FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。
[ 部下 ] のタグを含む記事

CFNMの話 その15

33、酔っぱらった女友達にセンズリを見せる2
私もビールをもらい、大分みんな酔ってくると加奈子が「栄子に昨日のこと、話ちゃったよ!」と言い出しました。私は動揺し、思わず「話したって、どこまで?」と聞くと栄子は、「全部!」と答えました。どうやら私が来るまでの間に話していたようで栄子も「全部聞いちゃいましたよ!」とイタズラっぽくいいました。同じ職場で席も隣のかわいい栄子に私の恥ずかしい行為を知られてかなり動揺しました。栄子が「酔うと脱ぎたくなるんですね?」とニヤニヤして聞いてきたので「いつも脱いでるわけとちゃうで!昨日が初めてやねんから!」というと加奈子が「そんなにムキにならなくてええやん?」といい、次に「今日も脱いでいいから!」といってきました。「ええっ!脱いでいいといわれても!」と栄子の方を伺うと私の反応を楽しんでいるようでした。「そんなこというと、ホンマにまた脱ぐぞ!」と栄子の方を意識していうと「ちょっと興味あるかも!」と栄子がニヤニヤしていいました。ここで栄子に裸を見られると、明日から職場で恥ずかしいなという思いがよぎりましたが、こんな機会はめったにないので、思い切って脱ぐことにしました。覚悟を決めたら、一気に昨日と同じくトランクスまで一気に脱ぎました。当然、フル勃起状態でした。加奈子は昨日見ているので余裕の表情、栄子はさすがにちょっと恥ずかしそうでしたが、トランクスの膨らんだ部分をしっかりと見ていました。そして、最後の1枚も脱ぎ、あの愛らしい栄子の前にフル勃起したオチンチンをさらけ出しました。栄子は、「キャッ!」と始めにいったあと、「わあ、見ちゃいましたよー!」とニヤニヤして、じっくりオチンチンを観察してきました。「いやらしい形でしょ?」と加奈子がいい、栄子も「ほんと、黒いですよね!」と返しました。フル勃起しているため、玉袋も丸見えの状態なので加奈子が「ちょっと金玉、だらんとしてない?」というと、栄子も玉袋を凝視し、「袋にまで毛がはえてるんですね!」とじっくり観察されてしまいました。そのあと、加奈子が「袋のウラってどうなってんの?」と聞いてきたので、両足を開き、まさにM字開脚の状態で袋を持ち上げ見せてやりました。しかし、あまりよく見えなかったらしく、加奈子は「後ろ向いてみてよ!」といってきました。「後ろ向きって四つんばいのこと?」ときくと加奈子は「そう、そう!」と答えました。そこで後ろ向きに四つんばいになり、お尻を突き出すような格好をとりました。すると、加奈子は「わあ、これはよく見えるわ!」といいましたが、栄子が「よく見えるわって、これは見えすぎですよ!」と返しました。加奈子は「ほんと、見えすぎやわ!お尻の穴まで丸見えやもん!」というと栄子は「ほんと!お尻の穴、見えすぎですよ!それになんかヒクヒクしてるもん!」と恥ずかしいことをいってきました。これで、あこがれの栄子には体のスミからスミまで全部みられてしまいました。明日から気まずいなと思いながら、でも大興奮していました。オチンチンの先からは完全にガマン汁が垂れていました。それを見た二人は「わあ、液たれてるよ!」といい、加奈子が「そろそろ白い液もでるんじゃない?」と挑発してきました。私はすぐに挑発にのってしまい、栄子の真正面でオチンチンをこすりはじめました。栄子が「ええっ!マジでやるんですか?」とさすがに恥ずかしそうにいいましたが、かまわずオチンチンを突き出し、腰を円をえがくようにまわしながら最高にいやらしくオナニーしました。あっというまに出てしまったのはいうまでもありません。白い液がドクドクと出るところを栄子は唖然と見ていました。飛んだ白い液を見て
栄子は
「これって濃いいですかね?」といい「でもこの匂いは独特ですよね!」と加奈子にいいました。加奈子も「うん、まさにアレの匂いだよね!」と精液を見て二人で盛り上がっていました。帰宅してからもあこがれの栄子が私の恥ずかしいところを全部知っていると思うだけで興奮がおさまりませんでした。次の日の朝、栄子に会うと恥ずかしいのはこっちの方なのに、彼女の方がもっと恥ずかしそうに「おはようございます!」といってきました。昼から研修室で調べ物をしていると栄子がコーヒーをもってきて「昨日はどうもでした!」と意味ありげに笑いながらいいました。「誰にでもあんなことしとるんちゃうからな!」と弁解がましくいうと「だいじょうぶですよ!わかってますって!」といい、「また加奈さんといつでも見てあげますからね!」とニヤっと笑って出て行きました。その言葉に期待もしながら、今度は会社内で栄子と二人っきりの状態で見られたいと思いました。

変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ 顔面騎乗 JK 強制オナニー 言葉責め ギャル 圧迫 嘲笑 おばさん 踏みつけ 包茎 クンニ いじめ 長身 アナル 熟女 ォシッコ 羞恥 センズリ 蹴り ブーツ 聖水 フェラ JC 爆笑 爆乳  屈辱 美脚 足コキ ビンタ 格闘技 短小 女装 トイレ 金蹴り JS 店員 露出 淫語 看護婦 ぺ二バン  露出狂 温泉 立ちション 酔っぱらい女 オムツ OL 赤ちゃんプレイ  授乳 巨尻 JD ママ 臭い 部活 お漏らし ぽっちゃり 奴隷 強制ホモ 浣腸 蝋燭 女子大生 寝取られ 女子高生 おっぱい 電車 水着 マッサージ師 写メ プール マッサージ M女 電気あんま 集団 ペニバン ヤンキー バス 清掃員 バイブ 調教 銭湯 パート ヒール 金玉 巨根 女教師  メイド 失禁 パイパン コスプレ 灰皿 剃毛 同級生 コンビニ店員 お母さん ナース M女 M男 カップル奴隷  首絞め 緊縛 外国人 オナニー OL 竹刀 バイト Jk レズ 動物真似 筋肉 パンチ キャバ嬢 チンカス 子供 お姉さん 後輩 茶髪 排泄 アロマ企画 芸能人似 カップル 母親 同僚 足舐め 食糞 ペ二バン レザー セールスレディ デブ 尿道 フリーダム 黄金 乳首 水責め 飲尿 ジャージ NTR ネカフェ 先生 首輪 格闘 射精 ウンチ 電気按摩 女の子 撮影 携帯 童貞 婦警 ぶっかけ  幼児プレイ パンスト 野外 裸踊り 電気アンマ 肉体改造 コンビニ マザコン  五十嵐ゆい  貞操帯 散歩 早漏 飲み会 アナル舐め 土下座 SEX 感想 ぺニバン ボクシング メス化 素人 JK クラスメイト  69 女看守 スパンキング キス 匂い 先輩 女子 乳首責め 人間便器 アカスリ 咀嚼 夢野あいだ おなら 上司 赤ちゃん 鷹宮りょう ロリ 大槻ひびき ウエイトレス カラオケ 検尿 人間灰皿 巨漢 オムニバス ハード 掃除のおばちゃん 愛音ゆり ふたなり パンチラ ミニスカート 奥様 ヨダレ フードクラッシュ  オナクラ チャット うんこ 宅配 デッサン 運転手 アダルトショップ ウンコ 祭り ナンパ 巨乳 ブルマー アナルフィスト マッサージ女性 スーツ タイツ 病院 ユニフォーム ホモプレイ 風俗嬢 ネット ドン引き モデル コーチ 少女  手袋 失神 テニス ヌードデッサン 漫画 レギンス ジム ラブホテル CMNF 排泄公開 事務員 風呂 スナック 友達 保健室 中国人 専門学生 検事 改造 旅館 写真 お尻ペンペン パイパン看護婦 母乳 NTR おばちゃん 拷問 公園 おばあちゃん 漫画喫茶 公開排泄 拡張 ディルド バスガイド 観光地 介護 グロ 酔っぱらい女性 田舎 海外 ニューハーフ 知り合い 脚コキ 試着室 妻の友達 JC スポーツ用品店 ネイルサロン 不良  塾の先生 マクドナルド 満喫 フェラチオ ブス 誕生会 オナホール ニヤニヤ エレベーターガール 伯母 女子社員 パンティ 女子マネ 部下 ばばあ 女将 ジョギング 水泳部 マンション 公園散歩 警備員 レジ店員 計測 歯医者 浴衣 笑顔 ホテル 水泳  ファーストフード店 居酒屋 トイレットペーパー 精子 乗馬 失笑 ブーツ舐め 看護師 学生 ボンテージ 訪問販売 煙草 監禁 脱糞  親子連れ レジの店員 中国 JS 障●者 ホームレス 客引き 男女兼用 おむつ  公衆トイレ 抱っこ 隣人 女上司 ホモ 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR