FC2ブログ

CFNM・M男・露出狂研究所

CFNM・M男の拾った体験談やAVレビュー、自作作品を続々公開♪

自宅で露出狂になれるDVD

自宅で露出狂になれるDVD
部屋にいながらにして、露出をしている気分が味わえる画期的なDVDが誕生!完全主観、露出タイマー付きで、タイミングを合わせてコートをめくると画面の向こうで悲鳴を上げる女性の映像が!マニア必見の1枚。

AVメーカー:SODクリエイト(ソフトオンデマンド)
AVレーベル:SOD
監督:銀狼
発売日:2008/08/21
収録時間:60分
品番:SDMS-524 廃盤

買い直してみました。前に見たのは5~6年前だったと思います。今再び見てみるとクオリティーが高い気がします。本当に『あれ?こんなによかったっけ?』と驚くほどです。夜の見せつけ以外は、非現実的ですが、それがまた露出狂の夢を叶えている感じがして良いです。夜の見せつけや公園で女子高生に見せつけるシーンは、特に良かったです。今ならVRのような技術があるので、是非とも復活して同じような作品を作って欲しいです。「自宅で露出狂になれるVR」って感じで発売されたら多少高額でも買ってしまうかも知れません。シリーズ化したら現実と非現実が分からなくなりそうで怖いですがw

vlcsnap-2017-08-15-04h40m48s944_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h43m12s001_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h43m32s401_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h43m52s909_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h44m06s339_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h44m12s671_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h45m34s976_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h46m16s396_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h45m53s240_R.jpgvlcsnap-2017-08-15-04h46m22s471_R.jpg
SODクリエイト

CFNMの話 その146

646、女子の前で性的いじめを受けた話
高2のときヤバい先輩らに目を付けられていた俺と貴弘。俺と貴弘は仲が良かったんだが、俺の方は気が効く性格でハキハキしていて武道もやっていたので、先輩らも一目置いてくれたようだったが、貴弘はと言えばなよなよしていて女性っぽい全く草食系男子だった。ある時、とある女子校の文化祭に誘われ先輩らと貴弘と自分で訪れることになった。その女子校で先輩の知り合いの彼女から、「みんなが、男の子の射精するとこが見たい」と依頼されたようだった。教員があまり来ない空き部屋に案内される。俺と先輩一人が見張り役にされた。勿論、中の様子はよく見えている。犠牲者は、貴弘。この女子校のJKたちが12人集まっていた。貴弘は泣きながら俺に助けを求めたが、俺も自分が可愛いから見捨てることにした。抵抗も虚しく全裸にされた貴弘。仮性包茎だった。亀頭は全部皮を被っている。何故仮性とわかったかといえば、女の子たちが陰茎や陰嚢を触り回していて、亀頭の皮を剥いたりしていたからだ。匂いを嗅いで「くっさ~!」と鼻をつまんでいる。「ねぇ、股開かせよう?」女の子たちが爆笑、拍手喝采する。貴弘は泣きじゃくりながら必死に抵抗し、中々脚を開かない。先輩らが加勢してとうとうチングリ返された。「いや~、凄い、凄い、お尻の穴丸見え~。いやらしい~!」先輩らは、貴弘の口をタオルで押さえ大声を出さないようにした。更に女の子たち4~5人でお尻を四方から引っ張った。肛門が大きく口を開けヒクヒクしている。「凄~い、お尻の中が見える。こうなってんだ?あれ、腸なの?ヤバくない?」女の子たちが覗き込んだり、臭いを嗅いで今度も「いや~臭~い!」。何人もが陰茎を握ってシコシコするも、貴弘は恐怖と屈辱で勃起もしない。肛門を開かれ、口を押さえられている貴弘の腹に、先輩の一人がパンチを入れた。肛門が痙攣したかと思った瞬間、モリモリっと大便、そして亀頭からは失禁。JKたちは、悲鳴を挙げて離れた。先輩らが貴弘を隔離して連れ出した。それで、先輩らはJK達に謝り、先輩らの命令で自分が射精を見せることに。しかし、あの貴弘の光景を見て興奮していた俺は、フルチンになりJKに囲まれながら放出。尿口から止めどなく湧き出る精液を披露した。俺は、JK達から感謝され、先輩らにも褒められた。後に、そのJKらのうち3人とエッチすることに成功。俺はその後、貴弘を訪ねたが、二度と会えなかった。引きこもりになり、その後引っ越していったようだった。
647、JKに爆笑される
主にJKを狙っての 『路上ゲリラ』で活動していました。 興奮のツボは人それぞれだと思うので、 顔を引きつらせて驚いて逃げていく姿や 『ギャーー!』なんて悲鳴を聞くとゾクゾクするSタイプの人も居れば、 笑われたり馬鹿にされたり蔑んだような眼で見られることを望むMの人、 その両方を持ち合わせている人まで(僕はこのタイプ)どんな反応で興奮するかは人それぞれでしょう。 そういう意味で言うと、 こちらが望む すべての反応を持ち合わせているのが JKのような気がします。 30代や40代の女性はニヤリとしたり蔑んだような眼で見てくることはあっても、 声をあげてゲラゲラ笑い転げることは まずないでしょう。(少なくとも僕は出会ってない) て言うか、 『路上ゲリラで』一番出会えない反応が 爆笑 でした。(微笑んだりニヤリとしたりとは違います) この反応を唯一期待できるのが 10代半ば~20代前半までの相手(の複数時)ではないでしょうか? てなわけで、以前こんなJK達と遭遇しました。 それは数年前の10月の土曜日、時刻は午後4時過ぎでした。 駅近くの人通りの少ない道で部活帰りらしき3人組を発見したので、先回りしてT字路の角で待ち伏せ。 3人とも紺のブレザーにグレーの超ミニスカートで、タイプ的にはギャルの一歩手前みたいな3人。 その内の2人は野球で有名な某男子校のショルダーバッグを下げていましたが、 僕が住む地域の 一部JK達の間ではココの指定カバンが人気のようです。 Bを維持しながら待ち構えていると3人がやってきたので、 ズボンを膝まで下げて上着もグイッと胸の辺りまで捲りあげました。 3人は横一列になっていたので 一番近くを通ったコとの距離は3mほど。突然 目の前に変なヤローがあらわれて驚いたのか、3人はいっせいに声を失う。 しかし逃げ出したり等のバタバタした様子はなく、そのまま歩きながらも声だけは発さず シーーン・・・・ 僕は何をするでもなく ただ仁王立ちでBPを付き出し、 右手はダラ~ンとさせて左手では捲りあげた上着をおさえ、 前を通過していく3人に合わせて体の向きを変えていました。 そのままの沈黙状態でゆっくり前を通りすぎていき 距離は3mまで離れましたが、 常に振り返ってこっちを見ていた3人。 ここでPをガシリ!と握りゴシゴシ扱いて見せつけると、その行為を見てか 『ヒャハハハハハ!(笑)』 突然 1人のコが笑いだした。 このくらいの年代のコの習性なのでしょうか? こうなると笑いが伝染するんですね。 それに釣られたように他の1人もゲラゲラ笑い出し、 10代特有のカン高いケラケラとした笑い声が響いて一気に賑やかに。 3人との距離は6~7mまで離れていたので、こっちも3人を追うように角から出て露出を続けていると、 ついにそこで足を止めて騒ぎ始めた。 『チョ~ウケるんですけどぉ~!(笑)』 「キャハハハハハ(笑) マ~ジ 笑えるぅ~!(笑)」 「(爆笑している2人にツッコミを入れるかのように) そこ笑いすぎだから~~!(笑) 」 『チョー ウケるんですけどぉ~~(笑)』 いいぞいいぞ! ナイスリアクション! もっと笑ってくれ! ウケていた3人に嬉しくなり扱いていた手も速くなりましたが、 残念ながら足を止めていたのはここまでで、笑い声をあげながらもゆっくり去っていってしまった。 が、最後にそんな3人から、 『センパイさようなら~(笑)!』 「アデューー!(笑)」 などと意味不明な言葉をいただきましたが、 この『変なノリ』こそが複数JKの醍醐味ですね。 説明するまでもないですけど、 こんなノリのJK達には 滅 多 に !出会えませんよね。 けど、 こんな変なノリをする30代や40代女性には もっと出会えないのではないでしょうか?(てか居るのか?)
648、ジャージのJCに馬鹿にされる
夕方、まだほんのり明るい時刻に露出決行しました。 ターゲットは部活JCです。 この時刻ジャージ姿で学校の周囲を走っています。 学校から少し離れたライニングコースで待ち伏せ。 ジャージの下はノーパンフルBです。 道路とは植え込みで隔てられた狭い歩道をJC5人の集団がダラダラ走って来ます。 あまり厳しくない部なのか、おしゃべりしながら半分歩いてる感じです。 周囲に人がいないことを確認し、10メートルくらい手前からジャージをおろし、勃起Pを露出させゆっくり近づいて行きます。 5メートルくらい手前で先頭のJCが気づいて『おおっ』と飛びのくナイスリアクション。 その動きで隊列が乱れ、他のJCも次々に目の前の丸出しチンコに気づきました。 彼女らはクスクス笑いFBのモノをチラ見しながら、すれ違い。 集団なので余裕があるのでしょう。 そして少し離れると 『やばっ』 『やばいやつだっ』 『ちょっと~見た見た~』 『お前めっちゃ見てたやろ~』 などキャッキャ言いながら大盛り上がり。 そして1人が『変態マーン』と叫ぶと全員大爆笑。 ジャージ姿の黒髪JC5人にフルB見てもらえて最高でした!
M天国
649、JCの集団にガン見される
登校中のJCの集団にモロ見せました。 6人くらいの集団がキャッキャいいながら、右手20メートルくらいから歩いてきます。 自分はまっすぐ歩き、ちょうどT字路で交差するようにタイミングをあわせました。 ジャージの下はノーパンでポケットに手を入れるフリして高速でシゴきフル勃起状態に。 JCたちは6人でしたが、それぞれ2人組になり、なんとなくまとまって歩いています。 交差するとき集団の中をすり抜けるよう調整し、歩きながら手前でジャージを膝までおろしました。 勃起フリチン状態でJCの群れへ突入です。 至近距離でいきなり男の下半身が現れ、みんな目を丸くしてガン見です。 1人の子はモノを出すまえからなんとなく見ていて、勃起したモノが出た瞬間ぎょっとした顔になり、 抗議するようなキツい視線で顔を睨みつけてきました。 でもモノをぶるんぶるん振るとどうしても目線がそっちにいってしまい、かわいかったです。 JCたちはざわざわっとなりましたが、そのまままっすぐ歩き、少し離れるとキャーキャー言いだし振り返ってこっちを見ています。 まわりに人気がないことを確認した自分は、立ち止まって仁王立ちでモノをシゴいて見せました。 JCたちは「うわー」とかいいながらこっちを指差しつつ、全員ガン見です。 射精は無理でしたが、最高の露出体験でした。 やっぱりJCのリアクションはいいですね。
650、プールで若奥様に勃起チンコを見せつける
水分補給する為にと装い、休憩室へ向かう。わざと遠回りして、若奥様方の目の前のプールサイドへ。 ドキドキが止まらない。 一番手前の奥さんとの距離、わずか2、3メートルのところで、一人の奥様が僕の方に視線を。一瞬、僕の顔を見て、すぐに視線は股間へ。ビクッと身体が動き、唖然とした表情で股間凝視。 その前を知らんぷりを装い、歩きすぎる。通りすぎる僕を、それまで談笑していた奥様方がキレイに順番に見つめている。全員、一様に股間を見て、びっくりした表情。数人は、ヒャッと小さな悲鳴。 完全に通りすぎると、背後からザワザワと声が。 「見た!見た!」 「見た!スゴい!嘘~」 「てか、丸見えじゃん!」 「もろだよ、もろ!!」 ひそひそ話してるが、こっちには丸聞こえ。 クックックと、複数の堪えた笑いも聞こえる。 休憩室で水を一口。緊張で喉がカラカラ。水に入ってたのに。 そして、再びプールに戻る為、奥様方の方へ。先程と違い、僕が休憩室を出て自分達の方へ歩き出す瞬間から、全員が僕を見ている。全員が面白いように僕の股間を見つめている。その表情は、裏笑いをしている人、呆然とただ股間を見ている人、笑いを必死に我慢してる人、様々。 目の前を通りすぎる時は、時が止まったように、誰も一言も発しない。 ちなみに、股間はフル勃起中。 奥様方を通りすぎ、プールには入らず、プールサイドのベンチに腰かけた。 わざと目をつむり、寝たふりをする。あわよくば、寝てるなら近くに見にきてくれないかという願望。 と、しばしそうしていると、ホントに来た。目をつぶっているが、複数人のひそひそ声が近づいてきたのがわかる。 「すごいね、これ」 「ホントにスケスケ、ていうか丸見え(笑)」 「でかい(笑)」 「てかさ、ガチガチに勃ってんじゃん!マジ勃ちじゃない暖」 「すごいよね。これさ、絶対寝てないよ。わざとだよ。寝てたら、こんなに勃起しないでしょ」 ひそひそ&必死に笑いを堪えて話してるのがわかる。会話を聞いてると、どんどん息子が脈打つように更に膨張するのがわかる。 でも僕は寝たふりキープ。興奮が止まらない。がまん汁出たと思う。 そうしてると、声が遠くに行ったので、少しして目を開けて、再びプールへ入水。 (最高だ~暖) と今までのやり取りを思い返しながら一泳ぎ。 と、もういいや、とプールを出て、また若奥様方に視線を送っていると、大学生くらいの年頃の女性の監視員が、つかつかと。 「申し訳ありません。そちらの水着での入水は、ご遠慮いただきたいんですが…」 といいつつ、僕の顔と股間を代わる代わる凝視。 (あちゃー、やっぱりか) と思いつつ、そこまでじゃないだろ、とも思ったが、出禁にもなりたくないので、 「あ、ちょっと際どいですか、すみませんでした」 とか言いながら、最後にまた若奥様達の前を通り、ロッカーに。
M天国

CFNMの話 その145

641、JKに見せつけた経験
もう20年くらい経つだろうか、よくあのとき捕まらずに成し遂げたなと、今思い出しても大胆で危険な荒い露出だった。確か冬で夕方6時くらいか、S県のY女子校は駅から近いところにあるが、校門を出て十数メートルは、細い路地があってほんの何分か人通りが途絶えるタイミングがある。部活が終わった下校時刻には、そこの女子高生達が列をなしてどっと出てくる。路地から横道を入ったところには、月極めの駐車場があって人通りもあまりない。そこに車を停めて退路を確保。女子高生達が校門を出て駅へ向かう細い路地、塀の陰に身を潜めフルチンになってタイミングを見計らう。教師もいない。今迄、手を出したことのないとこだったので警戒もしてなかったのだろう。他の人通りも途絶えてる。女子高生のみが数えてないが、30~40人は歩いているだろうか。正面から小走りで駆け抜く。フルチンで何十人もの女子高生とすれ違う。ちなみにここは、当時、少年誌のモデルも排出してる可愛い子が多い学校だった。もの凄い悲鳴が鳴り響く中を駆け抜けた。一瞬だったがそれは凄い空間になっていた。捕まることなく車に乗り込み逃走。反対側から道路に出て車から女子高生達の反応を伺う。どの子も興奮が治らない様子。人数が人数なだけに恐怖はないようだ。「もう、見入っちゃった。目が釘付け!もっとよく見た~い。」 これが女子校の生徒達の正直な感想なのだ、と知った。だから未だにJKは、やめられない。しかし、あんな大胆なことはそれ以来チャンスはなかった。翌日は当然、教師達が校門の前に立っていた。
ブリット
642、ナースと尿瓶
僕がまだ20代の頃の話です ガテン系の夜間作業中に 3メートル位転落して 救急車で運ばれました 堕ちるときに 左腕を脱臼したみたいです かなり痛がって 大騒ぎしたらしいですが 麻酔をかけて 外れた肩を 治してくれたそうです(付き添いの親方からききました) 意識を戻すと 薄暗い病室に寝かされて 若い看護婦さんが側にいました 「もう肩が痛くないんですけど」と話かけると 「痛かったでしょう もう大丈夫ですよ」と優しく答えてくれました  可愛いくて 僕と同じか ちょっと若い娘でした 看護婦さんが「トイレは部屋を出て右側ですけど もし痛くて行けないときは ナースコールで呼んで下さい 尿瓶でとりますから」 そう言って 部屋を出ていきました 薄暗い病室で 可愛い看護婦さんの顔を見るとムラムラしてきました  脱臼してた肩は少し痛いけど 歩けないほどではありませんが こんなチャンスは滅多にありません! ナースコールを押せば 可愛い看護婦さんが来て尿瓶でォシッコをとってくれるなんて超ラッキーです ナースコールするしかないと 興奮して 肩の痛みなんか忘れてます (尿瓶でォシッコとるってどうやるんだろう?) 想像するだけで嬉しくて 右手でチンポを触ると すぐにギンギンになりました ォシッコも結構たまってますが  チンポをギンギンにして ナースコールしたら 絶対に 変態だと思われる あの可愛い看護婦さんに気持ち悪いやつとは思われたくないので 一旦 冷静になって 仕事の事なんかを考えたりします。すると 勃起は収まってきましたが ちょっと縮みすぎです これで看護婦さんを呼んだら チンポが小さい男と思われてしまう これではいけません ギンギンはダメだし 縮んでもダメ そうです 半立ちしかない! 病室のベットの中で チンポを絶妙な大きさにキープさせて いよいよナースコールを押しました 「○○さん どうしましたか?」 あの看護婦さんの声です 「すいませんォシッコしたいんですけど」 まだ肩が痛いかんじで言いました「すぐ行きますねー」看護婦さんが来るー!! チンポを確認すると ヤバい縮んでる 急いで半立ちにしなければ (パタパタ ガチャ) 看護婦さん到着です 「○○さんトイレまで歩けそうですか?」 多分余裕で歩けますが 「ちょっと痛くて」と苦しそうに言います 「それじゃあ尿瓶で取りましょうね」看護婦さんはそう言って尿瓶を用意して 僕のベットの右側に立ちました 僕は痛そうな演技をしながら 布団の中でチンポを 大きめの半立ちに仕上げました いよいよです! 看護婦さんが 僕の掛け布団を持ち上げて 「ズボン下ろしますねー」優しくズボンとパンツも下ろしてくれます  この看護婦さんは 意外と緊張してるみたいで ぎこちない動きで  僕の半勃ちを軽く握って 尿瓶のほうにクイッと向けようとしますが 遠慮がちに 超ソフトに 右へ右へ動かすから  半勃ちが ぐんぐん大きくなってきて 硬さも もうカチカチです 小さな声で「あれ?あれ?」と言いながら カチカチのチンポを右に右に曲げようとしてます パニクってるみたいてすが (このままだと射精しそう)と思ってると 「スイマセンご自分で持てますか?」と聞いてきたのて 「はいっ!」と僕も恥ずかしかったふりをしました 「終わったらまたナースコールして下さい」 そう言って 看護婦さんは逃げるように出ていきましたォシッコが大量に出て 尿瓶の上の方まで溜まりました そしてナースコールして 看護婦さんに来てもらうと その 満タン近い尿瓶を見て「ガマンしてたんでしょう?」 「大丈夫だからすぐ呼んで下さいねウフフッ」と 言ってくれました ギンギンチンポを握って クイクイしてもらった上に 好感度までキープ出来るなんて 最高の思い出です。
ホットエンターテイメント
643、短小罵倒しまくるJK
若い頃より20㌔太り恥骨回りにも脂肪がつき、チンポは肉に埋もれ皮はたるみ年齢からかキンタマは縮小。そして毛も剃った。さらにこの寒さでチンポもキンタマも縮み上がりまるで小●生低学年のチンポ。そしてJKの下校する通学路へ。上はコート下はジャージをモモまで降ろし縮み上がったちっこいチンポとキンタマを見せる。JK達は最初こそ驚き後ずさりしたが、あまりにも小さいチンポを見て大爆笑。「ちっちゃー」「赤ちゃんのチンコじゃん」「小さすぎて見えないよ」散々バカにされながら、それが興奮となり勃起。するとJK達大喜びして拍手。シコる私に「こいつシコッてるよ」「頑張れー」そんな中、精子放出。量は少なく勢いもいまいち。「こいつキンタマ小さいから精子もちょびっとじゃん、情けねぇ」散々バカにされて嬉しかったです。
ミストレスランド
644、変態行為の朝
朝のトイレのオナニーが日課になったのですが 逆にいままで、朝仕事前に大をしてたのが 夜するようになりました。 が、その日は前の夜に大をし忘れ、朝着く頃 大がしたくなったので、女の子達が来る前にしようと いつもの時間より早く公園の公衆トイレに 急いで公園に行くと、女の子達がいつものトイレに入っていくところを目撃、 やばいと思い、戻って近くのコンビニに行こうか 迷いましたが、戻って大をしてると、いつもの時間を過ぎてしまうので、このまま行くことに、、、 トイレに着くと、ちょうど女の子達もトイレから出て来て、少しきまずそうに「あれ、もう来たの?今日は早くない?」と、私は「ちょっと別のようが、、、」 私も少し気まずいかんじで、モゾモゾとしてると 女の子が「どうしたの?」と 私は我慢の限界にちかかったので、 笑われるのを覚悟し、思いきって 「大がしたくて、、、」すると女の子は 「早くいきなよ!やばそうだよ!」 それを聞いて、急いで中に入った時外から 「あ!」と言う声が、、、 どうしたのかと思ったが、漏れそうだったので 気にせずしようとズボンに手をかけたとき ふと脳裏に見られてると思うと、いつものように全裸になって大をすべきか?さすがに大をするところは見ないのか?普段スカルトには興味もないのですが 吹っ切れた私は全裸になり、どうせならと 便座に座らず、上に乗って出してるところを見られたいと、初めての経験か、恥ずかしさからか 大をしながら、いつもとは違う興奮をしてしまいました。 興奮した私はそのまま、大をしながらシコシコを始め いつもより、多く量を勢いよく放出してしまいました。 終えた私は、前も後ろも拭こうとしたら、トイレットぺーバーがありませんでした。 いつもは確認するのに、慌ててたのと動揺で確認するのを忘れてた。 どうしょうかと思った矢先、「テッシュあるよ!」 ドアの向こうから声が、、、 ドキドキしながらドアに近づきカギを開けると ドアがほんの少しだけ開きその隙間からテッシュが中に、、、 ドアが大きく開かれることはなく、ほっとしたような、残念なような気持ちで 「ありがとう!」そう言って、テッシュを受け取り 便器に戻り尻の方を拭きました。 テッシュは尻の方だけでなくなりもう少し貰おうかと思いましたが、遠くから声が聞こえたので近くにはいないと、諦め前の方は拭かずにそのまま納めようかと思っていたら、 コンコンとドアを叩く音がし、「足りないよね!」 始めて聞く声、「うん」と返事をすると またドアの隙間からテッシュが ティッシュを受け取り、隙間から見えたのは いつも微笑んでくれてた女の子!やはり、隙間から見えた顔も微笑んでいた。 思わずまた興奮した私は無意識にいきり立ったアレを ドアにへばりつき隙間からアレを出してしまいました。 我ながらしまったと思った瞬間、「エイ」と言う声とともにアソコに何かが当たる感触が ふと見ると女の子の指先でアソコを押されてた! えっと思った時「出したらダメでしょ」と 子供に怒るような感じの言い方で! 興奮して頭が真っ白になった私は、気づけば ドアの前で倒れるようにひざまづき、アソコを握ってしごいていた。 また大量に放出しボーとしてると 女の子は「また出しちゃったの?大変だね!」と言って微笑んでいた。 後ろの方から「どうした?大丈夫?時間ないかも」といつもの声が、すると微笑んでた女の子が「大丈夫、自分で拭いてるから」そう言ってもうひとつティッシュを渡され、「ゴメン、時間ないから、出したの拭いてって」そう言って、 皆のところに行って立ち去った。 よく解らない言葉だったが、私も時間がないので 処理をして仕事へいった。
M男パラダイス
645、パートおばさんにからかわれる
過去に何度か投稿していますが、自分は化粧品工場でバイトしています。 ここは社員とパートさん含め女性が8割で、若い人もいるけど年齢層はやや高めです。 仕事中は男女とも真っ白のピチッとした薄手のズボンを穿くことになってるんだけど、これは生地が薄いからちょっと前屈みになったりするとパンツのラインがはっきり浮き出ます。 もちろん男の場合はもっこりが強調されます。 ある時期から一線を超えた自分はノーパンでこの作業着を穿き、ノーパンもっこりを女性達に見せていますが、もちろん女性達はノーパンだとは思っていないハズです。 女性陣の入れ替わりが激しい職場だから、次々と色々な人が入ってきては、辞めていきます。 比較的最近入ってきた人で、44歳だかのバツイチの人がいます。 顔はくたびれた感じでオバチャン顔だけど、体、特にケツがエロいです! 自分は熟が大好きなのですが、熟のエロさはこの少しくたびれた雰囲気と、ケツのエロさにあると思います。 ここでは朝のラジオ体操と昼と夕方に掃除の時間があります。 このときに前屈みになったりするので、そこら中でパン線見えてます! この人のパン線とケツを堪能したくて、あえて近くで掃除していたときに、前屈みになっている瞬間があって、至近距離からばっちり見せていただきました。 それで当然勃起して、自分は超もっこりさせていると、その人のケツをガン見していたのを35才の独身女性と33才の既婚者の仲良し二人組に見られていました。 自分はこの二人とは仲がいいし、この二人にも何度ももっこりを見られていて、もっこりをイジられるくらいの仲です。 するとこの人に、『今お尻見てたでしょ~』とからかわれ、もっこりさせているかを確認するかのように目線がもっこりに移動。 嬉しいっちゃ嬉しいけど、この二人には何度も見られてるからもう刺激が少ない。 そのもっこりを確認したこの人は44才の人に向かって、『○○さ~ん、お尻見られてたから気をつけたほうがいいよ~』とチクリました。 それでこっちを向いたその人は、『え~?わたし~?』とか言っていて、 ここで33才の人が『この人は女の人のお尻ばっか見てるんだよ!こう見えてエロ伯爵だから!』とさらにチクリました。 自分はなぜかこの人達からエロ伯爵とか呼ばれてます。 すると44才の人がちょっと半笑いの呆れたような顔をしながら、『や~ね~、もう、、、私のお尻見てもなにもないわよ』とか言うと、 33才の人が『○○さんのお尻オカズにしてたから、お金とったほうがいいでしょ!いくら払わせよっか?』とか言い出しましたが、この二人はいつもこんなノリです。 しかしそのオカズって言葉にピンときたのか、44才の人ももっこりを見てきました! 真っ白のウスウス生地でさらにノーパンだから、ツンッ!とした感じで超もっこりしてしまいます。 そのツンとさせた状態を見たこの人は、『ふんっ』みたいに鼻から抜けるような声を出して、そのまま下を向いて『も~、、や~ね~、、』とか言って半笑いの呆れ顔でした。 その後33才と35才の二人からは『今日は○○さんをオカズにするの?あの人綺麗だもんね!(多分思ってない)』とかイジられましたが、しばらくはこの44才の人のパン線とケツ、そしてもっこり見せを楽しみたいと思います。
バンプフレイヤ

CFNMの話 その144

636、JK立ちションを見せる
昨日の昼間にJK3人組が歩いてきていたから草むらに向かって立ちションして露出したら、三人にばっちり見られた! 三人は立ちさりながら色々話していて「はじめて見たのがあれってきついんだけど」とか言ってるのが聞こえて興奮した。 ひょっとしたら「今年はじめて見たのが」だったかも知れないが、どっちにしても嬉しい会話だった。
バンプフレイヤ
637、JKに声をかけられる露出狂
下校時間に合わせいつもの場所に行き、 やってきた4人組を相手にすれ違い様に実行。 バッチリとチンポに視線を落とし、その視線と驚いた表情に興奮。 そのまま立ち去ろうとしていたとき、背後から 「ねーー!」と声をかけられた。 こんなことは初めての体験でした。 思わずドキッ!として振り返ると、 4人は立ち止まって僕を見ていた。 『ヤベー!なんかキレてんのか!?(焦)』 そう思ってそのまま逃げようとしたのですが、 さらにもう一度 「ねーー!ちょっと待ってー!!」 今度は少し声を荒げ こう言ってきた。 「待って」と言われても待てませんので逃げる僕。 しかし4人はさらに、 「ちょっと待ってよ! 話 聞けよ!! ねーーー!! 聞いてるぅーー!?(少しキレ気味)」そう言ってきたのですが、小心者の僕は怖くり 『ヤベーヤベー!逃げろ逃げろ!』 早足で立ち去る。 4人は追ってきたりはしませんでしたが、 最後に こうを叫んだ。 「学校で噂になってるからーーー!!」 「みんな知ってるからーー!!」 冒頭で「JK3人に実行して現行犯」と書きましたが、 この4人に出会えなければ このあとココで捕まっていたでしょう。 もちろん、 4人はそんな僕を案じ こんなことを伝えたわけではないのはわかっています。 そんなことをしてやる義理は一切ないですからね。 でもこの4人には本当に助けられました。 このセリフから色々学ばせてもらいました。 露出をしていると色々な反応がありますが、露出相手からこんなことを言われたのは このときだけです。
竹工房
638、露出狂に反応するJK
JKの見込みがないときはJDや若いOLも狙うけど、基本JKが最高。あの制服姿も去ることながら、ウケたときのノリの良さ。JCだと幼く感じるし、JDから上ならそれほど相手してくれないことが多い。今回はちょっといつもと変わった仕掛けを施してみた。スマホでRicky Martin のLivin la vida loca (1998のですが)をyou tubeでだしておいて、上着のポケットに入れて待機。日も落ちた静かな住宅街、JK4人が来た。(通学路) 下は、何も穿いてない。テリトリーに入ってきたとこでミュージックスタート。「えっ、何?何?」と、こちらに注目。フルチンを見て、「えっ、嘘?ちょっと変態?」しかし、ちょうど前だけ手で隠して腰を振ってダンス。4人は、早く「早く行こう?ヤバいよ!」と言いながらも、足が前に進まない。 「手で見えない!」一人が口走った。後ろ向きで腰を振る。「あっ、袋が見えた。穴が見える、は、は、は。」別の一人が「前が見えねぇよ。」そこでやっと手をどける。「ほ、ほ~やった、見えた、見えた、おちんちん見~えた!」尚も腰を振りながら、ペニスをグルン、グルン回す。「すっげー!」とガン見。すかさずフル勃起のペニスを4~5回擦っただけで大量の精液が飛び散る。「すっげー、ヤバ~い。ヤバいよ、これ。」JKが注目してる最中、事を成し遂げて走り去った。
RASH
639、クスクス笑う少女たち
新年そうそう、二週間ぐらいの工事で、 初めての所にいったら、工事するところのトイレは 使えないと言うことで、近くの公園のトイレを使用! いちいち、信号を渡らなくてはいけないので、めんどくさいと思ってた次の日 昨日は昼間だったので気づかなかったけど、朝 そこは通勤で公園を横切るのです。 割合的に男性3割、女性7割ぐらいの好条件 その道はちょうど、トイレに向かって曲がる感じです。トイレは横から見られる感じで、壁はあるけど 便器を囲ってるだけで、あそこは、その通路からはほとんど見えてしまいます。 その状況に興奮しビンビンになって、したくなったが、仕事中何かあってもいけないので我慢! 次の日の朝、便器に行く前からビンビンで、軽くさすったが、我慢できなくなり、大の方へ トイレは男性用の小と女性用の個室、真ん中に広いスペースの所しか男性は大できなく、そこに入ってシコシコ、でも扉は引き戸で鍵を掛けても少し隙間が、、、 気にせずしてると、物音が、さすがに職場の人に見られるといけないし、切り上げてでると、そこには高校か中●生かジャージ姿の女の子が二人、こちらを見てクスクス笑ってるようす! 公衆トイレで大をしてるのが、面白いのか、それとも隙間からしてるところを見られたのか? 色んな妄想をしながら、次の日の朝も通行人に見られ 興奮状態で大の部屋へ、 また物音がしたが、職場の人がくるのは、30分も後だし気にせずにシコシコ 今度はフニッシュまでいてでると、やっぱり昨日の二人が、、、昨日は笑ってたのに今日は少し怪訝な顔! これは違いなく覗かれてると確信! またまた次の朝、恒例になった小で見られ興奮状態で 大の部屋へ、今回は女の子二人に見られるのを想定し、大の部屋で、全裸になることに しばらくすると、また物音がし、見られてることを想像し、全裸ということもあり興奮がさらに倍増で、フニッシュ! すっきりして、出ていくと今日はいままでの二人ともう二人4人の女の子が 昨日の二人と新な一人がコソコソこちらを見ながら話をしてる。 残りの女の子と目が合った時、嫌そうな顔ではなく、さらに、軽く会釈されたぽく見えたので、こちらも軽く会釈ぽく返したが、なんだかそれがさらに興奮を倍増させた。 またまた次の日の朝、昨日のことが忘れられなく、いきなり大の部屋へ行き全裸で待機、物音が聞こえると、シコシコ初め、さらに昨日の夜準備していた、アナルバイブを出し、トイレにつかまりバックの体制に、おしりの穴がドア(女の子の方)に向いて丸見え状態で、アナルバイブ挿入、そしてフニッシュ! 三人はこちらをガン見し、怪訝な顔をしてるが もう一人の女の子は、クスリと笑いながら、また会釈ぽい感じで、こちらも今回はしっかりと会釈で微笑んで返しました。 三人は、それを見て一人の女の子に注意してるぽかったが、その子は笑顔のまま! またまた、次の日の朝、恒例になった大の部屋での オナニーを、今回は横向きでアナルバイブを挿入しながら、乳首を触りシコシコ! フニッシュをむかえ、出るとやっぱり一人の女の子に笑顔で会釈、女の子も笑顔で会釈! そして、立ち去る時後ろから声が、、、 「毎日ってすごいね~」それを聞いた私は興奮を抑え、後ろ向きのまま、 片手を高々とあげガッツポーズを すると大爆笑! 振り向きもせず、そのまま帰った私 残り10日ぐらい、毎朝楽しみでいっぱいです。 今日までの出来事!
東京美人排泄倶楽部
640、巨乳痴女に遊ばれるアルバイト
学生時代カラオケでバイトしていた時の話。 住宅街にあったので、結構ラフな格好で来る客が多かった。 いつもの様にドリンクの注文が入ったので、届けに行くと 30代の女2人組が歌っていた。 1人は巨乳で胸元が空いたTシャツを着ていて、もう1人もラフな格好をしていた。 片膝をついてドリンク(カクテル)を置いていると、 巨乳の女がテーブル越しに身体ごと手を伸ばしてきた。 その際にTシャツがヨレヨレだったみたいで、 胸元が開き中が丸見えだった。 Fカップはあるだろう胸が丸見えで、 しかもノーブラだったので乳首まで見えた。 片膝をついていたので、同じ目線の1m前に胸が……興奮した。 まだ若い性欲の塊の学生の俺、アレが勃ってしまった。 しかし商品を置いたら部屋を出なければならないので、 トレーを使いアレを隠し出ていった。 バレてないか確認するため、出てすぐドアの横に立って中を盗み聞きした。 すると「あの子、絶対勃ってたよねwww」「可愛いwww」と話しているのが聞こえた。 もう恥ずかしくて行きたくないと思ってたが、またドリンクの注文が入った。 部屋に入り片膝でドリンク(カクテル)を置くと、また胸が目の前にやってきた。 すると 巨乳「ねえ?さっきも見たでしょ?」「勃ってたよね?」 「すいません」と答えると 巨乳女が「もっと見たい?」と言うと同時に Tシャツを捲り上げ胸を出してきた。(乳輪がデカくてエロかった) 女2が店員さんのも見せてよと言いい、俺のチャックを無理やり降ろしてきた。 俺のアレを見て「想像通りw」と二人が言った。(泣) すると女2は触りだし、巨乳女も「触りたい」と 二人にアレを触らてシゴカれてる状態に。 30秒くらいすると巨乳女がチュッっとアレにし「また次ね」と 一旦部屋を出た。 10分後またドリンクの注文が入り、部屋に行くことになった。 部屋へ入ると、巨乳女が「続きね」といいチャックをおろしてきた。 そのままアレを口に含みフェラを始めた。 すぐに女2も混ざり、2人フェラされるというAVの様な絵になっていた イキそうですと伝えると、いいよと言われ そのまま巨乳女の口に出し。 「店員さんの生臭いwww」と言われ口から出していた。 その後連絡先を交換して、帰っていった。 学生時代痴女に会った話でした。ドグマ

CFNMの話 その143

631、JKの珍しい反応に興奮する
ある3人組に露出したときに酷いこと(?)が起きた。 そこは幅の狭い歩行者専用の道だったのですが、3人は横一列になって歩いてきました。 僕のすぐ近く(1m横)を通ったコが最初にチンポに気付き、 驚いて僕を避けるように道の反対側へ移動していったのですが、 そのときに隣のコを(まだチンポに気付いていない)僕の方にドンッ!!と押したのです。 押されたことで僕と接触しそうになり、 まずはそれで「え!?ちょっと何!?」みたいな表情で驚く。 押したコはすでに反対側に移動していて、そこでニヤニヤしていました。(もう1人のコもチンポに気付いていた) 押されたコはここでようやくチンポに気付き、「ひやあ゛っっ!」なんて声をあげ大きく驚いた。 その反応を見て? 「ふふふふふ(笑)」なんて笑いながら2人は駆けていき、 「ちょっとぉ~!(怒)」なんて言いながら2人を追うようにそのコも走っていきました。 友達を犠牲にして、 生け贄的に僕に差し出してくれた(?)かなり珍しいパターン。 僕としては最高の展開だったけど、 3人の中でこのコがどんな立場だったのか、それがちょっと気になった。 このテの行動以外にも、 会話から普段 下ネタを言う関係なのか、 一切言わない間柄なのかを知れたりすることもある。 例えば、 2人組にビッキビキのフルボッキを見せつけて、 「スッゲー立ってんだけど(笑) 見てみ!(笑)」 と嬉しすぎる言葉を聞かせてもらったことがある。 それに対し もう1人もケラケラ笑っていたけど、 こんな会話、 普段から下ネタを言い合うような仲じゃないとなかなか出てきませんよね。 その2人の仲や関係を知ってどうすんの? そう問われたら、 思い出してオナニーするときのネタになります。 くらいのモンだけど、 こういうのも複数相手ならでは楽しみでもありました。
ジャネス
632、お茶のセールスをする女性に見せつけ
休日、昼寝から目覚めてぼーっとしているとチャイムが鳴りました。 ドア越しに女性の声で「おやすみのところたいへん申し訳ありません。美味しいお茶にご興味ありませんか?」とのこと。 お茶のセールスなんて変わってるな、と思いつつ覗き見ると、スーツの若い女子。小柄でけっこうカワイイ。歳は20代半ばくらい。 起き抜けで半勃起だったことも手伝って一気にエロスイッチがオン。 「はい、ちょっと待って下さい。今開けまーす」と言い、Tシャツにボクサー一枚の格好でドアをガチャリ。 対面した瞬間、おねえさんは私の格好を見て一瞬たじろぎ「あ、すいません、大丈夫でしたか?」と申し訳なさそうに言いました。 おねえさん、わざとですよ、と心の中で言いつつ、「あ、全然構わないですよ。えーっとお茶でしたっけ?」と話を繋ぐため、こちらからセールスに誘導。 おねえさんは「あ、ありがとうございます。ご紹介させていただいてよろしいでしょうか?こちらがですね…」とキャリーバッグのなかの商品を見せはじめました。 セールストークは不器用な感じでお世辞にも上手いとはいえませんが、一生懸命さが伝わって来てすごくかわいかったです。 いろんな健康茶の説明を興味あるふりをしながら聞いていましたが、私の目的はもちろん露出。 「へー」とか「ふーん」とか言いながら体勢をかえるふりして、さりげなく股間をいじり、ボクサーの太もも部分からチン先を露出。 おねえさんはそれには気付かなかったので、商品を取り出す時後ろを向いてしゃがむタイミングを見計らって、ばれないように速攻でシゴきます。 固くなり出した竿は、ボクサーに押さえつけられていますが、先の部分は完全にハミチンし、ボクサーもカタチも分かるくらい盛り上がっています。 なかなか気付かないので、説明中にボクサーの上から勃起をサワサワすると、おねえさんの視線がチラっとハミチン状態の股間に。 ここで最高のリアクション第一弾です。「えっ!わっ!」と言い、目を丸くしたおねえさんは片手を口に当て、次に私の顔を「気付いてないの?」という感じで確認。 そして笑いながら「あ、あの、、ごめんなさい。びっくりしちゃった。」と私の顔と股間を交互に見ました。 偶然のハミチンに気付いてしまって本当に驚いた感じでした。 「ごめんなさい。ちょっと、あのすいません。お股のところが、ずれちゃってますよ~」とテンパった状態ながら愛想良く注意してくれました。 はみ出たオチンチンをしまってください、とハッキリ言えないんでしょう。 この反応を見て、一気に興奮が高まった私はおねえさんの助言(?)をさえぎり「あ、すいません、じゃあ、さっきのそれとこれ下さい。買います」と購入依頼。 おねえさんは「えっ、あっ、はい、どうもありがとうございます!えーっと、合計で●●●●円になります。」と一応営業スマイル。 私は「ちょっと現金取ってきますね」と言い、一旦ドアを閉めました。 そして奥の部屋から財布を取って来ると、ボクサーを脱ぎ、閉まったドアの真ん前で半勃ちのモノをシゴき一気にギンギン状態に。 そして、射精寸前までいったところでドアを開けました。 Tシャツこそ着ていますが、下半身は丸出し。しかも勃起したモノの先はカウパーでぬるぬるです。 ドアが開き、そんな私を見たおねえさんは一瞬、固まった表情になったあと「ええっ?」と言い目をパチクリしこわばった表情に。 さっきまで商品に興味を持ってくれていた人物が、露出目的の変態だったことを完全に理解したようでした。 でも、もう購入は決定したので、やりとりを続けざるをえません。 そしてここで最高のリアクション第二弾です。 私の意図を察したおねえさんは、やけになったようなさげすむような笑いを浮かべ目を逸らし「最低、、、」とボソっと言いました。 私はその言葉に興奮し、おねえさんの真ん前で勃起したモノを突き出してお支払い。 おねえさんは、出来るだけモノを見ないように目を逸らして商品を渡します。 私は5千円札を手渡し、カバンの中からお釣りを出そうとするおねえさん。 もうこのかわいいスーツ姿のおねえさんに見られながら思い切りシゴきたくて仕方なかったんですが、モロはまずいと思い、お釣りを捜して目線を切った隙に後ろを向き思い切りシゴきました。 もう射精寸前状態だったので、すぐイキそうでしたが、おねえさんのお釣りの用意が先にできてしまったので背中越しに「あの、お客さんお釣り、、、」と言われ 「あ、もうちょっとすいません」と謎の言い訳。おねえさんに背を向けた状態でフィニッシュ。ザーメンがボタボタ床に垂れます。 イった直後にすぐ手を離し、「あ、すいません。お釣りですよね」言い振り返りました。 まだビンビンの竿は濃い精液まみれで、先っぽからは残り汁がちょっとずつ出て来ています。 目の前で射精されたと悟ったおねえさんは、心底イヤそうな表情で顔をそむけ口元を手で押さえ独り言のように「もぉー、ちょっと、マジかぁ???、あぁーキモっ!!」と急にギャル口調に(笑) もうヤケになったのか、おねえさんは無表情でチンコと私の顔を両方見て「ちっ」と舌打ち。 そして「ありがとうございました」と目もあわせず、独り言のように言いました。 私は『かわいい女の子に蔑まれながら目の前で射精してる』という ものすごい快感で腰がガクガクしてしまい、その場にへたり込んでしまいたいくらいでした。 おねえさんが「失礼します」と冷たく言ってドアを閉めるあいだ、私はゆっくりシゴいて、残りのザーメンを搾り出しました。GARCON
633、JKに見せつける
何よりフルボッキを見せつけたい。 「チンポこんなになってますよ~!」 てのを見せつけて反応を貰うことが露出をしていた最大の理由です。 いきなりヤベー奴の登場で驚いて立ち止まる3人。 ターゲットを発見しただけで体が熱くなるほど興奮していたので、 フルボッキを見せたときは「血が たぎるような感覚」を覚えていた。 3人は5m前で足を止め 「ヤベー」「ありえない」を連呼していました。 僕は左手で傘を持ち、右手を やや上にあげた降伏ポーズ的な姿勢をとっていたのですが、 これは「僕は何もしません。 何もしませんからチンポを見てください。」 て気持ちのあらわれでしたが、 そんなモンは伝わっていなかったでしょうね。 幅2.5mほどの道の真ん中で立ち塞がるように露出していたので、3人はこれ以上進んでこれませんでした。 このままでは来た道を引き返して逃げられてしまう。 そんな雰囲気がビシビシ伝わっていたので、道の端にピッタリ寄って、 「どうぞお通りくださいませ」的に(声には出していないけど)ダメ元で道を譲ってみました。 すると、 3人居たことで気持ちの余裕もあったのでしょうか。 ゆっくりと前に進んできた。 正直こんなに上手くいくとは思わなかったので、 「おいおい!マジかよ! 来ちゃったよ!来ちゃったよ!どーするよ!」 僕のほうが色々な意味で(捕まえる作戦か?とかって)焦ってバクバクしてしまったほどで、 このときの張り詰めた空気は今でも忘れません。
ブーツの館
634、露出狂を見て大騒ぎするJK
下校中の夕方4時前、 シトシトと雨が降る公園で、 JK3人が露出狂(僕)と出くわした。 早い話が大事件ですので、互いの緊張感は そりゃハンパ無いですよね。 僕のことをジーーっと見つめながら、ゆっくり進んできていた3人。 その表情からは緊張感と警戒心が見てとれましたが、 チンポにもチラチラ視線を落としていたので、少なからず好奇心もあったように見えた。 僕はここまでチンポには一切 手を触れていませんでした。 明るい時間だったのでフルボッキの角度や色も充分に伝わっていたでしょう。 ここまでくると、 もうガマンはできません。 3人の前でオナニーして射精して、早くスッキリしたかった。 距離が2mに迫っていたときに右手でチンポを握り、見せつけるようにオナニー開始。 その行為にジロリと視線を落とし、バッチリ見てくれた3人。 特に2人はニヤリとした表情を浮かべていて、この表情で僕の感情が爆発。 頭のネジが(さらに)2~3本吹き飛びました。 膝まで下ろしていたズボンを足首まで下げ、 扱きながら1歩、2歩と距離を詰めていくと、それで驚いた1人が、 「ちょっとちょっと!なになに!?」 「やだ! ヤバーーイ!」 そんな声をあげて走りだし、 それにつられるように他の2人(ニヤケ顔)も走り、 「キモーーーイ!(笑)」 「ヘンターーーイ!(笑)」 「キモーーーイ!(笑)」 そう叫びながら去っていってしまった。 (逃げながら何度も振り返っていました)
セカンドフェイス
635、電車でこっそりとJKに見せ嘲笑される
露骨に露出する勇気はないので、電車でスラックスのチャックを開けて、パンツ越しのもっこりを見せるというものです。 パンツは白というか、透け透けでピタピタ素材のビキニパンツ。透け素材なんで、カリの部分もくっきり、伸縮性が高いので、勃起すると、あからさまに亀頭の部分が突き出て、チャックから鳩時計の鳩のように突き出ます。飛び出し過ぎで、大丈夫かと思う程。勃起してるのバレバレです。 ビジネスバックとコートで股間を隠しながら、電車に乗り込み、ターゲットを物色。その電車は、ボックスシートの車両も幾つかあり、乗り込んだのはそのタイプ。ふと見ると、一つのボックスシートに女子高生三人組が座ってます。三人とも大きめのスポーツバックを膝に乗せて座っており、前髪をオールバックというか、後ろに持っていって、ポニーテールというか後ろで結んでます。チアリーディング部?三人ともかわいいです。楽しそうに会話してます。 これはチャンスと、三人のボックスシートの前に立ち、いきなりだと警戒されると思い、しばし股間を左手で持ったカバンで隠したまま、右手でスマホを眺めます。あくまで故意ではなく、トイレ後にチャックを閉め忘れたという偶然の露出をよそおいます。(あんな透けパンツ穿いてる段階で変かもですが) 一駅進んだあたりで、意を決してカバンを網棚に。これで股間は三人のすぐ目の前。手前に座ってる子からの距離なんてわずか数10センチ。しかし、三人ともしばらく気づかず会話に夢中。そっと自分で股間を見下ろすと…やばい、出過ぎ( ̄0 ̄;)どう見ても不自然な位、カリまで透けて見えるフル勃起の亀頭部分が、チャックからまっすぐ三人の方に6、7センチ飛び出てます。 (これはやり過ぎか(汗)) と我ながら焦った瞬間、それまで饒舌に話していた、奥に座っていた1人が急にはっとしたように会話を止め、僕の股間をガン見。まさに呆然という感じで凝視。一瞬、僕の顔に目をやり、また視線は股間へ。そして、プッと吹き出して頭を下げ、肩を震わせながら、クックックックッ、と声にならないこらえ笑い。 突然の異変に驚いたあとの二人が「どしたの~?」「なになに~?」と。すると必死に笑いを堪えながら、ヒソヒソ声で「右見て右見て」と二人に。二人は不思議そうにこちらを見る。目の前にはカリどころか尿道まで透け、パンツを突き破らんという程チャックから飛び出している僕の勃起中の亀頭。しつこいようだけど、手前の子なんて、まさにすぐ目の前。少し近づいたら顔に付いちゃう?唖然と見つめる二人と、そんな二人と僕の股間を交互に見ながらずっとこらえ笑いする子。 一人は、免疫ないのか、バッと俯いて固まっている。 手前の子は、ジーっと無表情のまま、股間を見つめる。ずっと見ている。一度、僕の顔に視線をあげたので、慌てて目を逸らす僕。 あまりにガン見されてるので、自分では完全に勃ってたと思ってた息子は、更にパワーアップし、グッグッと脈打つように膨張しながら動いてしまうのを感じます。一人は変わらず俯いたままだが、後の二人は、 「嘘でしょ!嘘でしょ!」 「マジか~!」 「え、わざと?わざと?何で透けてんの!何で飛び出てんの!(笑)」 「てか、ガン見しすぎ(笑)」 「だって、だって、存在感が凄すぎ~」 とヒソヒソ笑いしながら話してる。ヒソヒソしてても全部聞こえてるが。二人とも、ほぼ股間から目を逸らす事がなくずっと見つめてる。 「はるなも見なよ~。俯いてないで~(笑)」 「てか、てか、てかさ、先頭が濡れてるし」と必死に笑いを抑えながら話す最初に気付いた女の子。 そこで俯いてた子も顔をあげ、三人で亀頭を凝視し、プップップッ、クックックックッ、と笑う。 とある駅で、三人揃って降りる為立ち上がり、順に僕の顔をニヤニヤ見つめながらドアの方に。 最後に、最初に気付いた女の子が僕を見ながら薄ら笑いを浮かべながら小さな声で、 「変態、キモい」と。 三人下車瞬間、爆発したように一斉に大爆笑してました。ブーツの館

CFNMの話 その142

626、ドン引きして笑うJKたち
仕事が早く終わったので丁度下校時間位でした。下校しているJKたちを見て、見せたい願望がムラムラでもイケナイ事と思い通り過ぎようと思いながらも何故か路地裏に、少しうろつくと5,6人のJK達が立ち話、その裏手に3メートルほど後ろに垣根がありました。回り込んで見るとそこは空き地で垣根も丁度立つと腰から下には葉は無くチャンスとばかりにR開始可愛いJK達を見ながらSもう垣根の間からでも十分に表情が解る位の距離、下はもうFBでした。 でもJK達は一向にこちらに気ず来ません、そこでちょと太めな木があったので、上に投げて見ました、「ばさっ」と音がすると2人が気が付きこちらに視線をむけ、すぐ戻してしまったので無理だと半分諦めましたが、すぐ2度見Pに気が付きしばらくこちらを見て皆にこそこそ、すると「エー マジー」と言いながら立ち位置を変え別の子達がガン見ヤバクない、てかキモイん ですけど」「てかめちゃデカくない」「OOちゃん誰と比べてるの」と大笑い、でも確かにデカイかもとみんなで一緒にがん見 1人の子が携帯を出し写メると、マジでと言いながら皆携帯を出し撮影大会状態にもう興奮状態MAXまだ出してはもったいないと思いズボンを膝まで下げるとJK達も盛り上がり「こいつヤベー」と言いながら2人位がこちらにそっと近ずき斜め前で屈みながら、写メて皆にこれやばくない言いながら爆笑。思わず俺も我慢出来ず、手を早めると皆黙り込み「うっ!」と大量の物を出すと「すげー」「うわっ!」とか言ってました。
アロマ企画
627、排泄姿と射精JKに見せる
夕方5時半過ぎ、この時期は辺りもすっかり暗くなり、人気の少ない住宅地を高台にある高校から急な階段を下りて誰もいない公園を通り、3人の女子高生がやってきた。ペチャクチャ喋りながら通過するタイミングに下半身に何も身につけない状態でご対面。「わっ」と奇声を挙げて走りだす。「ムリ、ムリ、ムリ」(何が?見るのが?) そのまま走り去ると思いきや、数m先で立ち止まりこちらを凝視している。通報する様子(携帯をいじっていない)でもない。催してきたので、そのまま仁王立ちでォシッコ。どっ、と歓声と爆笑が湧き上がる。続いて後ろを向き尻を開きアナルを見せてやった。「嘘?何で見せれんの?そんなとこ?すご~っ」と爆笑。そのまま踏ん張ってみたらウ●コが出た。3人は固まった様子で只見ていた。仕上げに、もう爆発しそうなペニスをしごくと大量に精液が噴出。3人は立ち尽して見入って「すっげ~、やべ~。でも何かすげぇもの見た。」と言うのを聞いて、満身創痍で立ち尽す女子高生らを後目に撤退した。東京美人排泄倶楽部
628、ォシッコJKに見せる
夜8時頃、某公立高校の前を車で通過した。駐輪場の金網越しに人影が見えた。車を近くに停めて監察すると、大柄な女子校生が自転車のかごに荷物を入れて、まさに帰ろうとしていた。金網越しだが距離なかなり近い。駐輪場には電気がなく真っ暗だった。ズボンのチャックを下ろし、立ちション開始。意外にも本当に出た。音に気がついたのか、こっちを見た。すると、「えっ、えっ、何。」とこっちを凝視。センサーで反応するライトだったらしくやっとライトがつき、はじめて生徒の全容がみえた。ポニーテールで身長は170位、ムッチリとした太もも、顔はあんまり可愛くなかった。ライトがついて驚いたのか、急に顔を両手で覆ったが指の隙間からバッチリみているのがわかった。「いやーん。ォシッコ…」という囁き。いやなら出ればいいのに、結局。終わるまで指の隙間、おもいっきりひろげて凝視。最後に陰部をプルプル振ると、「嫌だ。」と嬉しいリアクション。陰部をしまうと、ムッチリ女子校生は駐輪場を出ていきました。バレー部かな。バスケ部かな。よくわかりませんが久しぶりにウブなリアクションに遭遇しました。
グローリークエスト
629、ベテラン露出狂
僕はR歴かれこれ10年目に突入しますが、その間様々な女性達の反応に出会いました。と言っても何かしらの反応を示すのは全体の20%程度で、残りは無視と言った所です。その何かしらの反応を分類するとこんな感じになりました。よくAVなどで見るような、「きゃあ!」と悲鳴をあげて逃げて行くガチなパターンはたった1回しかありませんでした。 ちらっとこちらを見て、半分にやけた顔で「いや」っと言って通り過ぎるパターン。友達と2人連れが多いです。すれ違った後は大抵2人で笑いながら「やあね、もう。」って感じで時折こっちを見て話をしながら歩いていきます。 同じく2人連れのパターンですが、目撃した側が怒ったような表情で連れに口を手で押さえながら「ねえ、あれ」って感じで指差し、その後は2人に「ばっかみたい!」って感じで睨みつけられながらすれ違うパターン。 見るやいなや「あははは」とばかうけするパターン。JKの2人連れに多いです。こう言うパターンの時は少し距離を置いてBした所を見せつけたりします。 泣きそうな顔で「いやん」と、か細い声を出して顔をそむけるパターン。JCぐらいの年齢の清純そうな子に多いパターンです。見た後は小走りに走って行きます。僕が一番萌えるパターンです。深追いはしません。 おぞましい物を見た時のように目を見開いて表情を歪めて、もういやって感じで「いや!」って言うパターン。20代ぐらいのOLに多いです。 ガチで驚いたように目を見開いて「あっ、いや!ちょっ、ちょっと・・」とわけのわからない言葉を発しながら逃げていくパターン。これをやられると、助けを求められそうでこっちも危険を感じ、すぐにその場を去ります。セカンドフェイス
630、ドン引きする女の子たち
露出できる女の子を探しながら、午前0時頃街をさまよい歩いていた。 その通りは、昼間はけっこう交通量もあるが、そのころには自動車も減り、人通りも少ない。 歩道の先に1軒のコンビニがあり、その時間帯に唯一若い女性を見かける場所である。 その日、コンビニに歩いて向かう2人組の女の子を発見。 歩いてコンビニに行くということは同じ道を歩いて帰るはず。私は即座に露出を決意した。 コンビニの手前50メートルに駐車場があり、そこで酔っぱらいのふりをして露出をすることに。 コンビニ側の塀にもたれ、地べたに座る。ジャージのズボンを膝まで下ろし、チンポを露出。 右手でチンポをしごきながら待つこと5分。女の子たちの声が聞こえる。私は塀の横から様子を窺う。 さっきの女の子たちが、白い袋を提げ、こちらに歩いて来るのを確認。 私は再びチンポをしごく、チンポはすぐにフル勃起の状態に。 もうすぐこれをあの子たちに見られると思うと、私のチンポはさらに硬さを増し、先からヌルヌルした液がにじみ出てくる。 女の子の靴音、声もはっきり聞こえる。もうすぐそこだ。 私はチンポを激しくしごく。女の子が横に。私は「おおぉ、でっ、でる」と声を出し、チンポの根元を握り腰を突き出すようにした。 私は反り返っ他チンポを握りしめたまま女の子と目があった。 「キャー」「う、うわっ」と叫び女の子たちは、こっちを見ながら駆け出した。 一人の女の子が転倒、ペットボトルが転がる。手探りでそれを拾いながらも、視線は私のチンポン釘づけ。 走り去った後「見た?あれ。すっごく大きい」「さいて~、吐きそう」そんな声が聞こえた。

CFNMの話 その141

621、女の子2人組に射精を見せる
大阪の中心部から半時間ほどの駅を利用してたのですが、その駅は男女共用トイレで高校も近くにあるため多くの学生が利用してました。 そこに目をつけて駅で待ち構えること数時間。 女の子二人組がトイレに向かうのを見てそのまま個室に入ったのを見計らいォシッコの音を聞きながらオナニー開始。 女の子がォシッコを終え出てくるのを待ち構えて見えるように射精したら 『今のおっきくない?W』と笑いながら出ていき、最高の瞬間を十代前半に味わってました。
ブーツの館
622、女教師にからかわれる
悪友にいつも脱がせてもらっていた事件現場を一人で歩いていた時。 あの女性教諭に呼び止められた。そのまま生徒指導室に行きドアを閉めるとすぐに 『あなたイジメられてるの?』 私は即答 『友達です。仲良いです。』 考え込む新人女性教諭 『ならどうして?』 『先生に見せたくて』 『あ?な、何?』 『チンコ見せようとして』 呆れ顔の女性教諭 選んだ言葉が 『思春期だなぁ』 敵意の無い女性教諭の口調で調子に乗った私は饒舌になろうとした。 『先生は俺以外の男のチンコ見たことある?』 『あるよ』 ガーン!えっ? 『誰?』聞いてどうなる話では無いが、つい聞いてしまった。 先生は意地悪な顔をして 『あなたの(悪)友の男子』とニンマリ 後で悪友にも裏をとったのだが、学年主任に連れていかれた悪友は女性教諭と三人で指導を受けていた。 悪友は最後まで口を割らずに、一人悪役を貫いた。その見返りが『人前で裸にされるのがいかに辛いか』を体を張って教えられ…………女性教諭もいる前で下半身裸にされていた。V&Rプロデュース
623、罵倒してくれる素人女王様
平日の夜8時。エッチなビデオを携え三畳程の部屋に入ると コート、スーツ、Yシャツ、ズボン、靴下を脱ぎ、 紐Tバックだけの下着姿になりました。 M男が女王様にペニバン責めされるDVDを見ながら パンツの上から自分の愚息を弄っていました。 すると20代前半と思われる女性が部屋に入ってきました。 『うわ~いやらしい下着履いてるぅ~。 しかもこんなDVD見ながら勃起させて・・・変態。』 きっと私より20歳以上も年下の女の子から 初対面でいきなりこんな罵声を浴びせられましたが 私の愚息は一向に収まる気配はありませんでした。 『ほら、チ○コ見てやるから早く全部脱ぎなさい。』私は言われるままにTバックを脱ぎ全裸になりました。 『今から私の見てる目の前でオナニーしなさい。』 私は屈辱的な命令に見悶えながら言われるままの行動をしました。 『へぇ~普段そんな感じでやってるんだ。』 『・・・実は違います。。。』 『えっ、そうなの?じゃあ普段どんな感じでやってるの?』 私はソファに深く腰掛け、M字になり片手でしごきながら もう片方の手で自分の尻穴に中指を入れました。 『うわあ、変態!そんなオナニーしてるんだ。 女の子の目の前でこんな姿見られて恥ずかしくないの?』その後も屈辱的な言葉は容赦なく降り注ぎ、 そんなやり取りをしながら私の愚息は早爆発寸前でした。 私は蚊の鳴くような小さな声で懇願しました。 『もういきそうです。。。だしてもいいですか。。。』 『早っ。もう逝きたいんだ。出せ!私の手で受け止めてやっから。』 『ううう・・・出る・・出る・・出ちゃう・・・あああああああ』 私は大量の精液を彼女の両手にぶちまけました。 快楽と羞恥心が同時に訪れ何とも言えない気持ちになりました。 最後に彼女は微笑みながらこう言ってくれました。 『気持ちよかったみたいね。また遊びにおいで♪』 本当は・・・素人女性の命令で野外で全裸を強要され こんな事されたいと思っていましたが、 初めて体験したこの遊び、暫くやめられそうにありません。素人女子崇拝倶楽部
624、JKの反応に興奮する露出狂
路上でJKを中心に露出を繰り返してきた者です。 方法は すれ違い、立ち塞がり(立ち止まり)、待ち伏せ、後方 の4パターンでしたが、 「JKへの待ち伏せ露出 」の話を適当に語ってみます。 路上での露出は相手の人数や明るい時間(昼)なのか暗い時間(夜)なのかで展開も変わってくるので、 相手が「2人以上で明るい時間帯」限定で話を進めます。 まずこの 「待ち伏せ露出 」てのがどんな方法かですが、 ターゲットを発見したらT字路や十字路等の角に隠れ、ターゲットが前を通ったときに見せつける。てな やり方でした。 で? 成功率はどんなもんや? て話ですが、僕はだいたい2~3mくらいの距離から行っていて、この距離で複数相手なら大抵は気付きます。 (相手が1人だったり暗かったりするとスルーされることも多くなりますよね) このような方法でチンポを見せられた相手は そのあとどんな行動をとるのか。 (ここでも大きく影響してくるのが相手の人数と周囲が暗いか明るいかです) これも大抵なパターンで、まず最初に会話が止まります。 楽しそうに話をしていた声がチンポを見た途端ピタリと止まります。 2人いて1人は気付いていなかった場合などは、もう1人に知らせたり、 友達が急に黙りこんだことで何かを察してこっちを見る。みたいなことが多く見られました。 全員が気付いた場合そのあとどうなるのか。 これは相手の見た目や雰囲気等で「ある程度」の傾向があると思いますが、断定はできませんね。 「えぇ・・・」「何してんのアレ・・・」「ウソでしょ・・・」「信じられない」的な表情で こっちを見ながら ゆっくり歩いていくことが一番多かったですが、 そんな表情の中にもニヤケ顔などが見られると嬉しくなりますよね。 見た瞬間「えっ!?」てなってフリーズし、 次の瞬間 小走りやダッシュで逃げていく みたいなパターンが多かったのは、おとなしめ~普通タイプのJK達。 ウブな反応ってやつですかね。 一旦通りすぎたけど 引き返してくることもたまにあって、 これは例えば 3人いて1人だけが気付いたけど、他に知らせることなくそのまま通りすぎて姿が見えなくなる。 ダメだったか? なんて思った矢先に 「ウソっ!」なんて声が上がり引き返してくるのですが、 自ら見に来るパターンなので これはかなり興奮しましたね。 待ち伏せ露出での大当たりは 「相手が足を止める」だったのですが、これは滅多にありませんでした。 数秒だけ立ち止まったり、明らかに歩くスピードを落としてジロジロ見ていくのはよくあったけど、「長時間足を止めて」となると数える程度しかありませんでした。 ちょい派手~ギャル系のときがほとんどでしたが、 「やっべー(笑)」「モロじゃん(笑)」 なんて言いながらノリノリで見てくれたけど、 それでも1分も2分も足を止めて見ていくのは、その中でもさらに 稀 でした。
ミストレスランド
625、陽気な女性に射精を見せて…
 すれ違った女性に腕を掴まれて、「お兄さん送ってってよー!」と。 すごーく酒臭くて、面倒に巻き込まれたと思いつつもこれはチャンスなのでは?ということで、人気がないのをいいことに隣を歩きながらPを出して弄ります。 適当に会話しながら弄ること数分、女性がそこそこ美人さんなこともあってすぐに限界が来ました。 わざとらしく息を荒くすると、「どーしたのー?」と聞かれて、出ちゃいそう…と返し股間を指さす。 彼女の視線が股間に向けられたのと同時に果てました。 さっきまで陽気だった彼女は口ポカーン…少し無言で一部始終を見たあと、「マジ?超出たね笑」と。 予想外にノリが良い?タイプなのかと調子にのって交渉して、ティッシュでpを拭いてもらい、その匂いを嗅いでもらいました笑 「あー笑これは濃厚なやつだ笑マジごちそうさま笑」 と笑いながら何度もティッシュについた匂いを嗅がれて、送り届けた後も興奮が収まりませんでした。 ミストレスランドミストレスランド

CFNMの話 その140

616、続・酔っぱらいの女性に見られる
たぶん酔っててよく分からなくなってたんだと思います。 女性は根元を握りながら目はォシッコを放出し続けるちんぽに釘付けでした。 そんな女性の顔を近くで見てみると、見た目では30代の半ばから後半くらいかなって感じのどちらかと言うとキレイめの人でした。 まもなく膀胱に溜まっていたォシッコが全部出終わると、何も言ってないのに女性はボクのちんぽをプルプルと振って尿道に残ったォシッコを最後まで出し切ってくれています。 その頃には女性に握られているこの状況にちんぽが反応し始め、半勃ち状態。 それを感じてか、ォシッコが終わったあとも握った手を離しません。 それどころか今度は軽く上下に擦り始めたではありませんか! 外で、それも見ず知らずの女性にォシッコしてる所を見られて、かつちんぽを扱かれてるこの状況。 即座にちんぽはフル勃起。 徐々に早くなる女性の手の動きに気持ちよくなっちゃってもうされるがままでした。 扱いている間女性は耳元でまた囁きます。 「すごいね。硬くなってるよ。」 「おちんちん気持ちいいの?ぬるぬるしてるよ?」 そんなこと言われると余計に興奮してしまい、スグに射精感が。 んんっ!出るっ! ぼそっとそう言い、ボクの精液が前の壁に勢いよく飛び散りました。 ボクが射精したことを確認すると、女性は何も言わずに止めてあった自分の自転車に乗ってそのまま去っていきました。 あれは何だったのか… 夢のような幻のような女性の後ろ姿を見送ったあとボクも帰路に着きました。 今思えば、その後誘ってみればそれ以上の事まで発展したかも知れないと思うと惜しいことをしたなと後悔してます。
バズーカ
617、JK言葉責めを受け射精
だいぶ寒くなってきたが同時に早く暗くなるので、徒歩で下校の女子高生たちにフルチンですれ違うという挑戦をしている。2人~数人に何度も露出成功。場所を素早く変えながら同じ学校の生徒に固執しないのがコツ。そんな中、やはり数人のグループがグルメの話を盛り上げながら通りかかった。さりげなくフルチンですれ違い「こんばんは。楽しそうだね?」と声をかけてみた。数人は、一瞬「ギョ」っとして小声で「ヤバイ、マル変?」とひそひそ話しつつも「あっ、こんばんは。」と返してきた。「寒いから、温かい食べ物が美味しいよね?」とさりげなく言ってみる。するとゲラゲラ笑いだし、「あの?何でおチンチン丸出しなんですか?パンツ失くしたんですか?」と、一人が訊ねる。そこで「おっ、いい質問だね。君達みたいな可愛い女子高生の子達に見て欲しいからなんだよ。」と答えた。因みにパイパンにしておいた。「なるほど、確かに私達可愛いしね。寒くないんですか?捕まりますよ。」と冷静に普通の会話を交わす。「寒さより見られてる興奮でいっぱいだよ。これでセックスするんだよ。どう?」「別に知ってるけど。もう見たから隠して下さい。」すると別の一人が「勃ってないし。セックスなんてする相手いないんでしょ?だから見せてんでしょ?可哀想、惨め。」ー「そ、そうなんだよ。最後までイクとこ見て?お願い。」ー「ダメ。もう前隠して。」 「じゃあ、こっち見て?」と後ろ向いてアナルを見せる。「も~、何でそんなとこ人に見せれるの?人として情けないよ!」その言葉を聞いて猛烈に興奮し、すごいスピードでシゴいて、向けたアナルをヒクヒクしながらピュ、ピュピュ、ピュー、といってしまった。女子高生達は呆れた様子で去っていった。「もうイッたんだから来ないでね!来たら通報だよ!」マニアゼロ
618、ギャル系女子高生に見せつけ
共学校の通学路で運に任せてJKを狙うのは、僕みたいなJK狙いからしたら基本中の基本だと思うけど、 そこで邪魔になってくるのが男子なんですよね。(他の通行人もだけど) 同じ道を往復しながら 「JK来ね~かな~」 「チクショー!男もいるじゃねーかよ!」 「なんで男ばっか来んだよ!」 通学路露出あるある ですね。 それにくわえ、 何度も何度も同じ道を往復しているのはかなり不自然だし、どう見ても怪しい。 そこでその邪魔者(男子)がいなかったり効率的なことを考えると、やはり女子校にたどり着く。 これもまた僕みたいなJK狙いの奴が一度は考えることですよね。 以前こんなことがありました。 私立K女子高は比較的派手な生徒が多く、このテのタイプが好きな僕からしたら、 この場所に来て ここのJKを見るだけでボッキしてしまうほどでした。 女子校をローテーションでまわるって話がありましたが、 僕にとってこの場所はそのローテーションのエース。 しかもエースの座を何年にもわたって守っていた、絶対的エースでした。 メイン通学路から外れた場所に40段ほどの階段(道幅2m)があり、ここは周囲から死角になっていたので、露出ポイントの1つとしていた場所でした。 登校時間を過ぎた朝9時過ぎ、JK3人組がダラダラやってきました。 学校はこの階段をのぼって数分歩いた先にあったので、階段ですれ違いながら露出する作戦でした。 タイミングを合わせて階段を下りていき、途中くらいで3人とすれ違ったその直後、 クルッと3人の方を向き、上着で隠していたフルボッキを露出! 突然の行動に 「へ?」「なに?」的に無言でこっちを見た3人は、そのままチンポをジロリ。 距離は1mあるかないかくらいの近距離でした。 少々派手なギャル達でしたが、 遅刻してきたくらいにダル~い朝から、いきなりチンポを見せられて驚き、 「う゛お゛っっ!」 低い声を出して 大きくのけ反った 1人。 他の2人も呆気にとられた表情で僕を見て固まっていた。 こんな行為を平気で?してきた僕ですが、中身は小心者の超ビビりです。 派手目のJKは好きですが、近距離で3人が相手となると調子乗った行動はとれません。 もつれそうになりながら一気に階段をかけおり、おりきった先で3人を見上げながらシコシコシコシコシコ!! 僕なりの精一杯のアピールです。 階段の上からその行為を見ていた3人は、 「マ ジ か よ ぉ~~!」 「チョ~ビビったんだけど~!」 「ありえなくね!?」そんな声が聞こえてきましたが、 逃げるが先ってことで退散となりました。 ちなみに余談ですが、 朝の登校時間より夕方の下校時間の方がJK達のテンションも高く、ノリ良く見てくれる率は 高い かも 知れませんね。オフィスケイズ
619、ぽっちゃり系の女性宅配員に見せる
休日の昼下がり、携帯が鳴ったので出ると宅配業者だった。 代引きの荷物があるので今在宅でしょうか?今近くにいます、と女の声。 『はい、今いますのでお願いします』と応答。 しめたと思い、速攻全裸になりXLサイズのTシャツを着る。 かなり大きめのTシャツなので、チンコの先がギリギリ出るか出ないかくらいの丈。 うちはマンションの5階。 思い切りシゴいて待ち構えるが、興奮と緊張で半勃ちどまり。 チャイムが鳴り、ドアを開けると30過ぎくらいの女性宅配員。 化粧っけはなく茶髪、ちょっとポッチャリ体型でかわいいタイプ。 一応Tシャツを着ているが下半身はスッポンポンでスースーする。 下を見ると、チンコの先がチラチラ見えている。 おねえさんはノーリアクション。 おねえさん『(なにごともないように)●●●円お願いします』 俺『(サイフを覗いて)あ、すいません。細かいのないんで取ってきます』と一旦ドアを閉め奥へ。 室内で思い切りシゴいて、勃起状態のまま再びドアを開ける。 Tシャツの股間部分が持ち上がって、勃起が丸わかりの僕を見て一瞬、口を開けピクっとするおねえさん。 股間を見ないようにすぐに視線を上に移すが、表情が丸わかりで大興奮。 もちろん定番の小銭落としを決行。 床に散らばった小銭を拾うためしゃがむと、その拍子にTシャツがズレてチンコが外に出た。 そのまま立ち上がると、完全に勃起チンコが露出。 上はTシャツ、下は全裸という状態でおねえさんと対面。 おねえさんは下唇をかんで目をそらす。 そのまま小銭入れから小銭を出しチンコの真上に手を持って来てならべてから、 『百円、二百円、、、』とわざとらしく数える。 当然おねえさんも確認するので、俺の手の中の小銭を一緒に見るが、 ここで手をちょっとずらして、真下のチンコを見せ付けた。 チンコが見えた瞬間、一瞬顔をそらすが小銭を見ないわけにはいかないので、再び視線はチンコへ。あきらかにまばたきが多くなり落ち着かない様子だが、 『ではサインをおねがいしますね~』と意外にもフランクな口調でサインを求められる。 なにも気にしてませんよ、という感じが逆にソソる。 送り状を受け取り、ドアを下敷きにしてサイン。 わざと背伸びして上の方でサインしたので、Tシャツが引っ張られヘソ近くまで露出。 もう我慢できなくなり、送り状をわざと落として、しゃがんだ時に思い切りシゴいた。 かがんでいるので、おねえさんからは直接シゴくところは見えてないが、明らかにオナニーしているの男を見下ろす状態に。 もうビンビンに上向いたチンコを丸出しで、送り状を渡し品物を受け取る。 30㎝くらいの幅の段ボールで軽量だったので、左手で受け取り、荷物の下では右手でチンシコ。 さすがにモロはまずいので、Tシャツをかぶせてシゴいた。 荷物を渡すとおねえさんは『では失礼しまーす』と背を向け出て行こうとするが 興奮で理性を失った俺は、出て行く直前に、素早くTシャツを脱いで全裸になり、腰を突き出してで思い切りシコった。 ありがたいことにドアを閉める直前、ちょっと振り返ってくれて会釈。一瞬だが全裸オナニーを見せる事に成功。 その日は思い出しオナニーで3回ほどヌきました。
レイディックス
620、JKに縮みあがったチンコを笑われる
2月の寒~い夕方のことでした。 外に出た瞬間チンポが縮こまるほどで、野外露出には適さない日でした。 そんな日は露出しなきゃいいじゃん。 って話ですが、骨の髄まで露出に侵されていた僕は、寒かろうが例え雪が降っていようが露出せずにはいられない奴だったのです。 (僕には屋内露出って選択もありませんでした) 駅の裏手に「○○プラザ 」なんて公共施設があり、そこの一階の窓際(一部ガラス張りになっていました)に椅子とテーブルがあって、 放課後の時間帯は高校生とかが勉強したりお喋りしたりでよく利用されていたようです。 もともとココに来るのが目的だったわけではなく、たまたま徘徊中に前を通ったのですが、 窓際にJK3人組が座っているのが見え、思いがけぬチャンスにスイッチが入る。 冬以外なら露出スイッチONと同時にチンポがムクムクしてくるのですが、2月の極寒となるとそうもいきません。 駅の裏手で人通りは少なかったとは言え、いつ邪魔が入ってもおかしくはないし、 建物の前、窓の前で長時間立ち止まって露出するような場所でもありませんでした。 こういうとき、 「どうしようかな~露出しちゃお~かな~う~ん、チンポも立たないしな~」 なんて考えながらウロウロしがちですが、それはそれで余計怪しいので即実行。 小指以下に縮こまったマイクロチンポを窓越し3mから見せつけました。 僕に気付き、チンポに気付いた3人は「えっ!?」てな表情で2~3秒固まったあと、 「うそっ!?」みたいな驚きの表情で顔を見合わせる。 1人はまたも僕を見てきたが、2人は「ぷぷぷぷ(笑)」的に肩を震わせながら下を向いて笑っていた。 露出の何が興奮するって、相手の表情やその表情の変化です。 チンポを見た瞬間に笑う相手はあまりいないと思いますが、驚き顔から徐々に口元がゆるんで最後は笑顔(ニヤケ顔)になる人はたまにいますよね。 僕はこの表情の変化がたまらなく興奮し、この表情が見たいがために露出を繰り返してきたようなもんです。 下を向いて笑っていた2人の表情に興奮し、体がカーーっと熱くなったのがわかりました。 最近何かと話題の覚醒剤。 僕はこれに手を出したことはないですけど、体が熱くなるこの感覚、これが露出の麻薬みたいなもんなのでしょう。 この感覚になると寒さなんて吹き飛びます。 凍りついていたチンポに血液が一気に集まって熱くなり、ムクムクしてきました。 2人はまだニヤケ顔でチラチラ見ていたので、この表情をしている内にスパートをかけました。 一旦上着でチンポを隠し、隠した状態で小刻みにシゴいて勃起完了! 上着をまくりあげて見せつけると、 目をくわっ!と見開いて「ぎょっ!」とした表情の3人。 ニヤケ顔だった2人も一瞬にして表情が変わりました。 ここからが本番ってとこですけど、 この数秒後に邪魔が入ったので終了になってしまいましたが、 驚き顔(マイクロP) → ニヤケ顔 → 驚き顔(FB) と、 一度の露出で何度も表情の変化が見られた冬の成功例でした。
ブラックドルフィン

CFNMの話 その139

610、ギャルJKに露出をして罵倒してもらう
JKに露出するのが好きです。 JKと言ってもタイプは様々で、地味系からギャル・ヤンキーまで色々なコがいますよね。 これは好みの問題ですけど、地味やおとなしい系に露出するより、普通よりちょい派手のJKに見せるのが好きです。(バリバリのギャルやヤンキーは苦手ですが) 僕の言う ちょい派手とは、クラスの中心にいるような騒がしいタイプのことです。(運動部系が多い印象) こういうタイプは意外と可愛いのが多いし、見た目や雰囲気で何となくわかりますよね。 このテのタイプが複数集まったときの反応の良さ、JK好きの人ならわかってもらえると思います。「きもい」「ヘンタイ」「すげー」「うける」などなど、言葉で興奮させてくれるコもいれば、 何気ない仕草で興奮させてくれるコもいませんか? 以前こんなことがありました。 夕方4時すぎに駅に向かっていたJK2人組を発見したので、道の角に隠れて待ち伏せました。 このときはチンポも絶好調で、ヘソに着きそうなほどの角度でボッキした状態を見せることができ、2人はソレを見て驚いて会話が止まりました。 冒頭で 地味やおとなしい系に露出するよりは~ なんてことを書きましたが、タイプによってこの先の展開に違いが出る(ときもある)ような気がしているのです。 2人はチンポを見た瞬間に驚いた表情を浮かべて会話は止まりましたが、それほど動揺していた様子はなく、歩きながら顔だけをこちらに向けて(距離は2m)チンポガン見。 しかし会話は依然止まったまま。 そんな2人に見せつけるようにビッキビキのチンポを露出していると、 1人が手を開いて指を反るようにピーンと上に伸ばす仕草をして、 もう1人がそのコの手付きを見て、すぐに意味も理解したのか互いに顔を見合わせてニヤ~。 しかし会話はなし。 ニヤケ顔が続いていた中、またも2人はこっちを向いてチンポをジロリと見て、 先ほどの手つきのコがまたも同じ仕草をしてみせ、もう1人が「やめろ!w」的に(言ってはいませんが)そのコの手をパチンッ!と払っていました。 2人は結局 一言も発することなく去っていきましたが、ボッキ状態を指で表現して互いにニヤケること2回、 そして最後は2人のじゃれ合いまで見せてくれるという最高の反応を見せてくれました。 ちょい派手JKの全員が全員こんな反応してくれるわけじゃないけど、ノリの良いJKに遭遇できるとたまらんです。
フリーダム
611、女子高の生徒にシカトされる
日暮れも早くなったこの頃、以前は何度となく出没した女子校の通学路の下校を久々に狙ってみた。すっかり日も落ちた6時過ぎ、6人の集団が徒歩でやってくる。一発狙いで成功してもしなくても、 早々に引き上げるつもりで挑む。通りの、彼女らから向かって左側に下半身何も身につけない状態で仰向けに寝そべり、大開脚して待つ。ペニスから陰嚢、会陰、肛門まで保体の男性器図解のように丸出しで丸見え。6人は勿論直ぐに気づき凍りつくような表情を見せるも、じっとこちらを見たまま、それも全員の視線が確実に股間に集中させながら通過していった。「女の子ばっかりだもんね?興味あるよね?見たいでしょ?何もしないし怖くないから、近くに来て見ていいんだよ。」と声を掛ける。返事する余裕も通報する余裕もなさそうで、しかし走って逃げるとか悲鳴を挙げるわけでもなく、通過しながら股間を見つめたままだった。長居は無用、早々に引き上げた。
ラハイナ東海
612、JKに笑われ嘲笑される
生地の薄い麻のチノパンをノーパンで履き、電車に乗りました。 玉と竿を左側に寄せてズボンは目一杯上に上げると、形クッキリ。 JKがズラリと並んで座ってる前で吊り革に捕まります。JK達の目線のすぐ前に形クッキリのモッコリ君がある訳で、彼女達の目線は自然とモッコリへ。 最初はみんなチラチラ見ては気付かないフリをしてましたが、一人が我慢出来ずに隣の子を肘でつつき小声で「モッコリ…ククク…」と合図。そしてみんなニヤニヤしながらモッコリと私の顔を交互に見て笑いをこらえてる。私はイヤホンをして音楽を聴いてるフリだが、胸のポケットに入っているのはICレコーダー。彼女達の笑い声やコソコソ話も鮮明に録音してる。 会話はもうモッコリの事ばかりだ。 「左に寄りすぎ~ 」「定規で計ってみる?」「玉が二つあるよ」「頭がクッキリだよ」そんな会話を聴いてるうちに半立ち状態になってしまった。竿は下向きにしていたのだが、ついチンポジを直して上向きにしてしまった。ズボンで下向きに押さえられていた竿が、自由を手にしたから、もうみるみるうちにフル勃起へ。 それを見たJK達は「マジかよ~」「チンポジ直したよ」「立ってる立ってる」「信じらんねぇ~」「変態じゃねぇの」「ヤバ、デカすぎ」「傘でキンタマついてやろうか」等。 ガマン汁出てしまったので、流石にヤバいと思い次の駅で降りました。降りり瞬間、背中からは「キモ~」…。 速攻でトイレに行き録音した会話を聞きながらシコリまくりました。
ジャネス
613、JKにオナニーを見てもらい手コキもしてもらう
20時近くなってそろそろ下校するJKの姿も途絶え、引き上げようとしていた時。誰もいない公園をひとりのJKが通りかかりました。走っ逃げる想定でしたので下半身裸で近づき、「今晩は~。」と声をかけました。すると、動揺した様子もなく「あっ、今晩は。」と、ちらっとチンコに目をやると苦笑いして答えてきました。「あの、ごめんね。絶対乱暴したりしないから。バイトしない?見ててくれるだけでいいから、10分くらい。3千円でどう?」すると最初は、「えっ、ちょっと。いいです、今回は。」しかし、その返事に脈がありそうでしたので、少し交渉を続けてみると同意してくれたのです。3千円渡し、公園のトイレでJKにオナニーを見て貰えることに。少ししてから、更に2千円出して「ねぇ、手でシコシコしてくれたら、これ。勉強と思って。」そしたら案外あっさり受け取り、手で握ってシコってくれました。まあ、手コキは全くなってなかったので、初めての経験なのだと察することができました。お金が稼ぎたいようでした。何か事情があったのでしょう。ゴム手袋と5千円を出して、「お尻の穴に指入れてくれたら、これ。」と言うと、それも承諾してくれたのです。ゴム手袋して貰いローションを塗って、JKの指がお尻に入っきました。3分ほどで堪らず発射、JKの手に出しました。出たときは、小さな声で「きゃっ!」と言ってました。手を洗って貰い、お礼を言って別れました。JKは、ちょっとはにかんで「さよなら」と挨拶してくれました。
オフィスケイズ
614、水商売のおばさんに石を投げられる
深夜に全裸露出散歩してたときのこと。 前方にコバルトブルーのスーツを着た水商売風のおばさんの後ろ姿が目に入りました。 別の道から先回りして、彼女が通るであろう道の脇にある駐車場に入り、M字開脚でしこりながら彼女が来るのを待ちました。 コツコツと足音が近づき私も地面にお尻をついて、片手で乳首、もう片方の手で扱いていると、目の前に来てようやく私の存在に気付いたようです。 呆然と私を見下ろす彼女。私は「お願い!見て!」と扱くスピードを早めると、ハッと気付いたように彼女は足元の石を拾い上げて「変態!!」と言って投げつけてきました。 石は射精寸前だったぺニスにジャストミート。女性の投げた石ですから潰されるほどじゃなかったけど、結構痛かった。 慌てて立ち上がり逃げ出した私のぺニスからは、ドクドクと精液が溢れ出してました。 追い掛けてきたので全速力で逃げて何とか逃げ切りましたが、帰ってからぺニスを見てみたらカリから血が出てました。 でもM的にはこれもアリかな。
フリーダム
615、酔っぱらいの女性に見られる
今日は会社の同僚と飲みに行ってて先ほど帰ってきたんですが、帰りに起きた初めてのハプニングについて投稿したいと思います。 夕方頃から飲み始め、飲み屋を出た頃にはぎりぎりで終電を逃してしまったので、仕方なく家まで歩いて帰ることにしました。 家まで歩いて帰るにはだいたい1時間程掛かります。 大通りをひたすら歩いてだいたい30分くらいたった頃、ふと尿意を催してきました。お酒を飲むとトイレが近くなっちゃうタイプです。 周りにコンビニなどは見当たらなかったので仕方なく立ちションできる場所を探しに大通りから外れて住宅街の方へ入りました。 少し歩いていると、大きめの工場らしき建物がありその建物の周りが塀で囲まれているところに出ました。 ここならいけると思い、1度辺りを確認してからおもむろにちんぽを出しました。 尿意を催してからしばらく場所を探して歩いていたため、ちんぽを出すや否や勢いよくォシッコが飛び出ます。 ようやくォシッコを解放出来た気持ちよさに浸っていると、右の方から人の気配がしました。 マズイ! そう思ったのですが、お酒を飲んでる時のォシッコはなかなか止まりません… その間にも気配はどんどん近づいてきます。 横目で確認するとどうも自転車に乗った女性のようでした。 ォシッコが止まらずなすがままの状態のボクの後ろを自転車が通過して行きました。 立ちションしてるのはバレバレでしたが、そのまま通過してくれたので内心ホッとしたその時、今度はボクの左側で キキっ! と自転車のブレーキの音が聞こえましたマジか! その女性が止まったようです。 恐る恐るそちらの方へ目を向けると、自転車に跨ったままこちらを見ています。 マジかマジか! 不審者扱いされるの確定! 終わったー!! そんなことを考えてると、その女性がこちらに近づいてきたではないですか! ボクのすぐ左まで自転車で近づき、自転車を降りました。 もう終わる!ォシッコ終わるから走って逃げるか! でも自転車だから追いつかれる!どうする!オレ! いろんなことが頭を駆け巡っていた次の瞬間、信じられないことが。 その女性がォシッコしてるボクのちんぽの根元を握ってきました。 えっ!えっ! 何が起きてるか把握出来ないでいると耳元で女性が一言言いました。ォシッコすごい出てるね。手伝ってあげる。」 その瞬間思いました。 この人かなり酔ってる(笑) 囁いた声とともにボクに届いた息が明らかに酒臭い(笑) アロマ企画

CFNMの話 その138

606、露出したくてたまらなくなって…
ちょっと遠出の帰り道、深夜1時ほどでしょうか。 国道に面してるけど、時間帯のせいか客がほとんどいないコンビニに入りました。別に露出する気はなく、休憩のために入ったのですが、店員が二人と客が一人いたのですがその全員が女性でした!(若い子は一人だけ) バキバキに勃起してチ○コに脳ミソが支配されてしまって 「捕まってもいいからこの人たちにシコシコをみせつけたい!」 状態に。 もちろん見せつけました。まずは、飲み物をえらんでいる女性客に。その人は何事もなかったように無視して飲み物を選びつづけてました。余りしつこくしてもなぁ…。と思い、つぎはおにぎりの整頓をしていた若い子へ。すっごい睨み付けてきて、こちらが退かないことが分かると奥へいってもう一人の女性店員を呼んできました。どうせ見せるつもりだったし、二人が戻ってくる間シコシコしていると、先程の女性客もこちらをチラチラ見てました。 そちらに体を向けようとすると、店員二人がこちらにきて、これ以上の迷惑行為は通報しますよ。と、優しく諭すように言ってくださいました。 まぁやめませんけどね。 女性客、二人の女性店員に同時に見られながら、おもいっきり射精して、射精チ○コをたっぷり30秒ほど見て貰ったあと土下座して、帰りました。 カメラには当然映っているし、言い逃れも出来ないのであとはあの人たちが通報するか、しないかに僕の人生がかかっております。 人生で、一番興奮した射精でした。
未来(フューチャー)
607、遊んでいたJSにチンコを見せつける
遊んでたJS5、6年生位の3人の1人がトイレに行きたくなった様でJS3人が仮設トイレの方に会話しながら歩いて行くのが駐車場から見えました。 これはチャンスと思い俺はズボンの中に手を滑らせたシゴきながら仮設トイレへと向かいました。 JSの1人がトイレの中に入り、あとの2人トイレの前で順番待ちしてる感じでした。 俺はチャックから半勃起の一物を出すと順番待ちしてるJS2人に見える様に勢いよく上下に動かしながら放水してやった。 するとJSは小声で「見て!あの人、チ○コ見えてる!」そして何度も俺の放水中の一物を見ながら2人はお互い顔を見合わせニヤニヤ ・・・ トイレに入ってるJSも俺の放水の音は聞こえてるだろう! やはり順番だった様でトイレから出て来たJSと入れ替わりでまたJSがトイレに入った。 トイレから出て来た友達のJSが小声で「見て、あの人、ォシッコ終わってるのにまだチ○コ出してる・・・」 それを聞いたJSが俺の一物をチラ見すると「いやッ、凄いおッきぃッ!・・・あれ、わざと見せてるんじゃない?キモッ、チ○コ立ってるし!」そのごJS3人は走って去って行きました。
ブーツの館
608、JKに排泄姿を鑑賞してもらう
ローカル線の人気の殆どない駅から徒歩で15分ほどの、これまた人通りのない田んぼ道や丘を登ってゆく林の中の道を通って県立高校がある。あまり遅い時間帯まではさすがにJKもいないが、もう日暮れも早い時期なので、夕方5時半にはかなり暗くなる。そういう道はひとりでは怖いから、JKたちも3人以上で下校する。前後にJK以外がいないチャンスを狙い実行。JKの進路と違う方向に逃走用の車両をスタンバイし、いつものように下半身に何も身につけてない状態。しかし今回はここでひとつ違った作戦を実行。精巧にできた長さ30cmはある人造ペニスを装着。結束部分もこの暗さでは判別できない。まずは後ろ向きにしゃがみ込み、JKたちはちょっとギョっとした感じだが「用を足してる?」のかも、と警戒しつつ通過しようとする。すっ、と立ち上がり肛門を向ける。肛門には、バナナ状のこげ茶の模造便を挿入してある。半分ほど出ている。「いやあ、は、は、は。何ちょっと?ウ●コ途中で立つなよ!」次にくるりと前を向く。「えっ?」JKたちの足が止まった。「すげぇ、見た?でけぇ。」肛門から半分出たまま走り去る。「もっかい見たい。」もう一度振り向く。「すげぇ、写メ撮りてぇ!」しかしヤバイので立ち去る。
アロマ企画
609、回春マッサージの女性に…
「焦らされる」のと「羞恥」が好きな自分の趣味は、 抜き無しの回春マッサージに下着女装をして行くことです。 紙パンツに着替えたあとに、 ブラの跡が残っているのが恥ずかしくてたまりません。 しかしこの間、計算外の出来事がありました。 店の新規開拓が好きなので、 初めての店に行きました。 すると、「紙パンツに着替えてくださいね」 と言った後も部屋を出て行きません。 上着を脱いだらハンガーにかけてくれました。 その後も出て行きません。 覚悟を決めて女性の下着姿になりました。 死ぬほど恥ずかしいのに、 「あー!かわいい!!」 と、中国語訛りの少ない日本語で食いつきながら凝視してきます。 こんなに恥ずかしかったのは初めてです。 その店は洗体、指圧、オイルorパウダー、回春の流れで、 最後にセルフを勧められたのですが、 「いじわるされて、遊ばれるのが好きなんです」 と伝えると、 アナルに指を入れてくれたりと、 アソコには触れずにいっぱいいじめてくれて、泣きそうになります。 何回か通い、ダブルのコースでは考えられないぐらい喘がされています。 自分のことを気に入っていただいたみたいで、 終わった後は、 紙パンツを脱いで、パンティー、ブラの姿に着替えるように言われて、 フルーツやお酒を振舞ってくれます。 食べさせてもらってる時に、 もう1人が後ろからお尻を触ったり、 ブラに手を入れてきたりと、 喘がされっぱなしです。
オフィスケイズ
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
「CFNM」「M男羞恥」に魅せられた紫眼球水槽です。M男を辱める小説を作成しています。それ以外に、体験談、経験談、お勧めのAVや書籍、欲望のままに綴った自作小説を一挙公開させて頂きます。どうぞゆっくりしていってください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

カテゴリ
紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-田舎ママ女王様 VS 包茎マザコン男包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽の公式HP
M男向けGIF集
bloggif_57d4c5e1232f4.gif bloggif_57d4c620af209.gif bloggif_57d4b1160012f.gif bloggif_57d4b06e81524.gif bloggif_57d4b0f81723d.gif bloggif_57d4b03b6b7dc.gif bloggif_57d4b0cd83fb3.gif bloggif_57d4b00a1a0ac.gif bloggif_57d4aff2a14f5.gif bloggif_57d4b0a13a4a5.gif bloggif_57d4afcc8dd1e.gif モンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました tumblr_mlpuze3fy21s17vl9o1_1280.jpg モンタージュBloggifを作成しました ABCっでうぇw05 モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
タグ

CFNM 女王様 罵倒 顔面騎乗 包茎 強制オナニー 圧迫 手コキ JK クンニ 長身 アナル 爆乳 言葉責め ギャル センズリ フェラ 聖水 ォシッコ 格闘技 ブーツ おばさん  蹴り JC  ビンタ 女装 踏みつけ 金蹴り 足コキ JS 短小 嘲笑 いじめ 酔っぱらい女 看護婦 巨尻 美脚 露出狂 ぽっちゃり 爆笑 奴隷 ぺ二バン 熟女 淫語 温泉 蝋燭 女子高生  トイレ 羞恥 OL 赤ちゃんプレイ 臭い ママ 立ちション おっぱい お漏らし オムツ 部活 露出 JD ペニバン 浣腸 マッサージ 授乳 同級生 店員 金玉 プール チンカス 女教師 剃毛  寝取られ 清掃員 マッサージ師 パート M男 カップル ナース コンビニ店員 ペ二バン 屈辱 竹刀 茶髪 灰皿 芸能人似 パイパン  水着 集団 首絞め ヤンキー 筋肉 アロマ企画 Jk 緊縛 子供 フリーダム 飲尿 同僚 排泄 ヒール 失禁 電気あんま バイト 食糞 足舐め 電車 デブ バイブ コスプレ メス化 黄金 強制ホモ ネカフェ パンチ 女子 母親 セールスレディ 外国人 格闘 ぶっかけ 早漏 女の子 銭湯 ホモ コンビニ SEX 後輩 童貞 ジャージ レザー 電気按摩 土下座 69 水責め スパンキング 五十嵐ゆい 射精 マザコン 尿道 素人 首輪  キス ぺニバン アナル舐め ボクシング 人間便器 JK キャバ嬢 感想 携帯 ウンチ 撮影 巨根 アカスリ 女子大生 散歩 クラスメイト オムニバス ファーストフード店 カップル奴隷 ニヤニヤ 赤ちゃん 鷹宮りょう  モデル 風俗嬢 コーチ  知り合い ロリ 少女 脚コキ 失笑 訪問販売 JC  煙草 監禁 ボンテージ 塾の先生 オナホール 写メ 学生 看護師 マクドナルド 誕生会 ブーツ舐め ネット アダルトショップ 運転手 中国 祭り ウンコ ホームレス 大槻ひびき JS うんこ 宅配 巨乳 キモい タイツ ナンパ デッサン 愛音ゆり 検尿 ユニフォーム ホモプレイ 夢野あいだ フェラチオ 失神 手袋 ドン引き メイド 満喫 笑顔 ホテル テニス ヌードデッサン 障●者 漫画 レギンス ジム ラブホテル ブス 居酒屋 客引き 女子マネ 掃除のおばちゃん パンティ 女子社員 飲み会 奥様 水泳部 ウエイトレス 浴衣 計測 親子連れ カラオケ 歯医者 巨漢 マンション パンチラ ミニスカート ジョギング 隣人 ばばあ 女将  病院  異世界 抱っこ 公衆トイレ オナクラ 裸踊り 部下 アイドル 男女兼用 レジの店員 レジ店員 精子 乗馬 ヨダレ ふたなり 脱糞  ネイルサロン スポーツ用品店 トイレットペーパー 水泳 乳首 ハード 女上司 人間灰皿 フードクラッシュ 試着室 匂い NTR 伯母 上司 乳首責め おむつ チャット 女看守 公園散歩 おなら エレベーターガール  咀嚼 不良 先輩  お姉さん 妻の友達