FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。

CFNMの話 その206

fffffffffffffffffrreewtuuuuuuuuuuurh65tyreytyu5ryt.jpg
946、電車で露出行為をする変態
オールした後、ほぼ始発と変わらない時間に電車に乗りました。 しばらくするとボーイッシュで可愛いけど地味めな女の子がボックス席の斜め向かいに座りました。 前日ヌいてなくてムラムラしていたし人も全然乗っていなかったから、チンポを出してその子をオカズにしながらオナニーしちゃいました。 最初は気づいていなかったら女の子ですが、チラッとこちらを見てチンポに気づきフリーズしていました。 動揺して目線すら動かせないみたいで、ずっとチンポをガン見してくれていました。 そのまま最高の気分で射精を見せつけられたので大満足でした。 女の子は思わぬ露出狂との遭遇で固まりつつも、たまにチラチラとチンポや顔を見てきてとても可愛かったです。
947、豪の中で見せつける露出狂
今年の夏。まだほの暗いの早朝。某公園内の東や的な建物の中で半裸になり勃起をしごきはじめた。は小降りだったり時折激しく降ったり。そろそろ待ち合わせの時間。俺の緊張と興奮は高まった。懐中電灯の灯りが見えた。来たっ!今は俺の飼い主の女性だ。興奮がさらに高まった。近づく彼女。俺はその前にスケベな姿をさらし勃起をしごいた。に打たれながら見られている時の嬉しさはガキのようだったと思う。ためらいもなく全裸になった。石畳風の地面に横たわりあおむけになった。尿意をがまんしていたがしごきながらォシッコをした。自分のカラダに尿とが・・・既に理性はぶち壊れどんなアホづらをしていたことだろうか。えへへと薄笑いをうかべながら飼い主さんの侮蔑の視線を受け止めて興奮していた。もっと激しいに亀頭を打たれたかったのだがそういう意味では雨足は弱かった。しかし雨に打たれ、自分のカラダにォシッコし勃起をしごきながらエヘヘと薄笑いを浮かべた俺を蔑んだ視線で見つめてくれた飼い主さん。どう考えても変態な俺が許容された瞬間だった。この夏、不謹慎だと承知しつつ豪雨や台風情報を入念にチェックしたのは野外オナニーの亀頭に豪雨を浴びながら腰砕けの俺を飼い主さんに嘲笑してもらいたかったからだ。
948、外国人短小包茎嘲笑される
先日サウナに行きました。洗い場の外れに垢スリコーナーがあり 韓国人や中国人の若い女の子がヒマそうに客を待って いました。 平日の夜中でサウナの中も洗い場もガラガラの状態 でした。僕はハンドタオルを腰に巻いて垢スリをお願いします と1人の女の子に声をかけるとその女の子が1人の女の子に 声を掛けてここにうつ伏せに寝るように言われました。 僕の担当は一番好きな顔のスラットした韓国人の女の子 で僕は心の中でラッキーと思い早速ベッドにうつ伏せに 横たわりました。女の子は何気ない顔で腰のタオルを 取り先ずは背中の垢スリをしてくれてそれが終われば 次は仰向けになるようにカタコトの日本語で言われました。 僕はこの瞬間を待ちに待っていました。 そして何食わぬ顔で仰向けになるり女の子の様子を見ると チラッと僕の完全に皮が被ってかなり皮が余ってる 1cmくらいの小さなチンポを見て一瞬驚き直ぐに 外国語で他の女の子に声を掛けてニヤニヤと笑いながら 垢スリをはじめました。外国語だとわからないと思ったのか 他の女の子も全員小さなチンポを見て笑っているのが 直ぐに分かり次第に僕の真性包茎は勃起し始めました。 それに気づいた女の子はまた一段と大きな声で笑い出し 勃起しても、4cm くらいで皮の被ってる赤ん坊のような チンポを4人で大声で笑われ僕は恥ずかしくて 目の前が真っ暗になったと同時に余った皮の先から 精液が溢れてしまいても使わず射精してしまいました。 それを見てた三人の女の子が腹を抱えて笑っています。 する垢スリしてくれていた女の子がお湯てザーメンを 流してくれ耳元で お兄さんの鉛筆みたいで可愛いね、恥ずかしくないの? こんなの初めて見たよ笑 と言いその後4人で外国語で話し笑いながら垢スリが 続きますた。 僕は真っ赤な顔で我慢して逃げるように帰りました。
949、プールで秘密のCFNM体験
高校生のとき。 放課後にプールで水泳があった日。 放課後誰もいない教室で水着から服に着替えていました。だれもいないので特にタオル等も巻かずそのまま水着を脱いで全裸に。 普段授業を受けている教室で全裸。しかも誰か来たらどうしよう。そんな緊張感からあそこはフル状態に。 もう興奮が止まらなくなって汁を垂らしながら教室中を歩き回りました。歩く度に上下するあそこ。こんな姿誰にも見せられません。もう我慢できずしこしこ。 ああ、気持ちいい。こんな一番恥ずかしいところ誰かに見られたらどうしよう。でもやめられない。ずっとしこしこし続けてそろそろいくってなったときです。ガラッ。教室のドアが開き恐らく1年生でしょうか。まずいと思い、あそこから手を放そうとした瞬間、ピュー、とあそこから白い液が飛びました。一番男として恥ずかしい瞬間をおもいっきり下級生の女の子に見られた私。女の子は「ごめんなさい!」といい逃げていきました。
950、歯科医師さんに食み出した下半身を見られ嘲笑される
夏休みに歯医者に通ってました。その歯科は30位の女医と若い衛生士、女ばかりの歯科でした。 ある日、白のバスケ用短パンをノーパンで履き、歯科に行きました。歯科ではよだれ掛けをかけますが、ベルトライン位までで、股間はそのままです。その日の治療で、女医さんの胸がわずかながらも当たり、さらに女の匂いで興奮してしまい、短パンはテント状態に。女医さんの横でサポートしてる若い衛生士がそれに気付き、そわそわしてる様子。僕は口を開けたまま動く事が出来ないマグロ状態で、股間は無防備にさらけ出したままです。すると他の衛生士達もニヤニヤしながら覗きこむように股間を見ています。見られていると思うと更に興奮し、超フルボッキです。もう、見られてるだけで射精してしまいそうになヤバい状態。その時、衛生士が笑いながら股間によだれ掛けを敷きました。院内には笑いをこらえる衛生士達の声。僕は射精をこらえるのに必死でした。お陰で、治療の痛みは感じませんでした。治療が終わり立ち上がる時、衛生士達の視線が股間に集中してるのを見て、顔が真っ赤になる位恥ずかしかったです。グローリークエスト
ドS痴女M男イカセ隊

滝川かのん

300円~

CFNMの話 その205

pd54wky8a5wj86yslikiguuykfu.jpg
941、漫画喫茶で精液ティッシュを放置する変態
白い液体をティッシュに出してそれが外側になるように丸めて放置して帰る たぶん店員さんがもっとも嫌がる事だと思う それをどんな顔して片付けているのか見てみたい うっかり手に付いてしまって、イヤ~って表情が見たい 平日の朝6時入り、禁煙フラットシート、最奥部にて時を待つ 付近での客は俺を入れて4人 向かいと少し離れたブースに2人 向かいの男がエロ動画を見ていることは確認済み また、何度か店員を呼んでそれを興奮材料としている 同じ変態だ 9時頃、向かいのブースからゴソゴソと音がし始めて帰り支度を始めた リュックを持って出る男のあとをつけカウンターで会計をしていることを確認 時が来た すぐに戻って男がいたブースに潜入 まずはパソコン。自分のお気に入りの無修正サイトを開いてお気に入りの動画を再生 次に、前日から準備していた液体をティッシュに出してそれが外側になるように丸めて放置 さらに待っている間に出した液体も保存していたのでそれもティッシュに出して丸めて放置 最後に動画を全画面にしてヘッドホンから音漏れするくらいの音量最大設定 これらを完了するまでに3分程度 上出来だった 自分のブースに戻って興奮の余韻でさらにシゴキ出す それもまたティッシュに丸めて向かいの入り口付近に投げ入れる しばらくして向かいのブースを片付けに女性店員が来た 一瞬戸惑った感じだったが、入り口の出したばっかりのティッシュボールをまたいで入っていった 扉を開けっ放しにしているから彼女の姿も行動もよく見える 彼女はまず初めにパソコンの動画停止をし、テーブル床に散乱しているティッシュボールを拾いだした ダミーのティッシュに紛れるベトベトボールについに触れてしまい持った瞬間、投げるように離した おもしろいことに彼女が1歩2歩と後ずさりのような事をしたとき、 入り口にあったさっき出したばかりのティッシュボールを踏んだ ソックスが濡れてしまったのか不快そうに拭いていた なんとか清掃を終えた頃、彼女に声を掛けてティッシュがなくなりそうだから持ってきてほしいと頼んだ 当然、無修正エロ動画再生して半裸ブランケットで前を隠した姿で 彼女はここが変態の巣窟だってことを再確認できたことだろう。
942、ジョギングをするふりをしてJKに露出行為をする
都下のとある女子校の裏が林になっていて、かつそこは整備され散歩道になっていた。ちょうど3学期の終了式と思われる日で、生徒達は帰るところだったのか、職員は教室にいない手薄の状態の様子だった。つば付き帽子にマスク、半袖シャツに「太腿まで丸出しのマラソン用の短パン」を身につけジョギングを装う。生徒達は窓からちらほら顔を出し、よく外を見ている。2階の教室の窓から林のフェンスまで10~15mくらいか。こちらに気づいた生徒達、如何にも怪しいと思ったのだろうが、職員を呼ぶこともなくどんどん窓から顔を出し始める。そして何と数人がこちらに大声で「出すなら出せよ~!」と挑発してきた。そこで一旦木の後ろに隠れ素早く短パンを脱いでフルチンになり飛び出した。それはもう怒涛の騒ぎ、生徒達の興奮が伝わってくる。2教室から鈴なりのJ K達が窓にひしめき「ねぇ、ちょっと見えない、見えない、頭じゃまだよ!」などの声が聞こえる。後ろを向いて四つん這いになりアナルと玉袋も見せる。「うわっ、凄い!お尻、お尻の穴まで見える、いやらしぃ~!」今度は素早く仰向けで股を開きシコシコ。数えることは出来ないが、50人はいたかと思われるJ K達は、皆身を乗り出しこちらを凝視。あっと言う間に怒涛の如く射精。「いや~ん出してる、出してる、もっと近くで見たい!」「ねぇ、ねぇ、お尻の穴ヒクヒクしてない?」などこれがJ Kの本性なんだ?と驚かされた。それから素早く退散し、ものの3分くら いであったが、今でも自分の中のレジェンドである
943、ラブホの駐車場でSMプレイ
とあるモーテルタイプのラブホの駐車場でご主人様に野外露出を見て頂きました。 昼間なので余り込み合っていませんでしたが、車で通ればほぼ視界に入る場所でデニール数の低い黒パンストを直穿きさせて頂きました。 ご主人様の命令で黒パンスト以外は何も身に付けさせて貰えず、今立っている場所から[絶対に動くな]と言う指示付きで待っていました。 勿論、車が通っても人が通っても手でオチンチンを隠せないように両手は後ろで手錠を付けられてる状態で、逃げ出せないように足にも手錠をかけられました。 そんな状況下にも関わらず僕のオチンチンは凄く硬く勃起してしまいました。 ご主人様はそんな僕の姿を見てニヤニヤしながら僕の硬く勃起したオチンチンを優しくナデナデし始めました。 そして耳元で恥ずかしい言葉、質問を投げ掛けてきました。 「今のお前の姿他の人が見たらどう思うだろう」「いくら命令されたからってパンスト直穿きして外にはでないだろう」「見られたらどうする?」「まだお漏らしするな」「我慢汁でパンストテカテカになってるよ」「本当は見られたいんでしょ」「身体はこんなに冷えきってるのにオチンチンだけ熱くて脈打ってるわね」「チンコひくひくさせるな」「なんか変な臭いしない?イカ臭いニオイ(笑)」 覚えてる限りだとこれくらいです。 そんな感じで言葉責めを続けられてると1台の車がホテルの駐車場内に入ってくる音が聞こえました。 僕は急いでご主人様に足枷を外して頂けるようにお願いしましたが「部屋に置いてきちゃったからムリ」と言われてそのまま僕を置いて部屋へもどって行かれました。必死に移動しようとしましたが足枷で動けずにそのまま車が通過して行きました。 僕は完全に見られたと思い、恥ずかしさと興奮でその瞬間凄い勢いで射精してしまいました。
944、ケバいギャルとの体験談
凄いメイクの黒ギャル、ヤマンバなど流行った時代、繁華街でたむろしていた5人のギャル達に声掛けして一緒に遊んだ。全員が髪は思い切り金髪に染めてり、濃いメイクに長いルーズソックスといういでたち。ゲームをしたり、ご飯をご馳走して飲酒もさせた。話をしていると彼女たち、茨城県から来ている田舎娘。すっかり盛り上がりカラオケボックスの個室に入ってまた飲酒。こちらもノリで裸踊りをやってみたらむこうもノリノリでペニスを握ってマイク代りにして歌うなど大爆笑してウケた。あらかじめ準備しておいたペンライトや倍率の高い拡大鏡など取り出し、「保体の時間」と称して尿口やら亀頭、玉袋などを拡大鏡で一人づつ見てもらった。玉袋の皺がヤバい、気持ち悪いと言いながら交代で真剣に観察する。アナルも見てもらう。皆の指で拡げられて肛門壁の表皮まで皆に見て もらった。ソファーの上にチングリ返され一人づつペニスをシゴき ながら一人づつアナルに生指を挿入してもらい、「い~け!い~け!」のコールで噴水のように大量に射精した。その後は、一人づつイクまでクンニとアナル舐めをさせてもらい飲にょうもさせてもらいながらシコられて、また射精。
945、パチンコ好きの熟女に…
先日、パチンコ屋で時間つぶしていたら急に雨が降ってきたから車で近くまで乗せてほしいという 太目の熟女が声をかけてきた。あと5分ぐらいで終わるから待ってくれますか?って言われて iPhoneのエロ動画の声を車のスピーカーから出すようにセッティング 熟女を車に乗せぼくはファスナーからモノを出す。小さい音ながらアンアンともだえる声がスピーカーから音が出ている。 熟女は気にせずに今日はなかなか出なかったとパチンコの話をしている。 会話が途絶えると沈黙の中でもだえる声が聞こえる、信号待ちの時は自分でしごいていた。 とっても興奮した。今度は手を貸してくれって言ってみようかなぁ(笑)
ネクストイレブン

CFNMの話 その204

gy2q3kov34icrwslt73qcour4wsx4.jpg
936、露出狂に興味のある女性
夜9時近くに人通りの少ない住宅地の路地でターゲットを探していると、向こうから若い女が。こちらは、短パン、ランニングシャツに帽子、マスクと如何にも不審な出で立ち。さほど警戒するでもなく、こちらに歩いてくる。短パンの上から股間を摩りながらすれ違おうとしていると、その女は怖がるどころかこちらをチラチラ見ながらニヤニヤしている。「あのっ!」思わず声を掛けてしまった。ちょっと「えっ?」と動揺した素ぶりを見せながらも立ち止まった。「あのっ、凄い短時間のバイトしませんか?オナニー見ててくれるだけでいいんで。5~10分くらい、その辺の公園で。2000円でどうでしょう?」すると女は、「え~?ちょっと。」と笑いながら、「怖い人じゃないですか?」と聞いてくる。「もちろん!絶対に貴女に触りません。捕まるのはごめんですから。了承頂ければ見ててもらえるだけでいいんです。それだけで2000円払いますから。」と言うと「じゃあ、いいよ。」と了承してくれ、近くの公園に移動する。少し話しをしながら雰囲気を和ませ、自分が危険な人物でないことをアピールする。それで女が話してくれたのは、彼女は現役の高校3年でファミレスでバイトしており、今帰宅する途中と言う。公園にはトイレがあり、「誰でもトイレ」の大きな個室に入る。代金前払いし、短パンを脱いで下半身裸になりシコシコする。彼女は、「凄い凄いあんま見たことないの実際。こんな近くで見たの初めて!」と興奮気味。身長は160cmくらい、黒髪で少し丸顔、美人ではないが愛嬌があって可愛い。胸はちょっと大きく少しぽっちゃり系。部活は卓球をやっているらしい。彼氏はいないとのこと。「じゃあ、近い将来の為に勉強になるといいね?」と、床に仰向けになって股を開き、おいなりやアナルを見せたり、チンポの先の尿口を広げて見せたり、会陰について教えたり、アナルを広げてこの奥に前立腺があることを説明してあげた。そして、アナルをヒクヒクさせながら大量のザーメンが迸った。トイレから出て、「今日は見てくれて本当にありがとう。」と礼を言うと、「こちらこそ、ほんっとにいいもの見て得した。おじさん、ありがとう。おじさんのいやらしいあそこをおかずにして、毎日オナニーするね!」だって。それを思い出して私もイッてます。
937、宗教勧誘の女性に…
夏に 今のアパートに 引っ越して来た。先日の土曜日 午前9時すぎピンポーンと鳴る 呼び出し音。覗き穴から 見てみると 女性が1人 すぐに 「はーい ちょっと 待って下さい」と返事をして 速攻で全裸に。タオル一枚を腰に巻き いかにも シャワーに入る所です感をだす。もちろん チンコを見せたいので結び目は 前へ さり気なく チンコが 出る様にセッティング いざ 扉を開けると 25歳くらいの 純粋そうな若い女性が 「わざわざ 出て来てくれて ありがとうございます 聖書って 読んだ事 ありますか?」と話して来た。俺は タオルの隙間から見える チンコが大きくなって来たのを感じた。俺「いいえ ないですが」女性 一瞬 俺の 勃起チンコをチラ見する。少し 頬が赤らんでいる。すると気を取り直し 冊子を渡された。俺は もっと 長くチンコを見せたいため 冊子を下の方にして わざと 長めに 見る。もちろん 女性の視線も下の方に。女性は もう一冊 冊子を出して来て 俺に渡した。「これ ご興味があるなら ネット見ていただけたら さらに詳しく解りますよ」少し 女性の声が震えていた。はい 分かりました と返事をしたが まだまだ チンコを見せたい。何とか引き止めようと 話しをする俺。女性は困った顔をしていないから これはと一か八かで こう切り出した「あのー 大変申し訳ないのですが 手を貸していただけませんか?」女性は ???と言う顔をしたが 俺は畳み掛ける様に「寒いので 扉を閉めたいので 中に入ってもらえませんか?」と言うと 素直に女性は 入って来た。どうぞ と言うと 女性はパンプスを脱ぎ 黒ストッキングの足先がたまらなかった。どうしよう と言う顔をしていたので 俺は 彼女の右手を取り チンコの方に持っていった。彼女は 赤面しながら 「何するんですか?」と 俺は もう 欲望のみの生き物と化した。「右手で これを握って 上下に動かすだけででいいんです! お願いします。」彼女は 観念したのか?ゆっくり 冷たく 小さな手で 俺のチンコを握り ゆっくり 上下に シコリだした。俺は「上手です。あー たまりません」と言うと 彼女は 「これで いいんですか?」と 恥ずかしそうに 俺のチンコからは 目をそらし 一生懸命 シコシコしてくれる。我慢汁が出てきたら 彼女は「何か 透明なのが出て来ました!」と 俺は「大丈夫です。いいから 続いて下さい」彼女の胸やお尻を触りたくなったが そこは何故か 自分でもいけないと思い 我慢して 右手だけに集中した。「あぁ もうすぐ 出ます。」彼女「ええ!どうすればいいですか?」俺「手で受け止めて下さい あぁ」 絶頂を迎えました。彼女は 両手で 俺の 大量の精子を受け止めてくれました。手を洗ってもらい お礼を言うと 彼女は自分また 来ますね」と言って 帰って行った。
938、JK金玉を見せつける変態
JKの通学路で下校中の集団を後ろからゆっくり自転車で追い抜いて行く。勿論ズボンのチャックからフルボッキのチンポと精子満タンのキンタマを丸出し状態だ。丸出しチンポに気づかないJKがほとんどだが、怪しい手の動きに気づく子もいる。ヒソヒソ話してる様子に気を取られ前をよく見てなかったその時、車進入防止のポールに激突し、その衝撃で丸出しのキンタマがサドルに打ち付けられ、たまらずその場で悶絶してしまった。その後ろから爆笑するJK達が来て悶絶する私を「大丈夫ですか~」と覗きこむやいなや、「きゃ~」「マジ?」「こいつ出してるよ」「変態?」等々言いながらあっという間にJK集団に囲まれてしまった。それでもキンタマが痛くて悶絶したままうずくまっていると「こいつキンタマぶつけて動けないんじゃない?」と一人が言うとJK達は大爆笑。さらに「おい大丈夫か?キンタマ上がっちゃったのか?」と言うとまた大爆笑。その場から逃げたくても周りを囲まれてるしキンタマは痛いしで動きようがない。そうこうしてるうちにフルボッキのチンポから我慢汁が出てきてしまった。「ゲー、なんか出てきたよ」「精子だよ」「あれ我慢汁ってゆうやつじゃない?」汚物を見るような目でチンポをガン見され、それが逆に興奮してしまいたまらずチンポをしごきだした。「ゲ~、シコリだしたよ~」と集団は一歩下がりつつも「やれやれ~精子出せ出せ~」と手を叩いてはしゃぎ出した。私はキンタマの痛みを忘れ、夢中でチンポをしごき、JK集団から罵声を浴びながら大量の精子をぶちまけた。あまりの興奮に身体中痙攣みたくなり、頭は天国だった。それでも早く立ち去らないと捕まってしまうと我に帰り、精子まみれのまま自転車に飛び乗りその場を去った。
939、コンビニの女性にチンコを見せる
先程つい30分くらい前の話です(^-^)いつものコンビニでやってきました(^-^) コンビニに着いていつもの女性店員がいるのを確認しながらトイレに直行しました(^-^) まずははいているズボンをおろして、中にはいているビキニパンツでわざと横から○○を少し見えるようにはきかえました(^-^) そしてズボンを腰パンになるように調整してチャック全開で買い物をしていざレジへ(^-^) 運良く周りには他に客がいなかったので会計の時にわざと財布探すふりして上着をめくるとはいているビキニパンツの上が見せる事に成功(^-^) そのあとズボンのポケットに手を入れて財布を出すときに今度はズボンのチャック全開になっているのにわざと女性店員に見えるようにしました(^-^) すると女性店員は口に手をあてながらお客様チャック開いてますよって言われました(^-^) そのあと自分はえっとわざと驚いたふりをしました(^-^) チャックを上げるときにわざと中が見えるようにチャックをあげるときにちょっとはみでている○○を見せました(^-^) ビキニパンツの中は普段からツルツルにしているのでツルツルになった○○を見せることに成功しました(^-^) その女性店員は顔を赤らめながらありがとうございましたって言ってくれました(^-^) そのあと女性店員と目が合い微笑んでくれました(^-^) とてもいい経験が出来ました(^-^) 女性店員こちらこそ見てくれてありがとうございました(^-^)
940、飲酒して脱ぎだす露出狂
今はお酒はやめてしまったのですが、毎日のように飲んで遊びまくっていた頃の話です。 知り合って間もないくらいの女の子からの電話に、家に遊びに来れば?と誘うと、一人だとやはり警戒されてしまうのですが、友達と一緒だったりするとけっこう躊躇なく遊びに来ます。 お腹が空いてくると、お酒でも飲みたいと言ってくるのですが、俺はお酒弱いし酔うと脱ぐクセがあるからなと。 まあ、これは全くのウソなのですがw ここで絶対にイヤだという女性とは、外に食事に行くのですが、笑いながら話を聞いているような女性とは、買い出しに行って家で飲むのです。1時間くらいは大人しく飲んでいるのですが、その時間を過ぎたくらいから酔ったフリを始めます。 トイレに行くのにズボンを脱いでパンツ一枚で行き始めるのです。 で、戻ってきてはズボンを履くのですが、3度目くらいからはズボンを履かずに飲み始めても何も言わなくなります。 後は大袈裟に酔ったフリを始め、ハミチンを見せつけていました。 でも、彼女達も酔っていますので笑いながら出てるよとw 最初はキチンとしまうのですが、見られていることに興奮してチンチンが勃起し始めたときは、しまうこともせずに出しっ放し。 それを見た彼女達は、ガマン汁が出てるとか言ってキャキャ言いながら見ています。 オナニーしちゃえばなんて言われてしまったら、恥ずかしいからイヤだよなんて言いながらもしっかりと射精まで見せていました。 自分は明るいところで見てもらいたい気持ちが強いので、こんなことで楽しんでいました。 でも、見せたがりということはバレないように、あくまでも偶然という感じで見せていました。 女性一人ということはなく、ほとんど2~3人の女性に見られながらというのがすごく楽しかったです。
オフィスケイズ

CFNMの話 その203

o0vfdehhhhhhh.jpg
931、電車に乗っていたJKの前で…
夏物の薄い生地のチノパンをノーパンで履いて、電車に乗りました。 竿と玉を全部左側にしてズボンを上げると、形クッキリなモッコリに。 JK数人が座る座席の前に立ち吊革につかまると、モッコリがJK達の目の前。 すぐにモッコリに気付きニヤニヤし始めると、笑いながらヒソヒソ話でモッコリの品評会。「デコピンしたらどうなるかな」という声が聞こえ、期待してたらフル勃起してしまった。すると「ヤバい、でかくなってる」「キモー」等の声。 我慢汁がにじみ出してしまい、それを見たJK達はゲーっと言いながら次の駅で降りて行きました。
932、ジョギングする露出狂
深夜に近所の遊歩道みたいな場所をジョギングしてる最中、一人で夜道を歩いてる大人しそうな感じのお姉さん(多分20代後半くらい)に見せつけました。 ちょうどその時、なんとなくォシッコがしたかったので、立ちションという名目で、Pを出しているところを見てもらう作戦でいきました。 曲がり角付近でお姉さんを待ち伏せして、お姉さんのヒールの足音で近くまで来てるのを確認してからPを出して、近くの芝生になってる場所に向かってォシッコを始めつつ、お姉さんが曲がり角を曲がってくるのを待ってました。 僕の狙い通り、僕が立ちションして数秒後にお姉さんが曲がり角を曲がって来て、バッチリ見てもらえました。 見た瞬間のお姉さんは、声には出してませんが、一瞬「え!?」みたいな感じのリアクションをした後、独り言みたいに「ォシッコだった!」って謎発言を呟いて早歩きで通り過ぎて行きました。
933、フロントの女性にフェラチオを見せつける
部屋に入るとフロントから電話がかかってきて料金を回収にくる仕組みの古いラブホなんですが、料金は入口の棚に置いておくことになっています。 このホテルは露出に好都合の作りになっていて、玄関と部屋の扉を開けると丸見えなんですよね。 良く妻と利用するのですがまず部屋に入り、電話がかかってくると妻に応対させ、その間に自分だけ素っ裸になります。電話を切ったあと玄関と部屋の間の扉を開けっ放しにして、妻に仁王立フェラをさせるのです。 少ししてフロントの女性が料金を回収しに 「失礼します」といいながら、鍵を開け入ってくるんですが 「エッ!」とビックリした様子! それもそのはず、目の前にはギンギンに勃起したチンポを美味しそうにしゃぶる姿があるんですから。これは興奮しますよー
934、個室でオナニーをして店員に見せつけ作戦
ランチを持って来る際に店員に見てもらう作戦を決行。 個室に入り、ヘッドホンはしているものの、音量は小さめなので、外の音は全然聞こえるようにする。 足音を聞き、ランチを持って来る店員が男性なのか、女性なのかを確かめ露出開始。エロ動画を見ながらシコシコ。 『失礼します。、、開けてもよろしいですか?』 無視してシコシコ… 少し店員が扉を開ける。 動画とシコシコを確認したのか、慌てて閉める。 その状況だけでイキそうになったが、なんとか我慢した。 店員が一度戻って行った。 もしかして次は男性店員が来て叱られるのか?と思い、急いでズボンを履いてテレビに切り替える。 しばらくして、『失礼します。開けてもよろしいですか?』とまた来たので今度は『はい。』と応えると怪訝そうな顔をした女性がランチを運んできた。 自分は気付いてないフリをして普通に受け取ったが、顔を見たらとても嫌そうな顔をしていたので、非常に満足感があった。 一応その後ヌイた後、会計時、偶然にもランチを持ってきた女性が会計担当となった、ものすごく汚いものを見るような目で会計を済ませているのが、すべてを物語っていた… 隣のレジ担当の女性も怪訝そうな目で見ていたので、恐らく報告は済ませているだろう。
935、怪しい宗教勧誘の女性
ある日の夕方、S県のひっそりとした神社の敷地にJDかもっと若そうな女性が2人いたので、隅のベンチに腰掛けてズボンとパンツを太腿まで下げてシコシコした。2人はこちらに気づいたのか近づいてくるので、急いでズボンを上げ気づかないふりをした。すると2人が「こんにちは。」と声を掛けてきた。白々しく何気ない世間話しをしていると、私たちは悩みを抱えた人たちの相談を受けるカウンセラーをボランティアでやっている、という。聞けば「仏教系を名乗る信仰宗教のKS会」のメンバーで、どうやら2世らしい。私はそこが、強行な勧誘で有名であり、メンバーにはノルマが課せられているのを知っていた。それで悩みを聞いてもらうという話に乗り、彼女たちに案内されてあるアパートに行った。そこへ行くと、もう一人20代くらいの女性がいて、男性は居らず若い女性3人だった。早速彼女たちから説法などいろいろ聞かされたが、「自分の悩みもやはり信仰についてで、自分は何度も夢で自分の男根こそが男根崇拝の御神体なのだと告げられた」と真剣な顔で話した。少子化の問題など如何にもそれらしい説教をしてみた。すると3人は、「その御神体を拝見してみたい」というので、下半身裸になりソファーに座って3人の前に大股開きをした。3人は合掌してお経を唱え、勃起した男根を咥えてもよいかと尋ねてきた。3人に竿、タマ袋、穴を同時に舐められ、程なく射精するとザーメンも舐めてくれた。連絡先を提示して、「次回、入信して信仰の融合を図ろう」と話しアパートを出た。
ボレロ&マーラー

CFNMの話 その202

oooooooosswerfdvrewe2ewdfergththdvd.jpg
926、スーパー銭湯で榮倉奈々似の女の子が…
某スーパー銭湯でのこと。 そこでは女性従業員が定期的に脱衣所や浴室内の掃除を行っている。 40代、50代のおばさんが多いのだが、中には10代20代とおぼしき女性がいる。 サウナのマット交換の時間は、露出しやすい。 何時にマット交換するのかは書かれているので、その時間近くになるとサウナで待機する。 その時は女性4人でマット交換しに来た。3人はおばさんだったが、1人は榮倉奈々似の大学生くらいの女の子だった。 女性たちはサウナまで扉を開けて、サウナから出てくるのを待っているので、そのときにタオルを肩にかけてイチモツを見せつける。 裸を見てもらうのは気持ちが良い。半勃起しそうになりながら、サウナから出る。 榮倉奈々似の子が笑顔で挨拶してくれた。 しばらく、湯船に浸かっていたら小便がしたくなり、トイレに行った。 脱衣所と浴室を繋ぐ廊下にあるトイレは扉も仕切りもなく、小便器は丸見えである。 少し恥ずかしい気持ちもあったが小便器の前に立ち小便をしようとした。 その時、後ろから、 「失礼しまーす」と元気な声が聞こえた。 横目で見るとさっきサウナで見た榮倉奈々似の女の子がトイレを清掃しに来たのだ。 ぼくが小便をしてる50センチくらい先で、ロッカーから清掃用具を出している。 女性がこんな近くで、しかもこちらは丸裸で小便をしている。 この状況に興奮してしまい勃起してしまった。 タオルで勃起をを隠しながら、トイレから出た。 イチモツを触ると少し我慢汁が出ていた。
927、女子大生の集団に取り押さえられる露出狂
埼玉県のある美大は駅から遠く周りには雑木林がいくつかあって、スクールバスが出ているがバス停は、学校を出て雑木林の前を通過したところにある。男子生徒もいるが、圧倒的に女子が多い。ある冬の夕暮れ、集団で学校からバス停まで歩いてきたJ Dの集団 (男はおらず、女子大生ばかり20人はいたか) に向かって、雑木林の道路の淵にフルチンで立った。「や~、見て!変質者がいる!」「や~嘘、チンコ丸出し?」集団は立ち止まって見ている。「ね~?何やってんの?変態!」罵倒したり、爆笑したりするも通報したり、職員を呼びに行ったりする者はなく、楽しんでいる様子。まあ多勢に無勢だから、たかが露出狂の変態一人に襲われる心配もないのだろう。「お願いです、見ていてください。」と小さな声で言うと、またまた爆笑され「バカじゃん?なっさけねぇ奴!可哀想!」と言いながらも見ている。石垣に座り、それから仰向けになって股を開きシコシコした。「情けな~い、人として惨め~。ねぇ、こんなに大勢の女の子が見てんだよ。どうしてそんなことできんの?男の人の恥ずかしいとこ見せれんの?お尻の穴まで見えてんだよ。」それを聞いて、もう限界に達した。「ほら、イクとき、ここがヒクヒクするんだよ!見てて。」と、片手でアナルを思い切り拡げながら激しくペニスをしごく。潮を吹くように多量の精液が飛び散ってアナルが激しく痙攣した。「いや~、凄~い!マジで変態!」数人がこちらに駆け寄ってきて囲まれた。「その格好のまま交番に連れて行ってあげるよ。さあ、行こう?」と手を掴まれる。私は手を振り解き逃げようとする。ひとり、ふたりがシャツや腕を掴む。それも振り切ろうとすると、ひとりがペニスを握って引っ張った。しかし精液で滑って抜ける。走り出すと後ろから尻を蹴られる。後ろから股間を狙って蹴りを連発してくるが、幸いタマには命中せずダッシュで雑木林の向こうに駆け下りた。停めていた自転車にフルチンのまま飛び乗った。幸いズボンとパンツは奪取されず。急いで自転車を漕ぎ出す。ひとりが後ろから必死に制止しようと手を伸ばすがフルチンなので掴めず、尻を掴もうとしたのか指がズボッとアナルに刺さった。奥までズッポリ入ったが直ぐに抜けた。なんとか逃げ切る。その後暫くは怯えて暮らしたが、幸い警察は来なかった。暫くおとなしくしていた。そのとき肛門から出血し、切れ痔になった。ペニスも引っ張られて暫く痛かった。しかし、あのときのスリルと興奮は、未だにオカズにしている
928、顕微鏡で…
昨日リサイクルショップで顕微鏡 を買ってきました。家に帰ると女房のママ友が 2人遊びに来てました。話をしてる内に、顕微鏡でダニがみたい!って言い出して、皆でみてました。すると、1人が動いてる精子がみたい!って言い出して、精子だして!って言われて、これはチャンスだと思い、しょうがねぇ~な~って言いながら2人の前に立ってPを出したら、ココでやるの?って言われたから、精子は出るとすぐ死んじゃうからすぐに見ないと動いてるのは見れないんだよ!って言いながら、シコりだしたら、男がシコってるの始めて見た!スゲー!って言いながら正面から見てました。家の旦那のより小さいとか、皮が被ったり槌けたりしてる!とか言われながら、あっ出る!って言いったら、そばにあったプリンの入れ物を持ってPに近づけてきたので、それに出しました。うわ~で~た~!スゲー量だな!って言いながらスポイトで吸ってプレパラートにのせてみてました。凄く興奮して膝がガクガクしちゃいました。
929、女子高で見せつける変態
かなり前のある冬の午後。そこは以前、女子校でかなりのマンモス校であった。駅から徒歩15~20分くらいで、学校からS川という汚い小川沿いに通学路があり、上を道路が陸橋になって交差する場所がある。周囲は静かな場所で人もあまり通らない。そこをその学校の生徒が一気に下校する時間がある。百人以上が列をなして通っていく。その陸橋の下の生徒が通る道からちょうど川の向かい岸に立って待つ。トレンチコートを着て中はフルチン、前を開けて向こう岸からは小さい川なので距離は数メートル。あまりに人数が多く、大声をあげる生徒はいないが、ほぼ全員がこちらを注視、ヒソヒソと何人かで話しながらクスクス笑う生徒もあり、一度こちらを見て目を背ける生徒もいる。途中、川にォシッコしたり陰茎を上に上げてタマを強調したりする。ものの5分ほどであったが、女子生徒以外は誰も来ず、大成功だった。数に圧倒されてその場での射精には至らなかった。もちろん後で思い起こして何度もイった。
930、ケバ目の熟女に見られる
大学の頃で、友達の家で飲んだあと駅に向かう途中でした。 尿意を催して路地脇で立ちションしようと、チャックから出したら勃起しちゃったんです。その頃って多分一番露出にハマってた頃で、条件反射的にアソコが外気に触れると勃起してました。 まぁ周りに人はいないしあまり人が来そうにない暗い道だったのと、酔っていて気が大きくなっていたのもあって、チャックから出すだけじゃ物足りなくなって、ベルト外してズボンとパンツも膝くらいまで下げました。 お尻も外気にあたり更に気持ちよくなり、尿意も忘れてそのままアソコを触っていると、急に後ろから「あら、可愛いお尻。」と女性の声が。 慌てて振り向くと少しケバ目な50歳前後のオバさんがこちらを見ていました。顔はよく思い出せないものの、服装はその歳の人にしてはかなり短い丈のスカートでした。 「こんな所でお尻出して何してるの?」と尚も笑いながら聞いてきて、彼女もやっぱり少し酔っている感じでした。 ただその時はバレたということで、警察呼ばれるんじゃないかと言い訳ばかり考えていて、「いや、酔ってォシッコしたくなっちゃって」と答えました。 彼女は「お尻丸出しで?」と尚も聞いてくるので「あの、、、こうしないと出ないんです」と答えると「ん~、でもまだ出てないみたいだね~」と地面を指さしました。 その通り、尿意はあったものの出す前だったので地面は濡れてません。 「ホントは違うでしょ。誰にも言わないから言ってごらん。変態クン」と言われ、誰にも言わないということで少し安心して「はい、、、でもォシッコしたかったのは本当で、、、」と答えると、「やっぱりね。じゃあ見ててあげるからォシッコもしてみてよ。私も若い子のォシッコしてるトコなんてそうそう見られないし」と駐車場の中に連れ込まれました。奥まった道から見えないところまでくると、彼女は私の脇にしゃがんで「はい、どーぞ。」と私のアソコをガン見してきました。 そう言われても尿意はあれど、やはり見られながらだと中々出ません。彼女は「あれ~?どした~?」と指でアソコを突いてきてそれに反応して再び完全に勃起してしまいました。 それを見て「キャハ!すごい!カチカチだね~。持っててあげるよ。」と竿の中程を指で摘まれて竿が直角になるくらいまで下げられました。 お腹に力を入れるとようやく少しだけポタポタと出てきて、そここらは勃起してるので細いながら全部出し切りました。 「全部出た?」と摘んだ竿を上下に振ってくれて雫を落とし、摘んだまま眺めていました。そして「なんか濡れてて美味しそう。」と言うなりパクッと咥えてきました。 正直そのとき童貞だったので、フェラを受けるのも初めてでした。 堪らず押し寄せた射精感に抗うことも出来ず、「あっ、ダメです!出ます!」というが早いか彼女の口の中にドクドクと注ぎ込んでしまいました。 彼女は少しビックリしながらも最後まで受け止めてくれて、更に口を離すと「あはは、飲んじゃった。」と口を開いて見せました。 私は「すみません。初めてだったので、、、」と言うと「うそ~!変態クンは童貞クン?」と笑いました。 その頃童貞なのはかなりコンプレックスだったので、この機会を逃すまいと、まだ出るからさせてほしいとお願いしましたが、「それはダメ。それはちゃんと彼女見つけてやりなさい。」と言われてしまいました。 残念そうに落ち込んでいる私を見て憐れに思ったのか、彼女は「じゃあ、おっぱいだけ触っていいよ。」とブラウスの下に手を導いてくれました。 あのときの乳房の柔らかさと、対照的な乳首の固さの感触は今でも手に残ってます。 たった1分くらいだったと思いますが、「はい。終わり。じゃあね~」と彼女は駐車場を出て行きました。
アロマ企画

CFNMの話 その201

2ijhdrgtrttgrgggggggggggvvcdssssw.jpg
921、外部研修で出会った巨乳おばさんに見せつけ
俺がまだ若い頃、会社の研修で外部研修に行かされた。色々な企業の人達が集まる研修で100人ほどが2泊3日で受ける研修だった。 俺は地元だから、家から通ったが県外から来てる人が多く、研修センターの隣りのビジネスホテルで泊まる人が多く居た。 研修内容は、8人がグループになりミニゲームを繰り返しながらの研修だった。 俺たちのグループには1人の巨乳おばさんが居た。でも独身との事でその人は、姉さんとあだ名が付いた。 俺は、その姉さんと仲良くなり、電話番号を交換した。 でも、交換したときは連絡するつもりは全くなかった…。 研修最終日に、グループ内で最後の挨拶を2つの手段でする事になった。 その人の事を心から挨拶したい場合には、ハグをする、 心からまでは行かない場合には握手する。 この姉さんは、7人全員とハグをした。俺も勿論ハグをした。 この時の姉さんの巨乳が俺の胸に押し付けられて、かなり興奮した。 研修が終わり、数日が経つ頃あの巨乳の感触がきっかけで、ちょっとHな事に目覚めた。 当時のJ-フォンガラケーでショートメールをした。俺は元々露出をしてみたい気持ちがあった。この姉さんなら頼めれるかも?と思った。 ショートメールで、姉さんにしか相談出来ない悩みがあります… 姉さんは、どうしたの?私で良かったら聞くよ…と返信。 実は、露出願望があって…でも怖くてした事がなくて… とメールしました。 このメールで返信が無かったら終わりだな…それまで下ネタな話など一切してないからな…変態と思われたかな?まあ、いいか。どうせ赤の他人だし…と、思っていたら、返信が来ました。 見てあげてもいいよ~と。 裸を見ればいいの? 出来たら、オナニーしてる所を見られたい…と依頼したら、いいよー。 若いのに、見られたいんだね~。 こんなおばさんでもいいの?と。 俺は、勿論姉さんに見られたいです… このメールだけで当時、見せてるシーンを想像して何度もオナニーをした事を覚えてます。 約束した日になりました。 高速道路を飛ばして、姉さんの地元に着きました。待ち合わせした場所は、姉さんが1人暮らしのアパートの駐車場です。 姉さんが降りて来て、まずはお昼御飯食べに行きましょう~と、俺の車で近くの高級なお肉屋さんに行きました。しゃぶしゃぶで1人15000円の2人で3万をご馳走してくれました。 お店のレジでお土産としてまたお肉を2万円分買ってくれました。 高級和牛は、初めて食べる美味さでした。 そんな事より、初めての露出が嬉しくて早く場所を変えたかった。 お店を出て、どこにします?と聞くと、姉さんが私、1人暮らしだから家に来る?となり、姉さんの部屋に入りました。 古いアパートで、部屋は広いが畳の和室でした。 姉さんは、じゃあしていいよ…どこでするの?と聞いて来て、姉さんは座っていて下さい。俺は姉さんの前に立ってします。 あ、立ってするんだねー?あっちのベッドで寝ながらするのを、こっちからこっそり見るのかと思った…と。 目の前で見て欲しいから~と伝えたら、あ、なるほどね~と、納得したようだった。 姉さんの前でズボンを下ろして、下着だけになり、パンツの上から自分で触っていると、だんだん勃起して来た。姉さんは、パンツの上からの俺のチンポをガン見してくれてます。初めての感覚に興奮します。 姉さんは、パンツ脱がないの?と聞いて来ました。あ、中が見たいですか?と、わざと焦らしていよいよパンツを脱ぐ事に。 若いチンポは、脱いだ途端に真上にそそり立ちました。姉さん…わー、若いから元気だねーと。 うん、姉さんが見てくれるから元気になったよーと、シコシコとし始めました。 どこに出すの?と聞くので、そこのフローリングの所に飛ばしてもいいですか?と聞くと、あ、いいよーと。 初めてだった為か、なかなかイク気配が来なくて、姉さんは部屋の中の壁に掛けてあった巾着袋を取りに行き、中から何と電動こけしが出て来ました。 姉さんが、私もしよか?と聞いて来たので、はい、お願いしますと答えた。 姉さんは、パンツを脱ぎ、俺の前で両足を広げておまんこに電動こけしを入れ始めた。 初めて見る女性の生のオナニーだった。俺は姉さんのおまんこの前に顔を近づけてドアップで電動こけしが出入りする所をマジマジと見た。 俺が女性の生で見るの初めてです…と言いながら…。 若くないおまんこは、正直綺麗ではなく、初めて見るシーンにちょっとグロテスクな感じがしたが、姉さんのオナニーを見ながら、俺もシコシコとして、お互い見せ合う型になった。 暫くして、俺があー、イク~~となり、姉さんのお腹に大量の精子が飛び出して来た。 姉さんもその時一緒にイッた感じだった。
922、男湯前でのCFNM
夜遅めの大浴場に向かうと、男湯のドアが全開に開いていた。 横に引くタイプのドアで、のれんがあるが、開けておくと、男湯から出たすぐの場所がすぐ目の前で、いわゆる浴場の入り口が、のれんのすぐ近くにあり、脱衣所は奥の方にある。 そして、女湯に行く通路は狭くて男湯の入り口すぐ横ゆ通過して行くロケーションです。 ドアが開いていた時、ちょうど風呂上がりの男性があたまを拭いていて、入り口から丸見え状態だった。 あ、ここ露出ポイントだー。 俺は入り口のドアをあえて閉めずに、そのまま風呂に入った。 中には、1人の男性が体を洗っていた。 俺は、その男性が出るのを待って1人になるのを期待した。 その男性が出たのを確認したので、俺も湯船から上がり、風呂場ねドアを開けた。おっ、まだ入り口のドアは全開だった。 閉めてあっても開けに行くつもりだったけどー。 頭を拭きながら、チンポ丸出しで入り口に向かって暫く待った。 最上階のエレベーターからは、ここの大浴場にしか向かう通過は無いので、誰かが来たら良く分かる。 通過の奥から歩いてくるスリッパの音がしました。 俺は入り口まで見に行き、のれんの隙間から確認したら、 おばあちゃんと、小、中学くらいの子供の2人組みです。 やったー。女性が来たー。 俺は慌てて戻って、いかにも今、風呂場から出たかのように 頭を拭きながら、チンポ丸出しでしかも、半立ち状態で入り口に向けて女性が来るのを待った。 そして遂に来たー。2人とも男湯のドアが開けているので、中を見ながら歩いて来た…おばあちゃんは、俺が居るのを知ってさたらすぐに覗くのをやめたが、一緒にいた女の子は、見事なまでに俺の 半立ちチンポをガン見しながら通過した。 やった~。少し若すぎだけど露出成功。 体が冷えたのでもう一度、お風呂に入ってまたあの子達が出るのを待って、同じように頭を拭きながら待った。 女性の話し声と足音が聞こえた。どうやら中国人みたいだった。 また、さっきの女の子が振り返るようにしながら、男湯を覗きこんで来て、また俺のチンポをガン見しながら行った。
923、冷静なお姉さんに見下される
ムラムラした時はちんこをフル勃起の状態にして上からスウェットを直履きして散歩をする事がある 周りの人からはちんこの形が丸わかりで、変態だとすぐに分かるのでなかなか人目があるところに行くのは勇気がいる ある日近所の喫煙所でその状態でタバコを吸っていた、夜の10時くらいで他にも人がいなかったからスウェットの上からんこを撫でて一人で息を荒らげていた しかし途中で三十路くらいのお姉さんが喫煙所きた、年上が好きな俺は一瞬喜んだが通報されたらどうしようという焦りでさっさと退散しようとした しかし「ライター貸してくれない?」といわれ、貸したら世間話をされたので付き合ってもう1本吸っていたら途中で俺のちんこに手を添えて「こういう特殊な性癖なの?」と聞かれた 俺は顔を真っ赤にして頷いたら「若いのに変態なのね」と言われて呆れたような顔をされた、俺はそれだけで興奮してカウパーで亀頭がベタベタになっていた 当然スウェット越しに触っていたお姉さんも気づいたようでそのまま亀頭を優しく何度も撫でられた 興奮しすぎて何も言えなくなりそのままスウェットの中に大量に射精した お姉さんは笑って「次から人に見つからないようにね」と言って喫煙所を出ていった 俺はもう一度あのお姉さんに会って連絡先を交換してほしいと思って普通の格好で何度も喫煙所には通っているが未だに出会えてない
924、肛門からウ●チが出るところを見たがる女
この道何十年ものベテランで、かつては何百というJ K集団(2~3人の集団から一度に20~30人の集団まで)に真っ向からフルチンか全裸で挑んだ豪傑であったが、ブタ箱収監の一歩手前まで修羅場を潜りさすがにヤバいので最近ではおとなしくしている。また、穴を拡げて覗いてもらうのが最高の興奮を得られる究極の変質者だから、これは路上では限界がある。従ってオ◯ク◯という比較的安価で見てもらうことが専門の店だから本当に素人の若い子が多い、この風俗で最近は落ち着いている。その代わり本当に18~22くらいの女の子にクスコで肛門を開いてトーチで肛門の括約筋から直腸の奥まで見せてしまう。引いてしまう子もいるが、大抵は滅多に見れないものだと珍しがって、しっかり覗いてくれる。そんなあるとき、今年高校を卒業したばかりだという「あゆ◯」に出会った。例外なく彼女にも肛門の中を見せた。最初は驚いた様子だったが、「もっと見たい」とせがまれ時間ぎりぎりで肛門を開いたまま発射した。すると彼女、「ねぇ、ウ●チ出ないの?あっ、ウ●チが見たいんじゃなくて、お尻の穴から出てくるとこ見たい!」という。「臭いとか強烈だし、我慢できる?それにレンタルルームじゃトイレないしね。いい方法考えよう。」ということで、「臭いは平気」というので持ち帰って破棄できるようゴミ袋や消臭スプレーを用意して、次の機会に指名することにした。いよいよその日が来て、あゆ◯が入室した。多少の便意がある状態に調整できた。全裸で四つん這いになり、あゆ◯がお尻を両手で開いて補助してくれた。鏡で見ると顔を お尻から10cmくらいの至近距離で凝視してる。「じゃあ、本当にいくよ、いい?」と尋ねると、あゆ◯が「うん、早く見せて!」と頷く。なるべくゆっくり肛門を開いて、少しずつ出る様子を見せる。「あっ、お尻の穴が開いた。あっ、中に何か見える。あっ、頭が出てきた!」とコメントをだす。「く、臭いけど、いやらしい匂いがする!」約5分ほどに渡り何度か排出した。「私、本当にお尻好きになっちゃったよ。どうしよう?」と言うと、あゆ◯は「今日お店に内緒でサービスしてあげる」とゴムもつけてない生の指をウ●チしたばかりの肛門に差し込んできたかとあ思うと、後ろからペニスを口に入れて吸ってきた。それは、通常風俗嬢がやるようなジュポジュポとピストンするようなフェラではなかった。しかし、一気に大量の精液を放出してしまった。「いやあ、何これ、にっが~い!」吐き出した。彼女のうがいと手洗いを介抱する。「この次は、おじさんがテクニックを見せてあげたいんだけどいいかなあ?お礼に。」と約束して、このときは彼女のォシッコをあそこから飲み干してクンニしまくり何度もいかせる。今度は逆に彼女のウンチを見た後、穴に舌を入れて排泄物をきれいに舐めとる。それ以来彼女とは度々セフレとして付き合っている。
925、銭湯のおばちゃんにオナニーさせてもらう
一度自宅の風呂が壊れたことがありまして、だいぶ寂れた銭湯を以前発見したことを思い出し、そこに行くことにした時のお話です。 仕事で遅くなった私はダメ元で時間ギリギリに入店しました。 掃き掃除をしていたおばさんに 「すみません。もう閉まっちゃいましたかね?お風呂壊れちゃって困ってるんですよ~」 と尋ねると 「そりゃ大変ね!長居はさせてあげられないけどシャワーだけで良ければ浴びてらっしゃいな。」 と、優しい言葉をいただきました。 私はサッとシャワーを浴びて、なるべく早く出ることにしました。 私がすぐ出るとおばさんが掃除をしていた 「急かしちゃってごめんねぇ」 と、謝ってきたので 「いえいえ、本当に助かりました。ありがとうございます。」 とお礼しました。 この時全裸の私は露出のムシが疼き、体など拭きながらおばさんに堂々と見せつけながら会話を試みることにしました。 おばさんは普通に会話をしてくれました。 話を聞くに一人で銭湯を切り盛りしているがお金は充分にあるのでほぼ趣味でやってるとのこと。 会話していると私はそのシチュエーションに興奮してきたのか次第に勃起してきました。 おばさんは私の息子を見ても怒るどころか 「お兄ちゃん流石若いねぇ!トイレ貸したげるからスッキリさせてきなさい」 とまさかの神対応 私は冗談っぽく「するとこ見てもらえませんか」と頼んだのですが、それは叶わずでした。 トイレは男女共用のいたって普通のどこにでもあるようなトイレでした。 せめてもの抵抗とトイレのドアを開けっ放しでシコシコしました。 おばさんはこちらをチラチラ見ながら掃除をしているようなしていないような感じでした。 私はわざとらしく声を出して射精しました。 おばさんは「お疲れ様!」 とニコニコしながらティッシュを持ってきてくれました。 私は帰り際「また来ます」とおばさんに伝えると「こういう時以外に勃たせたら出禁だからね!」と笑いながら言いました。
アロマ企画

CFNMの話 その200

iuhyg6t7fcr5deeeerctfvgyuhijikkikko.jpg
916、中国娘に見せつけ
ごくごく小さな箱(店)女の子10人くらいとママとマスター。 月曜深夜で客は自分だけ女達が群がる。モテてる訳じゃない、ドリンク発注させたいだけ。一杯¥2500 5人で乾杯したらそれだけで諭吉っつぁん。ただ頼んでやる訳にいかんだろ。で服脱いでいいか?と言って見たらなぜだか店中大盛り上がり。マジだぞ、いいんだな!と念押ししても引かない中国娘ども。テーブルについてた子達のドリンク頼んでやって宣言通り店のど真ん中で服脱いでやった。夏なんで3枚脱いだら靴下しか身に着けてない。逃げ回る女達大笑いのママとマスター15分ほど騒いだら他の客が入って来たんでトイレに押し込められてちょん。
917、公園で遊んでいるJSに見せつける
ある休みの日に車で徘徊しておりますと、小さな公園のブランコに向き合って座るJS5、6年くらいの3人組を発見! 車を停めて公園のフェンス越しに立ち、愚息をチャックから取り出しJS達に向かって扱く! 当時はまだJS達にもあまり警戒心というものが希薄だった様な気がします… すると、3人の内こちらに向かって座っている2人が直ぐに気づきクスクス笑い出します…その頃にははち切れんばかりに大きくなった愚息!JS達にこれでもかと扱き上げます、するとクスクス笑う2人に背を向けてた1人がどうしたの?みたいな事を2人に言ってる様子…2人がこっちに座りなよ!って促され、初めて気づくもう1人…この子も「え~」みたいな顔をしながらもニヤニヤしてました…次第に我慢汁と扱く指先でネチャネチャと音を立て限界がすぐそこまできてます…3人に見守られる?中、大量に白濁液を放出しますと、「気持ち良かったですか~」と3人組からお声がかかる中、背を向けてそそくさと車に戻ります。帰り際、3人は私の放出した白濁液を覗きこみながらキャッキャッ言ってました。
918、マッサージ店でお姉さんに見せつける
僕が最近はまっているRはマッサージです。僕的には街なかのマッサージ店には3種類あります。 1つ目は紙パンツをはき、抜きなしの完全な健全店、2つ目は途中から紙パンツを脱がされて自分 でシゴく店、そして3つ目は最初から全裸で施術を受けてお姉さんがシゴイてくれる店です。 普通僕らR専でしたら3つ目の施術の間ずっとお姉さんにチンコを見せつけていられる3つ目の店 を選ぶと思います。確かに僕もその手の店への入店回数が多いです。しかし、その他の形式の店 にも魅力があります。自分でシコる店の場合、お姉さんの前でチンコをしごくと言う普段は一人で 部屋で隠れて行う行為を行うと言うちょっとした恥じらいを感じる事が出来る事、そして最初から 最後まで紙パンツをはいて抜きなしの店の場合、最初から全裸での店と違って施術中にチンコが ポロリしてしまった時のハプニング感がたまりません。 最初はシャワーに行く時に全裸にバスタオルをはおいますが、その時にわざとタオルを緩く巻き付 けておいて、「シャワーに行きます。」の声で立ち上がった所でずり落ちるようにします。「おっ と!」と慌てて体をくねらせタオルを拾ってお姉さんの前でタオルを巻き直します。そして紙パンツを 少しずらしてはきます。すると施術をしている最中にだんだん片側の袋が見えて来ます。お姉さんは 見て見ぬ振りをしますが、微妙な息遣いの変化から見えて来た事を察知します。こちらはその後も 何事もなかったように世間話をしたりしていますが、お姉さんに男性器の一部を見られている事を意識 すると自然にPがBして来ます。そうなると横ちん状態になります。しかし紙パンツは元々小さいので その中に格納されていたPは中でBすると不自然に曲がった形になります。ちょっと苦しそうに足を 動かすと、お姉さんは「痛いですか?」と訊いて来ます。僕は、「あ、ちょっと。」と体勢を治そうと パンツの中に手を入れてPを真っ直ぐ上に向けると小さな紙パンツからはニョキッと頭が出ます。「あ、 ごめんなさい。」と中にしまおうとしますが、Bした状態では入りません。お姉さんは「あの、落ち着 くまでそのままでいいですよ。」との事で紙パンツの上からPの先端を出した状態でその後の施術を してもらいます。中にはもう見えちゃってるし紙パンツを取っちゃってもいいですよと言ってくれる お姉さんもいます。あまりビンビン状態が続いていると、健全店であるにも関わらず内緒でシコらせて くれる人もいます。そういったハプニングを味わえるのも健全店での醍醐味です。
919、配信アプリでJSに見せつける露出狂
最近は某配信アプリでの間接露出にハマってます。 勃起したチンポの写真をプロフィール画像に設定して 配信者が閲覧者のプロフィール画像を見た時の反応をオカズにしてます(笑) 狙い目は数人で配信してる配信者が良い反応してくれます。 先日はJS4くらいの3人組に見せ付けました。 反応もよく、「大人チンポ」と言わせることも出来ました(笑) 後からもオカズにできるように もちろん画面録画も忘れません(笑)
920、ベテラン露出狂
私は以前は自転車に乗って若い女性の側を通り過ぎる時にズボンを下げて下半身を見せると言うRをしていました。しかし最近見せるRから人気のない場所を下半身を Rして自転車で走り、外を下半身を出して走る開放感を得る自己満足型Rに変えました。理由は年令による容姿の衰えです。私もR歴そろそろ20年。当初は30代で、 その頃の女性達の反応は驚いたり、男性器を見てしまった恥じらいを感じたり、面白がったりしてくれたりもしてくれましたが、もう50代ともなると、もう容姿的にも だいぶ衰えて来てしまい、見た目老人が入って来てしまったため、老人の下半身なんか見せられた方は驚いたり恥じらいを覚えるどころか只々汚くてキモいものを見せら れたと言う腹立たしさしかないと思うからです。
ジャネス

CFNMの話 その199

p3wse9iuy5444444444444drft.jpg
911、駆け込みのセールスレディ
30歳前半位のセールスレディ。トイレを貸した時、ブリーフパンツを台所に干しているのを、見られてしまった。上のフロアに階段であがっていった時、パンツスーツのデカ尻を、ドアの覗き窓から、バッチリ見させていただきました。プップルッ揺れている。台所の窓から、階段を降りるとき、見せられるかもと、イケない発想が…急いで風呂に入り、台所の窓を開けて、タオル一枚で待機。階段の踊り場で、彼女が、私の存在に気が付いた。洗濯物のブリーフを採る素振りをする。やや高い所に設置して、「採れないよ~」と何回か、ジャンプ。嬉しい事に、その場で、電話をし始めた。が、声が聞こえない。何回目のジャンプで、タオルが落ちた。しかし、ブリーフが採れないので何回かジャンプすると陰部が揺れる。それを見て、彼女は、鼻に手を当てて笑っている。何とか手に取り、ブリーフを履いたのを確認すると階段を降り、台所の前の通路を彼女が通った時、うつむきながら、「チンチン見ちゃった…」と呟いて、赤面して、私の前を通過していきました。
912、個室で熟女に…
ここは成人向けビデボ店でレンタルと個室鑑賞が出来る お店です。 地方の店ですので客も疎らで店員も一人だけです。 たまに女性店員です(40前後?) ある日、抜きに来店し部屋をレンタルしました。 通路沿いに3部屋ある真ん中を選びいざ入室。 一番奥は先客が帰ったばかりでそのままの状態、一番 手前は空室でした。 入り口はカーテン式の引き戸です。 自分外にはまだ誰も居なさそうでしたので引き戸も 閉めず先ずは脱衣にかかりました。丁度、全裸になった タイミングであろう事か一番奥の部屋の片付けに女性店員 が来てしまいました。自分の部屋を通って行くのですが 自分に気づいてしまいハッとしながら立ち止まり全てを 正面から見られてしまいました。ああゆう時は無意識なのか反射的 なのか股間に目が行くものなんですね。 来るのがわかっていれば勃せていたのですが、、、 冷静を装って「すみませ~ん」とゆっくり扉を閉じました。 会計時に注意も無く普通の対応で一安心です。 もう全て見られたのですから次回は多少あからさまに見せて みようと思います。場所が場所だけに店員さんも見慣れて るかな?
913、出張先のホテルで露出
仕事を終えてお風呂から上がり、マッサージを呼びました。 また60位のおばさんです。 うつ伏せから始まり、仰向けになる時にわざとガウンをめくったままペニス丸見えのパンツを露出します。(前回もいいましたが、玉しか隠れない超ビニキ) おばさんは、「何か出でますよぉ~」と、言いながらガウンを直して太もも辺りを揉み出しました。「あんな下着意味無いんじゃないの?」と話しかけて来ます。 アレォシッコしやすいんだよ~と説明しながら、ガウンをめくってパンツを見せます。私の経験上、自然とめくれたガウンだから1度はめくれたガウンを直されますが、自分からめくって見せると、そのまま見てくれます。「あら、ホントだね~、玉しか隠れてないじゃないの~。 こんな下着売ってるんだね~(笑)」と、ガン見のまま会話して来ます。このおばさん、さてはスケベだな?と感じたので、ねえ~オナニーしていい?と聞いて、ペニスを擦ります。「えー?お金取るよー」と言って来たので、ノーではないと判断してオナニーをします。「ちょっと…大きくなって来ちゃったじゃないの?なんか気持ち良さそう~。私なんかこの前、1人でやってもイカなかったから、途中でやめちゃったのよ… お兄さんの思い出して帰ったら出来そうだわ~。」と、やっぱりスケベでした。なら、これ写真撮る?「えー?いいの?」顔写さないならいいよー。と、おばさんは携帯を取りにカバンに行き、持って来たのはガラケーでした。下着を脱ぎ、カメラに設定した携帯でペニスの前でパシャパシャと撮影会です。 おばさんも興奮したのか、私のタマタマを揉んで来ました。タマタマを揉みながら、ビンビンになってるペニスをしごきます。 我慢汁が溢れでるくらい興奮してます。 おばさんの胸を揉んでみたけど、何もいいません。 暫くして、イキそうになったから、あーイキそうです。 おばさんは、「いっぱい出して~」と、あおって来ます。 また、噴水のように飛びました。あーあー気持ちいいよー。 「わー、凄い~。たくさん出たね~」と、おばさんはガン見。 おばさんは、ティッシュを取りに行き、優しく拭いてくれました。 「ねえ、今度は少しお金出して私とHしよ?私もしたくなったよー。」え?いくら? マッサージ込みで1万でいいよ…。と、おばさんの名前を聞いて、 次回は、おばさんを指名してHをする事になりました。
914、介護士に見られる露出狂
夜中の2時ごろなかなか寝付けずムラムラしてきたので久しぶりに露出しようと思いました。 全裸に大きめのパーカー1枚を着て近所を散歩しました。 少し歩いたとこで自転車に乗った女の子がこちらに向かってくるのが見えたので、フル勃起状態で、パーカーの裾を勃起したアソコに引っ掛けて下半身丸出し状態になりました。女の子はびっくりした様子で2度見して、通り過ぎた後もこちらを振り返っていました。 そのあと、近所の公園に行き人がいないのを確認してベンチに座りました。そのままパーカーを全部脱いで全裸オナニーしてたのですが、隣にある老人ホームの裏口から20~30代くらいの介護士さんがタバコを片手に出てきました。丁度その裏口に向かい合ってるベンチに座っていて15mくらい離れてるのですが、街灯が一つだけついていて丸見えでした。その介護士さんは呆然と固まったままこちらを見ていたのでそのまま射精してしまいました。我に返った介護士さんは顔を真っ赤にして急いで中に入って行きました。その後ももう1発出して走って帰りました。
915、通学路で露出行為する変態
某女子校の通学路でよくセンズリしてました。JK達は駅から某国道へ出ると歩道橋を渡って行くのだが、その階段の下に車を停め、登っていくJKのパンチラを見ながらのセンズリ。ほとんどのJKは車の存在を気にしないで登って行くが、たまに手すりから顔を出して、車を見下ろすJKもいる。階段から見下ろすその先には、ガラス越しではあるが、ビンビンになったチンポをしごく姿が茂呂見えだ。チンポに気づいたJKは他のJKに教え、瞬く間に集団で黄色い声ではしゃぎながらチンポを覗きこんでくる。私は見られてる事に気づかないふりをしながら、チンポをしごく。やがて黄色い声を聞きながら大量の子種を放出。黄色い声も頂点に達し、中には「キモチワルーイ」とあからさまに嫌がる声も聞こえた。私は子種をふき、チンポをしまい、車を走らせた。まだ携帯のない時代。大胆な露出ができた時代だった。
LOTUS

M男いじめ その40

izrhok7eee6hi.jpg
158、義母と義の奴隷⑥
言われるまま健太は起きあがった。おちんちんは小さいままだった。「なんだ。ここではやっぱりできないんだね。真由。ちょっとおいで」「何?、ママ」匡子は真由の耳元でささやいた。「やだぁー、ママ」笑いながら真由は健太の前に立った。「お兄ちゃん、ほら、見て」真由は白いショーツが丸見えになるまで、ワンピースの裾を捲りあげた。「ママ、見て。お兄ちゃんのおちんちん、ちょっと大きくなったよ」「やっぱり、変態だね。のパンチラで興奮するなんて」真由はさらに大胆になった。「お兄ちゃん、見たいんでしょ」真由はショーツに手を掛け、膝の上まで下ろした。いつも頭の中で描いていた少女の部分だった。3年前に比べ、太腿はむっちりと大人びていたが、割れ目はまだ産毛が少し濃くなっている程度だった。「うわぁー、すごい。大きくなったよ。ママ」いくら屈辱的なこんな場面でも、悲しい性だった。健太のおちんちんは、幼いながらも勃起した。「でも大きくなっても、先っちょはとんがったままだね。ねえ、ママ。ちょっと触ってもいい」「やめてよ、真由。いやだよ」健太はおちんちんを手で隠そうとした。すかさず匡子が後ろから、健太の両手を捻りあげた。「ほら、今のうちに触ってごらん」「やだ、やだ、やだ」「じたばたするんじゃないよ。真由。健太の足の上に跨るといいよ」真由が言われたとおり足に跨ると、小柄な健太はもう抵抗できなくなった。真由は手を健太のおちんちんに近づけた。そして指でそれをつまんだ。「へぇー、こんなに固くなるんだ。おちんちんって」真由は興味深そうに健太のおちんちんの先の皮を引っ張ったりして弄んだ。健太はいやいやをするように頭を振るだけだった。「真由、ほらその皮をこすってやってごらん」「えっ、どうするの?」「先っぽの所を握るようにして、そうそう、それでこうやってこするようにするんだよ」真由は匡子に教えられたように、健太のおちんちんの皮を上下にこすった。「いやー、やめてよぉー。いやだよぉー」「ママ、なんかヌルヌルしてきたよ」「ほら、もっとこすって。健太、お前はじっとしてるんだよ」健太のお腹が一瞬、波打ったかと思うと、おちんちんの先から白濁した精液が噴き出した。「やだぁ、お兄ちゃん、またお漏らしした」「これはお漏らしじゃないんだよ。これはオシッ●じゃなくて精液。学校で習わなかったかい」「あー、これが精液っていうの。へぇー、精液ってこんなにヌルヌルしてるんだ。なんか、臭ーい」真由は健太の精液で汚れた手を鼻に近づけて言った。真由が洗面所に手を洗いに行ってる間、健太はもはや抜け殻のようになって、ただ呆然としていた。「何をボーッとしてるんだい。これでおちんちんを拭いておきな。お母さんは浣腸の用意をしてくるから」匡子はそう言って、ティッシュの箱を健太に向かって投げ、部屋を出て行った。しばらくすると真由が戻ってきた。「お兄ちゃん、おちんちん、ちゃんと拭けた?」健太はこっくりと頷いた。「そう、じゃあ、ママがお風呂場に連れてきなさいって言ってるから、いっしょに来るのよ」「お願い、真由。浣腸されるところは見ないで」「ダメよ。今日はあたしにも浣腸のやり方を教えるんだって。さあ、早くしないとママ、もっと怖くなるよ」「でも、お兄ちゃんも可哀想だね。こんな目にあって」「仕方ないよ。僕が悪いんだから」健太は思いがけず、真由に優しい声を掛けられ涙が出そうになった。しかし、そんな甘い感傷は長くは続かなかった。「お兄ちゃん、お兄ちゃんのクラスに福崎奈々っていう子、いてるでしょ」「えっ、どうして真由が知ってるの?」奈々は健太の同級生だったが、学年でも一番の美少女だった。健太も密かに憧れていたが、勉強も運動もできる奈々は、両方ともぱっとしない健太にとっては高嶺の花だった。「あたしね、奈々さんのと塾で同じクラスなんだよ」「へー、そうなのか」「おにいちゃん、あたし、今度、塾で香織、あっ、それがその子の名前なんだけどね。香織に今日のこと、話しちゃおうかなって思ってるんだ」健太は絶望の淵に突き落とされた。「やめて、お願いだから、今日のことは誰にも言わないで」この恥ずかしいお仕置きのことが奈々に知られたら、もう生きていけないと健太は思った。「お兄ちゃんがイヤなら言わないよ。でも、その代わり、あたしの言うこと聞いてくれる?」「うん、聞くから、絶対言わないで」「そう、じゃあ、お兄ちゃんは今日からあたしの奴隷になるのよ」「えっ、奴隷って」「そう、奴隷、あたしの言うことは何でも聞く奴隷」「そんな…」「イヤならいいのよ。香織に、お兄ちゃんがおちんちんに恥ずかしいことをして、ママにお尻を叩かれたり、浣腸されたことを言うんだから」「ひどいよ、真由。そんなこと」健太はしくしく泣き出した。「うっそだよ。言わないよ、誰にも。あたしだって、恥ずかしいもん。安心して、おにいちゃん」健太には、真由があどけない顔をして、人の気持ちを弄ぶ悪魔のように見えた。健太はに手を引っ張られるように風呂場に連れてこられた。風呂場は大人が3人でも十分入れるくらいの大きさがあった。匡子はガラス製の浣腸器やグリセリンの瓶を用意して待っていた。
フリーダム
同居した義理のの性玩具にされ、何度も射精させられた。 あおいれな

あおいれな

700円~

M男いじめ その39

156、義母と義の奴隷⑤
「えっ、いいの。あたし、いっぺんしてみたかったんだ」「そう、じゃあ決まりだ。あたしが休んでる間、思う存分叩いてやりな」「やだぁ、そんなのいやです。真由に叩かれるなんて、ひどすぎるよ」「何がひどいもんかね。大体、今度のことでは真由が一番の被害者なんだからね。自分のパンツでイヤラシイことをされたあげくに、お漏らしまでされちまったんだよ。叩かれて当然だろ」「でも、に叩かれるなんて、恥ずかしすぎるよ」「お黙り。恥ずかしいことをすれば、もっと恥ずかしい目に会うんだよ。さあ、真由の膝の上にうつ伏せにおなり」しばらく真由に叩かれた健太は、しばしの休憩で疲れを癒した匡子の膝に乗せられ平手で叩かれた。真由とは比べもにならない痛さだった。背中をがっしりと抑えつけられ、息つく間もなく平手打ちが続いた。健太は足をばたつかせ泣き叫び続けた。匡子の手が疲れるまでスパンキングは続いた。ようやく終わったとき、健太はもう起きあがる気力もなく、ソファにうつ伏せになり泣いていた。「ねえ、ママ。お兄ちゃんがしたイヤラシイことってどんなことなの?」「えーと、それはねぇ。…そうだ。健太。お前、そこで昨日やってたことをやってみな」 健太は泣きやみ、起きあがると呆然と匡子を見た。そして、一瞬の沈黙のあと叫んだ。「そんなことできない。絶対やだ。お母さん、それだけは許して」「いつもこそこそやってることじゃないか。ほら、さっさとそこでオナニーをするんだよ」「いやー、いやだぁー。できないよぉー」「そうかい、できないんだね。それじゃ、もう一回ケインでお尻を叩いてやるよ。ほら、こっちに来るんだ」匡子はケインを持ち、健太の腕を掴んだ。「イヤー、もう叩かないで。分かりました。オナニーをしますから」「いつもそうなんだから。どうして直ぐに素直に言うことを聞けないのかね、この子は。ほら、ソファーにうつ伏せになって。いつもやってるようにするんだよ」健太は泣きながらソファにうつ伏せになり、おずおずと腰を上下に揺すった。「ママ、お兄ちゃん、何をしてるの?」「ああやって、おちんちんをこすりつけてるんだよ。イヤラシイだろ。まったく」「あー、分かった。ジョンと同じことをしてるんだ」「そうそう、ジョンがこんなことしてたね」ジョンというのは飼っている雄犬のことだった。最近はやらなくなったが、発情期になると所構わずペニスを柱や時には人の足にまでこすりつけ家人を悩ませたのだった。「お兄ちゃん、犬と同じことしてるんだ。最低だね」「本当だね。にこんなこと言われて、恥を知りな。ほら、ちょっと起きて、おちんちんをみせてごらん」
AVS
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ 嘲笑 JK ギャル 顔面騎乗 強制オナニー 言葉責め 圧迫 踏みつけ おばさん いじめ 包茎 熟女 クンニ 羞恥 長身 アナル 爆笑 センズリ 蹴り フェラ ォシッコ ブーツ 聖水 屈辱 爆乳 JC  足コキ 美脚 ビンタ 格闘技 短小 女装 淫語 店員 トイレ 金蹴り 看護婦 JS 露出  ぺ二バン 露出狂 温泉 立ちション 酔っぱらい女  オムツ 授乳 赤ちゃんプレイ OL JD 浣腸 ママ お漏らし 巨尻 寝取られ 臭い 奴隷 蝋燭 強制ホモ 部活 ぽっちゃり 電車 水着 マッサージ師 おっぱい 女子大生 女子高生 プール 写メ 剃毛 マッサージ 金玉 バス お母さん 清掃員 ヤンキー 女教師 ペニバン 調教 電気あんま 銭湯 M女 巨根 集団 素人 コスプレ ヒール  失禁 お尻ペンペン バイブ 外国人 パート 同級生 レズ M男 M女 OL 緊縛 ナース 義母 コンビニ店員 メイド お姉さん カップル奴隷 パイパン 灰皿 チンカス セールスレディ バイト 後輩 排泄  筋肉 茶髪 アロマ企画 パンチ 竹刀 動物真似 オナニー Jk 子供 野外 キャバ嬢 NTR 首絞め 足舐め 芸能人似 母親 童貞 幼児プレイ 巨乳 ネカフェ 同僚 先生 食糞 マザコン 漫画喫茶 水責め ジョギング ハード ジャージ 飲尿 裸踊り レザー デブ 尿道 土下座 カップル 黄金 ペ二バン 乳首責め フリーダム 乳首 携帯 撮影 ウンチ 69 電気按摩 キス ぺニバン 咀嚼 匂い 早漏 五十嵐ゆい 首輪 ボクシング アナル舐め コンビニ 散歩  飲み会 ぶっかけ 女の子 格闘  先輩 スナック ホテル 風呂 スパンキング 貞操帯 電気アンマ パンスト 婦警 中国人 女看守 ニューハーフ  SEX 肉体改造  アカスリ クラスメイト 感想 人間便器 ウンコ 宗教勧誘 女子 射精 メス化 ヨダレ レギンス 拡張 排泄公開 CMNF ヌードデッサン テニス ふたなり 公園 おばあちゃん バスガイド 公開排泄 アナルフィスト ディルド 漫画 観光地  ナンパ タイツ 人間灰皿 デッサン 祭り 運転手 うんこ 宅配 海外 オムニバス ユニフォーム アダルトショップ ブルマー マッサージ女性 フードクラッシュ 病院 スーツ ホモプレイ ロリ 射精管理 喫煙 介護士 大槻ひびき 年下 写真 警備員 お仕置き 肛門 受付  泌尿器科  屋外 検尿 喫茶店 SM 愛音ゆり 旅館 パイパン看護婦 ラブホテル 拷問 おばちゃん グロ 赤ちゃん 田舎 酔っぱらい女性 介護 専門学生 保健室 改造 母乳 NTR 検事 夢野あいだ 友達 事務員 鷹宮りょう モデル ブス 満喫 フェラチオ 笑顔 誕生会 ニヤニヤ マクドナルド オナホール ばばあ 障●者 ホームレス 客引き 男女兼用 ホモ 隣人 女将 レジの店員 JS 中国 親子連れ 部下 女子社員 公園散歩 ネイルサロン レジ店員 スポーツ用品店 チャット 伯母 不良  エレベーターガール 計測 試着室 女子マネ JK パンティ 水泳部 マンション 浴衣 妻の友達 歯医者 女上司 抱っこ 看護師 上司 学生 おなら ボンテージ 訪問販売 ブーツ舐め 煙草 監禁 脚コキ 知り合い ネット ドン引き 手袋 失神 風俗嬢 出血 少女  コーチ 失笑 ファーストフード店 おむつ   掃除のおばちゃん 奥様 パンチラ 公衆トイレ オナクラ ミニスカート 脱糞 ウエイトレス 居酒屋 水泳  カラオケ トイレットペーパー 巨漢 精子 乗馬 ジム 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR