FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。

CFNMの話 その30

uytrvemwo,pqxoweirnvru
68、JKにチンポを見せる
今朝、高校の通学路でターゲットを探していると…短めのスカートのギャル系Jk2人組がコンビニに入っていきました。即、車をその子らのチャリに横付けし、下半身マッパになりオナ開始…すぐにFB!買い物を終えた2人組がチャリの横に立ち、1人がこちらに気付いた!目を真ん丸にしてチ○ポをガン見…平然を装ってはいるけど、ビックリした表情を見逃しませんでした。オレはティッシュ等が無く、コーヒーの空き缶に発射!2人組は筋肉質の日焼けした太モモをあらわにチャリにヒラリと乗って去っていきました。パンツとズボンをはいていると今度は、コンビニ店員のネェちゃんがゴミ箱の整理に来ました。精子の入った空き缶を「これも頼むね」と手渡しするとビニール袋に詰めてました…。今は缶の外側にも精子を塗っておけばよかった…そう思っています。
69、ギャルJKに強制オナニーをさせられる
いつものように夜9時頃から獲物を求めて自転車で徘徊していましたが、時間は2時になりチャンスは無く疲れも出てきたからコンビニで買い物して帰ろうと思ったら、コンビニの駐車場に原付を2台停めて座って話をしているギャル4人が!でもそこは周囲から見渡しが良くRをするには難しい場所だったから一度素通りして考えてました 。しかし僕の勇気ではその場所のRは無理だと思い買い物を済ませてギャルの前を通って帰る時に声が聞こえてきました。「ねぇ、あれってこの前の変質者じゃない?」「だよね!絶対そうだよ。」僕は家からそう遠くないコンビニだったからかなり焦りました!次の瞬間「お〜い!変態、ちょっと止まれ!」僕は無視して曲がり角を曲がりましたが顔を知られるのを恐れてダッシュ!しばらくすると後ろからエンジンの音が…振り向くと2台の原付が猛スピードで追いかけてきます!もちろん自転車では逃げ切りは無理、そして横に二人乗りしたギャル4人が原付に乗りながら「ちょっと止まれ〜!」僕は心臓バクバクで「何ですか?」と言うと「あんたこの前サティの駐輪場でシコッてるの見せてただろ?」僕の頭は真っ白になりながら(サティでは良くRしてた時があった・・)と思いつつ「僕は近所じゃないから知りません」と言いました。すかさず違うギャルが「嘘ついてるな、警察呼ぶぞ!」と言うので、僕は諦めて「ごめんなさい、以前したことありますが今はしてません」と言いました。とにかく早くこの状況が終わってほしかった。するとギャルは「今いくら持ってんの?」…お金取る気か、僕は正直に「3千円です」と言うと、ギャルは「それ頂戴、当然だよね」僕は素直に3千円渡し帰ろうとすると「ちょっと待って、今ここでシコッてみろ」…僕は少し嬉しいのと緊張感で半勃起状態でしたが「わかりました」と言いながらズボンを下ろすとPが丸見え(NPだったため)になりました、ギャルの1人が「うわっ、小っさ!」「おい、立たせてシコれ!」との言葉に僕は一瞬でFBに、それを見たギャルは「立っても小さい!半分皮被ってる〜!」と4人のギャルに笑われましたが僕は小さいと言われるのは興奮するから1分ぐらいで大量Sしました、ギャルは「気持ち悪!」「包茎の癖に量は多いな」と言って笑いながら去って行きました。でも僕は大満足でした!


70、大人しいJCにオナニーを見せ付ける
獲物を探し、穴を開けたズボンのポケットに手を突っ込み、Pを擦りながら公園内をうろつく。日も暮れかかって来た頃、ベンチで談笑するJC二人組を見つけた。部活帰りのようで二人ともジャージ姿だ。携帯電話を手に何気ない風を装って声をかける。「ゴメンね。ちょっといいかな?」「えっ、何ですか?」振り返った顔は二人とも結構かわいい。一人の娘は頬に少しニキビがあるが、気弱そうな目付きと半開きの口がそそる。もう一人は座っていても背の高いのが分かる。ハ―フパンツから伸びた長く白い足はムッチリしている。「猫が居なくなって探してるんだけど、こんな猫を見なかったかな?」そう言って携帯の画面を見せる。デ―タフォルダを開き、前もって撮っておいた十数枚の猫の写真を見せる。一枚ずつゆっくり見せる。その間も女の子たちの横顔を見ながら、ポケットの中でPを刺激し続ける。二人は神妙な表情で画面を見つめているが、数枚目の写真が表示されると「えっえっ!?何?」顔を見合わせる。画面には怒張して血管の浮き上がったPがアップで写っている。「あっ!ゴメン。友達とふざけて撮ったやつだ」二人は異変を感じたのか、不安そうにまた顔を見合わせる。すぐに画面を切り替え話題を戻すが、二人は猫は見かけなかったと言い、帰りたそうにしている。「さっきはほんとにゴメンね。変なの見せて」二人は黙っている。「あれ男のチ〇ポだって分かった?見るの始めて?」背の高い方が立上がり、もう一人の娘の手を引く。「ねえ。見るの始めてかって聞いてんだよ!」そう強く言うと「始めてです。でもさっきのわざとですよね?」背の高い方がおびえた様に答える。「偶然だよ。でも君達かわいいから本当に見せたくなってきた。」はっきり分かる様にポケットの中のPを激しく擦り、反応を見る。二人は汚ならしい物を見るような目を向け、荷物を手に取り立ち去ろうとする。ここまでして逃げられては悔しいので、Pを取り出し思い切りしごく。二人はチラチラこっちを振り返りながら足早に公園の外へ歩いて行く。その態度が癇に障ったので、Pをしごきなから走って追いかける。公園の出口の手前で追い付き、おとなしい方の娘の手首を掴み、手のひらや前椀に無理矢理Pを擦り付ける。女の子の手との間に糸を引いた先走り汁を指に絡め、顔に近付けるが叫ばれてしまう。人が来る気配は無かったが、指に付いた汁を背の高い方の白い内腿になすり付け走って逃げた。後ろの方で女の子たちが何か叫んでいるのが聞こえた。
ピーターズ

CFNMの話 その29

jknuygggggggggygggggggggggg.jpg
66、お姉さんォシッコを見られる
「ちょっと、トイレいきたいんだけど」観覧車を降りると、ひかるが言いにくそうにそう言った。「ォシッコ?」「うん」「じゃあ、外でしなさい。」「でも、ここで立ち ションは、いくらなんでも…」「そうね。すぐ見つかって怒られそう。」あたしはひかるを駐車場へ連れて行った。広い広い駐車場は今日はぽつりぽつりと開いたところがあって、そこの植え込みならォシッコできそうだ。「ここなんかどう?」「ええっ。いやだよぉ」「それならお漏らしする?」「わかったよ。誰か来ないか見てて?」ひかるは植え込みに向かってォシッコしようとする。「ちゃんとズボンおろしてするんでしょ」あたしはひかるのズボンを降ろさせた。おしり丸出してひかるがォシッコをはじめる。いいな、あたしも立ちションって、してみたい。「こらぁ、ぼくぅ」そのとき、向こうの車の陰から、係りの女の人がすぐ出てきた。高校生か大学生くらいのアルバイトって感じ。「わっ、わあっ」ひかるはあわてるが、今さら止められない。「こんなところでォシッコしちゃだめだよ」「わあっ。わあっ」ひかるはうろたえるが、どうにもならない。「ごめんなさい。我慢出来ないっていうもんだから」あたしは代わりにあやまった。係りのお姉さんはひかるのおちんちんをじっとみながら、くすっと笑った。「しょうがないなぁ。それにしてもぼく、そんな格好でォシッコして恥ずかしくないの」ひかる返事もできないで、真っ赤になっている。ォシッコだけが別の生き物のようにほとばしりつづけた。「ここは、みんなの使う場所だから、気をつけないとね」お姉さんのお説教はつづく。ひかるはォシッコを終えて、半ズボンをはこうとした。「待って。」お姉さんがそれを制止する。「ぼく、少し、恥ずかしさ、って知っといたほうがいいんじゃないの」お姉さんはひかるの後ろにまわり両脇から手を入れて持ち上げた。そのままひかるを軽々と持ち上げた。けっこう力もちだ。お姉さんに抱え上げられ宙吊りにされたひかるはそのまま駐車場を突っ切って運ばれていった。おちんちん丸出しのままで。途中、車から降りてきた家族連れが何組か不思議そうにみている。「わ、わあっ、やめてっ」ひかるは叫ぶがお姉さんはおかまいなしに、そのまま駐車場を出て遊園地のほうへ行ってしまう。大勢の人ごみのなか、半ズボンを降ろしておちんちんを出したままのひかるが運ばれていく「ちょっと、ごめんなさい。この子、ォシッコもらしちゃいそうなので」お姉さんはそう叫びながら、ひかるを連れて行く。ほとんどが女の子の遊園地の中は、突然現れたおちんちんに騒然となった。「わあ、なになに」「ォシッコもれちゃいそうなんだって」「おちんちん見えてるよお」「恥ずかしがってるよ、かわいそう」「まあ、緊急事態だからしょうがないか」そう言って笑う中●生たちもいる。「あっ、おちんちんだよぉ」無邪気に指差す小さな女の子に、だめだめみちゃだめよ、という母親もいる。そういいながらも、自分はしっかり見てたりして。今までもひかるのおちんちんがさらされたことはあったけど、こういうまず裸の人がいるはずもない場所ではなおさら恥ずかしいだろうな。ひかるは人ごみのなかをその格好のままトイレまで連れて行かれた。「さあ、ォシッコはここでするんだよ」お姉さんはそう言って微笑んだ。ひかるは真っ赤なまま、ありがとう、と言った。
67、包茎ちんちんを見られる
「キャーッ!可愛い〜っ!あたし晶君のおちんちん見ちゃったぁ〜!」「晶君って、まだ皮被ってるじゃなぁ〜い!可愛いおちんちんね〜!」「ツルツル〜!先っぽ尖がって、これが包茎おちんちんって言うのね」とうとう晶のおちんちんは好奇心いっぱいの女の子達の目の前に曝け出されてしまった。「うふふっ、よいアドヴァイスがあって、よかったわ。このおちんちんなら映倫にも触れないわね。」「ええ、晶君、まだ子供のおちんちんでよかったですね。」監督やスタッフも笑いながら、晶のおちんちんを見ていた。その後、晶は自分で、おちんちんを引っ張ったり、先っぽの皮を少し剥こうとしたり、オナニーのようなことをしたりする演技を、女の子達が沢山の大きな目で見詰める前で、真っ赤になって続けた。特に、同級生で同じクラスの優子の目は辛かった。今までは対等に、机を並べていたが、明日からどうなるだろう。
68、パートのおばちゃんにオナニーを見られる
コンビニでバイトしていた時、パートおばさんに「○○君は彼女いるの?とか、Hの経験あるの?とか」 言われてよくからかわれていた。37歳でちょっとムッチリで結構かわいい感じだたった。 深夜のバイトの時、バックヤードの机でエロ本を見ながら、そのおばさんのマフラーと手袋の匂いを嗅ぎながらオナニーをしていると、急に裏口をるカギ音がして「○○君まじめに仕事してる」と言いながら入ってきた。こんな時間になぜ?頭は真っ白。ズボンを上げていたが、チャックは開いたまま、手袋はしたまま、エロ本は机の上に開いたまま、横にマフラーで「え?」「私のマフラー?手袋?」何をしてたの?と詰め寄られ「エロ本見てムラムラきて、オナニーしてました」「○○さんのマフラーの良い匂いを嗅ぎながらしてました」と正直に言ったところ、笑いながら「え〜、私がオカズ?」「○○君ってちょっと変態、やっぱり彼女いないんでしょ?」とかやんわりと言葉で責められ、また笑いながら「ねえねえ、どんな風にしてたの?見せてくれないと他の人に言っちゃうぞ」といわれ、言われるままにおばさんの前でオナニーをした。「元気ねえとか、おっきねえとか、いつもそんな風にしてるの?」とか言われながら発射した。その後、おばさんとはSEXフレンドとなったが、それよりも嬉しかったのが露出願望がある事がばれて以降、新しく入ってきたバイトの女の子やパートおばさん達に「○○君露出願望があるみたいよとか、ちょっと変態チックなのよとか見せてもらったことがあるの」とか言ってもらいオナニーを見てくれる女性を教えてもらった。学生の時の3年間で40人くらいの人に見てもらえたと思う。一番多い時でカラオケに呼び出され10人くらいのおば様に囲まれてオナニーをした時は気を失いそうになりました。
アロマ企画

CFNMの話 その28

jknuygggggggggggggggggggg.jpg
63、茶髪のJCが言葉責めしながらセンズリを鑑賞する
茶髪JC「すみませーん、トイレしたいんですがまだ終わらないんですか?」「ごめんね、おじさんはね前立腺肥大症という病気でなかなかォシッコが出ないんだよ。でも君たちに見てもらうとなんか出そうの気がするので、見てくれない?」
と訳の分からない事を言ってしまい、当然二人とも逃げ去るだろうと思いきや、二人で顔を見合わせ、茶髪JCがクスッと笑って
「いいよ、見てあげる」と言って近寄ってきました。黒髪JCも恐る恐る一緒に付いて来て茶髪JCの背後から私のPを見ていました。「おじさんのおちんちんなんかかなり大きくて黒いんだね。これも前立腺なんとかという病気のせいなの?」完全に馬鹿にされていると分かっていましたが「そうなんだ。だからォシッコが出にくいんだよ。でも泌尿器科の先生に少し擦ると出やすくなると言われるので、やってくれない?」「やだー!そんな恥ずかしい事できないよ。」仕方がないので自分でしごきだしました。「おじさん、だんだんさらに大きくなってきて赤黒くなってきたけど大丈夫?ますますォシッコ出にくくなるんじゃない?しかも先っぽから透明の液体が垂れてきてるけど、それォシッコ?」私はしごく手をだんだん早めて大量に射精をしました。「すごい!でもおじさんのォシッコは白くて、ねっとりしてるんだね。それも病気のせいなの?」「そうだよ、でも君たちのおかげですっきりしたよありがとう」「よかったねおじさん」「でももう少し出そうなのでしばらく頑張ってみるよ」「そうなの?でも私たちもう帰るから頑張ってね!」そう言って二人は出て行きました。すると便所の外からケラケラ笑い声が聞こえて来ました。「あのオヤジ馬鹿じゃない。ただ射精するところを見せたいだけの変態じゃん。泌尿器科より精神科に行けばいいのに」黒髪JC「でも私あんな大きなおちんちんと精子出るところみたの初めて」茶髪「そうなの?私この前ネットで外国人の無修正のおちんちんの画像サイト見つけたの。みんな凄く大きいよ。特に黒人のあそこなんてみんな、あのオヤジの倍位あるよ」黒髪「うっそー!ありえない」

64、名門JKとエレガにちんぽを見せ付ける
名門JK高のお嬢様風の美少女JKを見つけました。女の子は携帯のメールに夢中で、私は自慢のち○ぽをしごきながら女の子の顔の30センチ位前に近ずけて「どうやおっちゃんのち○ぽでかいやろ」JK「・・・」「お嬢ちゃんの彼氏とわしのとどっちがでかい?」その言葉にムッとしたのか「おっさんええかげんにせえよ!ええ歳こいて汚いち○ぽ見せびらかせやがって!せんずりこくんやったら家帰ってこけこのハゲ!」可愛いJKからこんな汚い言葉で、罵声を浴びせられるなんて・・・

私の息子は一気に萎えてしまい、家に帰ってAVでも見ようと駅に向かいましたが、あまりにも暑いので百貨店で涼もうと思い、なにげなくエレベーターに乗ったら、長身でスレンダー美人のエレベーターガールでした。エレガ「本日はご来店ありがとうございました」頭を下げた瞬間、すでにビンビンの息子をしぎおきながらエレガに見せつけ「おっちゃんのち○ぽでかい?」エレガはびっくりして、一瞬目をそらしましたが、仕事という事を意識したのか、私の息子を凝視しながらも冷静な口調で
「お客様、ご立派でお元気なの分かりますが、店内ではそのような行為はお止めください」私はその上品な口調に興奮してドアが開く寸前に発射してしまいました。足早にエレベーターを降り後ろを振り向くと、美人エレガが、白の手袋で必死で私の精液を拭いていました。まるで美人エレガに白手袋で手コキして貰ったみたいで、数日間オナねたになりました。

65、男湯でJS集団にセンズリを見せる
4、5人のおっさんたちがスッポンポンでドライヤーをしたり、体を拭いたりしてるところでした。長いすに座ってる家族と思われる女性らはというと、談笑しているようで男には無関心な様子…ではなく、JS達は裸のおっさんたちを、ニヤニヤ笑いながら見てました。俺もそこでヌギヌギ。なぜか軽ーくストレッチ。女性らに背を向けたまま伸脚や前屈や屈伸をしていると、後ろの女の子らが爆笑ブラブラしてるとか小声で言ってるのが聞こえてきました。チラッと見るとおばさんらも女の子らも笑ってこっちを見てます。胸の奥が疼いたのですが、おばさん3人が邪魔で、BやOはできず。俺はその後、前を手で隠しながら、温泉へ。大浴場タイプで広々とした空間には、俺以外にも12,3人くらいの男性客がいました。他に男の子が4人いてあっちこっちと走り回ってました。さっきのことを思い出しながら掛け湯を浴びて、温泉につかっているとなんと!!!先ほどの女の子らのうちの4人が入ってきたじゃありませんか!!まあ、バスタオルを巻いて全身を隠してましたが。お前らそんな格好で入ってくるなら女湯に行けー!!と心の中で叫んでました。他の男性客の反応はというと、まったく無反応というか平然と体を洗ったり、湯船につかったりしてます。おそらく皆、俺と同様心の中では動揺してるけど、何もできないといったところでしょうか。女の子らはバスタオルを巻いたまま湯船につかって、小声でワーワーキャーキャー言ってます。広い温泉の中、俺と女の子らの距離は約10メートル。膝上くらいの深さなので、立って湯船の中を歩いて彼女らの横を通り、シャワーのあるところへ移動しました。「フ・・」と笑い声が聞こえそれでもう、半B状態。。「あんな洗い方するんだ」「さっきと形が違うくない」という言葉に。Sしたときは「なんか飛んだ」「クーーーー!!あはははは!!」とか言いながら笑って喜んでました。
SODクリエイト
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ JK 顔面騎乗 嘲笑 強制オナニー ギャル 言葉責め 圧迫 踏みつけ おばさん いじめ 包茎 クンニ 熟女 長身 アナル 羞恥 センズリ 蹴り フェラ 爆笑 ォシッコ ブーツ 聖水 屈辱 爆乳 JC  美脚 足コキ ビンタ 格闘技 短小 女装 淫語 トイレ 露出 JS 看護婦 金蹴り 店員  ぺ二バン 露出狂 温泉 立ちション 酔っぱらい女  オムツ OL 授乳 赤ちゃんプレイ ママ 浣腸 お漏らし JD 巨尻 臭い 寝取られ ぽっちゃり 部活 強制ホモ 奴隷 おっぱい マッサージ師 水着 蝋燭 女子高生 女子大生 電車 プール マッサージ 写メ 集団 電気あんま 清掃員 ヤンキー 剃毛 ペニバン 巨根 調教 M女 バス お母さん  パート 失禁 金玉 コスプレ バイブ ヒール 女教師 銭湯 パイパン M男 コンビニ店員 お尻ペンペン メイド お姉さん カップル奴隷 灰皿 ナース 外国人 OL レズ 義母 同級生 M女  バイト セールスレディ オナニー Jk 排泄 パンチ NTR 茶髪 キャバ嬢 芸能人似 後輩 竹刀 緊縛 筋肉 チンカス 足舐め 素人 首絞め 子供 動物真似 アロマ企画 フリーダム 水責め レザー カップル デブ 尿道 幼児プレイ 母親 童貞 先生 乳首 巨乳 裸踊り マザコン ペ二バン 黄金 ジャージ 飲尿 同僚 土下座 ネカフェ 野外 食糞   コンビニ ぺニバン 首輪 先輩 電気アンマ 射精 匂い 漫画喫茶 散歩 ウンチ 撮影 キス ボクシング 携帯 69 乳首責め 女の子 飲み会 婦警 ジョギング 女子 ホテル アカスリ スナック ぶっかけ 女看守 肉体改造  格闘 SEX 中国人 電気按摩 五十嵐ゆい メス化 スパンキング アナル舐め 人間便器 ウンコ 貞操帯 パンスト  感想 早漏 咀嚼 クラスメイト ディルド 拡張 おなら 上司 海外 NTR 夢野あいだ パイパン看護婦 旅館 母乳 改造 友達 事務員 風呂 検事 写真 大槻ひびき 喫煙 介護士 肛門 受付 検尿 愛音ゆり 警備員 お仕置き 年下 射精管理 ロリ 赤ちゃん おばあちゃん オムニバス バスガイド 観光地 公園 ハード 公開排泄 ヨダレ フードクラッシュ 人間灰皿  ニューハーフ おばちゃん 専門学生 鷹宮りょう 保健室 拷問 グロ 田舎 酔っぱらい女性 介護 ふたなり スーツ 抱っこ 公衆トイレ 女上司 隣人 男女兼用 おむつ  乗馬 トイレットペーパー 精子 脱糞  客引き レジの店員 フェラチオ 笑顔 満喫 ブス 誕生会 障●者 ホームレス テニス 親子連れ 中国 JS 居酒屋 水泳 コーチ モデル  少女 知り合い 風俗嬢 ネット 失神 手袋 ドン引き ラブホテル 脚コキ 学生 失笑 ブーツ舐め ファーストフード店  漫画 煙草 監禁 看護師 レギンス ボンテージ 訪問販売 ニヤニヤ オナホール タイツ ナンパ 病院 女将 ジム デッサン 宅配 女子社員 パンティ 部下 うんこ ばばあ ホモ マッサージ女性 ウエイトレス 掃除のおばちゃん 巨漢 カラオケ CMNF アナルフィスト 奥様 ブルマー オナクラ ミニスカート パンチラ 運転手 女子マネ スポーツ用品店 試着室 ネイルサロン  不良 妻の友達 ユニフォーム マクドナルド JK ヌードデッサン ホモプレイ 宗教勧誘 エレベーターガール 歯医者 浴衣 マンション アダルトショップ 水泳部 計測 祭り 伯母 チャット 公園散歩 レジ店員 排泄公開 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR