーしたりする事を話ました。もう、堪らないくらいビンビンです。奥様によるとご主人も多少Mっ気があるが露出するのが好きなのでオナニーを見せるそうです。となりのご主人のペニスを見るとホントに大きくて立派でした。太くて長くて見事の一言です。そんなペニスと比べると私のペニスは大人と子供位の違いがあります。私はハァハァいいながら、「これでも、いつもよりは大きくなってるんです」と言うと何か健気でカワイイと言われました。妻は大きい大きいとはしゃいでいるので相手のご主人もかなり感じているようです。妻がその大きなペニスを褒めるたびに私はどんどん感じてきました。私は睾丸はパンティーから出さずペニスだけを出してしごきました。相手のご主人はパンティーを脱ぎ妻に見せつけるようにしごいています。私は左手でパンティーの上から睾丸を揉み、右手でペニスをしごきました。奥様はそうやってやるんだぁ。そこも気持ちいいの?と聞いてくるので「ハァハァ、た、玉も感じるです。」というと「ホントに気持ちよさそうだよねぇ〜」と奥様。「こうやって見られたり比べられたりしてると堪らないです〜。」と言うと「そっかぁ、おちんちん比べられてたっちゃうんだ。クスッ」
84、異世界で包茎チンポを嬲られる話
「は〜い、剃れたよ!可愛い!ほ〜んと子供みたいだよぉ」 陰毛をすべて剃り落とされた祐哉のその部分は、みっともなく露出して ミリスが言うようにまさしく子供のようであった。「ミリス。勃起ちゃってるそのおちんちん、ちょっと剥いてあげたら?」ミリスはその言葉を聞いて、ニコッと笑うと祐哉のペニスを亀頭が露出するまで グッと捲りあげた。「くっさ〜い。あんたちゃんと洗ってるの?恥垢溜まりまくってるよ!」もう限界だった…祐哉はあまりの屈辱についに涙を流したのだった。 「あら〜っ…ゆうやくん泣いちゃったぁ…でもこんな情けないものぶら下げてたらしかたないわよねぇ…」 そう言ってラミアは祐哉のそれを、ぐっと掴むとさらに続けてこう言った。 「この!粗チン野郎!!」 「プッ……こいつ興奮してるよ……いやらしく腰振っちゃってさぁ…」 「ねぇ……ゆうやくん。イキたいんでしょ?ザーメン出したいんじゃないの?」 「ば、ばかにするな……そんなわけないだ…ろ…う…くっ…」 「あら、そうなの……じゃあ、出したくないんだね。いいわよ。私たちは 優しいからあなたが嫌がることはしたくないの」 ラミアはそう言いながら、イソギンチャクの頭を二、三度撫でる。 「これでこの子は、ちゃんとゆうやくんのオチンチンが射精するのを 止めてくれるわ……ミリス、私たちは向こうに行っていましょ。 ふふ…きっとゆうやくん、私たちを呼ぶと思うから……」 ラミアとミリスは、ふふふと言う含み笑いを残してその場を去って行くのだった。
精飲の契約~試練と罰~
85、女王様の変わった包茎調教の話
今度は女王様になってもらう予定だけどね。オナニーの時は根元から皮をひぱってオナニーするってのと、平常時のチンポの皮をひっぱって包茎の状態にしてテーピングするテーピングしてるとはじめのころはかなり違和感あるけどいずれ慣れるよ。ちゃんと尿はできるようにテーピングすること。これは3、4日に一回くらい取り替えるようにする、理由は風呂などに入るのでテープの粘着力がなくなってくるから、皮が常にひっぱられてないと意味ないしね。それと取り替えるときに、テーピングしてないチンポの皮の崎を長い紐(できるだけすべりにくい物、俺はイヤホンのコードを切って使ってた)で結んで、とれないようにテープで固定して(要工夫)鉄アレイをぶら下げる。これを1時間(かなり痛いので1時間程度が限界)やってまた包茎の状態でテーピングして生活してもらうからね。
S.P.C

ヤプーズ黄金伝説 激痛系〜リンチ集 PART4

ヤプーズマーケット作品フェチ別ダイジェストDVD。愛しのヤプーズ娘達を高画質永久保存!!ヤプーズマーケット作品より、ヤプーズ娘達によって下される家畜人への拷問とも言える最も残酷なリンチ調教・虐待シーンを、こだわりを持って抜擢編集した超過激映像満載の永久保存版ダイジェスト作品です。

AVメーカー:ヤプーズマーケット
収録時間:120分
品番:RPD-12 廃盤

【感想】
かなりオススメです。ドS女性の集団に囲まれ、容赦なくを振るわれ、ヒールで蹴り上げられます。最初は真っ白だった肌が、時間を重ねるごとに腫れ上がり、赤色の傷口が紫色に変色し、女性たちの笑い声が響き渡ります。さすが有名メーカーだけあり、内容が強烈です。中途半端なM男さんにはオススメ出来ないです。身体をグチャグチャにされたい真のマゾヒストさんにはぜひ見ていただきたいです。個人的には黒のミニスカポリスが良かったです。
PDVD_000_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_001_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_005_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_006_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_007_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_008_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_010_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_011_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_013_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_014_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_015_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_016_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_017_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_018_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_019_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_020_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_022_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_023_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_024_jhg889ftgyuhur.jpgPDVD_025_jhg889ftgyuhur.jpg

CFNMの話 その191

881、合法トイレでのCFNM体験
私はもっぱら合法トイレRしてます。この合法トイレRも次々に改装され、昔に比べると穴場が減りました。昔は某若者向け百貨店のトイレなんか、通路真横から丸見えで、女子トイレに行くにはその通路を通って行くから、チンコ見られ放題だった。お洒落な百貨店だから若い女子が次から次へと行き交う夢のような所でした。口に手をあて「やだー信じられない」とか「うわ、モロ見え」「剥けてたよ」「玉まで出してた」「立ってる!」等、色んなリアクションを楽しめました。
882、脱毛のお姉さんに…
お姉さんが部屋に入ってきて「バスタオル失礼しますね~(槌槌槌)」とバスタオルの前を開いた瞬間、時が止まりました。 お姉さんはパンティからはみ出したギンギンにそそり立ったチンポをガン見して固まってしまってます!ちなみに僕のチンポには蛇の刺青が入っていてそれにもびっくりしたそうです汗 そのまま太ももの脱毛したのですが目線はチラチラとチンポに行ってるのが分かりました笑 そして局部の追加をお願いしたら他の予約は入ってなかったのでOKでした!その時にはだいぶ打ち解けてパンティが可愛いとかチンポ汁ダラダラの亀頭を何回も拭いてもらったりしました笑 印象に残った言葉が「オチンチン固くしてた方が(脱毛)しやすいから頑張って勃起させててね」でした! その言葉だけで来て良かったと感じました! 本当は自分でシゴクの禁止ですが痛さを紛らわす為にチンポシゴかせて下さいとお願いしたら射精しなければと言う事で許可頂きました。知らないお姉さんとチンポシゴきながら世間話するのはとても興奮しますねwww 最終的に脱毛後のクリームを塗ってもらってる時に射精しました! あえての無言の射精だったのでお姉さんもびっくりして思わず手で受け止めてくれたのは意外でした!
883、積極的なおばさんたちの前で
治安の良くないアパートに住んでた時の話です。 休みの日に家にいたんですが某宗教のおばちゃん2人組が勧誘しに来ました。 その日は特にやる事もなく朝からウィッグ、ミニスカにTシャツにキワドイ穴あきパンティを履いて女装を楽しんでいました。 インターホンがなりドアスコープを覗いたら怪しい冊子を持った知らないおばちゃん2人組。 即座に「あ、これは宗教勧誘だな」と察し無視しようと思ったんですがちょっとからかって見ようと思い女装したまま玄関ドアを開けました。 最初はおばちゃん2人はビックリしてましたが自分は体は男だが心は女だと説明したら意外と納得してくれました。 まぁそのまま玄関で談笑してたんですが宗教チックな話になり興味はあるがあまり気が進まない的な感じでやんわりと断ったつもりだったんですがおばちゃん達は勘違いしたのか猛烈にアタックし始め収集がつかなくなり今日は時間がないのでまた今度話をしましょうとその日は納め帰って貰いました。 次の休みの日にいつも通り女装してアナニーとオナホでシゴいてたらインターホンがなりました。 約束をすっかり忘れていた事を思い出しとりあえずディルドとオナホを抜き玄関を開けました。 今回はおばちゃんが1人増え3人で来襲してきました。手には大量のパンプレット?と何故か食材。 曰くこの新しいおばちゃんは料理が得意で栄養士の資格を持っている。お兄さんがあまりにも顔色が悪く痩せているから栄養があるもの食べさせたいとの事。 料理作ってる間に色々某宗教の説明をさせて欲しいとの事。 いや、有り難いですけどちょっと今部屋に上げれる状態じゃありませんと断ったんですが「男の子の部屋なんだからちょっとくらい散らかってて当たり前、ついでにお掃除もすませば身も心も綺麗になる」と言い半ば強引に部屋に上がり込まれました。 部屋には無修正のDVDがミュートで流れいろんな大きさのディルド、エネマグラ、さっきまで使ってたヌルヌルになってるオナホ(お尻の形した大物)貰い物の染み付きパンティが転がってるカオスな部屋に唖然とされました。 とりあえずすみませんと謝りダッシュでベッドの中にグッズを投げ入れいたたまれない中、話を聞く形になりました。 栄養士のおばちゃんが苦笑いで「若いんだから仕方ない」とフォローして他の2人も笑ってくれました。 まぁですが自分はまだミニスカに穴あきパンティを履いてる状態です。栄養士のおばちゃんがキッチンに立ってる間おばちゃん2人と向かい合わせで世間話をしていたのですが何故かこの状況で興奮して来て少しずつチンコが大きくなって来たの感じました。 自分はベッドに腰掛けてたのですかミニスカの裾から真っ赤に張り膨れ上がった亀頭が顔を見せおばちゃん達もそれに気付き照れ笑いしながら「あら~、元気なのが見えてきたよ」と指摘してきました。こっちは興奮状態で開き直り「いや~若いんで言うこと聞かないんですよ」と足を大きく開きスカートを捲し上げ赤い穴開きパンティからそそり立ったったチンポを見せてあげました。 そしたらおばちゃん達もまんざらではない様子で興味深々にフル勃起チンポを観察し「すごい立派!」「久しぶりに固くなったチンチンを見た!」「離婚した元旦那より大きい!」など色々お褒めの言葉を頂きました。そこで料理を作ってたおばちゃん登場でまた盛り上がりました。料理おばちゃんが箸で勃起したチンポを掴み箸コキをした時はみんな爆笑でした。 話は自分のオナニーライフに移りベッドに投げ込んだグッズの説明兼実際に使って実践している所を見て貰いました。 お尻をおばちゃん達に突き出しアナルが良く見えるよう割れ目を広げディルドを突っ込む様子はみんな白熱してました。 お尻型のオナホにチンポ突っ込んで必死に腰を動かしてる時など「頑張れ!」「すごい!男らしい!かっこいい!」と心をくすぶる言葉をかけてくれ普段は声を上げない自分ですがその時は「オナホーすごい気持ちいい!」「チンポ溶けちゃいそう」とさけんで射精しました。いつもより大量の精子を放って放心状態の自分におばちゃん達は拍手をしてくれました。腰がガクガクで放心状態の自分をおばちゃん達が抱えお風呂で洗ってくれました。特にチンポとアナルは丹念に洗って貰いそのままアナルに指3本入れられ手コキで2回目の射精させて貰いました。 その後一年くらい宗教勧誘は無しでおばちゃん達は新しいおばちゃん仲間や時には1人で来たり自分の家に通ってくれました。
884、見せられた女性
会社で暑気払いがありました。その時普段ちょっと気になっている派遣社員の女性と隣合わせになりました。 彼女はちょっとロリの入った20代のかわいい女性です。私はちょうどその人と反対側にいた人たちと話をしてい ました。その話が一段落した所で、その女性の方を見ると何やら周りの人と「何度も見せられましたよ。」と 言っていました。何の事か聞くと、彼女は街なかで露出魔に遭った話をしていたのでした。彼女は酔って半分 トロンとした目でもう男の人のあそこは見飽きた、見せられる度に「もうわかったよ。」と心の中で言っている と言ってました。でも彼女曰く「でも見せる男の人の気持ちもわかるわ、あたしだって体の真ん中でブラブラ 揺れてる物が付いてたら面白いから見せたくなっちゃうわよ。」と笑いながら言ってました。私はこんなあどけなさの 残っているかわいい女性の口からこんなみだらな言葉が出てくるなんてと、ちょっと興奮して来てしまいました。 しかも、その後追い打ちをかけるように「ねえ、○○さんのブラブラも見せてくれません?」と私に言って来たので咄嗟の 事に驚いて「えっ?やだよ!」と言いました。でもせっかくかわいい女性が言ってくれてるのにチャンスを潰す事が 惜しくなって、すぐに「ここじゃ。」と付け加えました。すると彼女、「じゃ、今度別の所でね。」と言ってその場は 終わりました。その後は別の話題になりましたが、私はあの後何だかずっとその事が気になって、その事を思い出す たびに興奮して来てしまっています。本当にあの子に見てもらえる時が来るのだろうかとムラムラとしています
885、デリバリーの女の子に見せつけ
ピザのデリバリーを頼みました。 インターホンの画面を見たら可愛い女の子 普段から家では全裸なのですが、急いで風呂に行き頭からシャワーを浴びました。 で、濡れた髪を拭き腰にタオルを巻きビデオをセットして玄関を開けると女の子は一瞬ドアを閉めようとしましたが「ごめんね。お風呂入ってたから…」と言うと恥ずかしそうにしながら中に入ってきました。 会計を済ませて「これでコーヒーでも飲んで」とチップを渡した瞬間に巻いていたタオルを落としました。 女の子は「うわぁー」って感じのリアクションで仰け反りなごらちんこを見てくれました。 慌ててタオルを拾いタオルで股間を抑えたフリをしましたがタオルはちんこの脇に引っかかった感じでズレていたのでずっとちんこは出たままでした。 女の子は「ありがとうございました」と笑顔で帰っていきました。 めちゃくちゃ可愛かったです。
オフィスケイズ

美女達の快感奴隷 屈辱の尻舐め奉仕奴隷

45dyrtfy4sdrt898889.jpg
第1話】
美人拷問官美也は、奴隷にした男達を尻舐め奉仕奴隷として日夜虐待している。常務の両足を吊り、足でペニス・顔を責め、更に滝のように奔流する小便を飲ませ、○○、アナルを掃除させた。部長のアナルをペニバンで犯し汚れたペニバンを掃除させた。常務の両手を吊り人間ブランコに、部長は太腿で首を絞め、失神させて楽しんでいる。
PDVD_015_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_016_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_017_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_020_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_021_jhg8888gggjoghur.jpg
【感想】
低い声のトーンで常務を調教する美也様です。言葉責めが上手で飴と鞭が絶妙です。褒めた直後の「聞こえねえよ」罵倒が熱いです。肉付きがちょうどよく痩せすぎもせず太り過ぎもせず、素晴らしいスタイルです。タイトル以外にも足コキ、ツバ、ペニバンのシーンも収録されていて得です。顔面に小便を浴びせるシーンがあるんですが、勢いと量が凄すぎます。

【第2話】
夫を奴隷にした花嫁れおんは、更に義父を拷問し親子奴隷として虐待している。義父を格闘の末捕縛し、両足開脚吊り縛り責め、逆海老縛り吊り責めにしてローソク、強烈な鞭打ち、人間ブランコ等で絶叫させ、義父を奴隷とした。トイレの後、夫にアナルを義父に○○を掃除させ、更に前後を親子で舐めさせ快楽奴隷として虐待している。
PDVD_027_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_028_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_029_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_030_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_031_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_032_jhg8888gggjoghur.jpg
【感想】
格闘技でボコボコに痛めつけながら罵倒をします。「この金玉も使えなくしちゃおうかな」と金玉を握りしめます。女王様とM男の三文芝居がちょっと面白かったです。ただ個人的に女王様はトップレスにならないと思っているのでオッパイは要らなかったです。「ちゃんといっぱい舐めてウ●コもいっぱい付いてるから」と強制アナル舐め。それにしても、いつの間にこんなに傷だらけに…。

【第3話】スケバン女子校生ローラは、奴隷にした男達を人間便器等として使用している。2人の両手を吊り交互に鞭を打ち快楽の道具としている。先輩は、足責め唾責め顔面騎乗アナル奉仕等をさせ、更に教師に直接、聖水を飲ませ人間便器として使用している。
PDVD_033_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_034_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_035_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_036_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_037_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_038_jhg8888gggjoghur.jpgPDVD_039_jhg8888gggjoghur.jpg
【感想】
こんなに的確な鞭を見たことがないです。打ち付け方も反響する音も凄まじいです。かなり打ちなれています。それにしても調教する時の格好がダサい…。ご褒美をくれる時の甘やかす言葉責めが良かったです。

AV女優:和希美也 早崎れおん 藤沢ローラ
AVメーカー:甘美会/FemdomWorld
発売日:2010/06/03
収録時間:80分
品番:FKD-51
45dyrtfy4sdrt898889.jpg
甘美会FemDomWorld

CFNMの話 その190

e45r6tftyg45dft455ddrrdrr.jpg
876、隣りに住むおばさんとのCFNM体験
昔、仕事を辞めて一時期他県のアパートに住んで居た時の話です。 私は当時勤めていた営業職を体を壊して辞め、気持ちのリフレッシュを兼ねてしばらく知り合いの居ないところで暮らそうと思っていました。 幸い働き過ぎた分貯蓄はそれなりにあったのでしばらくは食っていけるだろうと某県郊外の古い一階建てのアパートに住むことにしました。 このアパートは裏手は山、周りは田畑に囲まれており結構ボロだったので家賃はとても安く、住んでいる人も私を含めて3人という素晴らしい条件だったので私はここでしばらくニート生活をすることにしました。 住んでいる人は私の他にはおじいさんとおばさんが一人ずつ暮らしていておじいさんは優しそうな方でした。 私とおじいさんは角部屋だったのですが、私の隣におばさんがいました。 普通のぽっちゃりしたおばさんといった感じで「困ったことがあったら何でも言ってね!」と優しく声をかけてくれました。 数日、数週間と経つうちにおばさんがかなりお節介だと言うことを知りました。 私がニート生活をしていると知ると頻繁にうちに尋ねてくるようになり、やれ飯を食えだの掃除をしてやるだのと長い時は一日中居座っていることもありました。 実際助かっていましたし、おばさんも話し相手が欲しいのだろうと言うのはわかっていたのですが、元々あまり人と関わり合いになりたくなくてここに引っ越してきたので次第に疎ましく思うようになりました。 しかし、6月も終わりに近づいた頃その疎ましさは消し飛ぶことになります。 その日は結構暑く、私はパンイチでドアも窓も全開で過ごしていました。 するとお昼過ぎおばさんが 「お兄ちゃんご飯作ってきたよ~!」 とズカズカ入ってきました。 私は気怠そうに「ありがとうございます~」 と答えて、早く帰ってくれよと思いながらおばさんの方を見ました。 おばさんはぽっちゃり体型なので当然それなりに胸も大きかったのですがそのせいなのかヨレヨレになったタンクトップを着てきていました。 靴を脱ぐおばさんのやや垂れた胸がかなり目立ちましたが、おばさんは気にすることなくキッチンに作ってきたであろうカレーを置いて私の方を見ました。 おばさんも私がパンイチだという事に今気付いたのか一瞬驚いたような表情を見せましたが 「今日は暑いもんね~!私もこんな格好よ(笑)暑苦しくてごめんね~」 と言いながらカレーをお皿に盛ってくれていました。 私たちは食事を終えました。 こんな暑い日にカレーを平らげたので私もおばさんも汗だくでした。 私たちは向かいに座っているおばさんがノーブラだということにその時気付きました。 明らかに乳首の部分が透けています。おばさんは私が汗だくなのに気付き「お皿洗っちゃうからその間にシャワーでも浴びてきなさいな」 と呑気なものです。 私は悶々としたままシャワーを浴び、おばさんの姿を思い出していました。 当然ながら勃起してしまい、私の中の露出の虫が騒ぎ出しました。 このままおばさんの前に出たらどうなるだろう… 私は全裸のまま頭をタオルで拭きながら風呂場から出ました。もちろん勃起したままです。 タオルで顔を隠したままおばさんの方を見ることは出来ませんでした。 おばさんは皿洗いを終えて帰ろうとしていました。 私は頭を拭くフリをしながらおばさんの方を向き 「ごちそうさまでした~。」 とわざとらしく言いました。 おばさんは 「いいのよいいのよ~、また来るわね~」 といつもと変わらない様子です。 私はおばさんを追って玄関まで行きました。 おばさんとの距離は数センチあるかないかです。 私は耐えられなくなり、勃起した息子をシゴき始めました。 おばさんの顔を見るのが怖かったのでタオルを顔にかけたまま様子を見るとおばさんはこっちを向いてじっとしていました。 まるで私のオナニーを見守ってくれているようでした。 私の緊張と興奮は最高潮に達し、今までにないくらいの勢いで射精してしまいました。 目の前にいるおばさんのタンクトップやズボンや足に次々と精液がかかっていきます。 二度、三度とドピュドピュと勢いよく射精し、その度におばさんの体にかかりました。 射精した後も夢中で息子をシゴき、ぼたぼたと勢いなく精液が床に落ちていき、私の手が止まるまでおばさんはずっと目の前に居てくれました。 おばさんはもう一度私に 「また来るわね。」 と言って、部屋を出ていきました。
877、便器舐めにドン引きするJK
とある女子高の校門から、真っすぐの通りに沿いに公園があって、トイレが通りに面しています。通りを歩いてくると、女子トイレの開いてるドアの中に、丁度便器が見える角度です。 JK集団が下校してくる時間に待機して、近づいてきたタイミングで、四つん這いになり、便器の中に顔を突っ込みます。 実際に便器を舐めては、いませんが、いかにも舐めているように、小刻みに頭を動かしてみせます。舐めているふりをしながら、自分の股の間から、そっとJKたちの表情を伺います。 僕の姿にきづいた1人のJKが、立ち止まり、「えっ…?何あれ。」続いて他の子達も僕の方を見ます。「なにしてんだろ…」「えっ?キモっ!便器舐めてる!」「オェ、汚ね~」「変態だ!変態!」そして笑いながら、通り過ぎて行きます。 僕はMなので、女の子達にこのような言葉を浴びせられ、軽蔑の目で見られたら、笑われたりすることに、興奮します。 この時僕は、服を着たままなので、とくに通報されることは無いので、安心です。 彼女達がいなくなった後、誰もいないところに場所を移して、さっきの事を思い出しながら、全裸になってオナニーします。 以前1度だけ、3人のJK「何…してるんですか…?」と話しかけて来てくれたので、「便器が汚かったから、舐めて掃除してたんだよ。」というと、みるみる汚い物を見るような目になり、「キモっ!」「変態!」と言ってくれて、キャーキャー笑いながら自転車で帰って行った時は、最高でした。
878、ゴミ捨ての時におばさんと…
燃えるゴミの日だったので、ゴミステーションまでボクサーパンツ一枚で行くことにしました。 住んでいる人もまばらな地域なのでゴミ日と言えども人と会うことはほぼありません。 実際この数ヶ月、私が朝5時くらいに出ることもあってかゴミを捨てる人の姿を見かけたことはありませんでした。 最初は全裸で向かおうと思っていたのですが、万が一のことも考えてパンツだけは履くことにしました。 私は早朝ゴミステーションまでコソコソと向かいました。 私がゴミを置き、ゴミステーションの扉を閉めて帰ろうとすると誰かが私の名前を呼びました。 なんとそこには例のおばさんがいるではありませんか。 前と同じ色あせたズボンとヨレヨレのタンクトップ姿のおばさんはパンイチの私の姿を見て 「お兄ちゃんいくら暑いからってその格好で外に出るマズイよ~」 と笑っていました。 私はと言うと完全にこの状況に焦ってしまいさっきまで勃起していた息子は萎え、狼狽えることしか出来ませんでした。 私はなるべく平静を装い、おばさんになんで朝早くからここに居るのかを聞きました。 おばさんは「私デブだからね~。毎日暑くなる前に歩いてるのよ~。」 とのこと(おばさんは肉付きは良いですが決してデブという程ではありません。) 私はおばさんの姿を見て本能が勝り、また勃起してしました。 おばさんは当然それに気付き 「あらら~、お兄ちゃん朝から元気なのね~」 といつものように笑っていました。 私のムラムラは最高潮になり、その場でパンツを脱ぎました。 おばさんは驚いた様子もなく 「また前みたいにするのね?」 と、私の方に近付いてきました。 向こうから来たのなら遠慮はいりません。 私は道端にもかかわらず、息子をシゴきました。 おばさんはそれを優しそうな顔で見つめていました。 私は前回もこんな表情だったのかなと思いながらもう片方の手でおばさんの胸を触りました。 やはりおばさんはノーブラでした。 おばさんは抵抗せずに為すがまま胸を揉まれていました。 興奮のせいか多少乱暴に揉んでいましたが、それでもおばさんは少し嬉しそうにしていました。 次第に私に限界が近づいて来ます。 私はおばさんの胸をぐっと掴んだまま絶頂を迎えました。 前回と同じようにおばさんのタンクトップやズボンに射精し、ぼたぼたと足にも精液が落ちます。 おばさんはポケットからハンカチを取り出し、 私の息子を綺麗に拭いてくれました。 そしておばさんは私に 「帰ろっか!」 といつもの明るい表情で言いました。 私はパンツを履き、おばさんと一緒にアパートに帰りました。
879、恥ずかしい虐め
放課後に佐々木(柔道部のヤツ)に階段の踊り場に呼び出され、階段の踊り場に差し掛かったところで急に首を絞められたそうです。 友人はおふざけだと思って特に抵抗しなかったらしいですが、そのまま失神直前まで首を絞められ、意識が遠のく直前で解放されたそうです。 その後、佐々木から人前で服を脱がされそうになったっぽいことをぽつりぽつりと語り、全容が分からないまま「まぁ気を付けろよw」と締めくくられました。 僕は恐らく、佐々木が進学に失敗して浪人し、その当てつけにいじめっぽいことをしたのだと推察しました。 恐らく友人もそのことに気がついており、僕に警告してくれたのだと思いました。 僕はその、”女子を含めた何人かの前で脱がされそうになった”という話を聞いて、露出に興味があったわけではないですが、ちょっとやられても良いなwくらいに思ってました。 多分、疲れてたんだと思います。 そんな話を忘れてたある日、その時がやってきました。 クラスのホームルームが終ったあたりで、クラスの明るいキャラクターの女子から「なんか佐々木が向こうで呼んでたけどw」と話しかけらました。 僕は(もしかしたら)と思って、念のため貴重品をロッカーの中に入れてから階段に踊り場に向かいました。 踊り場に向かう途中、吹奏楽部の練習の音が遠くに響く中でやけに場が静まり帰ってた様に感じました。 階段の踊り場につながる廊下の角を曲がる瞬間に、唐突にヤツは襲ってきました。 異常に強い力でマフラー越しに首を絞められ、正直なところ思考する余裕など全くなくなりました。 すぐに気を失ったような気がしましたが、少しだけ腕の力が弱められて意識が戻りました。 そのまま気を失うラインを行ったり来たりしながら体感30秒くらい首を絞められてました。 そして腕から解放されると意識はありましたが立ってられない状態で、脇を抱えられながら膝からくずれ落ちました。 「お~失神した」「マジなんだな」みたいな会話が聞こえてきました。うっすら目が開いてた気がしましたが、何も認識できなかったように思います。 そのまま何人かの話声が聞こえましたが吹奏楽の練習の音で全然聞きとれませんでした。すこし楽し気でした。女子も2人ほど混ざってたと思います。 すると、唐突に「じゃ、いきま~すw」と佐々木の声が顔の近くで聞こえました。やたらドキっとし、一気に意識がもどり視界が涙でボヤけてることがわかりました。 僕は学ラン越しに冷たい廊下の感覚がありましたが、腹部の圧迫感がスッと抜けるとお尻と足に冷たい床の感覚が伝わりました。 僕はすっかり意識が明瞭になり、自分が制服のズボンとパンツを脱がされ、何人かの前に下半身がさらされてることを自覚しました。 そのまま起きるべきでしたが、なんとなくこのままでいいやと思いました。多分、見下してたんだと思います。 そう思うとすぐにドキドキし初めました。このまま狸寝入りを決め込もうと思いました。 その矢先にiPhoneのシャッター音が聞こえました。吹奏楽部の練習の音が遠くに響く中で、さらに二つ三つほどスマホのカメラのシャッター音が聞こえました。 そのまま誰も会話をせずに1分ほど色んなシャッター音を聞きました。クラスの女子にも撮られてたのでしょうか。 シャッター音が止むと、「ねぇこれ、脱がして、足上げてさw」と誰かが言い、すぐ静まり返ると、足首まで下げられたズボンとパンツを取り払われ、下半身が完全に丸裸になりました。 寒さと妙な興奮で震えだしそうでした。「ねぇどうするのw」という女子の声が聞こえたと思ったらすぐに足を抱えて広げられ、お尻の穴が良く見える体勢にされました。 「かえちゃんかえちゃんw」という佐々木の声が聞こえ、すこしするとまたカメラのシャッター音が聞こえました。佐々木が女子に撮らせたんだと思います。 すこしすると「これはかわいそうw」「まぁでもウザかったでしょ?w」みたいな会話が聞こえてきました。(妬まれてたんだなぁ)と思いました。 すると佐々木の声で「いや、受かりました~じゃねぇんだよなww」という声と共に足で股間を軽く蹴られました。 軽く蹴られただけですが、すごく痛くて平静を保てずにうめき声を漏らしてしまいまいた。 女子の笑い声が聞こえましたが、佐々木が「あ、起きる」と言い、ギクりとしました。バレるかと思ってましたが、途端にお腹を踵で思いっきり踏まれました。 人生で感じた痛みの中で断トツに痛く、痛みで全く動けず、思考という思考が中断されました。すぐに涙があふれ、呼吸の度に変な声が出ました。 僕はあまりの痛さとお腹への力で思いっきり失禁してしまいました。人生で一番強い勢いで排尿したと思います。ォシッコがダバダバと廊下を打ち付ける音が響きました。すぐに足が解放され、漏らしながら仰向けから横向けにうずくまりました。 痛みが我慢できるレベルに収まるまで、失禁を止められませんでした。なんとか失禁を手で握って止めて、深呼吸を数回するとギリギリやつらの会話が聞こえました。何人かはスマホで写真を撮ってたと思います。 失禁を止めてた手を解放して上半身を起こそうとすると腹部に強烈な痛みが走り、自分が目視する中で、再び自分のモノから尿を漏らしてるのを見届けながら、泣きました。 あまりの情けなさと痛みとショックでその場に体育座りになり、しばらく泣いていたように思います。あまりに泣きすぎて頭が痛くなるほどでした。やつらはいつの間にかいなくなっていました。 しばらく泣いていると、この状況を人に見られたらもっと酷いことになると思い、すぐに顔を上げてズボンとパンツを探して履き、スポーツタオルで床のォシッコを拭いてトイレで絞りました。 トイレでタオルを絞り、あふれ出る自分の尿を見ながらまた泣き、ちょうど良いと思いトイレに立てこもりました。数時間は立てこもったと思います。
880、女子高生にセンズリを見てもらう
まだ学校に監視カメラが無かった頃、夜中の女子校の校庭で素っ裸になり大の字で寝っ転がり、センズリをしました。そしてグランドにチンコの絵を描いたり、チンコ、キンタマ等淫語を書きました。翌日校庭横に車を停めて仮眠してるふりをして、JK達の反応を見てました。笑い転げるJKを見ながらセンズリしてたら、校舎二階窓から車内を見られ、たちまち大騒ぎ。窓にズラリとJKが並び車内でセンズリしてる私を見ながら大歓声。大量の精子を放出すると更に大歓声。長居はヤバいから精子まみれのチンコ出したまま車を発進。バックミラーに写るJK達は大笑いしてました。
フリーダム

CFNMの話 その189

inubytfr5drftgybuhnjimko.jpg
871、ヤ○ルトのおねえさんとのCFNM体験
ヤ○ルトのおねえさんの続き。いつも家では全裸で過ごしてるんだけど、 いきなりインターホンがピンポン♪モニターを見るとあのヤ○ルトのおねえさん^^全裸のままドアを少しあけて対応。。突然だったから当然まぁ息子も眠ってたんだけど、 おねえさんと話をしながら隙間から息子が見えるように してたらどんどん息子が大きくなって完全フル勃起。でもおねえさん今日は目線もさげず、 気づいてませんみたいな対応をしてた。だけど最後ドアを閉める前に ありがとうございましたと頭をさげながら息子を眼見。完全フル勃起した息子見てもらえたので、俺も大興奮。 次来たら1ヶ月ぐらい契約するつもり。 まぁその時は玄関まで入ってきてもらい完全フル勃起を見てもらおうと思ってる。
872、花火大会で見せつける
某所の花火大会に行ってきた。 花火自体はついでで、もちろんメインは露出。 シート敷いて楽しむようなのが集まっている場所ではなく、これからそこに向かう…またはより良く見える場所を求めてさまよっている女性複数組を狙う。 夏だから楽な格好で…とはいえ、白の薄手のTシャツは汗で乳首が見えてしまうし、短パンはファスナー全開ノーパンで無毛のモノを露出しっぱなし。 唯一隠すことが出来るのはうちわのみ。 浴衣などの季節限定な格好もいいが、肩出しや足の露出度が高い女性の方が興奮する。 歩いてくる女性グループを建物の影で待ち伏せては、王道な立ちションのフリや堂々とシコシコを見せつけたり。 場所変えの際にはすれ違う女性に乳首付近を凝視されたり、うちわで露出したモノを扇いで注目させたり。 複数でいると気が大きくなるのか笑う人も少なくなかった。 無言で通り過ぎてから変態がいたと小声で騒ぐのが圧倒的に多かった。 一度離れて休憩、今度は帰宅組を狙う。 同じような反応が見られる中、酒が入ったことで大胆な女性も現れる。 「かわいそー!なめてあげようかー!?きゃはははは!」 などとそそられる挑発をもらったが、声の主は肥えた主だった… 最終的に、なぜか帰宅中に自撮りに夢中になっている若い女性2人が私の放出の的となった。 道の真ん中を1歩進むか進まないかほどに動いてはパシャリを繰り返す彼女達は周りが全く見えていなかった。 先回りし影から彼女達の生足と若い声を堪能し存分にシゴくと、堂々と彼女達の真正面に出て仕上げに入った。 騒がれても逃げ道は確保済み、冷たくあしらわれても十分に放出出来る。 彼女達はまたパシャリ、パシャリ。撮影した画像を確認してようやく前を向いた。 明らかに目が合ったのを確認、そしてイク!イク!と連呼し服を捲り乳首も弄りながら1歩踏み出した。 「うわ!キモい!やだ!」「ふざけんな!こっち来んなよ!」 その日一番の反応だ。私の好みの嫌悪する顔。 眉間にシワを寄せ後ずさりする彼女達に向かって放たれた体液は、私にしては珍しくよく飛んだ。 「みか走ろっ!」「まってウチ無理!」 さっきまでとは違う、真剣な声色で逃げ出す2人。 私は余韻に浸り、ポケットから録音中だったスマートフォンを取り出し録音を終了した。 そう、数時間にも及ぶ行為を録音していた。 録画が出来れば理想だが、録音なら難易度は大きく下がるからだ。 合計1時間41分。容量は388MB。 私のコレクションがこうしてまた潤ったのだった。
キミを誘惑してくるえっちでエロイ浴衣のお姉さん
873、女子高生に全裸で話しかける
夕方7時くらいから夜9時くらいにかけて、静かな住宅街にあるアパートの階段下辺りでフルチンで待つ。女子高生がひとり、周りに人気がない条件に遭遇するまで。そういうチャンスに巡り合わせても、こちらに気づいてダッシュで逃げていくのも当然といえば当然。「あっ、驚かせちゃってすみません。危害は加えませんから、事情を説明しますんで聞いてください!」と呼びかけ、それでも10人にひとり、立ち止まって聞いてくれる子があるかどうか。「すみません、こんな格好で、変なもの見せちゃって。」そんな呼びかけにす。「あっ、ええ、まあ大丈夫で」と答えてくれた子が今までに数人いた。「実は、あの最中に、彼女と喧嘩になって。それで、そのまんま追い出されて。ズボンとパンツが家の中なんで。」しかも、コンドームつけたまま。「えっ、それって酷いですね。どうするんですか?」「うん、これじゃ動けないし、熱りが冷めるまで隠れて待つしかないよ。だから、通報とか勘弁ね。」「わかりました。気をつけてくださいね。」その会話の間、全く隠すことなく晒したまま、女子高生もふつうにこちらを見ながら話した。
874、熟女の女性に見せつけ
昭和の雰囲気漂うホテルに、1人で入りました。 以前使用した時に、料金を部屋のドアの前まで、40半ばの女性が、取りに来るシステムなのを知っていました。 そこで、全裸にバスタオル1枚巻いて、ジュースを1本注文します。フロントに電話をした時に、女性の声を確認します。200円を、なるべく多くの小銭にして、ドアのノックを待ちます。コンコン、すみません。っと女性の声、はい!っとドアについた小窓を開け、ジュースを受け取り、小銭を渡す瞬間に、あっと小銭をばら撒きます。 すみません!と言いながら小窓を閉じて、扉を全開に開け、女性の姿を前に、何枚か小銭を拾い、女性に渡す瞬間に、お腹に力を入れて、バスタオルを落とします。女性は、あっ…と言うと黙ったまま。 僕も、すみませんと言いながら、まだ落ちている小銭を探して、全裸のまま立ち上がり、まだ足りませんか?と聞くと、その女性は、小銭を数えるのもままならないように、必死に数えます。その間も、僕は全裸のまま、女性の前で立ちつくしました…興奮してきて、半立ち状態になった所で、あと20円…と女性に言われ、また下を探す…運良く?棚の下に入っていた小銭を、四つん這いになって、拾いアナルから裏玉まで見せる事に成功しました。 もぉその事で、フル勃起していた物を、プルプル揺らしながら、残りの20円を渡して、すみませんでした。と言うと、女性も私の顔と息子をチラチラ見ながら、ありがとうございました。と言って扉を閉めて、フロントに戻って行きました。 事故に見せかけて、全裸にアナル、裏玉、フル勃起を見せる事に成功したその後は、それをオカズに三回ヌイて帰宅しました。 また行って、同じ手口で何回か見せたいと思います。
875、宗教勧誘の女性に…
午前中我が家には俺1人。ピンポーンと玄関のチャイムが鳴り、今日届く予定の宅急便かと思いインターホンに出ると、宅配業者ではなく私服の女性。インターホン越しでは30代くらいの地味目な女性。 保険の勧誘かなぁと思いきや、話を聞いていると宗教の勧誘みたいな感じで、チラシをポストに入れますので、見てください的な感じ。 俺は部屋でのんびりしてたので、パンツ一丁にタンクトップの姿、ちょっとこの女の子に見せたらどうなるのかなと思い、そのまま玄関まで行きドアを開けてみた。「あっ!おくつろぎのところ申し訳ありません」と言いながらも、俺の姿に少し動揺している。「宗教の勧誘?宗教ってあんまり良く分からないからなぁ」などと興味も無いのに話をしてみた。「聖書とか読んだことないですか?」「無いですねぇ」「そうですかぁ」「あなた若そうに見えるけどこの宗教に入ってるの?」「いえいえ私なんて結構いい歳ですよ。私は親の影響で、小さい頃から入っています」「へ~そうなんだ」なんだかどうでも良くなり、猛烈にチン○を弄りたくなり、そこからパンツの上からシゴキ出してしまった。その女性は危険を察知したのか、それでは失礼します。と言って去ってしまった。
足崇拝

後悔する新人 #16

夢莉「ちなみに私は元ゼミ長。100人ゼミ生がいても、お前がゼミ長だって言われたわ。最低よね、アイツ」

私は苦笑いを浮かべる。でも、五十嵐教授がそんな話をするってことは意外と夢莉先輩を気に入ってるんじゃないだろうか。

夢莉「その本…」 

夢莉先輩がテーブルに置いた本を指さす。

雫「あ、これは…」

夢莉「アイツに頼まれたのね」

雫「はい、まぁ」

夢莉先輩は、やれやれといった感じで溜息をつく。

夢莉「この量を1週間で読むのよ」

雫「ええ!!」

山積みになった本を見つめる。
物凄い文章量だと言うことは開かなくてもわかる。

夢莉「試しに本当に読んでいるのか内容を質問してみたけど全部頭に入っていたわ」

雫「……」

夢莉「キモいわよね」

気持ち悪い以前に凄すぎて絶句してしまった。
私は、必死に話題を繋げようと頭を回転させる。

雫「ええっと…夢莉先輩はなぜ研究室に?」

夢莉「ちょっと様子を見にね。私が片付けないとすぐに汚すんだもん」

雫「あ、なるほど…」

夢莉先輩が、あまり深く聞くな、というオーラを出している。

まさか夢莉先輩…。

雫「……」

夢莉「……別に、深い意味はないわ」

雫「は、はい」

夢莉「ほら、私綺麗好きだし、汚れてる部屋とか見てられないというか」

雫「はい…」

何も聞いていないのに話し始める…。

なんだか嘘がつけない感じが私に似ているかも…

ふと時計を見ると、針は17時5分を指している。

雫「夢莉先輩、ごちそうさまでした。私そろそろ…」

夢莉「引きとめちゃって悪かったわね」

雫「いいえ、とっても楽しかったです」

夢莉「私も」

雫「あ、研究室の鍵は…」

夢莉「合鍵を作ってあるから大丈夫よ」

夢莉先輩は、得意げな表情を浮かべるが
それって…あんまりよくないような… 

そして、やっぱり夢莉先輩は五十嵐教授のことが…

雫「お皿はキッチンに置いておきますね」

夢莉「そのままにしておいて。片づけはしておくから行っていいわよ」

雫「すみません…」

夢莉「ごきげんよう」

雫「ご、ごきげんよう」

夢莉先輩がにっこりと微笑む。

現実で『ごきげんよう』と返事をしたのは生まれて初めてだ。

私は自分の荷物を持って研究室を後にした。

【続】

CFNMの話 その188

45drtfygubhygtfrdesrxctvyuhihytr5tffffff.jpg
866、アナルを見たがる女子
僕の場合、性的イジメに特化していったので、蹴ったり殴ったりはあまりありませんでした。女子から徹底的にやられていたので、男子グループは、寧ろ哀れんでくれました。何回か、「もうやめてやれよ!」と助けられたことがあります。それでも女子グループは、密かに呼び出して隠れた場所でやってきました。次から次と違うクラスの子も参加して「早く見たい、見たい!」と興奮していました。でも、AVにあるような「最後は、女子も脱いで乱行エッチ」みたいなことはなく、只ひたすら晒しものでした。我慢汁を採取してリトマス紙で酸かアルカリかなど実験したり、精液を採取して顕微鏡でみたり。(普通の顕微鏡では精子は見えません) 偏差値の低い学校なのに、そういうのは熱心でしたね。本当に楽しんでるみたいでした。クスコのようなものをどこから入手したのか、それでお尻の穴を広げられて、トーチで照らされるとすごい歓声が上がりました。「嘘?肛門ってこうなってるの?その奥に見えるのって腸なの?ねぇ、早く代わってよ!見えないじゃん!」と、お尻の穴の中を見るのが、ブームになりました。下校の時でも帰り道で、あまり面識のない女子達から、「ねぇ、私達にもお尻の中見せて!見た~い。」と声をかけられる始末でした。
867、相撲部のCFNM体験
中学2年の夏に父の仕事の都合で長野県の某所に転校になり、そこで太っている事を理由に相撲部に誘われました。 当時の僕は体重が80キロで身長160センチの明らかなデブで相撲部に入部する事にしました。 入部初日にテストと称して1年3人と屋外にある土俵で相撲をしたのですが3人ともフルチンで、部活で弱い奴はフルチン稽古なんだと言われ対戦したのですが3人から負けてしまい僕が部活最弱になってしまいました。 廻しがなかったから体育着で試合をした僕は先輩に抑えられ短パンとパンツとシャツを脱がされ全裸にされてしまい、僕は中2でチン毛が一本も生えてなくちんこのサイズも勃ってないと4センチしか無くて先輩後輩同級生の皆んなに爆笑されてしまいました。 僕は部活を辞めようと思ったのですがそんなの認めてもらえず、それどころか3年2人と2年2人と1年3人の廻し拭きを部活後にさせられ、土曜日は手洗いして天日干しさせられました。 それ以外に土俵の脇に12畳程の小屋部室と水洗の和式大小便器が一つづつあり部室とトイレの清掃をさせられました。 トイレ掃除は素手でタワシを使ってさせられたのですが、最初の頃サボってたら舐めれる程綺麗にしろと部長に怒られ便器の縁や裏を30分間部長に見られながら全裸で舐めさせられました。 ある日の放課後、2.3年生に連れられて公園に行くと小学高学年の男の子達がボール遊びしているのを見ると2.3年達がひそひそ話し始め、そのことに嫌な予感がしました。 「全裸になってチンポを出して歩け」 「隠すなよ」 と命令されながらワザと子供達の中を歩いてトイレまで連れて行かれました。 当然子供達はこの変態行為に「チンチン出してる」「服着てない」と言いながら先輩達に呼ばれ後ろから付いてトイレに来ました。 トイレに入ると先輩のベルトを外しながら逸物を握り、「おしゃぶりさせていただきます」と声かけし口の中にちんこを入れました。 子供達の視線を感じながらしゃぶっていると「チンチン咥えてる」「汚な」「変態」などとの声が聞こえてきましたが、自分自身の行為に衝撃を感じビンビンにしてました。 その後皆んなの見てる前で小便器に頭を突っ込み舐めながら、ォシッコを体や頭にかけられながらオナニーして射精しました。
868、JCに見せつける
土曜日の夜に短パンにTシャツで自転車で信号待ちをしていると反対側に数人の浴衣を着たJCが来ました。近くで盆踊りをやっていたので、その帰りだったのでしょう。 道はこちら側が暗くて向こうからは見えづらいです。そこで短パンを下ろしておちんちんを 出した状態で自転車を引いて横断歩道を渡りました。向こうから歩いて来た女の子達はすれ 違う時に「ふえ~」と言って走り出しました。顔は笑っていました。そして渡り切った後に 振り返って女の子達の方を見ると向こうもチラッと振り返って「まだ見えてるぅ」と笑いながら 言ってました。
869、車からの露出
窓を少し開けて録画されてる事はモロバレです。 「凄い大きい!デカい!彼氏の倍は有るって!」 これ、喜ばせて遊んでます。 近付く手前で友達と打ち合わせ(露出狂遊び)既にナンバー、色、何歳か 覚えられます。 何故?それは喜ばせてまた来させる為です。 「アノ車の、何日か前の・・・アホや喜んでまた来てるって!」ォシッコしてる時、見栄で半勃起させてるか鬼頭を見られます。 所謂、スキンヘッドのツルピカだとこれもモロバレます。 普通の状態だと鬼頭は縦にシワシワが入ってピカって無い事を知ってます。 本当に遭遇したら驚きと恐怖でそんな大きな声は出せません! なので大きな声で大きい、凄い、彼氏の倍はある、と連語するJKは注意です。 立ちションする時、脇に携帯なんか挟んでると確定されてしまいます。 先輩とかにあの道はたまに・・・と教えて貰ってます。 他にも別Rの方が現れてる可能性も有ります。 自分の驚いたリアクション見て興奮するんだと知ってますから! ただ、そんなJKはチ◯コ何本も見比べて楽しんでます。 露出狂は5センチ以下がお多いと! 粗チンと言うと凹む、可愛そう、次来てくれなくなるから敢えて大きいと喜ばせてます。
870、おばちゃん看護婦
中学3年の時にばあちゃんの家がある長野県の田舎に行ったのですが行く前から便秘気味で、2日目にお腹が痛くなってしまい町の方の病院に行くには1時間以上かかると言われ近くの小さな病院に行ったのですが、その病院は診察室の中にはカーテンなどは一切なく診察室の中で待ってる他の患者に処置されてる姿が丸見えなのです。 僕が入ってきてから何人か小●生やおばちゃんなどの患者さんがやってきてそんななか名前を呼ばれ処置される順番がきたのですが、医者に便秘である事を伝えると浣腸しましょうと言われ服が汚れると悪いからと、全部脱いですっぽんぽんになるように言われたのですが診察室には小●生の姉妹とその母親とおばちゃんが2人ほどいて恥ずかしさから脱ぐのをためらいました。すると母ちゃんから怒られ全部服を脱がされてしまいベットの上に四つん這いの体勢にさせられ、不運な事に他の患者が座ってるのは僕のお尻がある方なのでアナルや包茎ちんちんが丸見えです。 小●生の姉妹は『友達のちんちんより小さい 』『お尻の穴ヒクヒクしてる』などと言っていておばちゃん達は『可愛らしい赤ちゃんちんちんだこと』『包茎なうえにパイパンなのね』などと話していてすごく恥ずかしくて、そんな中看護婦のおばちゃんに浣腸され10分我慢する様に言われたのですが2分ほどでお腹が痛くなってしまいトイレに行きたいと言うと、『あと7分は我慢しなさい』と言われて看護婦さんにアナルを押されながら我慢させられました。看護婦さんからやっと排泄許可が下りたので僕はこの苦しさと恥ずかしさから解放されるとホッとしたのですが看護婦さんから『便の色なども見ないといけないからここでオマルにしてください』と言われギョッとしたのですが、もう既に我慢の限界に達していた僕は恥ずかしさに耐えながら複数の患者のいる所での排便を決意し看護婦さんがベットの上に新聞紙を敷いてアルミのオマルを置いたので僕はだし始めました。 一週間ぶりぐらいだったので臭いはとてつもない轟音と臭さで小●生の姉妹は流石に顔がこわばってて『臭い臭い』って連呼してて僕自身も吐き気がする様な臭いでした。 ですが一週間分も溜まってたので排便が終わるまで20分ほどかかり量も1kgぐらいありました。終わったあとは看護婦さんが『いっぱい出たね~、エライね~』と言って皆の前で四つん這いでお尻を拭かれました。
DANDY

CFNMの話 その187

kuyjthrgefdwewfrteyhrtujkyiluo.jpg
861、包茎状態と勃起時を見られる
友達から、お前はまだ生えてもないんじゃないか?と笑われました。こんな風にいじられるのは慣れているのですが、その時は酔っていたこともあり、ついムキになり反論したところ、じゃあ証明しろよ、と言われました。さすがに見せるつもりはなかったのですが、一緒にいた女子3人からも脱げ脱げコールがあり、勢いで脱ぎました。ノーマル時6.3cmの包茎です。みんなに笑われました。そして確かに毛も生えてたはwでもちっせーとみな大爆笑。女子の一人A子が「フェラしてあげようか?でも口の中でなくなりそうw」とからかう。そこで僕は勃起するように色々イメージ、だんだんとでかくなり、MAX近くになった時には誰も笑ってませんでした。僕のはフル勃起 で18.6cm。先細ですが元のサイズと違い過ぎるのでインパクトはあると思います。A子にフェラしてよっていいましたが「無理無理無理」と断られ。煽った他の人にも謝られましたが。勃起はなかなか収まりませんでした。家に帰ってから抜きましたが翌週からあだ名が赤ちゃんからウタマロに変わりました。巨根でスゲースゲー言われますが、まだ童貞なんです。862、興味津々でチンコの写真を撮る女性
その時僕はフルスモークのバンに乗っていて、仕事帰りによくOL風な女性が通る道を発見!その道は他の車が普通に追い抜けるくらいの明るめな道で、歩道と車道の境が無く、僕はあえて右に寄せて停めました。助手席側を迂回して通ら無ければならない感じになり、その方が良い感じがしたからです。 後ろの席に移るとスライドドアを少し開けて、息子も準備OK!後ろを見ながらしごいていると、ロングヘアの女性が来ました。すかさずドアの側に行き女性が近くなった所でポロリ、車から生えて居る物に戸惑いながらもガン見その距離数センチ、もう興奮MAXで暴発しそう、でもまた女性が後方から、今度はもう少し離れた距離から出して見ようと、また車からにょきにょきと。すると間もなく解ったらしく少し下を向き、真ん中あたりを歩いていた女性が車の方に近づいて来ます!怒られるンじゃないかと思いましたが、近くまで来てやはりガン見していきました。 もう流石にヤバいと思い立ち去ろうと思いましたが、今度は20代前半くらいで派手目な感じの二人が向かって来ました。これで終わりとまたポロリしばらくすると二人とも視線はこちらながらも普通に会話してましたが、通り過ぎると笑いだし、立ち止まって見出しました。 僕は調子に乗りビクン、ビクンと動かすと「何あれ!」と言いながら笑って居ると一人子が恐る恐る近づいて来て、人差し指で先を下にビョ~ン、「やだめちゃ硬い!」もう一人の子が「も~ぅ信じらんない」て言いながら二人とも大爆笑。またこちらを見たのでピクン、ピクンさせると、今度は二人でこっちに来て、何してるんですか?と言われドアを半分ゆっくり開けて、冷やしていたんです。と答えるとひえましたか?とまた言われ、どうかな?とドサクサ紛れにしごいて見ました。後ろの子が「ヤベッシコリ始めた」と笑いながら、立ち去ろうとしましたが前の子はニコニコしながら見てましたが、「写メ良いですか?」と聞かれ、◯◯コだけならと答えるとアップで5枚くらい撮ると、駆け足でもう一人の子の所に戻り二人で歩きながら、「これ凄くない!」て見せると「そんなのどうするの」って言いながらもじっくり見てました。
863、露出狂罵倒する女性たち
中年になり腹も出て恥骨辺りにもかなり肉がつきチンコが半分埋もれて皮も被ります。さらに若い頃より精液量が半減以下、回数も一回の量もトホホなキンタマ。そういやキンタマも一回り小さくなった。そんなチンコでたまに露出すると、やはり「ちっちゃ~い」「見えないじゃん」「赤ちゃんのオチンチンじゃん」「ちいせえよオッサン」「キンタマついてんのか」「かぶってんじゃん、包茎だよ包茎等と、罵声を浴びます。女は露出狂のチンコが小さいと強気に出てきて、時には攻撃してきます。特に女が複数の時はこちらが身の危険を感じる事もあります。容赦ない蹴りがキンタマ目掛けて飛んできた事もあり、つくづく男の威厳はでっかいチンコだなと思う、今日この頃です。
864、混浴温泉でおばさんと…
混浴のある温泉に行き「どうせ若い子は来ないんだろうな」と思いながら少し期待して混浴の温泉へ 平日だったのもあったのか爺さんが1人いただけ「やっぱりなー」と体を洗っていると爺さんが出るのとすれ違いに50代くらいのおば様が入ってきた。 ピチピチの若い子の方が勿論嬉しいがおば様も少し胸は垂れてたがデカい。どうしても見てしまうのが男というものなのか頭を洗いながらガン見。 おば様は特に気にする感じもなく普通に体を洗ってる。 俺はさっさと体を洗って湯船へ行ってさらにおば様の後ろに来るようにして座って見てたら、少し息子が元気になってきてた。 これはイカンなと思って湯船から出てもう一度シャワーの方へ行こうとすると入れ違いでおば様が湯船へ シャワーで目の前の鏡を流しておば様を再びガン見。すっかり元気な息子。抜いちまえとアソコに手を伸ばして曇っていく鏡をもう一度シャワーで流すとおば様と完全に目が合った。にこりと笑うおば様。 「あぁ、見てよかったのか」とおば様の方へ向き直る。 胸を揺らしながらこちらへ近づくおば様。 「ずっと見てたね。今からすること見てていい?」 少し動揺したが萎えない俺「…はい」と返事しておば様にしっかり見てもらいました。1回抜くだけじゃまだまだ元気でおば様も「やっぱり若いわねー」と言いながら2回目はおば様が手でシてくれて俺がイクとこまでシたらさっさと去っていったおば様。 少し放心状態になったけど、水かぶって俺も風呂を出た。
865、過激ないじめ体験
埼玉の片田舎にある偏差値の低い高校に進学した僕。中学では、僕は、おとなしいのに勉強もちゃんとしないで、そんなところしか入れなかった。なのにそこは当時、不良の溜まり場のような学校で、気の弱い奴はとことんイジメられていた。先生達は、事件にならなければ見ぬふり。嫌になって退学するのを待っていた。不良の男子達からはカツアゲ、暴力。更に酷いのは不良のギャルグループ。男に対しては、徹底した性的リンチを加えた。グループ7,8人のギャルの前で毎日のように全裸でセンズリを強要され、バケツに射精させられた。掃除用のゴム手をつけて石鹸をつけて、お尻の穴に指をねじ込まれた。5~6人から穴をほじられ、指を抜くとオナラが出て爆笑される。とうとう失禁しながらウ●チを出してしまった。それでも罵倒され、爆笑されながらセンズリさせられる。ウ●チを出しきらないうちに、またお尻の穴に指を突っ込まれズボズボされる。ギャル達がガン見してる前で僕は悶えてウ●チしながら射精した。イジメを主導してたギャル達は、あちこちのクラスからも女子を連れてきて見学させましたから。僕のあそこはもちろん、射精するとこや陰嚢の皺を伸ばされた姿、お尻の穴を広げられて粘膜が露出した姿まで、延べにすると当校の100人以上の女子に見られてます。その中には、僕が好きだった女の子何人かも含まれます。そんな可愛い憧れの子の前で、アナル丸見えでセンズリさせられ、泣きながら射精して、その子達はしかめっ面でハンカチで口を押さえて「キモ~い、変態!」と罵りました。
ミストレスランド

後悔する新人 #15

ゴスロリ「私ってそんなに変な顔してるかしら?」

美少女は目をつぶり、ティーカップに口を口をつける。興味があちこちに沸いてしまい全身をジロジロと見つめてしまった。

雫「い、いえ…ごめんなさい…」

ゴスロリ「貴女、五十嵐ゼミに入る新入生?」

雫「はい、真中雫って言います」

ゴスロリ「影山夢莉よ。五十嵐ゼミの2年生」

雫「よ、よろしくお願いします」

夢莉「真中さんも何か飲む?」

雫「ありがとうございます」

夢莉先輩はサッと席を立つ、背が低い。小柄な印象だったが、立ち上がると本当に小さい。気にしているかもしれないので本人には伝えないが小さくて可愛い。ゴスロリの衣装もとても似合っていて外国のお人形のようだ。黒と白の縞々のソックスに、ピカピカに光る黒のショートブーツ。かなりこだわりが強いようだ。

夢莉「ローズヒップティーでいいかしら?」

雫「はい、ありがとうございます」

夢莉先輩は、研究所に備え付けてある小さなキッチンに立ち、お湯を沸かす。さっきはゴミで溢れかえっていたが、キッチンが隠れているとは思わなかった。

夢莉「荷物置いたら?」

雫「あ」

五十嵐教授に頼まれた本を両手に持っていたことをすっかり忘れていた。私はテーブルに本を置き、夢莉先輩の座っている正面の椅子に座った。カップにお湯が注がれる音が聞こえ、甘酸っぱい香りが研究室に広がる。さっきまで面談をやっていた汚れたイメージが払しょくされ、お洒落なカフェのような雰囲気になっている。テーブルの中央には、夢莉先輩が持ってきたと思われるバラの花が花瓶に挿してある。

夢莉「はい、どうぞ」

雫「ありがとうございます」

夢莉「お菓子もどうぞ」

可愛いウサギのお皿にクッキーが綺麗に並べてある。夢莉先輩は、自分の席に座り、ティーカップに口をつける。私もティーカップに口をつけ、クッキーにかじりつく。

雫「とても美味しいです」

夢莉「ふふ、よかった」

夢莉先輩はにっこりと微笑する。

その可愛らしさに同姓の私もドキドキしてしまう。

夢莉「今年の1年生は貴女だけ?」

雫「いえ、私を入れて4人です」

夢莉「あら、多いわね」

夢莉先輩は、驚いた表情を浮かべる。

大きな目がより一層大きく見開かれた。

夢莉「貴女がゼミ長?」

雫「いえ、私は書記で…」

夢莉「真中さんが2位なのね」

雫「2位?」

夢莉「五十嵐教授は、その年に入った新入生の中で一番問題がある子をゼミ長にして、2番目に問題がある子を書記にするのよ。人にランクをつけるなんて失礼よねぇ」

雫「わ、私って問題ある子2位なんだ…」

夢莉「落ち込まないで!私なら1位にするわ」

雫「嬉しくないです…」

夢莉先輩がフォローのつもりで口にした言葉が私をより傷つける。

ん?

ってことはゼミの中では秋野君が一番問題児????

【続】

CFNMの話 その186

juhygtfrdeswwwwwwwww3wert.jpg
856、銭湯の女の子が恥ずかしがり…
銭湯で露出した時の話です。 大きなホテルの銭湯に午後2時くらいに行きました。 人はまばらで、沢山の種類のお風呂があるせいか、メインの洗い場は自分一人でした。 前々から女性の前で勃起したチンコを見せつけたいという欲望があり、その日もお尻の穴にピンク色の極太ディルドを入れたまま、身体を洗うふりをしつつ、しっかりチンコをしごいていました。 ディルドをアナルに激しく出し入れしたりチンコをしごいていると、次第にチンコからはヌルヌルした液体が出てきて、洗い場にはヌチュッヌチュッといやらしい音が響きました。 すると1人の従業員が洗い場に入ってきました。 年齢は20代前半くらいだろうか、黒髪ショートヘアで、いかにも真面目そうな女性ですが、顔はまあまあ可愛い。 Tシャツ姿から察するに細身ながらかなりおっぱいは大きく、俺はすぐにこの女の子にチンコを見せつけたいと思いました。 彼女はこちらをチラチラ見ながら掃除を始めました。 次第に自分の方に近づいてきて、距離は2メートルくらいになりました。 彼女もどことなく自分に興味があるようでした。 俺は勃起したペニスを見せつけるために大きく足を開きました。 垂直に真上を向いたペニスはヌルヌルの液でテカっており、足を開いたためお尻の穴からはピンク色のディルドが半分くらい出かかっていて、遠くからでもはっきりと確認できるくらいに目立っていたと思います。 彼女は依然、掃除をするふりをしながらチラチラこちらを見てきます。 俺は思い切って、「このシャワーって途中でお湯が止まっちゃうんだけど、何でですかね?」と話しかけました。 もちろん、こういう施設のシャワーが時間で止まることは知っていましたが・・・。 彼女は、「すみません」と恥ずかしそうに答えながら俺のすぐ横まで来ました。 しかも、俺のギンギンにそそり立ったペニスをジッと見つめているではありませんか。 興奮した俺は、わざと台の上に置いてあったロッカーのカギを床に落としました。 洗面台の下のかなり奥の方に落ちたので、内心うまくやったと思い、「アッ」とわざとらしく声を出しました。 カギを拾うには、お尻を突き出し、手を奥まで伸ばさないと取れない距離です。彼女は、「大丈夫ですか?」と言いながら床に膝をつきました。 俺は、「うん、でも取れるかなー?」などと言いながら床に膝をつき、彼女の方にお尻を向け、手を伸ばす体勢になりました。もちろん彼女には俺のお尻が丸見え、穴に刺さった卑猥な物体もハッキリ見えます。俺は時間をかけてわざと取れない素振りを見せ、もっとしっかり見てもらえるように彼女の方にお尻を突き出しました。彼女は顔を近づけて、「取れますか?」などと言ってきましたが、横目で確認すると、しっかり俺のアナルを見ているのが分かりました。興奮はMAX。お尻の穴がキュッと締まるのが分かります。 次第に穴がヒクヒクと痙攣しだし、ケツ穴からディルドが今にも抜け出しそうになりました。 それでも彼女はさらに顔を近づけてきます。 たぶん10センチくらいの距離。 なんとなく彼女の荒い吐息がアナルにかかったかのような感じがしました。 俺はアナルが拡がるように、そして勃起しまくったチンコがよく見えるように、不自然なまでに股を開きケツ穴を突き上げます。 (あぁ・・・もうダメだ・・・我慢できない・・・。この体勢のままディルドでアナルを掻き回しながら、ヌルヌル勃起チンコをしごいて発射したい!) 欲望が抑え切れません。 ヌルヌルに湿ったチンコの先からは我慢汁が垂れてきていました。 興奮で膝はガクガクと震え、ヒクついたアナルからはディルドが抜けそうになり、俺はアナルにぐっと力を入れまます。 力を入れるとチンコの先からはスケベ汁がポタポタと滴り落ちてきました。 これほど興奮したことが今まであったでしょうか? チンコは今にも暴発しそうでした。 あまり長い時間をかけるとまずいと思い、欲望と戦いながらも、そこはぐっと我慢・・・。 なんとか欲望を抑え、仕方なくカギを拾って起き上がりました。 「やっと取れましたよー」と言いながら彼女を見ると、彼女は顔を赤らめながら、「良かったですぅ」と言いました。 しかしその時、彼女は床に膝をついた体勢だったため、俺が起き上がると彼女の目の前には勃起したペニスがあるわけです。 もうしごかなくても発射してしまいそうなくらいガチガチに硬直し、ビクンビクンと脈を打ったペニス。 真上を向いてそそり立つペニスの先からは我慢汁が溢れ出て、それが竿の部分を伝って垂れ落ちてきています。 恥ずかしそうな顔をしながらも目の前にある変態チンコを舐め回すようにじっくり見つめる彼女。 恐らく時間にして10秒くらい。 でも自分には、じっくり彼女にチンコを見せつけることができた満足感に浸れるほど長い時間に感じられました。 調子に乗った俺は一歩前に踏み出し、彼女の顔ギリギリまで勃起したチンコを近づけてみました。 ハァハァと息遣いも荒く、ニラニラのチンコを彼女に突き付ける俺。 今思えばよくこんなことしたなとドキドキしてしまいますが、この時は興奮で欲望が優っていました。 もしかするとチンコが彼女の顔にくっついたかもしれない・・・。 このまま思い切って彼女の口の中にチンコをぶち込んでやろうと思いました。 チンコの先を彼女の口元に徐々に近づける・・・。 「ハァハァ・・・ハァハァ・・・」 すると、ハッとしたかのように彼女は急いで立ち上がり、顔を真っ赤にしながら、「では失礼します」と言い、足早に洗い場を去ってしまいました・・・。 と同時に俺も我に返り、なんとか冷静さを取り戻したものの、(彼女にフェラチオさせてやりたかった)という残念な気持ちが急激に興奮へと昇華され、俺はその場でディルドを激しくピストンし、ぐちゅぐちゅとスケベな音を立ててチンコを擦り、一気に絶頂へ。 「あーっ!イクッ!出るよ!いっぱい出るよ!あーーっ!!」 彼女に届けとばかりに大声を発しながら、大量のザーメンを銭湯の鏡にぶっかけました。
857、JKに見せつけ…
普段通学途中の単独でなく数人のJKに見せてます。中途半端なRは通報につながると思っているので、僕は堂々と見せることをモットーにしています。 OKな子は怪しい動きをしているとなんとなく分かる。目が合ってから少し笑ってズボンを脱げば結構向こうも笑って見てくれます。 ののしられることや逃げられることもあるけど、この堂々作戦で通報されたことはありません。 先日は某神奈川県の女子校。学校が駅から遠く、いくつか通学ルートがあるなかのあまり一般の人が通らない道。朝はJK率90安全です。 歩いてきた5人のJKに明らかに不審者っぽいマスクをした僕。ひとりがニヤニヤしはじめたので「これはいける」と直感。 一気にパンツをおろして高速O。ひとりを除いてゲラゲラ笑い出したので、続いてしこしこしこしこ。大量Sを足元にぶちまけました。 おえーっと言いながらも笑って罵声を浴びせながら歩き去るJKたち。唯一おびえた顔で上目つかいでPを見てくれた背の低い子が一番のおかずで、今でも思い出しては抜いてます。 私の露出は基本的にもっこりを見せ付けるパターンが多いです。 (露出といえるか微妙なところですが・・・) 近頃、めっきり暖かくなったので長袖レオタードを着て夜の10時ごろ 隣町の団地を散歩していました。 途中団地内にある小さな公園で休もうと、自販機で飲料を購入している時に すぐ裏手にある横道?らしき細い道を女性が通り過ぎました。 どちらかといえばその日は誰かに見せる目的では無かったので 正直いきなり現れた人に驚いていたところ その女性が公園内に入ってきて、ベンチに座りました。 (明らかに不審者なのに警戒心の無い・・・) 見たところ30代くらいでしょうか、街頭に照らされているといっても 顔には影がかかっていて表情は上手く見えません。 女性と公園に二人きり、しかもこっちの姿はド変態 ムラムラと来て、女性の目の前に仁王立ちしました こんばんはと声をかけると、大声を出したり驚いたりする事も無く 普通にこんばんは、と返され拍子抜け。 正直興が削がれたので、隣に座って話していると(話にも付き合ってくれました) この女性は近くに住む20代後半の人妻で、暑かったので夜風にあたるために散歩を していたら面白そうな人が居たので公園に入って来たと。 この恰好どう思います?と聞いたところ変態過ぎる!と嬉しい反応 少々調子の乗って、勃起しているもっこりを見せ付け 触ってみます?と聞きました。(今思えば滅茶苦茶危ない行為) 最初はハハハと笑っていたのですが、こっちが無言でもっこりを見せていると じゃあ・・・と指先あたりで擦ってくれました。 暗くて分からなかったでしょうけど、布は我慢汁で濡れていました。 しばらく擦ってくれていたのですが、私の方がびびってしまい 射精もする事無くじゃあ、という形で帰ってきました。
858、個人経営のベテラン女性とのCFNM体験
個人経営のベテラン女性の施術では、途中で生理現象だから我慢できなくなったら自分で抜いていいと言われた。自家発電中はさすがに背中を向けて見てくれなかったが、逆に興奮したし、精液で濡れたティッシュは手渡しできたし、抜いたあとの残り液漏れも施術しながら拭いてくれた。 また同じく個人経営のある若い(これが超エキゾチック美人)人妻は、勉強中ということで行く度にポーズが変わる。リクライニングシートを倒したままが普通だが、斜めにおこして施術されたことがある。当然、自分のが丸見えだし、彼女の大きく開いた胸元から谷間も丸見えで、終始フル勃起状態だった。 そしてO部分は、普通は横向きで自分で片手で穴を広げさせられるのが多い(これも興奮する)が、なんと四つん這いを要求される。確かに施術しやすいだろうが、リクライニングシートといい、このポーズといい、明らかにエロ意識でやっている。 ある時から、シートの上にアクリル板を敷いてあったので理由を聞いたら、誤爆したやつがいたそうで後片付けが大変だったからだという。ということは、誤爆しても大丈夫、いやしてもいいですよということかと解釈し(笑)、VI部分のあと、トイレで勃起施術と彼女のおっぱいを思い出しながら速攻で抜き、ちゃんと吹かずに戻って四つん這いに。 当然、残り液がアクリル板にポタポタと…するとやはり気になるのか、ティッシュで板を拭く。あーこの人、トイレで抜いてきたんだ…とバレバレなのも興奮し、終わったあと、またそれをオカズに抜くのが最近のパターン。 研修モニターもなかなかいい。先生がお手本を見せるパターンと生徒の施術を指導するパターン。 前者は、先生が皮をつまんで向きを変えて施術、生徒は熱心に凝視しながらメモをとっていた。後者は生徒がガッツリ握って向きを変えたり、先生が押さえてくれたりと事故率が高かった。
859、ネカフェでオナニーする露出狂
駅前のネカフェで毎日オナニーしてます。 とうとうこの前 間違えて店員の女の子が扉あけちゃいました。 よく受付や会計で顔あわせる かわいい子が。 彼女の視線が俺の顔とギンギンのあそこに一瞬釘付けに なり 失礼しましたと扉しまりました。 妄想します 彼女が男のオナニー見たのが初めてだとショック かな 刺激強くてうち帰ってオナニーネタにするかも 彼氏に変態なお客いてさーとか言って お前もネタにされて るかもよ とか言われながらやられてたらエロいな バイト仲間の飲み会でいつも来るおじさん すごいオナって たんですよとか話題にされてたらバイトの女の子全員が 変態おじさんだと心の中で思ってたらと 卑猥な妄想しながら そのネカフェで書き込んでます。 また 間違えて女の子に見られたいです。 30分ほど前のこと したくて見せたわけじゃないのですが・・・ 姉(といっても僕と双子)のところに 女子が数名泊まりに来ています。 そんな輪の中に入れるわけもなく、 自分の部屋で映画を観ていました。 しばらくて姉が先に風呂へ入れ、 とうるさいので風呂へ。 そして風呂から出て頭をタオルで拭いていると 突然ドアが開き、女子が入ってきました。 僕の両手で髪を拭いていたので チンポ丸出しでした。 その女子も驚いて固まっていたところ、 「ゆうき君ごめん」と謝ってきました。 僕も驚き間抜けな恰好のまま 「え?だれ?」と返事も間抜けでした。 「わたしです、松山です」と答えた。 いつもとは違い眼鏡からコンタクトにしていて 髪も下ろしていたので全然気付かなかった。 松山さんはじっと僕の股間を見ていることに 気付き慌てて隠しました。 コンタクトにゴミが入って取りたい、 とのことっだったので僕は 風呂場へ逆戻り。 摺りガラス越しだけど お尻をこちらに向けているのをじっくりみていると 勃起してしまい、そのままシコシコと。 そろそろ出そうな時に、 松山さんは出て行ってしまった。 さっきラインで松山さんから 「ごめんなさい 弟たちのと あまりに違ったので見てしまいました ほんとうにごめんなさい」と来てた。 友達と比べるとちょっと長めだけど 1/3ほどしか剥けていない包茎なので あらためて「見た!」的にいわれると 包茎を知られた僕の方が恥ずかしい・・・
860、JKの萌える感想
JK、JCともなるとある程度の知識は頭にチン歩入ってます。JKの 中にはもう知識以上の事を彼氏教えて貰ったJKも・・・ しかし、何故か私はその事を知っている! いや、知っていると言うよりJK自らが私に教えてくれるのです。 これはあるチン歩の日の出来事です。 ローカルな山手の通◯路、片側二車線、そこはS字になって更に路肩に駐車スペース有り! ↑午前10時半過ぎ私は得意先からお次の得意先へとワンボックスで移動してた時です。 この時間にしてもうJKが自転車でなんにんも帰宅してる光景が車内から伺えました。 「えッ?もうこんな時間から?早ッ・・・」 そして私はS字の先に有る路肩を発見すると何気に車を路肩に駐車しました。 そう、何気に・・・ 私の車の左側は歩道、即ち間違いなくJKは自転車で歩道を通るのです。 ミラーでS字に入った四人組のJK自転車にロックチン! そしてS字で車のミラーから姿が消えたタイミングである程度、凝り固まった状態で立ちション開始! S字から再び姿を現した頃、JKは程好い距離から私の状況にチン遭遇! A「見て!あんな所でォシッコしてる!」 B「えッ!?最悪~ッ」 C?「いや、チ◯コ凄い大きいって!見てッ!勃起してるくらい有るッて!メチャ大きいって!」 AB?「えッ、マジで!?・・・いやッ、ホントに凄い大きいッ!」 ?「いやッ、メチャ長ぶっといって!凄いデカい!」 ?「平常時でウチの彼氏の倍は有るって!・・・メチャ大きいッて!」 ?「アレ勃起したら絶対20センチは有るって!」 そして気付かぬまま遭遇間近で慌てて終う私でした。 そして私の車を通り過ぎたJKの会話は終わらず・・・ ?「普通であれだけ有ったら勃起したらメチャ、長ぶっといって!凄いなぁ・・・」 そして会話が私の耳から遠退く・・・ 去らばJK!またいつの日か・・・
ボレロ&マーラー

チンポを見たがる女たち8 素人娘のチンポ鑑賞会編

チンポを見たがる女たち8
話題騒然!大好評のCFNMシリーズ、第8弾!今回は大小様々なチンポが登場。それを見たがる女達のノリはシリーズ最高。黒人チンポに「大砲だよ!」と感嘆したり、短小包茎に「ホントに勃つの?」と尋ねたり…色々なリアクションが見られる。控室に全裸のADがチン入のドッキリコーナーは超必見!

AVメーカー:MOODYZ(ムーディーズ)
AVレーベル:Joker
発売日:2003/10/01
収録時間:110分
品番:MDJD-050

【感想】
10年以上前の作品です。今はすっかり見かけなくなった黒ギャルも多数出演しており、時代を感じます。いかにも素人と言った感じで、反応や急に黙ってしまう展開もリアリティがあって良かったです。積極的に感想を言って笑うのもなかなかよかったです。巨根と短小の比較もあるので好きな方にはオススメです。
PDVD_000_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_001_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_002_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_003_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_004_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_005_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_006_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_007_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_008_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_009_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_010_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_011_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_012_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_013_jhgfdrlhijoghur.jpgPDVD_014_jhgfdrlhijoghur.jpg
チンポを見たがる女たち8

CFNMの話 その185

iuhyhh6u78jhntdy6u7yhdt.jpg
851、彼女に紹介してもらったお店で
最近彼女が出来まして、アソコがなんとツルツルのパイパンなんです。私にもパイパンにして欲しいとの事で、彼女が通ったブラジリアンワックス店を紹介してもらい行きました。 店に行きますと、彼女から直接お電話を頂きましたと言って出てきた店員さんがかなり可愛らしい。どの部位の脱毛かも彼女から聞いていたとの事で、直ぐに下半身丸出し状態で脱毛開始! 泡?を陰毛に塗ってる最中に私の珍子はみるみる膨れ上がり全長17cmのフル勃起珍子を見られる羽目に・・・ 私が恥ずかしがっていると、『恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ』と微笑みなからお腹に張り付いた珍子を優しくつかみ、片手で脱毛してくれました。 脱毛中、興奮MAXになった私は腰を上下してしまい、つかまれた手の中で珍子がゆっくりピストン! 女性店員さんも私の腰の上下に合わせて優しく手を上下。 可愛いお顔に見られながらドクドクと恥ずかしい液を出しました。 もう最高でした。 彼女に行って来た事を話したら、もう店員さんから報告があったらしく全て知っていました。 彼女もその店員さんからお万子を優しくいじられ、半分イカされ汁を垂れ流してしまったらしいです(笑) 1回では完全な脱毛が無理なので、生えて来たらまた行きます。
852、ヨーロピアン女性に見せつけて…
今朝夜が明ける前、とある繁華街の外れにあるアパートの2階のベランダで、ピーナの娘が2人でタバコを吸ってるのが見えました。ちょうどベランダの下にトラックを停めてライトをつけたまんまトラックの前に出て玉ごと出してォシッコをしました。ライトに照らされてまる見えになったPを見ながら、クスクス笑ってる声が聞こえてきました。ォシッコも終わって、Pをプルプル振って軽くシコったら、上から、「オニイサンソンナコトシタラダメヨ!オオキクナッテルヨ!」って言われました。僕は上を見ながら、下に来てって言いながら手招きしました。すると出て来てくれて、2人でPの横にしゃがみました。シコるから、見ててねって言ってシコりはじめると、「スゴイハヤイスグデルカ?」って聞いてきたからわざとあ~あ~って声を出しながら、出るから見ててね!って言って、シコる手を止めて2回くらいピュッピュッとでるとこを見せました。「オ~トンダナ!オニイサンセイシイッパイデタネ!センジュリキモチイイカ?」って言われました!凄く興奮しました!この時間ならまた見てくれるそうです!
853、LさんとのCFNM体験
Lさんにオナニーを見てもらったあと、しばらく二人で話していました。(私はシャツだけの姿でした。) Lさんはこっちに嫁いで来てから10年ほど経つらしいのですが、同年代の人が少ないことやなかなか子宝に恵まれないことなどを話してくれました。 挙句、最近はレスだし着飾るのも面倒になって最近はこんなになっちゃったわよ と、自虐的に笑っていました。 私はとても魅力的だと言うことを伝えましたが Lさんは
「いくら褒めてもヤラせてあげないよ~」 と笑っていました。 話しているうちに私の息子も復活してきてまたビンビンに勃ってきました。 私は 「Lさんが魅力的だからまたこんなになっちゃいましたよ。」 と、シャツを捲し上げ勃起した息子をまたLさんに晒しました。 フル勃起した私の息子を見たLさんは 「まーた勃ってんの?元気ね~」 と、私の息子の先をなでなでしていました。 続けてLさんは 「エッチはしてあげられないけど出すとこ見たげるわ」 と嬉しそうに言ってくれました。 私はまたLさんの目の前でシコシコし始めました。 2回目なので今度はしっかりとLさんにオナニーしてる姿を見てもらえました。 私はLさんにまたイきそうだと伝えるとまたLさんは笑いながら 「頑張って頑張って!」 とまくし立てます。 ほどなく私はLさんの目の前で2度目の射精をしました。 この日は私がしたくなるとLさんが笑いながらオナニーを見てくれると言う流れを日常会話をしながら勃たなくなるまで繰り返しました。 夕暮れが近付き、さすがに勃起しなくなってくるとLさんと私の間には結構な量の精液が落ちていました。 祖母たちがそろそろ帰ってきそうな時間帯なので私が身支度をしているとLさんは私の息子をなでなでしながらハグして 「また来てね!」 といつもの笑顔で帰って行きました。 次いつ会えるかわかりませんが、もし次があれば楽しみにしたいです。
854、トイレ掃除のおばさんに…
僕が出くわすトイレ掃除のおばさんはたいがい50歳以上のババアばかりで見せたいとも思わない人ばっかりでした。 しかも、便器を洗ってるところの隣で小便しようとすると大概一旦トイレから出て行く人ばかりでした。 しかし、今日は珍しく30代くらいの若めな人で(全く可愛くはない)掃除している便器の横で僕が小便しても全く気にせず掃除を続けていました。 さすがに興奮してきてビンビンになってしまったので、ちんこ握ったまま話しかけました。 大変ですねーとか言ってると「あははー全然慣れてますよー」って感じで普通に笑顔で話してくれました。 その後も僕が「なかなか出ませんわー」とか言いながらずっとちんこ握ったまま便器に立ってると、「人がいるからじゃないですか?あえて、個室でする方も結構いますよー」って言われました。 僕は、「いやいや、僕は全然気にならないんですけどねー」とかいいながらずっとそこにいました。 そしたら、その便器の掃除が終わり、こっちの便器の掃除に移りそうだったので、「あ、そっち終わったら僕そっちに移りますよー」と言うと、「あ、お願いしますー」と言われたので、ビンビンのちんこを出したまま移動しました。掃除の人はしゃがんだままなので、当然顔の真ん前を勃起ちんこが通り過ぎます。 そのあとは、普通に便器でずっとしこりながら、なかなか出ませんねーとか言いながら会話してました。 それからは全く意味のわからない理屈ですが、「もしかしたらそっちの方が出るかも」とか言って、掃除中の便器に移りちんこを便器は近づけました。 たぶんしこってるのわかってたので精子を出すと思ったのでしょう、そのまま避けてくれる感じで目はしっかりちんこを見てました。 でも、出た瞬間にだれか来たりしたら困るので精子を出すことはしませんでした。 そのまま、あーやっぱり出ませんわーと言いながら、ちょっとほかのトイレ行ってみますと言うと、「あ、はい頑張ってくださーい」と言われました。 何を頑張るのかわかりませんが。笑855、女子高生に激しく罵倒される
僕の立つすぐの座席には、水色ブレザーにチェックの女子高生が二人座っていました。二人とも、背が高くスタイルも良かったです。 眠くてぼんやりしていたんですが、何となく女子高生を見下ろしていたら、短いスカートから、足を前に伸ばしきって座っているんで、太ももから下の四本の脚が何とも艶かしくて、恥ずかしながら、勃起したんです。 少しピッタリしたスラックスだったのと、パンツがゆるゆるのだったから、勃起すると、すごく目立ったのかもしれません。 「ってかさ~、だからおっ勃たせてんじゃね~よ!」 結構なボリュームの、女性の怒鳴り声。 一瞬、誰が怒鳴ったか、誰が怒鳴られたか、それに言葉の意味もよくわからず。何しろ、いきなり聞こえた怒鳴り声にビックリしました。 ふと、チラッと女子高生の一人と目が合いました。長い黒髪ロングで、何しろキレイな顔立ちのそのコが僕を見上げて睨み付けていました。 そこで、怒鳴り声の主は彼女で、怒鳴られたのが自分だとわかりました。 よくわからず怖いし、無視しようと目を逸らすと、 「シカトしてんなよ。きめ~」 とかまた言われ… 車両内には、年配のじいさんばあさんが数人とか、おばさんが何人かとか、後、覚えてるのは2、30代位の女性の二人連れかいたと思いますが、何しろその位。ただ、みんな何事かとこちらを見ているのはわかりました。 なんか怒られてる、と思われてるのが恥ずかしくもなりつつ、 「何なんですか…」と言ったと思います。 「だから!うちら見て、エロい事考えるのもキモいし、わざわざこっちに勃ってんのを見せつけるのもキモいって言ってんの!マジでキモいから!」 めっちゃまた怒鳴られて。 僕が、「何なんですか?わけわからん」 とか言うと、 「はぁ!何逆ギレしてんのっ!キレてんのこっちだし。おっ勃ってんじゃん、どう見ても!ほら!これ!」 と僕の股間を指さし、 「ずっと見てたじゃん、こっち。で、わざわざうちらの前に立っててさ!勃たせながら立ってんじゃねーよ!」 周りの視線もあり、恥ずかしいのと、むかついたので、 「見てないですよ!」 と強めに言ったのに、 「だから!嘘つくなって。わかるし、こっちは!キモい目でチラチラさ~。そんで股間膨らませて、アピールしてんじゃねーよ。変態!」 ちなみに、もう一人の連れの女子高生は、このやり取りの間、チラッと何度か目が合ったけど、笑うでも諌めるでもなく、無表情に僕を見ているだけ。 恥ずかしくて仕方なかったけど、あまりに強気な女子高生に、反論してもきりがなく、且つ変にこじれるのも怖くて、なぜか、 「どうもすみませんでした…」と謝ってしまった。 すると、 「最初から認めればいいのに。そのうち犯罪犯すなよっ」 とか言われ、それまでの剣幕が嘘のように、隣の無関係顔の友達に顔を向けて、おしゃべりを始めました。 その場にいたくなく、逃げるように車両を移動しました。 目的の駅に着いてホームに出ると、なんと先程の女子高生達も降りてきていて。一瞬、こっちに気づいて、ギロッと睨まれたが、そのままスタスタ歩いていきました。 女子高生に突然、あんなに絡まれた事もないし、あんな言われ方をされたのも信じられなかったです。 確かに、足を見てたのも勃起したのも本当だから、考えたら間違った事は言われてないんだけど。でも、わざと勃起を見せつけたつもりはなく。普通、あそこまで言うかな…思い返しても信じられないのと、やっぱり恥ずかしかったです。周りの目が。セカンドフェイス

CFNMの話 その184

ertyuj56eh5ehrthrhehrthyjuiukl0oiujytre.jpg
846、ギャルJKに見せつけた話
地元にはチョットおバカだけど、ギャル率の高い女子高校がある そこから駅までに向かう途中には数字のコンビニが 学校が終わるとJK達はアイスを買ったり立ち読みしたり集団で立ち寄っている その帰り時間を狙ってトイレに入りスタンバイ そこトイレは女子用と男女兼用の2つの便器があるのだが、JK達はどちらも女子は使えるので兼用の方にも普通に入って行く 今か今かと時間を見計らって、カギを閉め忘れた設定で、中で勃起をさせ待っていた 時間になりガヤガヤと外からJK達の声が聞こえて来た 「◯◯~トイレ行ってくるね~」と声が聞こえて、ドキッと構えていたが、女子用に入られた そのまま待っていると、カチャっと入口の扉を開ける音とともに可愛らしいJKの声が そしてついにガマン汁全開でケツを拭いてる振りをしてチ◯コを突き出してるオレのいる個室を開けて入って来ようとした 初め外の友達と話していたのかオレには気づかず中に入ろうと しかし目の前には、フル勃起で慌てている振りのオレ そしてついに「キャッ」て声とともにオレのチ◯コをガン見、何が起きてるか理解出来ず一瞬固まり、すぐ「スミマセン」って言って出て行った すると外から、「ねぇ~スゴいの見ちゃった~」と話し声が 長居もヤバイので、身なりを整え外へ JK達はヒソヒソ話をしオレを見ている オレはその中を恥ずかしそうな振りをして出て来た 今頃チ◯コ話で盛り上がっているのかな?
847、仲居さんとの想い出
先日、妻と地方の温泉旅館に行った時のことです。 妻とはレスなんで、営みはありませんが、この時は、担当の仲居さんが、ややふくよかな感じで少し気になるタイプでした。 翌朝、チェックアウトが10時でしたが、大半のお客さんは9時くらいには出発しており、妻は化粧に時間が掛かるので、朝食後、チェックアウト時間ギリギリ出たら良いかと思い、独りでのんびりと露天風呂に入ってました。 一応混浴で、少し期待してましたら、同世代くらいのご夫婦が入ってきました。 奥様は、仲居さんと同じような、色白でふくよかなタイプ。胸も大きく、混浴に慣れてるのか、あまり隠さず来られましたので、下の茂みも拝見出来ました。 ご夫婦は、私が居たからか、ほんとにサッと入って出ていかれましたが、奥様の肉体が目に焼き付き、ムラムラしてきたので、風呂を出て脱衣場で抜こうかと思ったら、担当の仲居さんが脱衣場の掃除をされていました。 仕方なく、体をタオルで拭きながら、雑談してましたが、仲居さんの体を見てると、だんだん勃起してきて、仲居さんがそれに気付き、 「あら…」 と、手を口に当てながらも、ずっと見ていました。 どうせならと、私は自分で扱きながら、 「すいません…見てるだけでいいので…」 と言うと、仲居さんも、黙って頷いて見ていました。 しかし、緊張感からかなかなかイケず、ちょっと困った感じになると、仲居さんが近付き、 「ナイショですからね。」 と、作務衣の下をずらして、脱衣かごの棚に手をついて、バックから入れるよう促してきました。 誰か来るといけないので、私もそのまま挿入。 中は、とても気持ちよく、すぐイキそうになり、 「出そうです…」 と言うと、仲居さんは小声で、 「中に…いいですよ…」 と言われましたので、奥に出させていただきました。 抜くと仲居さんは、手元のタオルで自分のあそこを押さえながら、私のぺニスを咥えて綺麗にしてくれ、 「満足いただけましたか?」 と言い、私は、 「はい、とても。」 と言うと、仲居さんは軽くキスしてくれ、 「また、お越しくださいね。」 と言って、引き続き掃除をされ、私は脱衣場を出ました。 最高のおもてなしに、また行こうと思いました。
848、田舎のお姉さんとのCFNM体験
先日祖母の友人の家の倉庫の片付けの手伝いをしに行った時の話です。 祖母とその友人が家を空けている間に留守番兼片付け頼むわ~みたいな感じで押し付けられました。 祖母にはとてもお世話になっているので問題ないなら祖母の頼みごとはなるべく行くことにしています。 祖母の友人の家は田舎の方にあり、家の裏手にそこそこ大きな倉庫があります。 その時私は帰りにでも露出しようと思い中に大きめのTシャツと半パンそして中にはメッシュ生地のブーメランパンツを穿いていました。 朝の6時くらいに祖母の友人の家に着くなり、倉庫の方へ連れていかれこれこれをどうこうと指示を受けます。 祖母とその友人は後は頼んだよ~と嬉しそうに出かけていきました。 この時期とは言え倉庫の中は風通しはあまり良くなくやや暑く少し汗もかくくらいでした。 私はこの時に露出の虫が騒ぎ半パンを脱ぎました。 メッシュ生地は汗で透けており、興奮して勃起した息子がくっきりわかるどころか透けて肌色まで見えています。 とは言えシャツがかなり大きく膝辺りまであるのでぱっと見はわかりません。 そのまま掃除を続け小一時間くらいで片付けもあらたか終わり、外で風を浴びながら息子をシゴいていると玄関の方から「◯◯さ~ん」と誰かが呼ぶ声が聞こえます。 無視していると「◯◯さん?」と誰かがこちらに近付いてきます。 私はシゴくのを止めました。 シャツが大きいとは言え、流石に勃起してるのがバレるとマズイと思い座ったまま待ちました。 すると30代くらいの女性が野菜を抱えてこちらに向かってきました。 女性は私の方を見ると怪訝そうな顔で「あなた、誰?」と問い詰めるように尋ねてきました。 私はなるべく怪しまれないように丁寧に私がここに居る理由をおばさんに説明しました。 女性は「あ~!そう言えば◯◯さん(恐らく祖母の友人)と△△さん(祖母の名前)今日温泉行くって言ってたわ~!あなたがお留守番の子ね~!」 とすぐに納得してくれました。 女性はLさんと言い会話しているとすぐに打ち解けてくれました。 Lさんは「ここは若い子が居ないから気楽だわ~」 とちょっと嬉しそうでした。 Lさんは35歳だそうで同年代が居なくてつまらないのよ~と話していました。 Lさんは「それにしても汗だくね~風邪引かないようにね~」 と心配してくださいました。 私は「はしたない格好ですみません。倉庫の中暑かった物で…」 と苦笑いしながら答えました。 Lさんは「いいのいいの!こんな田舎だと殆ど誰も来ないしね笑 こないだなんて褌一丁のおじいちゃんが歩いてたわよ!私だって誰も見てないからいっつもラフな格好~」 とおっさんみたいに笑いながら言いました。 私はLさんをマジマジと見つめました。 Lさんはタンクトップに大きめのハーフパンツ的な物を穿いており、明らかに乳首が浮き出ています。 私は収まりかけていた勃起があからさまになってきました。 Lさんはそれに気付いたのか 「でも流石にお兄さんみたいにシャツ以外裸は見たことないわ!笑」 と、私の股間を指差して大笑いしました。 私は「パンツは流石に穿いてますよ!」 と言っても 「うっそだぁ!パンツ穿いてたらそんなにならんよ~!」 と信じてくれません。 あれ?この人になら見せても大丈夫じゃないか?と思い始め、私は心臓をバクバクさせながら 「じゃあもし、穿いてたらどうします~?」 となるべく冗談っぽく返しました。 Lさんはえ~?と笑って考える素振りを見せたあと、手でシコシコする動きを見せて 「こうして欲しいんでしょ~?」 と、答えました。 私は確信しシャツをめくりました。 スケスケのブーメランパンツの中でフル勃起した息子が姿を見せます。 Lさんは 「たしかに穿いてるけどこんなの穿いてないようなもんじゃん!」 と、またも大爆笑 Lさんは 「引き分け引き分け!特別に見ててあげるからしちゃっていいよ~」 と笑いながら私のブーメランパンツを下ろしてぶるんと飛び出た息子を見てまた笑いました。 私はずっと我慢していたのと興奮ですぐいきそうになりました。 Lさんは「早すぎ!ちょっと待って!」 と手でおわんを作り、私の息子にあてがいました私はLさんの手に犯すように擦り付け大量に射精しました。
849、陸女のJKに見せつけ
地元の陸上競技場で大会があったのですが、私は参加者のフリして、白のモッコリスパッツ姿で競技場周辺を徘徊しました。競技場周りのランニングコースに、5~6人のJKが座っていたので、競技日程等を聞くふりして話かけました。座っている女子達のちょうど目の前が私のモッコリです。女子達は私の顔と股間を交互に見ながら話していて、数人は真っ赤な顔して笑いをこらえてました。私の股間は形クッキリに、はち切れんばかりの状態です。あまり長くいると怪しまれるので、「じゃあ、頑張って下さい」とその場を離れ、トイレに直行。 個室に入り女子達の目線を思い出しながらしこってたら、女子達もトイレに来ました。勿論トイレは別々なのですが、天井がつながっているので話声が丸聞こえです。すると「きゃ~、見た?さっきの人」「見た見た、モッコリでしょ」「形クッキリなんだもん」「でかかったよね」…等、チンコの品評会。その会話を聞きながら私はしこりまくりました。850、出張先のホテルで…
仕事で地方に出張した時に泊まったホテルが大浴場のあるホテルでした。 大浴場は24時間入れるタイプでした。仕事で遅くなり12時位に大浴場に行くと、他の宿泊客はいなく貸切状態でした。 風呂から上がって涼んでると女湯の方から3人くらいの声が聞こえてきて、着替えてる様子でした。 男湯の入口のドアは開けっ放しだったので期待して外から見える位置で髪を全裸で乾かしていると、案の定若い3人組が女湯から出て来ました。男湯を通り過ぎる時に3人ともガッツリこちらを見たので全裸姿を3秒位見られました。姿が見えなくなると笑い声と、「モロ見た!」と聞こえてきました。最高でした。パナシアプロダクション

CFNMの話 その183

juhygfdesdrtfyguhijokp.jpg
841、車内で下校中のJKに笑われる
上はポロシャツ下は薄い白い短パン一枚でバスに乗りました。車内は下校中のJKで満員です。吊革に掴まり立ってると、丁度股間が座ってるJKの顔の前。短パンからチンコがモッコリして、うっすらと透けて見えてます。JKは横目でチラチラ見ては隣のJKにヒソヒソ。そして二人でチンコをガン見しながらニヤニヤ。チンコと私の顔を交互に見ては笑いを堪えてます。私は気付かぬ振りをしてましたが、チンコが反応して勃起してしまいました。それを見たJKは目を丸くしてゲッという感じで引き気味になりました。我慢汁が出てきて短パンが染みてしまったので、流石にヤバいと思い、次のバス停で降りました。降りる時、満員のJKを掻き分けて行く際、チンコがJK達の尻に当たりまくり、今にも射精してしまいそうでした。
842、客の女性に見せつけ
昔 友人が働いていたので 駐車場に監視カメラが無いことを知っているディスカウントストアの駐車場に車を駐車して露出を楽しんでいました。主に買い物を終えて車に戻ってきた女性をターゲットにしていました。その日は仕事が休みだったので昼前から待機。そこへアラフォーぐらいの女性が軽自動車でやって来ました。女性が買い物に行っているあいだにエロDVDを観ながら勃起させて待ちます。女性が買い物から戻ってくる姿が確認できたので、私は車の窓ガラスを半分ほど開け、エロDVDの音量も大きくして女性の気を引きました。女性が近くまで来たので女性に聞こえるくらいの声で 「あ、いきそう」と言いながら激しくシゴきました。それを見た女性は暫く唖然として立ち止まっていましたが、我に返った感じで「変態!!気持ち悪い!!」と言いながら車に乗り込みました。乗りこんだあとも こちらを見て何やらブツブツ言っていたので 思い切り腰を浮かせてギンギンの珍棒を見せて発射しました。変態だの気持ち悪いだの言いながらでも最後まで見るものなんですね。843、女性清掃人に見せつけて
新神戸駅のはじのトイレ。清掃の看板が出ていたのでドキドキしながら入ると、30歳代ぐらいの女性清掃員が個室を掃除していました。 緊張で手が震えながらも小便器から二歩ほど下がり、体を半分傾けて見えるようにしました。みられるかも…そんなドキドキであっという間に勃起してしまいました。しばらくしごいていると異変に気付いたのかチラチラこっちを見てきました。見られてると思うと我慢汁が止まらなくなってきて、頭がぼーっと足がガクガク。。 頭がおかしくなっていたんでしょうね。 ボッキちんぽを出したまま、お姉さんの所に行き、「すみませんトイレットペーパーを少し頂けますか?」と話しかける。 お姉さんは、しゃがみこみトイレットペーパーをとり、 はい!と渡してくれた瞬間、 目の前30センチにバキバキのボッキちんぽが。 目を丸くして、上ずった声で「これでいいですか…」と手渡してくれました。 ありがとうと受け取りその場でしごくとあっと言う間に 大量に射精。 腰が抜けてその場でへたり込みそうに。 お姉さんは口を開けて呆然としていました。 我に返り、テイッシュで精子を吹き、捨てていただけますか? 慌ててお姉さんは両手で受け取りました(笑) 少し冷静になったのですが、お姉さんは騒ぐそぶりも無かったので、 洗面所で手を洗っていると、 お姉さんが横に来て洗面台の掃除を始めました。 さっき出したばかりなのにまたムラムラ。。 おもむろにチャックを開けると、 お姉さんは手を止め、鏡ごしにこちらを見ています。 また大きくはち切れんばかりにボッキしたちんぽをパンツから出し、 ハンカチで先程の残り精子を拭いて見ました。 また口を開け、ボーゼンと見ている姿を横目に、 我慢汁を拭いていたのですが、 拭いても拭いても我慢汁がダラダラと止まりません。。 また頭が痺れて来て、気づけば激しくしごいていました。 鏡にはパンツからボッキちんぽだけを出し必死でしごく自分の姿と、 それを呆然と見つめるお姉さん。 あっという間に絶頂が来てしまい。 思わず、またイクいっちゃう!!! と洗面器にびゅるびゅると射精。 1回目よりも量が多いのでは?と思う程大量に出てしまい。ました。 お姉さんには、汚してごめんなさい。 ありがとうございました。 というと「あっ。。はい。! お気をつけて。」とその精子を拭き取っていました。 お姉さんもパニックだったんでしょう(笑) こんなに見てもらえた事は初めての経験。 死ぬほど気持ちよかったです。844、オナニーを配信して後輩に報告する変態
出張で4泊5日のホテル暮らし 普段はできないオナニーをしようと思い、配信することを思いつく。 顔が映らないようカメラの位置を調整し、パンツを脱いでいざ配信! 人集まらないかなーと思いきやパラパラと10人くらいは集まって頂けて、中には「見てるよー^^」とコメントをくれる人も! なるべくモノが映らないように気を遣いながらももうチンコはカウパーでぐちゃぐちゃぬちゃぬちゃ(笑) 結局ホテルに泊まってる間毎日配信しちゃいました。 んで、それを後輩の女の子に報告して「相変わらずですね。。。」と呆れられてまた興奮(笑)
後輩女子に堕とされる!
845、露出狂の思考
人が居ない場所や信号で止まると、ルームランプも点けて、「見て見てチンポ見て」と明るくエッチに! 「見られてると興奮する、もっと見て!」とか「我慢汁が止まらない」とか(笑) 「チンポ、ペニス、性器ってどれがいやらしく感じる」とか、精子、射精、亀頭、カウパー液などの単語。 日頃女の子に対し言えない卑猥な言葉連発で女の子の反応を楽しむ。 安全な場所に到着し、卑猥にチンポを触り、女の子の視線や表情を本格的に楽しむ。 全裸やオナニーを見られながらの女性とのアイコンタクトは、興奮して背筋がゾクゾクする。 女の子が「なんか、こっちが恥ずかしい」と間が悪そうに視線をそらしたりする子がいる。(可愛いしぐさ、男のチンポやオナニーを見ている表情を、逆に見られるのはすごく恥ずかしいらしい。)「ダメダメ目をそらさないで、チンポ、ジックリ見て」とか「ヌチャヌチャ音がしてきた」とか、「オナニーしてるオレの表情も見て!」って、アイコンタクトも迫る。女の子に「射精する時、オレの表情とチンポを交互に見て欲しい」とお願いして、「イク、イキそう、見てて」を連呼し、女の子の視線の中で自分の体に精子をぶちまける。 以前は、イクとすぐに賢者の時間が訪れ(笑)、恥ずかしくて、速攻で服を着ていた。 でも今は、女の子に言います。「イッた後のカラダを見られるのも恥ずかしくて大好き」「射精した後の表情や、自分の精子で汚れた姿を観察されるのって恥ずかしい」って。 精子でドロドロネチョネチョの股間、ベトベトな胸やお腹、精子まみれの恥ずかしい姿も良く観察してもらう。 萎えていくチンポや透明・液化していく精子、車内に充満する精子のにおい・・・・・、そして女の子の反応。「ただチンポ露出でなく、自分のイヤらしい願望や恥ずかしい性癖を素直にさらけ出しながらの露出はすごく快感。帰りも車内で全裸のまま、女の子と会話と露出を楽しみながら送ります。 0.3なんて無理だろうって思ってたけど、安い方が経験の少ない子と楽しめます。
Re:レムから始まるドマゾ生活

後悔する新人 #14

秋野君は、机に置いてあるメモを手に取り、受付に歩いて行く。優しくて行動が早い秋野君に興味がわいてくる。

 

いったいどんな人なのかもっと知りたい…。

 

受付の人と話を終えた秋野君が戻ってくる。結果は悪かったみたい。ばつが悪そうな表情の秋野君がぽりぽりと頭を掻きながら近づき、私の隣の席に座る。

 

秋野君「五十嵐教授が借りてからずっと返却してないらしい」

 

雫「ええー」

 

秋野君「半年も借りたまんまだってさ」

 

雫「は、半年…」

 

秋野君「五十嵐教授って本当にいい加減だよなぁ」

 

雫「うん、あ、ありがとう」

 

秋野君「いや、俺なにもしてないし」

 

雫「そういえば秋野君はどうして図書室に?」

 

秋野君「村上を待ってるんだよ。16時待ち合わせで」

 

時計を見ると16時15分になっている。

 

雫「もう15分も過ぎてるよ。ごめんね」

 

秋野君「いいよ。それよりこれ研究室に持って行くでしょ?手伝うよ」

 

雫「平気。村上君が待ってるんだから行ってあげて」

 

秋野君「本当に?」

 

雫「本当」

 

秋野君「うん、じゃあ明日」

 

雫「明日ね」

 

秋野君が図書室を出ていく。あれ以上一緒にいたら鼻血を出して気絶してしまう。

 

雫「こんなに借りて大丈夫ですか?」

 

受付女性「ええ、教授の特権があるから大丈夫よ。ただ、五十嵐教授に伝えておいて『返してない本を早く返さないと酷い目に合わせる』って」

 

受付の女性は終始笑顔だったけど、その言葉には積もりに積もった怒りと憎しみが詰まっているように感じた

 

雫「つ…伝えておきます…」

 

私は受付で本を借り、専用の袋に本を入れて図書室を後にした。自分の荷物にプラス20冊の本はさすがに重たい。素直に秋野君に手伝ってもらえばよかった…。

 

『手伝おうか?』『大丈夫?』と何人かの男子に声をかけられたけど断った。

 

ずっと私の胸に視線が向いてるし、どこか下心を感じる。

なんとか休憩しながら五十嵐教授の研究室に着く。ドアの隙間が空いていて中から紅茶の香りがする。ゆっくりとドアを開くと先ほどとは比べ物にならないほど整理されている。床に散らばった書籍は綺麗に陳列され、ビールの缶は袋にまとめられている。研究室を間違えたかと思ったが、扉には『五十嵐健太郎研究室』と書かれている。

 

※※「誰?」

 

雫「え?」

 

研究室から五十嵐教授ではない声が聞こえる。私は再び研究室の扉を開け、中に入った。

 

そこには黒のゴシック風ドレスを着こなし、頭にはフリルの付いたカチューシャを付けた美少女がこちらに視線を向けている。透き通るような真っ白な肌、ピンクの唇、目元は黒く塗りつぶされ、若干大き目の付けまつげが、大きな目をより一層大きく見せる。身長は小柄で、黒髪のストレートに前髪をパッツンにしている。この特徴は間違いなく…。

【続】
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-田舎ママ女王様 VS 包茎マザコン男包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 紫眼球水槽の中の人Twitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ JK 顔面騎乗 強制オナニー 言葉責め ギャル 圧迫 おばさん 嘲笑 踏みつけ 包茎 クンニ アナル 長身 いじめ 熟女 ォシッコ 羞恥 センズリ 聖水 ブーツ 蹴り フェラ JC  爆笑 屈辱 ビンタ 爆乳 美脚 足コキ 格闘技 短小 女装 JS 金蹴り トイレ ぺ二バン 看護婦 店員  露出狂 淫語 露出 立ちション 温泉 酔っぱらい女 オムツ OL 赤ちゃんプレイ  JD 巨尻 臭い 部活 お漏らし ぽっちゃり 授乳 浣腸 蝋燭 奴隷 寝取られ 女子大生 女子高生 ママ 写メ マッサージ プール 強制ホモ おっぱい 水着 電車 ペニバン M女 バス 電気あんま ヤンキー マッサージ師 集団 バイブ 清掃員 金玉 パート ヒール 調教 女教師 巨根  銭湯 剃毛 同級生 ナース 失禁 灰皿 パイパン カップル奴隷 M女 コンビニ店員 M男  コスプレ 筋肉 動物真似 茶髪 竹刀 アロマ企画 緊縛 メイド キャバ嬢 Jk 後輩 首絞め バイト レズ OL お姉さん 子供 チンカス 排泄 パンチ 芸能人似 外国人 乳首 デブ セールスレディ カップル オナニー 水責め 食糞 足舐め 母親 同僚 NTR 尿道 フリーダム お母さん ネカフェ ジャージ 黄金 ペ二バン 飲尿  貞操帯 格闘 アナル舐め 飲み会 撮影 ぶっかけ 携帯 素人 ウンチ 先輩 女の子 女子 人間便器 電気アンマ パンスト SEX 先生 射精 童貞 散歩 婦警 スパンキング 首輪 コンビニ 裸踊り 肉体改造 マザコン 野外 早漏 五十嵐ゆい 69  ぺニバン キス 感想 JK クラスメイト ボクシング  乳首責め 匂い 女看守 土下座 アカスリ 電気按摩 レザー メス化 オナクラ ふたなり 鷹宮りょう  オムニバス ハード 赤ちゃん ロリ 検尿 愛音ゆり 大槻ひびき 夢野あいだ 人間灰皿 フードクラッシュ ウエイトレス 掃除のおばちゃん 奥様 パンチラ 巨漢 カラオケ ヨダレ 咀嚼 おなら 上司 ミニスカート チャット 宅配 デッサン ナンパ うんこ 運転手 祭り アダルトショップ 巨乳 タイツ アナルフィスト CMNF ブルマー マッサージ女性 病院 スーツ ウンコ ユニフォーム ネット ドン引き 手袋 風俗嬢 モデル  コーチ 失神 ジム ヌードデッサン ホモプレイ テニス 漫画 ラブホテル レギンス 排泄公開 拡張 風呂 スナック 検事 事務員 友達 専門学生 保健室 改造 母乳 旅館 写真 幼児プレイ お尻ペンペン NTR パイパン看護婦 中国人 おばちゃん おばあちゃん バスガイド 観光地 公園 漫画喫茶 ディルド 公開排泄 海外 ニューハーフ 拷問  グロ 介護 田舎 酔っぱらい女性 少女 知り合い 妻の友達 JC 塾の先生 試着室 スポーツ用品店  ネイルサロン マクドナルド オナホール フェラチオ 笑顔 満喫 ブス ニヤニヤ 誕生会 不良 エレベーターガール 女子社員 パンティ 女子マネ 部下 ばばあ 女将 ジョギング 水泳部 マンション 公園散歩 伯母 レジ店員 計測 歯医者 浴衣 ホテル 障●者  ファーストフード店 失笑 水泳 居酒屋 乗馬 トイレットペーパー ブーツ舐め 煙草 学生 脚コキ 看護師 ボンテージ 監禁 訪問販売 精子 脱糞 レジの店員 客引き 親子連れ 中国 ホームレス JS 男女兼用 隣人   おむつ 公衆トイレ 女上司 抱っこ ホモ 

ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR