FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。

M男いじめ その2

ujyugyygtygtygt6gtygtgff5f55t.jpg
4、ウ〇チを出すところを観察される
あるオナパブで、女の子がうまくノッてくれて、アナルにバイブいれてもらいまいした。はじめは良かったんだけど、なんとなくもようしてきて、「あっ、ウ〇チでそう」って言っちゃったんです。女の子は喜んじゃって、じゃトイレ行こうかって、そのまま裸で連れ出され、待っている客やスタンバッてる女の子の前を裸で…。スタンバッてる女の子がついて来てギャラリが増えた中、和式トイレでしゃがまされたけど何人もの女の子に囲まれ便意も消えて出ない。もう出そうにない、って言ったら、「またお尻グリグリしたらしたくなるかも」ってトイレでお尻を突き出させられ、バイブでグルグリされた。「あっ、でるでる」っていって急いでしゃがんで、排泄。し終ってから、数人の女の子の前で排泄したことに気づき、急に恥ずかしくなりました。女の子達にお尻まで拭かれ、ほんとに恥ずかしかったです。

5、カップルの前で陰部を観察される
女王様にラブホテルの駐車場で全裸になって部屋へ行くように言われた。首をつけられて四つんばいで歩かされて部屋まで。エレベーターに乗る人が必ず通過する部屋を借りて、部屋のドアを開け放した
まま緊縛されてたたされて見せ物にされた。
女性のキャーキャー言う声や、馬鹿じゃねえのの言葉に反応してしまった。帰りは剃毛された陰部を晒して「変態奴隷」と大きく背中とお腹に書かれて駐車場まで歩かされた。もちろん何組かカップルに見られてしまった。

6、赤ちゃんとして躾けられる
たぶんぼくは仔犬になるほど根性ないとおもうわ。きっとあたしのつらいしつけに逃げ出しちゃうわよ。だから、実現性のありそうなとこでベビーはどうかしら。ほとんど犬と同じだけど、まだなじめるんじゃないかしら。ずっとおむつをつけてくらすの。うんちもォシッコもその中にするのよ。あたしがかえてあげるまで汚れたままでいるの。おしゃべりはだめ。おなかがすいてもおむつがぬれても、ぼくにゆるされるのはなくことだけなの。それとね牛乳一日3リットル。これがごはんの中心よ。うんと飲んでうんとうんちやォシッコをもらすの。いい子にしてなかったら、いっぱいおしおきが待っているわ。服のサイズを教えてくれれば、今からタオル地でお洋服つくってあげる。しゃがむとそのままうんちやォシッコのできる、また下の割れたズボンとかもぬってあげる。あとね、飼ってあげるときは、ユウキくんは脊椎に障害のある知恵遅れの子をあずかってめんどう見てるってことにするから、そのつもりでね。おうちの中では首輪でつなぐけど、外ではしないから。あたしにも世間体ってもんがあるし。激しいばかりが調教でもないのよね。 ユウキくん。あたしに飼われたかったら、今からしっかり柔軟体操をやっておくこと。自分の珍棒をくわえろなんていわないけど、後ろ足で自分の耳をかけるくらいはスパルタで仕込むからね。それで、いろんな人の前でおむつをかえたりされるけどいいかしら。例えばデパートのベビールームや街の居酒屋さんなんかでやっちゃうわ。たまには美味しい物も食べさせてあげるから心配しないで。いっしょに外出する時はちゃんと車イスにのせてあげる。

7、オムツを使用した羞恥プレイ
奴隷に薄い浣腸してテープ止めの紙おむつを着ける。出張マーサージのおばさんを呼ばして紙おむつで按摩してもらう。オムツのこと聞かれたら「まだオネショしてるんです」と答えさす。もんでもらって浣腸も効いてくるでしょ。
ぽっちゃり巨乳ママ M息子の赤ちゃんプレイ願望 ムチムチママとスケベな赤ちゃんプレイ 金城梨恵

金城梨恵

300円~

M男いじめ その1

d9ejygefoi09fwewewefewefwefe.jpg
1、女王様M男M男
M男ですが、以前女王様に命令されて他のM男M男になっていた事があります。具体的にはM男の小便器、ザーメン飲みはもちろんM男のアナルに入れたバイブの口での清掃などです。その後M男だけに調教されるようになり便器として使用していただいたり性処理の道具になりました。そのときは自分だけが恒に全裸で与えられる水分はォシッコかトイレの水、餌は残飯にォシッコをかけたものでした。一番辛かったのは命令でご主人様(そうお呼びしていた)の友達にも全裸でアナルを見てくださいとお願いしなければならなかったことです。しかし、同姓の前で自分だけ全裸というのはいつも興奮しました。ォシッコもけっこうのませていただきましたし、ペニスも踏みつけていただきました。毎日七時ごろからご主人様のマンションに行くのが楽しみでした。

2、優しい女王様の調教
同じ県内という事もあり、仕事が終わってから急いで現地に向かいました。以前からメールや電話で連絡を取り合っていましたが、会うまではドキドキでした。出会ってみると、想像とは全くちがう、ぼくより背が高く、グラマラスで、とても感じの良い女王様でした。少し会話、どんなプレイをしたいかなど話し合いながらのドライブ。ちゅうに浮いた気分でした。
その日は雨の夜で、女王様と人気のない公園に行き、公衆便所に向かいました。始めて入る女子トイレです。そこで、早速「全部脱いで」と言われ、誰かが来たらどうしようという恐怖感と、女王様に全てを見られる恥ずかしさに襲われながら脱ぎはじめました。脱ぎながら女王様の方を見ると、ぼくの痩せた身体を見て微笑んでいます。ぼくは恥ずかしながらも、アソコを硬くしてしまいました。服も脱ぎ終わり、アソコに手を当て、立ちすくんでいると、
「チンチンを見せなさい。…あら、ヤラシイおチンチンねぇ。ヒロシくん、縛られてみたいんでしょ。アナルにも色々入れてもらいたいんでしょ。イヤらしい子ねぇ。ほら、壁に手をついてお尻をつき出して立ってなさい、縛ってあげから。」ぼくは言われた通り、壁に手をつき、お尻をつき出しました。女王様がぼくの股の間からアソコをまさぐりながら、「ヤラシイアナル。あら、おチンチンの先からお露がでてるわよ。カワイイM男くんねぇ。」「女王様、恥ずかしいです。人が来たらどうしよう。」「見ていってもらったらイイじゃない。縛るわよ、イイ?」
「…はい。」僕は縛られていきました。恥ずかしながらも気持ち良さを覚えた瞬間でした…。車に戻り、再び二人だけの空間に。すぐさま女王様はぼくのアソコをまさぐりながら、
「ヒロシくん、おチンチンの先っちょヌルヌルねぇ。イヤらしいわ。ほら見て。こんなに濡らして。上着、脱ぎなさい。」「はい。」「上着の下はこんな格好だなんてねぇ、人に知れたら恥ずかしいわねぇ。縄以外、身に着けてないなんて。」女王様は今度はぼくのタマタマやアナルを刺激しながら「ほら〜、どうして欲しいの?はっきり言いなさい。」…「はい。…ぁあっ、あん。」ジュプッ、チュパッ、ジュップ…ああ、女王様「気持ちいいです〜。変になりそうです!」女王様がぼくのアソコを…舐め回してくれました。「あなた、変態よ。ねぇ、室内灯付けましょ。」「えっ、でも外から見えちゃいます…。」「大丈夫よ。外は雨だし、窓はあなたの息の荒さで曇ってるから。」女王様は灯りをつけました。そんなときに、動き出した車が、近くを通ります。今考えても、確かに外から車内は見え辛かったはず…。しかしぼくは、というか、ぼくのアソコは萎えてしまい、女王様は「灯り、消そうか?」…本当に優しい方です。「はい。ごめんなさい。」「あら、乳首もコリコリじゃない。アナルの結び目も気持ちいいんでしょ、変態ヒロシくん。」「はい。気持ちいいです。もうダメです。…あん。」自然と声が出てしまいました。「ほんと、イヤらしい声で鳴くのねぇ。カワイイ。」女王様はぼくの頭を撫でながら「どうして欲しいの?ちゃんとお願いしなさい。ほら、おチンチンを…んぐ、」チュプッ、ジュルルッ…「‥おチンチンを…舐め回して、タマタマとアナルもグリグリしてください。」「ハん‥あっ、いきそうです。」「まだダメよ。」…ジュリュッ、ヌプッ「はっきり言いなさいよ。どうしたいの。ほら。」「イカせてください〜。」「イイわよ。ほら、オナって見せて。強制オナニーよ。」自然と両手はいつも、一人でしているときの様に片一方の手はアナルをこねくり回し、もう一方はアソコをストロークさせていました。女王様はタマタマを揉み回してくださいました。「イク時は言いなさい。」「あァ、ん、イキマス。いっちゃいます〜っ、ァア〜っ。」ぼくはこれからもこの世界に深く入って行く事だろうと思います。「女王様、お許しください。やっぱり誰かが来たら怖いです。」「じゃあ、車にもどりましょ。でも、車までは下は穿いちゃダメよ。上着はいいけど。縄はつけたままよ。」確か、駐車場にはトラック、車数台が止まっていたはず…。「えっ、でも…、恥ずかしいです。もし、見られたら…。」「大丈夫よ。車までは近くだし、トイレからの人気に気付いても、おチンチンまで気付くかしら。見られてもまた、いいんじゃなぁい?ヒロシくん。」「‥はい。勇気を出して頑張ります、女王様。」ぼくは言われるがまま、上着だけをはおり、女王様の後を追う様、外へ出ました。露出、誰かに見られているかもしれないこの行為。「どう?気持ちいいでしょ。あら、こんなに大きくなってる。見られてるかも知れないのに。カワイイ子ねぇ、ヒロシくんって。」「ああ、なんでか解らないですけど、凄く気持ちいいです。」なんでだろうか未だに解らないが、露出する人の気持ちが解った様な気がしました。「女王様、今日のこの日まで出さずに耐えて来ました。もう我慢できないです〜。」「ここでオナニーする?」アソコを握りながら、女王様は言いました。「…女王様、ごめんなさい。まだぼくには、出来ません。」「いいわよ。さあ、車に行きましょ。まだまだ、イカせてあげないから。いじめてあげる。」「お願いします、女王様。」射精とは違う快感が長く続きました。ぼくは変態な自分を意とも簡単に女王様にさらけだしてしまいました。優しい女王様はそんなぼくを全て受け止めてくれました。きっと、ほんのわずかな時間だったのだろうが、ぼくには長く感じました。二人は車に戻りました。縛られて行く自分、何とも言えない感覚、まるで、幼い自分が母親に服を着せられている様な、仕立てた服を仕立て師に着合わせしてもらっている様な感覚、縛りにはその女王様の、美的感覚、肌からも感じられるこだわり、奥深さを感じる事がでしました。仕上がりは亀甲縛りで、アナルのところに結び目が当たっています。しゃがみ込むと、その結び目がアナルに食い込みます。身体が縄と擦れる感覚、アナルを刺激する結び目、段々と恥ずかしさや恐怖感が薄れていき、縛り、そして、女王様の虜になっていく自分に気づきました。「どう?縛られてる気分は?」「気持ちいいです。」「ヒロシくん、あなたって本当に変態ねぇ。イヤらしい子。カワイイわ。」「ありがとうございます。でもまだ、ちょっとだけ怖いです。」野外での調教。初めはみんな、そんな気持ちになるのでしょうか?「女王様、ォシッコがしたいです。してもいいですか?」「いいわよ、そのかわり、ドアは閉めないでね。最後まで見ててあげるから。」「…はい。」女性の前でォシッコなどしたことがないぼくは、またドキドキな訳で…。「ほら、はやくしてごらんなさい。ォシッコするんでしょ、なんでおチンチンこんなに硬くしてるの?ホント、イヤらしい子。誰か来たらどうするの?」「ぁあっ、女王様、ォシッコ出ます〜。」「…い〜っぱい、出たわねぇ。ずいぶん溜まってたのね。いい子ね。」「ありがとうございます、女王様。緊張してて…。」抑えていた尿意が快感に変わりました。そして、SMという行為に引き込まれていきました。3、の友人に性癖を知られる…
昨夜帰宅すると夜9時をまわるのに良江様のお茶飲み友達の近所に住む由美子さんが来ていました。スリムな良江様とは対称的で胸もお尻もむっちりと大きく本人も意識してか何度か会った時も強調する様な服を好んで着ています。今日も身体に張り付く様なピッタリとしたTシャツにパンティーのラインが浮き出ている薄いミニサイズのコットンの膝丈のバンツを履いていました。「あらお邪魔しています〜」「あ,いらっしゃい」「今日由美子さん家のご主人とお子さん遊びに行ってて‥良かったら泊まってけば‥って話してたとこなのよ。良いでしょう?」「あ,どうぞどうぞ。」「え〜でもせっかく明日お休みなのにお邪魔したら‥」「構いませんよ。」「そうですか?」と言う事で泊まって行く事に‥連日の良江様の責めに正直今日はゆっくり寝れる‥とこの時は安心していました。「先お風呂入って。」促され脱衣場で服を脱いで今朝、良江様に履かされていた赤いパンティーになった時でした。ガラッとドアが開き良江様が「はい。これ着替え‥」とタオルと代えの黒の良江様のパンティーを手渡され振り向くと良江様と由美子さんの冷たいさげすんだ眼と合ってしまいました。なぜ由美子さんが‥私の秘密を知られてしまった事に動揺してしまいました。廊下で「何アレ?ヤバくない?」「困ったモノよね〜私のパンティーとか履きたがるのよ‥」二人の会話が聞こえてきます。どんな顔で由美子さんと会えば‥その事ばかり考えていました。ユウウツな気分で上がり用意された下着を見ると黒のTフロントTバックの薄いシルク地のパンティーでおまけにパジャマが白いシルク地の物です。パジャマの上からもどんな下着を着けているのか一目瞭然です。泣きたい気分でリビングに顔だけ出して「もう寝るから由美子さんごゆっくり‥」と挨拶をするつもりが‥「あらもう寝るの?少し付き合ってよ。」「そうですよ。良いじゃないですか‥」「嫌‥今日は疲れたから‥」「アナタ!由美子さんに失礼でしょ!少し‥!」良江様の眼が(奴隷に反抗は許さないわよ!)と光っています。「では少しだけ‥」渋々リビングに入りソファに座ろうとすると
素人女子崇拝倶楽部

CFNMの話 その33

4e5tfuyguihijo45drtuyiguhijok.jpg
78、茶髪不良JKにオナニーを見せつける
先週の平日の昼過ぎ、日暮里を自転車で走っていると、コンビニから出てくる二人組みのjkを発見。手にはお弁当らしきを持っている。二人とも茶髪でなかなか可愛い。制服から近くの都立○台高校らしい。そのうち一人の子が、「久しぶりに公園でいいんじゃね。」と言いながら、あまり人気がない住宅街の方へ歩いていく。その先にほとんど子供も遊ばないちっちゃな公園があるのを知ってた私は、チャンスを期待しつつ後をつけた。すると、まんまと二人はその公園に。そこは下町の細い路地と住宅に囲まれた、死角だらけの古びた公園。周りに誰もいない。絶好のRのチャンス。まず私は、まだ半BのPを取り出してシコシコ。そしてほぼFB状態になったところでケータイを見てる振りをして待機。二人はまず、動物の遊具にまたがり、タバコを吸い始めた。これで警察に通報される心配なしと思いR開始。約4,5メートルの距離でFBのPをシコシコ。二人はすぐに気づき、顔を見合わせて少しニヤついた後、たばこをふかしながらガン見。「たまに、こういう奴いるよね。」とか言っている。この状況下で、すぐにいきそうになり、思いっきり腰を振りながら高速でシコシコすると、手をたたき、足を踏み鳴らしながら大笑い。「そろそろイクんじゃねぇ。」といわれた瞬間、大発射。一人が、「ハイ、よくできました。」と手をパチパチ。「おーと、メシ、メシ。」コンビニの袋をいじりだしたのでPをしまい、そそくさと退散。そーと振り返ると、発射物のところでしゃがみ、指差して何か言ってる。二人がこっちを見上げたので、すぐに走り去った。

79、不良娘3人にセンズリを強制される。
帰宅後にその公園を覗きに行くと公園に3人の女の子がたむろしてました。僕はMで小心者なんですが覚悟を決めこの間と同じ様に公園に入りました。僕が公園に入った時から彼女達が警戒して僕を見ている様な気がしました。そしてベンチに腰をかけズボンをおろしPをしごきにかかりました。すると『(笑)おいオッサン』と呼ばれ彼女達を見ると僕の方へ歩いてきました。この前は逃げたのですが今日はサプライズを楽しみにしていたので逃げずに待ちました。『オッサンこの前もやってたやろ?なんで逃げてん?』と聞かれ『怖かったんで』と回答『怖いんならすんなよ』と3人が爆笑。『みられんのがいいんや?』『はい』『じゃあ見たるからやれや』『はい』と再度しごきだしました。3人共爆笑してくれ『気持ちえーか?』『よかったなぁ見てもらえて』などの質問、言葉、笑い声で興奮しました。『あぁイキそうです』『(笑)おいかけんなよ』で発射。『ありがとう』と言うと『ええでちょっとオモロかったし(笑)でももうくんなよ』『今度きたらポリにチクるで』と言われ帰って再度オカズにしました。

80、JKにオナニーを手伝ってもらう。
二人組みのJK発見。一人は今風でもう一人はおとなしそうな娘。真正面でPを出しました。今風なJKは「わ〜見て見て!チ○コ出してるし!」とガン見。もう一人のJKは「○○ちゃん、早くいこうよ!」とビクビクしてる。「二千円ずつ出すからオナ見してよー」とお金を差し出すとaが受け取った。「はい、××ちゃん。」とaがbに半分渡すと「ダメだって〜」とbが半泣き。シコシコ続けてるとaが「もっと欲しいなー」って言うので「じゃあ、あと三千円で触らせて」と交渉すると「制服の上からなら良いよ」との事。乳揉み、尻触りまくる。それをドキドキしながら見てるb子ちゃん。「君も触らせてよ」とb子に三千円渡すと「でも触られるのはイヤッ」って。え〜↓「じゃチ○コ触って」とお願いするとおそるおそるPに手を伸ばしてきた。ギュ〜ッ!!!!!「痛ててて!強すぎだって!」と叫んでる俺。それを見て大爆笑のa子。「もっとやさしくシコシコするんだよ(笑)」って指導してた(笑笑)a子の乳&尻触りながら、bにシコシコされて無事発射!!!「うわっ!超いっぱいでた〜」とa子。横向いたままのb子・めっちゃ気持ちよかったー。「なかなか無い経験出来たよ(笑)」とa子と手を振り別れました。b子は最後まで恥ずかしそうでした。
SODクリエイト
ギャリンチ

蒼月ひかり

2,413円

変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ JK 顔面騎乗 嘲笑 強制オナニー ギャル 言葉責め 圧迫 おばさん 踏みつけ いじめ 包茎 クンニ 熟女 長身 アナル 羞恥 センズリ 蹴り ォシッコ フェラ ブーツ 爆笑 聖水 屈辱 爆乳 JC  美脚 足コキ ビンタ 格闘技 短小 女装 淫語 トイレ 露出 JS 金蹴り 看護婦 店員  ぺ二バン 露出狂 温泉 立ちション 酔っぱらい女  オムツ OL 授乳 赤ちゃんプレイ お漏らし JD 浣腸 ママ 巨尻 臭い 寝取られ 部活 ぽっちゃり 奴隷 強制ホモ 蝋燭 おっぱい マッサージ師 女子大生 女子高生 水着 プール 電車 写メ マッサージ お母さん 電気あんま 清掃員 バス ペニバン 巨根 集団 M女 調教 剃毛 ヤンキー 銭湯 失禁 女教師 パート ヒール 金玉 バイブ  コスプレ M男 OL レズ M女 お姉さん パイパン コンビニ店員 義母 外国人 お尻ペンペン 同級生 ナース 灰皿 メイド カップル奴隷 オナニー バイト 筋肉 アロマ企画 Jk セールスレディ 竹刀 首絞め 茶髪 チンカス 後輩 排泄  芸能人似 NTR 子供 足舐め キャバ嬢 パンチ 動物真似 緊縛 食糞 先生 素人 黄金 飲尿 母親 マザコン フリーダム 同僚 裸踊り カップル 乳首 デブ 幼児プレイ 野外 水責め 童貞 ジャージ ペ二バン ネカフェ 尿道 レザー 土下座 格闘 ぶっかけ 携帯 スナック 婦警 キス 女の子 飲み会 アナル舐め ウンチ 巨乳 コンビニ 咀嚼 電気アンマ アカスリ 匂い 散歩 首輪 パンスト 肉体改造   電気按摩 貞操帯 撮影 ボクシング  スパンキング ウンコ 早漏 ホテル 69 射精 メス化 乳首責め クラスメイト 人間便器  感想 ぺニバン SEX 女看守 先輩 中国人 五十嵐ゆい 女子 上司 オムニバス 検尿 オナクラ 愛音ゆり 夢野あいだ ヨダレ ロリ パンチラ 掃除のおばちゃん 大槻ひびき ウエイトレス ふたなり カラオケ 巨漢 フードクラッシュ ハード おなら ミニスカート 赤ちゃん 人間灰皿 奥様  鷹宮りょう エレベーターガール デッサン ナンパ タイツ 宅配 うんこ アダルトショップ 運転手 病院 スーツ 排泄公開 拡張 CMNF アナルフィスト マッサージ女性 ブルマー 祭り ユニフォーム ネット ドン引き 手袋 風俗嬢 モデル  コーチ 失神 ジム ヌードデッサン ホモプレイ テニス 漫画 ラブホテル レギンス ディルド 公開排泄 母乳 NTR パイパン看護婦 改造 検事 事務員 風呂 旅館 写真 喫煙 介護士 射精管理 年下 警備員 お仕置き 友達 保健室 観光地 海外 バスガイド おばあちゃん 漫画喫茶 公園 ニューハーフ 田舎 おばちゃん 専門学生 拷問 グロ 酔っぱらい女性 介護 少女 知り合い スポーツ用品店 試着室 妻の友達 ネイルサロン  肛門 不良 JK マクドナルド 満喫 フェラチオ ブス 誕生会 オナホール ニヤニヤ 伯母 チャット 女子社員 パンティ 部下 ばばあ 女将 ジョギング 女子マネ 水泳部 レジ店員 公園散歩 計測 浴衣 マンション 歯医者 笑顔 障●者  ファーストフード店 失笑 水泳 居酒屋 乗馬 トイレットペーパー ブーツ舐め 煙草 学生 脚コキ 看護師 ボンテージ 監禁 訪問販売 精子 脱糞 レジの店員 客引き 親子連れ 中国 ホームレス JS 男女兼用 隣人   おむつ 公衆トイレ 女上司 抱っこ ホモ 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR