FC2ブログ

CFNM・M男・露出狂研究所

CFNM・M男の拾った体験談やAVレビュー、自作作品を続々公開♪

8、覗き見男 ヴォアユール

だいぶ前になりますが前回(7、調教師夫婦)の続きです。訓練士の夫が、「カァちゃんがね、あんたに舐めてもらいたいんだってよ」と天野氏にヘラヘラと言い、怒った奥さんが「あんたなんかヘンタイだ。広い世間に、いったい誰が自分の奥さんによその男をけしかけて喜ぶ人がいるの!おまけにそれを覗いて昂奮するっていうんだから!」と夫婦喧嘩を始める場面があります。まさしく寝取られの話です。しかし、この台詞だけを聞くと寝取った側の人間(訓練士の夫)の事なのか、寝取られた人間(天野氏)の事を言っているのか分からないですね。自分の奥さんの脚を舐めている人間(天野氏)を覗きたい夫の嗜好は、ある意味マゾヒスティックな性癖なのかもしれません。
実録NTR
他にも訓練士の夫の知り合いの人妻の前で、バカ呼ばわりされ、人妻の子供たちの前で吐き捨てたキャラメルを舐め、「ワンと言え」と命令され勃起する話も掲載されています。人妻の脚を舐めようとし、「だめよ!そんなことしちゃだめ!ホレ、あっちぃ行きなさい。行きなさいってば!」とまさしく犬のように扱われている天野氏がうらやましい…。

7、調教師夫婦

以前、天野氏が屑屋という仕事をしていたというお話をしました。犬の訓練士の家に行った際、天野氏はちょっとした縁で、訓練士の夫婦の家に出入りすることになります。訓練士である夫は、女好きで、奥さんの前でも見境なく口説いた話をするような、現代のチャラ男みたいな人だったそうです。その奥さんも変わっていて、そんな夫を姉さん女房のような余裕をみせて、女性の話もはぐらかせていたようです。天野氏は、この変わり者の夫婦に気に入られ、洗濯や食事の後片付け等をやらされます。訓練士の夫は、奥さんのパンティを天野氏が洗っていても何も言わなかったようです。まるで男性として見られていない立場が良いですね。

段々と我慢が出来なくなった天野氏は、奥さんにマゾであることを告白し、奥さんの指を舐めます。もちろん、奥さんには制止され、そのことを夫に話されてしまいます。それを知った夫は、普通であれば激怒するに違いないです。しかし、夫はニヤニヤしながら逆に感心していたそうです。変な人は変な人を呼ぶんでしょうかねw

6、浮浪者と乞食

浮浪者は、現代でいうホームレスを指すと思います。今の社会では、生活保護制度や福祉事務所が充実しているので、地域にもよりますが街中でホームレスを見かける事は少なくなっているのかもしれません。天野氏が暮らしていた頃の時代は、沢山の浮浪者や乞食が溢れかえっていたようです。天野氏は、浮浪者と乞食の違いを次のように語っています。

★浮浪者
→残飯を食べ、人の飲み残しの酒を飲む。物乞いはしない。人に頭を下げるのが嫌い。
★乞食
→蔑まれながら残飯を恵んでもらう。人に頭を下げることで生きている。

ある異端者の随想録Ⅰ 女主人の鞍 6、浮浪者と乞食

この違いで見ると現代社会にいるホームレスの人は、浮浪者と呼べます。乞食は、恥もプライドも捨てたゴミ同然の存在だと天野氏は語っています。この章の中で、若い女性レポーターが浮浪者にインタビューで「おじさん、年いくつ?どっから来たの?前は何やってたの?生きてておもしろいこと、あるの?」と質問を浴びせ、罵倒で返される部分があります。相手は乞食ではなく浮浪者だったのです。これが、乞食であれば我々マゾヒストが喜ぶような展開があったのでしょうが残念ですw日常生活を背景にした当時を天野氏は次のように語っています。

乞食に石を投げる、馬糞を残飯に混ぜて乞食に食わせ大笑いする、悪態をつく、なんともひどい乞食なぶりを子供たちはやってのけたものである。その子供たちを、いい加減でやめておきなさい、とお座なりに制止することはあっても、おおむね母親たちは笑ってそうした風景を眺めていた。第一、母親ら自身、水まきの水を物乞いの乞食に浴びせてハエのように追い払う、それもこれも珍しい風景ではなかった。特に気のふれた乞食、頭のおかしくなった露出狂の女乞食など、これは立派に地域民にとっての娯楽となり得ていたものであった。女の敵は女である、といわれる。貧乏人の敵は貧乏人であることも多く、貧乏な庶民ほど、更なる下の下の乞食を眺めて自らを慰める心理的背景もそなわっているたのである。

ある異端者の随想録Ⅰ 女主人の鞍 6、浮浪者と乞食

ひどい扱いを受けているようですが、マゾヒストの視点でいえば羨ましい限りですよね。子供たちに虐められ、母親が嘲笑するような存在はまさに最底辺の生物に他なりません。浮浪者や乞食ほどではなくても、生活に困窮している人々が多かった当時は、遊ぶものもない子供や娯楽のない大人たちは自分達より低い身分の人間を虐げることによって快感を得ていたようです。「怨み屋本舗」「闇金ウシジマくん」といった本が話題ですが、登場する人々は加害者も被害者も低所得者や貧困層が多いです。自分より弱い者を肉体的に虐めたり、精神的にいたぶる事によって自分がまだましだと思う考え方は便利な時代になった今でも変わらないようです。この章の中で、天野氏は憧れの乞食姿で住宅街をまわります。さすがとしか言いようがない天才的マゾヒストですね。
変幻餌罪

5、おしめの洗濯屋

天野氏の家庭事情について詳しく記載されています。タイトルの内容よりも、面白かったので家庭事情について書かせて頂きます。タイトルは忘れて下さい。兄弟がいたそうですが、長男は戦死、次男が幼い頃に他界、妹は難病にかかり11歳で亡くなり、三男でも長男の様なものだったそうです。妻は10歳年下の30歳できりりとした健康的で細身の美人だと言います。しかし、天野氏は童貞で、妻は処女だと天野氏は語ります。例え勃起して、性行為に励もうとしても、SEXに嫌悪を感じて性交が出来なくなってしまい、マゾヒスティックな夢想がなければ興奮できなかったのです。さすが伝説のマゾヒスト!!と褒め称えたいところですが、SEXが出来ないと言うのは社会的に見ても辛いところですね。今の時代と違って、結婚したら子供を産まなきゃいけないみたいな時代でしょうから。身内でも肩身が狭かったような気がします。天野氏は夫婦生活にSMを取り入れた事は無いそうですが、M属性であることは妻もご存じの様です。マゾ向けの雑誌を執筆しながら、そういう類の書籍に囲まれていたら無理もありません。中には海外から取り寄せた希少な画廊や資料もあったようです。現代であればインターネットを駆使して、amazon等で取り寄せる事が可能ですが、当時海外から商品を買っていたと言うのは驚きです。かなりの情熱を感じずにはいられません。
バンプフレイヤ

4、若奥様と屑屋

屑屋は、『廃品の再生を目的として屑物を買い集める業者の俗称。廃品回収業者のこと。』と辞書にあります。廃品回収業者という言い方をすれば聞こえは良いですが、賢い人間が行う仕事ではありません。そう言ってしまうと、町内を回っているチリ紙交換を下に見ているんじゃないかと指摘されそうですが、そんな事はありません。現在と違い車は無いのでリヤカーを引き、マイクは無いので大声を上げ、「クズヤ―お払い、クズヤ―お払い!エー、クズィ、クズィ!」とひたすら町内を回ります。古着や古道具や布キレなどをそれぞれの業者や直し屋に持って行くそうです。外科手術の術後に、天野氏は働き盛りの時期に仕事が無く、三年の間屑屋をしたそうです。一流社員の中堅サラリーマンが月給が三万円の時代、一日三千円稼げるという事なのでやる価値はありますね。

昼時に訪れる屑屋なので、お相手は主婦か娘が直接の相手となります。赤ん坊が眠れないと腹たちまぎれの声を浴びせられたり、警戒心一杯に追い返されたりという事も天野氏にとっては良い刺激に他ならなかったと言います。勿論、屑を貰えたとしても家の中で不要になった物ばかりなので綺麗な物ばかりではありません。


ベトつくほどに赤く染まったままのメンスバンド(月経帯)、生理綿、ドス黒く汚れたパンティなどが出てきたりする。(中略)私にはこれは目方などでは計り切れないほどの有難いお払下げの宝物になるのである。そうした品々が宝物というより、そういう淫らなものを恥かしげもなく屑屋に始末させて、しかも少額とはいえ銭まで取って恬と収まり返っていられる奥様方の尊大さと、それだけ見くびられ軽蔑されたんだというその蔑視されたこと自体に興奮を覚ゆるのであった。


相手に優越感を与える馬鹿を演じて屑屋を行った天野氏は、お払下げの宝物を大量に入手したそうです。さすが一流のマゾヒスト天野氏は、奥様に気に入られ屑屋以外の仕事も任されるようになります。出前をご馳走になった時のやり取りも天野氏ならではです。

奥様の食べ残しのうどんを「これ、もったいないので、頂かせて下さい」とお伺いすると、「まぁ、いいの?人の食べかけよ、きたなくないの?」と言いながら、実際には、どうぞ、あげるわよ、と目頭でうなずいて、何がおかしいのか、くすぐったげな笑い方をされてからというもの、私の昼食は出前ではなく、前夜の残り物や、「こんな物でも食べてみる?」などと出されたハンバーグがかじりかけであったり、どうかすると、その同じ皿に煙草の吸殻がのっていたり、口をぬぐったナフキンが丸めてあったりすることにもなった。


今で言えば咀嚼フェチみたいなものでしょうか。立場がどんどんと下がって見下されていく状況が堪らないですね。まるで犬猫の餌のような食べ物を恵んでもらうという地位がマゾヒストにはたまらないご褒美に違いありません。M天国制服少女に踏まれたい!

3、乗馬とサドル

天野氏は、公然と人前で鞭を振える場は、乗馬の機会に限られると言います。確かにそれ以外の場面で、女性が鞭で何かを思いきり引っぱたいている姿は見ませんね。犬や猫に躾と称して鞭を振る事も無いだろうし、店員さんが物を売る時に品物をペシペシ叩いて「いらっしゃいませー」と言うのも見た事無いです。見て見たいですけど…。日常で近いものは、蠅叩きとかでしょうか。そう考えると、乗馬は貴重かもれないですね。最近では、18歳の女性ジョッキーが日本中央競馬会(JRA)で16年ぶりに誕生したと大きく報じられていました。自分は全裸で四足になって、18歳の可憐な美少女がその背中にどっしりと乗っかる。激しい鞭をお尻に頂きながら前進するなんて最高ですね。それを観覧している女性に嘲笑なんてされたら言う事無しです。ゼッケンを盗んだ人も居たようですが、どうせなら背中の鞍(お尻乗せる所をそう呼ぶらしいです)が欲しいですね。乗馬系のAVはやはり少なく、ファッションだけならブーツの館、本格的な野外での乗馬プレイなら甘美会がオススメです♪
乗馬令嬢ブーツご令嬢の規律としつけ 愛乃みちる逆萌え、Sメイド…家畜M男劇場
乗馬令嬢 ブーツリンチ!!

2、女子大寮のコソ泥

天野氏の随想録には、新聞記事や映画、小説などにも鋭い指摘がされています。新聞記事やゴシップ記事で、「女子大に侵入したコソ泥が女子大生に生け捕りにされる」「某女優宅の便壺に侵入した覗き魔」と言った内容でした。一見して、大したニュース(被害者からしたら大したニュースですが…)ではなさそうですが、こういった新聞記事もマゾヒストならでは視点で読むと非常に興味深いものとなると天野氏は語ります。

コソ泥は、盗み目的ではなく、捕まり生け捕りにされて捕虜になること自体が目的だったとしたら…。そんな馬鹿な奴はいないでしょうとは思います。しかし、マゾヒストの立場からしたらこれ以上のご褒美は無いわけですね。盗みをして金品や使用済みの衣服を手に入れるよりも遥かに手に入れる事が難しいシチュエーションなわけです。

覗きに関しては、ただ覗きをするために潜ったわけではなく、糞尿を浴びたいが為に潜ったのでは無いか?これは、いささか考えられそうな話ではあります。性癖によっては、排泄行為を覗きたいというよりも、糞尿を全身で浴びたかったのかもしれません。大が降るか、小が降るのか…。マゾ心理を理解できない人間には分かり得ないと天野氏は語り、下記のように明言を残しました。

やがて、一、二滴、雨脚の前ぶれのような水滴が額に落ち、そして本降りとなる。この場合のマゾヒストの心境というものは、滝に打たれて修行する行者の法悦と、精神的には少しも変わりはないのである。

いくらなんでもそれは良く言い過ぎでは…とも思いますが。しかし、女性の糞尿を浴びるという行為自体は、確かにマゾヒスト心理以外の何物でもないですね。常人には考えられない、しかし、マゾヒストにとっては神聖な儀式なのかもしれません。カフカの名作「変身」の主人公が、一夜にして毒虫に変身することについて天野氏は下記のように語ります。

女神の前では一匹の虫けらでありたい、と念ずる信仰心の篤いマゾヒストが、滝に打たるるように便壺を滝壺に比して、そこで一匹の蛆に変身を遂げる、ということは、当然ありうることなのである。

ここまで言い切ってしまうと流石としか言いようがありません。天野氏は、蛆虫に憧れており、蛆虫に対する尊敬の念が感じられるお話をいくつかしています。また、お話しする機会があればご紹介したいと思います。私は見ていないのですが、この章で「瘋癲老人日記」という作品を天野氏が褒めています。俳優さんが女優さんの足の指を舐めたり、間接キスで唾を口に吐き込んだりするらしいです。原作は、安定の谷崎潤一郎氏ですw
瘋癲老人日記(昭和37年) - プレビュー

1、「とも乃」という飲屋

日本マゾヒストの第一人者である天野哲夫氏の軌跡を辿ります。「ある異端者の随想録」は「ある異端者の随想録Ⅰ 女主人(ドミナ)の鞍(サドル)」「ある異端者の随想録Ⅱ 三者関係(トリオリズム)の罠」の2冊となっています。この2冊は、M男と女王様の関係を勉強する上で非常に重要な資料となります。内容に関しては、2冊で全90話あり、天野哲夫氏ご本人の体験談、妄想、随想が熱く書かれています。時には、吹き出してしまうような内容もありますが、マゾヒスト文学を語る上では、避けては通ることの出来ない必読書であることは間違いありません。

今回のタイトルにある「とも乃」というのは、天野氏が行きつけの高田馬場にある地下バーと書かれています。ここのママさんが十代幸代似の美人だそうです。十代幸代さんは、今は70代の大御所の女優さんです。あさイチ等にも出演されているらしいですが、私は初めて知りました。歌えば、声はテレサ・テンに似ているという事なので歌はとてもお上手だったようです。
default_8139335b9ea2451c80ce2cdbcd8c4648.jpg十代幸代さん

天野氏は、「とも乃」で長いこと特殊な客であったと書かれています。お客さんに対しては、スナックのママさんもキャバクラのキャバ嬢も普通は、愛想よくお客さんにサービスをします。しかし、天野氏に対するママの態度は普通のお客さんとは違いました。省略すると下記のとおりです。

1、他の客へ対するような笑顔は向けない
2、グラスに氷を入れてウイスキーを注がない
3、欠け皿か何かに、前日の残りものの一部、客の食べ残しのサラダの少しすえた臭いのするもの、かじりかけの魚身や骨、パンの耳がつまみとして出される(勿論、他のお客さんのツマミはちゃんとしたもの)



普通であれば「こんな物出してふざけてんのかっ!!」と怒鳴りたくなる場面です。しかし、不思議なのが、天野氏からは「残り物をください」だとか「奴隷にして下さい」とママに伝えた事もないというのです。ただ、この対応になるまでは3年の時間がかかっていますが、何年も通っているお客さんに対してこの対応をするなんてことはまず考えられません。ママをサディスティックにさせる様な雰囲気を天野氏は持ち合わせていたようです。ちなみに、天野氏を知らない新しい女の子がウイスキーを注ごうとすると、ママは「いいのよ、その人。気つかう必要ないの」と、笑顔は別の客に向けるだけと書かれており、それに対する天野氏の感想が「ここの呼吸がよろしい」。羨ましい限りですね。
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
「CFNM」「M男羞恥」に魅せられた紫眼球水槽です。M男を辱める小説を作成しています。それ以外に、体験談、経験談、お勧めのAVや書籍、欲望のままに綴った自作小説を一挙公開させて頂きます。どうぞゆっくりしていってください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

カテゴリ
紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-田舎ママ女王様 VS 包茎マザコン男包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽の公式HP
M男向けGIF集
bloggif_57d4c5e1232f4.gif bloggif_57d4c620af209.gif bloggif_57d4b1160012f.gif bloggif_57d4b06e81524.gif bloggif_57d4b0f81723d.gif bloggif_57d4b03b6b7dc.gif bloggif_57d4b0cd83fb3.gif bloggif_57d4b00a1a0ac.gif bloggif_57d4aff2a14f5.gif bloggif_57d4b0a13a4a5.gif bloggif_57d4afcc8dd1e.gif モンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました tumblr_mlpuze3fy21s17vl9o1_1280.jpg モンタージュBloggifを作成しました ABCっでうぇw05 モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
タグ

CFNM 女王様 罵倒 顔面騎乗 包茎 強制オナニー 圧迫 手コキ 長身 クンニ 爆乳 センズリ アナル ギャル JK 格闘技  フェラ ブーツ 聖水 ォシッコ おばさん 足コキ ビンタ 金蹴り 蹴り JC 女装  言葉責め 踏みつけ 短小 看護婦 ぺ二バン 淫語 いじめ JS 美脚 酔っぱらい女 女子高生 奴隷 露出狂 トイレ ぽっちゃり  おっぱい 羞恥 温泉 お漏らし ママ 巨尻 チンカス 臭い 清掃員 マッサージ 蝋燭 嘲笑 オムツ 爆笑 赤ちゃんプレイ ナース 授乳 寝取られ 立ちション M男 カップル 剃毛 同級生 店員 OL 熟女 金玉 露出 ペニバン 緊縛 筋肉 ペ二バン Jk アロマ企画  芸能人似 茶髪 コンビニ店員 同僚 コスプレ  首絞め フリーダム 屈辱 メス化 パイパン 女教師 浣腸 竹刀 電気あんま ネカフェ 水着 ボクシング ぶっかけ 早漏 五十嵐ゆい 食糞 ヒール キス 水責め パンチ マザコン 灰皿 バイブ 69 レザー ぺニバン 首輪 子供 童貞 電気按摩 ヤンキー 格闘 外国人 散歩 ウンチ 土下座 SEX JD 女子大生 部活 携帯 キャバ嬢 撮影 プール JK ホモ  女子 パート 巨根 クラスメイト 失禁 ニヤニヤ 母親 スポーツ用品店 妻の友達 満喫 誕生会 感想 ブス 試着室 オナホール 塾の先生 バイト 写メ 鷹宮りょう メイド マクドナルド ロリ JC 赤ちゃん 強制ホモ ホームレス 女看守 おむつ 尿道 公衆トイレ 銭湯 抱っこ 愛音ゆり 検尿 キモい 脱糞   飲尿 大槻ひびき 女上司 JS 中国 夢野あいだ 障●者 笑顔 ホテル 親子連れ レジの店員 隣人 セールスレディ アカスリ 男女兼用 客引き フェラチオ 先輩 コンビニ  女将 後輩 足舐め 異世界  上司 ばばあ 部下 ジョギング おなら 乳首責め アイドル 排泄 精子 掃除のおばちゃん オナクラ ミニスカート 奥様 パンチラ 女の子 ウエイトレス 素人 カラオケ 裸踊り アナル舐め 巨漢 女子社員 パンティ 伯母 エレベーターガール ハード チャット 人間灰皿 公園散歩 お姉さん オムニバス  人間便器  不良 飲み会 黄金 フードクラッシュ 匂い 水泳部 NTR 女子マネ 咀嚼 マンション 歯医者 計測 レジ店員 ヨダレ 浴衣 ふたなり ネイルサロン