FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。
カテゴリー  [ 性的いじめ体験談・♂ ]

性的いじめを受ける男 その10

36、義母と義妹の奴隷②
健太は目の前が真っ暗になるほど衝撃を受けた。「そんな、いやです。真由の前でなんて」「つべこべ言うんじゃないよ。さっさとくるんだよ」「いやだぁ、いやー」健太は匡子に腕を掴まれ、引きずって行かれた。匡子は大きな体格で、力も強く、華奢な健太には、抵抗する術もなかった。ダイニングでは真由が朝食を食べていた。匡子に引きずられてやってきた健太を見て、真由は驚きの声を上げた。「やだ。お兄ちゃん、何、その格好。あー、やだ、そのパンツ、あたしのじゃない。ママ、いったいどうなってるの」「真由、お聞き、健太は昨日の夜、とんでもないイヤラシイいことをしているところをママに見つかったんだよ。それで今からお仕置きをするんだよ。健太はお前のパンツをこっそり盗み出して、恥ずかしいことをしてたんだよ。それで、今日はたっぷり懲らしめてやるんだけど、真由、お前にも健太のお仕置きを見せてやることにしたんだ」 健太には淡い期待があった。それは真由が「お兄ちゃんが可哀想だから、止めてあげて」といってくれんじゃないか、ということだった。真由は幼い頃は「お兄ちゃん、お兄ちゃん」といって慕ってくれていたし、生意気盛りの近頃は、母親の影響で健太を馬鹿にするようなこともあったが、それでも本当の兄妹のように仲は良かったのである。しかし、真由の言葉は、そんな甘い希望を吹き飛ばした。「わー、あたし、お兄ちゃんがママにお仕置きされるところ、いっぺん見たかったんだ。ねえねえ、お兄ちゃん、お尻を叩かれるの」「もちろん、お尻を叩かれるよ。いやという程ね。今日はそれだけじゃないよ。浣腸もお灸も、全部やってやるんだからね」「わー、楽しみぃー」
BOOTS

37、義母と義妹の奴隷③
「健太、あたしたちが朝ご飯を済ますまでそこに立っていな。お前はもちろん、今日は食事抜きだからね」こうして健太は、妹のいちご模様のショーツを穿いた恥ずかしい格好で、母娘が朝食をとるテーブルの横に立たされた。真由は、トーストを囓りながら、横目で健太を見、小さな声で母親に言った。「ねえ、ママ。お兄ちゃんって、なんか女の子みたいだから、あたしのパンツ、似合うよね」そんな妹の声が耳に入り、健太は恥ずかしさに真っ赤になってうつむいていた。その屈辱以外にもう一つ、健太を先ほどから悩ましていることがあった。それは尿意の高まりだった。健太は、昨日の夜からトイレに行っていなかった。健太は腰を小刻みに揺らし、尿意を我慢していた。「何だい?さっきから、体を揺すったりして。じっと立ってなさいといってるだろ」楽しそうにおしゃべりしながら、朝食をとる母娘の横で、「オシッこ●に行かせて」も言い出せず、健太はいよいよ迫り来る尿意を必死に我慢した。そして、ついショーツの上から、おちんちんを触ってしまった。そうすることで少しは我慢できるのだった。でも、それを目ざとく真由に見られてしまった。「いやだ、お兄ちゃんったら、おちんちん触ってるよ」「まったく、なんて子なんだろう。お仕置きの最中にまで、おちんちんを触るなんて」「ち、違うんです」「何が違うんだい」「あの、…僕、オシッ●がしたいんです。お願いです。トイレに行かせて下さい」「何を言ってるんだい。お仕置きの最中にトイレだなんて。そんなもの、行かせるもんですか。お仕置きがすむまで我慢しな」「でも、朝からまだ一度のトイレに行ってないんです」「知るもんかね。そんなこと。トイレに行くななんて、一言も言わなかったよ」「ごめんなさい。お願いですから、トイレに行かせて」「うじうじとうるさいんだよ」匡子の平手が、健太の頬に飛んだ。その瞬間だった。必死に耐えていた尿道の括約筋が一瞬弛み、オシッ●が漏れ出た。じわっとショーツの前に熱さを感じた。健太はあわてて再び我慢したが、ショーツの前にシミが広がった。「あー、お兄ちゃん、お漏らししたよ」真由が叫んだ。「真由、健太のパンツがどれくらい濡れているか、調べてごらん」真由は手を伸ばし、健太のショーツの膨らみを触った。「やめろ。真由。いやだよ」「じっとしなさいよ。お兄ちゃん。お漏らしがどのくらいか調べてあげるんだから」再び、少量のオシッ●が漏れてしまった。「やだぁ、お兄ちゃん。我慢しなさいよ」
変幻餌罪

38、義母と義妹の奴隷④ 
もう一度、なんとか止めることができたが、それが限界だった。「ごめん、もうダメ」妹にショーツの上から手をあてがわれたまま、健太はとうとう大量のオシッ●を漏らしてしまった。「もう、やだ。お兄ちゃんったら、なにもあたしの手にオシッ●かけなくてもいいでしょ」「情けない子だね。オシッ●も我慢できないなんて。これじゃ、いつまでたってもお仕置きできないじゃないか。そうだね、このままお尻を叩いてやろう。初めは、パンツの上からパドルで50発、そのあとパンツを脱がせて、ケインで50発、今日はそれだけじゃないよ。膝の上で平手で何発も叩いてやるんだからね。さあ、壁に手を突いて」「何が痛いもんか。これで痛がっててどうするんだよ。今日は100回以上叩かれるんだよ」50打のパドルによりスパンキングが終わった。「今のうちに、お漏らしのあとを片づけておこうか。そうしないと、オシッ●臭くて、かなわないからね」そういうと、匡子は健太の足下のオシッ●を雑巾で拭き取った。「健太。パンツを脱ぎな。真由、すまないけどタオルを水で濡らして、健太の足を拭いてやっておくれ」「はいはい」真由は浴室からタオルを持ってきて、それを水で濡らし絞った。そしてショーツも脱いで、素っ裸のまま立たされている健太の両足をぬぐった。「健太。じっとしてるんだよ。妹にお漏らしの後始末をしてもらう気分はどうだい」健太は唇を噛みしめ、屈辱に耐えるしかなかった。「ほら、お兄ちゃん、おちんちんもキレイにしておきましょうね」真由はそういうとタオルで健太のおちんちんと睾丸をごしごしこすった。あー、やめて」健太はおもわず腰を引いた。「健太。動くなと言ってるだろ」匡子は平手で健太のお尻をピシャリと叩いた。「ねえ、ママ。お兄ちゃんのおちんちんって赤ちゃんみたいだね。パパのおちんちんと全然違うよ。パパのおちんちんはもっと大きくて先が丸くなってるけど、お兄ちゃんのはなんかちっちゃくて、先がとんがってるんだね」真由は健太のおちんちんをつまみながらそう言った。「やめて、お願いだから」「やめて、お願いだからって、ほんと、お兄ちゃんって女の子みたいだね」「そんな子供みたいなおちんちんのくせに、一人前にあんなイヤラシイことをしてたんだよ。こいつは。さあ、もういいだろ。今度はケインだよ。50回叩いてやるからね。痛いよ。分かってるだろうね。いくら痛いからって、大きな声を出したり、お尻を動かしたりしたら承知しないからね。そんなことをしたら叩く数を増やしてやるからね。真由。叩く回数を数えておいておくれ」
39、義母と義妹の奴隷⑤
「えっ、いいの。あたし、いっぺんしてみたかったんだ」「そう、じゃあ決まりだ。あたしが休んでる間、思う存分叩いてやりな」「やだぁ、そんなのいやです。真由に叩かれるなんて、ひどすぎるよ」「何がひどいもんかね。大体、今度のことでは真由が一番の被害者なんだからね。自分のパンツでイヤラシイことをされたあげくに、お漏らしまでされちまったんだよ。叩かれて当然だろ」「でも、妹に叩かれるなんて、恥ずかしすぎるよ」「お黙り。恥ずかしいことをすれば、もっと恥ずかしい目に会うんだよ。さあ、真由の膝の上にうつ伏せにおなり」しばらく真由に叩かれた健太は、しばしの休憩で疲れを癒した匡子の膝に乗せられ平手で叩かれた。真由とは比べもにならない痛さだった。背中をがっしりと抑えつけられ、息つく間もなく平手打ちが続いた。健太は足をばたつかせ泣き叫び続けた。匡子の手が疲れるまでスパンキングは続いた。ようやく終わったとき、健太はもう起きあがる気力もなく、ソファにうつ伏せになり泣いていた。「ねえ、ママ。お兄ちゃんがしたイヤラシイことってどんなことなの?」「えーと、それはねぇ。…そうだ。健太。お前、そこで昨日やってたことをやってみな」 健太は泣きやみ、起きあがると呆然と匡子を見た。そして、一瞬の沈黙のあと叫んだ。「そんなことできない。絶対やだ。お母さん、それだけは許して」「いつもこそこそやってることじゃないか。ほら、さっさとそこでオナニーをするんだよ」「いやー、いやだぁー。できないよぉー」「そうかい、できないんだね。それじゃ、もう一回ケインでお尻を叩いてやるよ。ほら、こっちに来るんだ」匡子はケインを持ち、健太の腕を掴んだ。「イヤー、もう叩かないで。分かりました。オナニーをしますから」「いつもそうなんだから。どうして直ぐに素直に言うことを聞けないのかね、この子は。ほら、ソファーにうつ伏せになって。いつもやってるようにするんだよ」健太は泣きながらソファにうつ伏せになり、おずおずと腰を上下に揺すった。「ママ、お兄ちゃん、何をしてるの?」「ああやって、おちんちんをこすりつけてるんだよ。イヤラシイだろ。まったく」「あー、分かった。ジョンと同じことをしてるんだ」「そうそう、ジョンがこんなことしてたね」ジョンというのは飼っている雄犬のことだった。最近はやらなくなったが、発情期になると所構わずペニスを柱や時には人の足にまでこすりつけ家人を悩ませたのだった。「お兄ちゃん、犬と同じことしてるんだ。最低だね」「本当だね。妹にこんなこと言われて、恥を知りな。ほら、ちょっと起きて、おちんちんをみせてごらん」
40、義母と義妹の奴隷⑥
言われるまま健太は起きあがった。おちんちんは小さいままだった。「なんだ。ここではやっぱりできないんだね。真由。ちょっとおいで」「何?、ママ」匡子は真由の耳元でささやいた。「やだぁー、ママ」笑いながら真由は健太の前に立った。「お兄ちゃん、ほら、見て」真由は白いショーツが丸見えになるまで、ワンピースの裾を捲りあげた。「ママ、見て。お兄ちゃんのおちんちん、ちょっと大きくなったよ」「やっぱり、変態だね。妹のパンチラで興奮するなんて」真由はさらに大胆になった。「お兄ちゃん、見たいんでしょ」真由はショーツに手を掛け、膝の上まで下ろした。いつも頭の中で描いていた少女の部分だった。3年前に比べ、太腿はむっちりと大人びていたが、割れ目はまだ産毛が少し濃くなっている程度だった。「うわぁー、すごい。大きくなったよ。ママ」いくら屈辱的なこんな場面でも、悲しい性だった。健太のおちんちんは、幼いながらも勃起した。「でも大きくなっても、先っちょはとんがったままだね。ねえ、ママ。ちょっと触ってもいい」「やめてよ、真由。いやだよ」健太はおちんちんを手で隠そうとした。すかさず匡子が後ろから、健太の両手を捻りあげた。「ほら、今のうちに触ってごらん」「やだ、やだ、やだ」「じたばたするんじゃないよ。真由。健太の足の上に跨るといいよ」真由が言われたとおり足に跨ると、小柄な健太はもう抵抗できなくなった。真由は手を健太のおちんちんに近づけた。そして指でそれをつまんだ。「へぇー、こんなに固くなるんだ。おちんちんって」真由は興味深そうに健太のおちんちんの先の皮を引っ張ったりして弄んだ。健太はいやいやをするように頭を振るだけだった。「真由、ほらその皮をこすってやってごらん」「えっ、どうするの?」「先っぽの所を握るようにして、そうそう、それでこうやってこするようにするんだよ」真由は匡子に教えられたように、健太のおちんちんの皮を上下にこすった。「いやー、やめてよぉー。いやだよぉー」「ママ、なんかヌルヌルしてきたよ」「ほら、もっとこすって。健太、お前はじっとしてるんだよ」健太のお腹が一瞬、波打ったかと思うと、おちんちんの先から白濁した精液が噴き出した。「やだぁ、お兄ちゃん、またお漏らしした」「これはお漏らしじゃないんだよ。これはオシッ●じゃなくて精液。学校で習わなかったかい」「あー、これが精液っていうの。へぇー、精液ってこんなにヌルヌルしてるんだ。なんか、臭ーい」真由は健太の精液で汚れた手を鼻に近づけて言った。真由が洗面所に手を洗いに行ってる間、健太はもはや抜け殻のようになって、ただ呆然としていた。「何をボーッとしてるんだい。これでおちんちんを拭いておきな。お母さんは浣腸の用意をしてくるから」匡子はそう言って、ティッシュの箱を健太に向かって投げ、部屋を出て行った。しばらくすると真由が戻ってきた。「お兄ちゃん、おちんちん、ちゃんと拭けた?」健太はこっくりと頷いた。「そう、じゃあ、ママがお風呂場に連れてきなさいって言ってるから、いっしょに来るのよ」「お願い、真由。浣腸されるところは見ないで」「ダメよ。今日はあたしにも浣腸のやり方を教えるんだって。さあ、早くしないとママ、もっと怖くなるよ」「でも、お兄ちゃんも可哀想だね。こんな目にあって」「仕方ないよ。僕が悪いんだから」健太は思いがけず、真由に優しい声を掛けられ涙が出そうになった。しかし、そんな甘い感傷は長くは続かなかった。「お兄ちゃん、お兄ちゃんのクラスに福崎奈々っていう子、いてるでしょ」「えっ、どうして真由が知ってるの?」奈々は健太の同級生だったが、学年でも一番の美少女だった。健太も密かに憧れていたが、勉強も運動もできる奈々は、両方ともぱっとしない健太にとっては高嶺の花だった。「あたしね、奈々さんの妹と塾で同じクラスなんだよ」「へー、そうなのか」「おにいちゃん、あたし、今度、塾で香織、あっ、それがその子の名前なんだけどね。香織に今日のこと、話しちゃおうかなって思ってるんだ」健太は絶望の淵に突き落とされた。「やめて、お願いだから、今日のことは誰にも言わないで」この恥ずかしいお仕置きのことが奈々に知られたら、もう生きていけないと健太は思った。「お兄ちゃんがイヤなら言わないよ。でも、その代わり、あたしの言うこと聞いてくれる?」「うん、聞くから、絶対言わないで」「そう、じゃあ、お兄ちゃんは今日からあたしの奴隷になるのよ」「えっ、奴隷って」「そう、奴隷、あたしの言うことは何でも聞く奴隷」「そんな…」「イヤならいいのよ。香織に、お兄ちゃんがおちんちんに恥ずかしいことをして、ママにお尻を叩かれたり、浣腸されたことを言うんだから」「ひどいよ、真由。そんなこと」健太はしくしく泣き出した。「うっそだよ。言わないよ、誰にも。あたしだって、恥ずかしいもん。安心して、おにいちゃん」健太には、真由があどけない顔をして、人の気持ちを弄ぶ悪魔のように見えた。健太は妹に手を引っ張られるように風呂場に連れてこられた。風呂場は大人が3人でも十分入れるくらいの大きさがあった。匡子はガラス製の浣腸器やグリセリンの瓶を用意して待っていた。
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ 顔面騎乗 JK 強制オナニー 言葉責め ギャル 圧迫 嘲笑 おばさん 踏みつけ 包茎 クンニ いじめ 長身 アナル 熟女 ォシッコ 羞恥 センズリ 蹴り ブーツ 聖水 フェラ JC 爆笑 爆乳  屈辱 美脚 足コキ ビンタ 格闘技 短小 女装 トイレ 金蹴り JS 店員 露出 淫語 看護婦 ぺ二バン  露出狂 温泉 立ちション 酔っぱらい女 オムツ OL 赤ちゃんプレイ  授乳 巨尻 JD ママ 臭い 部活 お漏らし ぽっちゃり 奴隷 強制ホモ 浣腸 蝋燭 女子大生 寝取られ 女子高生 おっぱい 電車 水着 マッサージ師 写メ プール マッサージ M女 電気あんま 集団 ペニバン ヤンキー バス 清掃員 バイブ 調教 銭湯 パート ヒール 金玉 巨根 女教師  メイド 失禁 パイパン コスプレ 灰皿 剃毛 同級生 コンビニ店員 お母さん ナース M女 M男 カップル奴隷  首絞め 緊縛 外国人 オナニー OL 竹刀 バイト Jk レズ 動物真似 筋肉 パンチ キャバ嬢 チンカス 子供 お姉さん 後輩 茶髪 排泄 アロマ企画 芸能人似 カップル 母親 同僚 足舐め 食糞 ペ二バン レザー セールスレディ デブ 尿道 フリーダム 黄金 乳首 水責め 飲尿 ジャージ NTR ネカフェ 先生 首輪 格闘 射精 ウンチ 電気按摩 女の子 撮影 携帯 童貞 婦警 ぶっかけ  幼児プレイ パンスト 野外 裸踊り 電気アンマ 肉体改造 コンビニ マザコン  五十嵐ゆい  貞操帯 散歩 早漏 飲み会 アナル舐め 土下座 SEX 感想 ぺニバン ボクシング メス化 素人 JK クラスメイト  69 女看守 スパンキング キス 匂い 先輩 女子 乳首責め 人間便器 アカスリ 咀嚼 夢野あいだ おなら 上司 赤ちゃん 鷹宮りょう ロリ 大槻ひびき ウエイトレス カラオケ 検尿 人間灰皿 巨漢 オムニバス ハード 掃除のおばちゃん 愛音ゆり ふたなり パンチラ ミニスカート 奥様 ヨダレ フードクラッシュ  オナクラ チャット うんこ 宅配 デッサン 運転手 アダルトショップ ウンコ 祭り ナンパ 巨乳 ブルマー アナルフィスト マッサージ女性 スーツ タイツ 病院 ユニフォーム ホモプレイ 風俗嬢 ネット ドン引き モデル コーチ 少女  手袋 失神 テニス ヌードデッサン 漫画 レギンス ジム ラブホテル CMNF 排泄公開 事務員 風呂 スナック 友達 保健室 中国人 専門学生 検事 改造 旅館 写真 お尻ペンペン パイパン看護婦 母乳 NTR おばちゃん 拷問 公園 おばあちゃん 漫画喫茶 公開排泄 拡張 ディルド バスガイド 観光地 介護 グロ 酔っぱらい女性 田舎 海外 ニューハーフ 知り合い 脚コキ 試着室 妻の友達 JC スポーツ用品店 ネイルサロン 不良  塾の先生 マクドナルド 満喫 フェラチオ ブス 誕生会 オナホール ニヤニヤ エレベーターガール 伯母 女子社員 パンティ 女子マネ 部下 ばばあ 女将 ジョギング 水泳部 マンション 公園散歩 警備員 レジ店員 計測 歯医者 浴衣 笑顔 ホテル 水泳  ファーストフード店 居酒屋 トイレットペーパー 精子 乗馬 失笑 ブーツ舐め 看護師 学生 ボンテージ 訪問販売 煙草 監禁 脱糞  親子連れ レジの店員 中国 JS 障●者 ホームレス 客引き 男女兼用 おむつ  公衆トイレ 抱っこ 隣人 女上司 ホモ 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR