FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。

チンポを見たがる女たち34 素人娘の番台初体験!夢のCFNM銭湯編

チンポを見たがる女たち34
大好評シリーズ第34弾は銭湯の番台から男湯見物。男性客のイチモツを笑いながら凝視したり、脱衣場をモップ掛けしながらチラ見したり、キャーキャー言いながら見比べたり。見たがる女度120%の傑作誕生!

AVメーカー:MOODYZ(ムーディーズ)
AVレーベル:GATI
シリーズ:チンポを見たがる女たち
監督:藤沢いずみ
発売日:2008/11/13
収録時間:90分
品番:MIGD-198 廃盤

【感想】
見たがる女度120%の傑作誕生!の宣伝文句通りの大傑作です。若くて可愛いギャルが番頭になって番台に座っている。次々来る男性客が自分の前で全裸になる。そして、見てはいけないと思いつつも視線はチンポにいってしまう…。恥ずかしがりながらもお釣りを渡したり、掃除をするギャルたち。人数も増えれば大胆になり、笑い声もこだまし、チンポの感想まで言ってしまいます。似た作品は今後生まれないと思います。潰れる予定の銭湯でやって欲しいですねぇ。
vlcsnap-2019-09-22-20h56m46s566_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h56m59s098_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h57m04s393_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h57m12s560_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h57m21s442_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h57m39s715_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h58m06s541_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h58m25s507_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h58m39s884_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpgvlcsnap-2019-09-22-20h58m45s899_uuiuf98ry347ewougiferhjdgyujerhuvuhyfuhtjyfyugf.jpg
チンポを見たがる女たち34

CFNMの話 その202

oooooooosswerfdvrewe2ewdfergththdvd.jpg
926、スーパー銭湯で榮倉奈々似の女の子が…
某スーパー銭湯でのこと。 そこでは女性従業員が定期的に脱衣所や浴室内の掃除を行っている。 40代、50代のおばさんが多いのだが、中には10代20代とおぼしき女性がいる。 サウナのマット交換の時間は、露出しやすい。 何時にマット交換するのかは書かれているので、その時間近くになるとサウナで待機する。 その時は女性4人でマット交換しに来た。3人はおばさんだったが、1人は榮倉奈々似の大学生くらいの女の子だった。 女性たちはサウナまで扉を開けて、サウナから出てくるのを待っているので、そのときにタオルを肩にかけてイチモツを見せつける。 裸を見てもらうのは気持ちが良い。半勃起しそうになりながら、サウナから出る。 榮倉奈々似の子が笑顔で挨拶してくれた。 しばらく、湯船に浸かっていたら小便がしたくなり、トイレに行った。 脱衣所と浴室を繋ぐ廊下にあるトイレは扉も仕切りもなく、小便器は丸見えである。 少し恥ずかしい気持ちもあったが小便器の前に立ち小便をしようとした。 その時、後ろから、 「失礼しまーす」と元気な声が聞こえた。 横目で見るとさっきサウナで見た榮倉奈々似の女の子がトイレを清掃しに来たのだ。 ぼくが小便をしてる50センチくらい先で、ロッカーから清掃用具を出している。 女性がこんな近くで、しかもこちらは丸裸で小便をしている。 この状況に興奮してしまい勃起してしまった。 タオルで勃起をを隠しながら、トイレから出た。 イチモツを触ると少し我慢汁が出ていた。
927、女子大生の集団に取り押さえられる露出狂
埼玉県のある美大は駅から遠く周りには雑木林がいくつかあって、スクールバスが出ているがバス停は、学校を出て雑木林の前を通過したところにある。男子生徒もいるが、圧倒的に女子が多い。ある冬の夕暮れ、集団で学校からバス停まで歩いてきたJ Dの集団 (男はおらず、女子大生ばかり20人はいたか) に向かって、雑木林の道路の淵にフルチンで立った。「や~、見て!変質者がいる!」「や~嘘、チンコ丸出し?」集団は立ち止まって見ている。「ね~?何やってんの?変態!」罵倒したり、爆笑したりするも通報したり、職員を呼びに行ったりする者はなく、楽しんでいる様子。まあ多勢に無勢だから、たかが露出狂の変態一人に襲われる心配もないのだろう。「お願いです、見ていてください。」と小さな声で言うと、またまた爆笑され「バカじゃん?なっさけねぇ奴!可哀想!」と言いながらも見ている。石垣に座り、それから仰向けになって股を開きシコシコした。「情けな~い、人として惨め~。ねぇ、こんなに大勢の女の子が見てんだよ。どうしてそんなことできんの?男の人の恥ずかしいとこ見せれんの?お尻の穴まで見えてんだよ。」それを聞いて、もう限界に達した。「ほら、イクとき、ここがヒクヒクするんだよ!見てて。」と、片手でアナルを思い切り拡げながら激しくペニスをしごく。潮を吹くように多量の精液が飛び散ってアナルが激しく痙攣した。「いや~、凄~い!マジで変態!」数人がこちらに駆け寄ってきて囲まれた。「その格好のまま交番に連れて行ってあげるよ。さあ、行こう?」と手を掴まれる。私は手を振り解き逃げようとする。ひとり、ふたりがシャツや腕を掴む。それも振り切ろうとすると、ひとりがペニスを握って引っ張った。しかし精液で滑って抜ける。走り出すと後ろから尻を蹴られる。後ろから股間を狙って蹴りを連発してくるが、幸いタマには命中せずダッシュで雑木林の向こうに駆け下りた。停めていた自転車にフルチンのまま飛び乗った。幸いズボンとパンツは奪取されず。急いで自転車を漕ぎ出す。ひとりが後ろから必死に制止しようと手を伸ばすがフルチンなので掴めず、尻を掴もうとしたのか指がズボッとアナルに刺さった。奥までズッポリ入ったが直ぐに抜けた。なんとか逃げ切る。その後暫くは怯えて暮らしたが、幸い警察は来なかった。暫くおとなしくしていた。そのとき肛門から出血し、切れ痔になった。ペニスも引っ張られて暫く痛かった。しかし、あのときのスリルと興奮は、未だにオカズにしている
928、顕微鏡で…
昨日リサイクルショップで顕微鏡 を買ってきました。家に帰ると女房のママ友が 2人遊びに来てました。話をしてる内に、顕微鏡でダニがみたい!って言い出して、皆でみてました。すると、1人が動いてる精子がみたい!って言い出して、精子だして!って言われて、これはチャンスだと思い、しょうがねぇ~な~って言いながら2人の前に立ってPを出したら、ココでやるの?って言われたから、精子は出るとすぐ死んじゃうからすぐに見ないと動いてるのは見れないんだよ!って言いながら、シコりだしたら、男がシコってるの始めて見た!スゲー!って言いながら正面から見てました。家の旦那のより小さいとか、皮が被ったり槌けたりしてる!とか言われながら、あっ出る!って言いったら、そばにあったプリンの入れ物を持ってPに近づけてきたので、それに出しました。うわ~で~た~!スゲー量だな!って言いながらスポイトで吸ってプレパラートにのせてみてました。凄く興奮して膝がガクガクしちゃいました。
929、女子高で見せつける変態
かなり前のある冬の午後。そこは以前、女子校でかなりのマンモス校であった。駅から徒歩15~20分くらいで、学校からS川という汚い小川沿いに通学路があり、上を道路が陸橋になって交差する場所がある。周囲は静かな場所で人もあまり通らない。そこをその学校の生徒が一気に下校する時間がある。百人以上が列をなして通っていく。その陸橋の下の生徒が通る道からちょうど川の向かい岸に立って待つ。トレンチコートを着て中はフルチン、前を開けて向こう岸からは小さい川なので距離は数メートル。あまりに人数が多く、大声をあげる生徒はいないが、ほぼ全員がこちらを注視、ヒソヒソと何人かで話しながらクスクス笑う生徒もあり、一度こちらを見て目を背ける生徒もいる。途中、川にォシッコしたり陰茎を上に上げてタマを強調したりする。ものの5分ほどであったが、女子生徒以外は誰も来ず、大成功だった。数に圧倒されてその場での射精には至らなかった。もちろん後で思い起こして何度もイった。
930、ケバ目の熟女に見られる
大学の頃で、友達の家で飲んだあと駅に向かう途中でした。 尿意を催して路地脇で立ちションしようと、チャックから出したら勃起しちゃったんです。その頃って多分一番露出にハマってた頃で、条件反射的にアソコが外気に触れると勃起してました。 まぁ周りに人はいないしあまり人が来そうにない暗い道だったのと、酔っていて気が大きくなっていたのもあって、チャックから出すだけじゃ物足りなくなって、ベルト外してズボンとパンツも膝くらいまで下げました。 お尻も外気にあたり更に気持ちよくなり、尿意も忘れてそのままアソコを触っていると、急に後ろから「あら、可愛いお尻。」と女性の声が。 慌てて振り向くと少しケバ目な50歳前後のオバさんがこちらを見ていました。顔はよく思い出せないものの、服装はその歳の人にしてはかなり短い丈のスカートでした。 「こんな所でお尻出して何してるの?」と尚も笑いながら聞いてきて、彼女もやっぱり少し酔っている感じでした。 ただその時はバレたということで、警察呼ばれるんじゃないかと言い訳ばかり考えていて、「いや、酔ってォシッコしたくなっちゃって」と答えました。 彼女は「お尻丸出しで?」と尚も聞いてくるので「あの、、、こうしないと出ないんです」と答えると「ん~、でもまだ出てないみたいだね~」と地面を指さしました。 その通り、尿意はあったものの出す前だったので地面は濡れてません。 「ホントは違うでしょ。誰にも言わないから言ってごらん。変態クン」と言われ、誰にも言わないということで少し安心して「はい、、、でもォシッコしたかったのは本当で、、、」と答えると、「やっぱりね。じゃあ見ててあげるからォシッコもしてみてよ。私も若い子のォシッコしてるトコなんてそうそう見られないし」と駐車場の中に連れ込まれました。奥まった道から見えないところまでくると、彼女は私の脇にしゃがんで「はい、どーぞ。」と私のアソコをガン見してきました。 そう言われても尿意はあれど、やはり見られながらだと中々出ません。彼女は「あれ~?どした~?」と指でアソコを突いてきてそれに反応して再び完全に勃起してしまいました。 それを見て「キャハ!すごい!カチカチだね~。持っててあげるよ。」と竿の中程を指で摘まれて竿が直角になるくらいまで下げられました。 お腹に力を入れるとようやく少しだけポタポタと出てきて、そここらは勃起してるので細いながら全部出し切りました。 「全部出た?」と摘んだ竿を上下に振ってくれて雫を落とし、摘んだまま眺めていました。そして「なんか濡れてて美味しそう。」と言うなりパクッと咥えてきました。 正直そのとき童貞だったので、フェラを受けるのも初めてでした。 堪らず押し寄せた射精感に抗うことも出来ず、「あっ、ダメです!出ます!」というが早いか彼女の口の中にドクドクと注ぎ込んでしまいました。 彼女は少しビックリしながらも最後まで受け止めてくれて、更に口を離すと「あはは、飲んじゃった。」と口を開いて見せました。 私は「すみません。初めてだったので、、、」と言うと「うそ~!変態クンは童貞クン?」と笑いました。 その頃童貞なのはかなりコンプレックスだったので、この機会を逃すまいと、まだ出るからさせてほしいとお願いしましたが、「それはダメ。それはちゃんと彼女見つけてやりなさい。」と言われてしまいました。 残念そうに落ち込んでいる私を見て憐れに思ったのか、彼女は「じゃあ、おっぱいだけ触っていいよ。」とブラウスの下に手を導いてくれました。 あのときの乳房の柔らかさと、対照的な乳首の固さの感触は今でも手に残ってます。 たった1分くらいだったと思いますが、「はい。終わり。じゃあね~」と彼女は駐車場を出て行きました。
アロマ企画

CFNMの話 その201

2ijhdrgtrttgrgggggggggggvvcdssssw.jpg
921、外部研修で出会った巨乳おばさんに見せつけ
俺がまだ若い頃、会社の研修で外部研修に行かされた。色々な企業の人達が集まる研修で100人ほどが2泊3日で受ける研修だった。 俺は地元だから、家から通ったが県外から来てる人が多く、研修センターの隣りのビジネスホテルで泊まる人が多く居た。 研修内容は、8人がグループになりミニゲームを繰り返しながらの研修だった。 俺たちのグループには1人の巨乳おばさんが居た。でも独身との事でその人は、姉さんとあだ名が付いた。 俺は、その姉さんと仲良くなり、電話番号を交換した。 でも、交換したときは連絡するつもりは全くなかった…。 研修最終日に、グループ内で最後の挨拶を2つの手段でする事になった。 その人の事を心から挨拶したい場合には、ハグをする、 心からまでは行かない場合には握手する。 この姉さんは、7人全員とハグをした。俺も勿論ハグをした。 この時の姉さんの巨乳が俺の胸に押し付けられて、かなり興奮した。 研修が終わり、数日が経つ頃あの巨乳の感触がきっかけで、ちょっとHな事に目覚めた。 当時のJ-フォンガラケーでショートメールをした。俺は元々露出をしてみたい気持ちがあった。この姉さんなら頼めれるかも?と思った。 ショートメールで、姉さんにしか相談出来ない悩みがあります… 姉さんは、どうしたの?私で良かったら聞くよ…と返信。 実は、露出願望があって…でも怖くてした事がなくて… とメールしました。 このメールで返信が無かったら終わりだな…それまで下ネタな話など一切してないからな…変態と思われたかな?まあ、いいか。どうせ赤の他人だし…と、思っていたら、返信が来ました。 見てあげてもいいよ~と。 裸を見ればいいの? 出来たら、オナニーしてる所を見られたい…と依頼したら、いいよー。 若いのに、見られたいんだね~。 こんなおばさんでもいいの?と。 俺は、勿論姉さんに見られたいです… このメールだけで当時、見せてるシーンを想像して何度もオナニーをした事を覚えてます。 約束した日になりました。 高速道路を飛ばして、姉さんの地元に着きました。待ち合わせした場所は、姉さんが1人暮らしのアパートの駐車場です。 姉さんが降りて来て、まずはお昼御飯食べに行きましょう~と、俺の車で近くの高級なお肉屋さんに行きました。しゃぶしゃぶで1人15000円の2人で3万をご馳走してくれました。 お店のレジでお土産としてまたお肉を2万円分買ってくれました。 高級和牛は、初めて食べる美味さでした。 そんな事より、初めての露出が嬉しくて早く場所を変えたかった。 お店を出て、どこにします?と聞くと、姉さんが私、1人暮らしだから家に来る?となり、姉さんの部屋に入りました。 古いアパートで、部屋は広いが畳の和室でした。 姉さんは、じゃあしていいよ…どこでするの?と聞いて来て、姉さんは座っていて下さい。俺は姉さんの前に立ってします。 あ、立ってするんだねー?あっちのベッドで寝ながらするのを、こっちからこっそり見るのかと思った…と。 目の前で見て欲しいから~と伝えたら、あ、なるほどね~と、納得したようだった。 姉さんの前でズボンを下ろして、下着だけになり、パンツの上から自分で触っていると、だんだん勃起して来た。姉さんは、パンツの上からの俺のチンポをガン見してくれてます。初めての感覚に興奮します。 姉さんは、パンツ脱がないの?と聞いて来ました。あ、中が見たいですか?と、わざと焦らしていよいよパンツを脱ぐ事に。 若いチンポは、脱いだ途端に真上にそそり立ちました。姉さん…わー、若いから元気だねーと。 うん、姉さんが見てくれるから元気になったよーと、シコシコとし始めました。 どこに出すの?と聞くので、そこのフローリングの所に飛ばしてもいいですか?と聞くと、あ、いいよーと。 初めてだった為か、なかなかイク気配が来なくて、姉さんは部屋の中の壁に掛けてあった巾着袋を取りに行き、中から何と電動こけしが出て来ました。 姉さんが、私もしよか?と聞いて来たので、はい、お願いしますと答えた。 姉さんは、パンツを脱ぎ、俺の前で両足を広げておまんこに電動こけしを入れ始めた。 初めて見る女性の生のオナニーだった。俺は姉さんのおまんこの前に顔を近づけてドアップで電動こけしが出入りする所をマジマジと見た。 俺が女性の生で見るの初めてです…と言いながら…。 若くないおまんこは、正直綺麗ではなく、初めて見るシーンにちょっとグロテスクな感じがしたが、姉さんのオナニーを見ながら、俺もシコシコとして、お互い見せ合う型になった。 暫くして、俺があー、イク~~となり、姉さんのお腹に大量の精子が飛び出して来た。 姉さんもその時一緒にイッた感じだった。
922、男湯前でのCFNM
夜遅めの大浴場に向かうと、男湯のドアが全開に開いていた。 横に引くタイプのドアで、のれんがあるが、開けておくと、男湯から出たすぐの場所がすぐ目の前で、いわゆる浴場の入り口が、のれんのすぐ近くにあり、脱衣所は奥の方にある。 そして、女湯に行く通路は狭くて男湯の入り口すぐ横ゆ通過して行くロケーションです。 ドアが開いていた時、ちょうど風呂上がりの男性があたまを拭いていて、入り口から丸見え状態だった。 あ、ここ露出ポイントだー。 俺は入り口のドアをあえて閉めずに、そのまま風呂に入った。 中には、1人の男性が体を洗っていた。 俺は、その男性が出るのを待って1人になるのを期待した。 その男性が出たのを確認したので、俺も湯船から上がり、風呂場ねドアを開けた。おっ、まだ入り口のドアは全開だった。 閉めてあっても開けに行くつもりだったけどー。 頭を拭きながら、チンポ丸出しで入り口に向かって暫く待った。 最上階のエレベーターからは、ここの大浴場にしか向かう通過は無いので、誰かが来たら良く分かる。 通過の奥から歩いてくるスリッパの音がしました。 俺は入り口まで見に行き、のれんの隙間から確認したら、 おばあちゃんと、小、中学くらいの子供の2人組みです。 やったー。女性が来たー。 俺は慌てて戻って、いかにも今、風呂場から出たかのように 頭を拭きながら、チンポ丸出しでしかも、半立ち状態で入り口に向けて女性が来るのを待った。 そして遂に来たー。2人とも男湯のドアが開けているので、中を見ながら歩いて来た…おばあちゃんは、俺が居るのを知ってさたらすぐに覗くのをやめたが、一緒にいた女の子は、見事なまでに俺の 半立ちチンポをガン見しながら通過した。 やった~。少し若すぎだけど露出成功。 体が冷えたのでもう一度、お風呂に入ってまたあの子達が出るのを待って、同じように頭を拭きながら待った。 女性の話し声と足音が聞こえた。どうやら中国人みたいだった。 また、さっきの女の子が振り返るようにしながら、男湯を覗きこんで来て、また俺のチンポをガン見しながら行った。
923、冷静なお姉さんに見下される
ムラムラした時はちんこをフル勃起の状態にして上からスウェットを直履きして散歩をする事がある 周りの人からはちんこの形が丸わかりで、変態だとすぐに分かるのでなかなか人目があるところに行くのは勇気がいる ある日近所の喫煙所でその状態でタバコを吸っていた、夜の10時くらいで他にも人がいなかったからスウェットの上からんこを撫でて一人で息を荒らげていた しかし途中で三十路くらいのお姉さんが喫煙所きた、年上が好きな俺は一瞬喜んだが通報されたらどうしようという焦りでさっさと退散しようとした しかし「ライター貸してくれない?」といわれ、貸したら世間話をされたので付き合ってもう1本吸っていたら途中で俺のちんこに手を添えて「こういう特殊な性癖なの?」と聞かれた 俺は顔を真っ赤にして頷いたら「若いのに変態なのね」と言われて呆れたような顔をされた、俺はそれだけで興奮してカウパーで亀頭がベタベタになっていた 当然スウェット越しに触っていたお姉さんも気づいたようでそのまま亀頭を優しく何度も撫でられた 興奮しすぎて何も言えなくなりそのままスウェットの中に大量に射精した お姉さんは笑って「次から人に見つからないようにね」と言って喫煙所を出ていった 俺はもう一度あのお姉さんに会って連絡先を交換してほしいと思って普通の格好で何度も喫煙所には通っているが未だに出会えてない
924、肛門からウ●チが出るところを見たがる女
この道何十年ものベテランで、かつては何百というJ K集団(2~3人の集団から一度に20~30人の集団まで)に真っ向からフルチンか全裸で挑んだ豪傑であったが、ブタ箱収監の一歩手前まで修羅場を潜りさすがにヤバいので最近ではおとなしくしている。また、穴を拡げて覗いてもらうのが最高の興奮を得られる究極の変質者だから、これは路上では限界がある。従ってオ◯ク◯という比較的安価で見てもらうことが専門の店だから本当に素人の若い子が多い、この風俗で最近は落ち着いている。その代わり本当に18~22くらいの女の子にクスコで肛門を開いてトーチで肛門の括約筋から直腸の奥まで見せてしまう。引いてしまう子もいるが、大抵は滅多に見れないものだと珍しがって、しっかり覗いてくれる。そんなあるとき、今年高校を卒業したばかりだという「あゆ◯」に出会った。例外なく彼女にも肛門の中を見せた。最初は驚いた様子だったが、「もっと見たい」とせがまれ時間ぎりぎりで肛門を開いたまま発射した。すると彼女、「ねぇ、ウ●チ出ないの?あっ、ウ●チが見たいんじゃなくて、お尻の穴から出てくるとこ見たい!」という。「臭いとか強烈だし、我慢できる?それにレンタルルームじゃトイレないしね。いい方法考えよう。」ということで、「臭いは平気」というので持ち帰って破棄できるようゴミ袋や消臭スプレーを用意して、次の機会に指名することにした。いよいよその日が来て、あゆ◯が入室した。多少の便意がある状態に調整できた。全裸で四つん這いになり、あゆ◯がお尻を両手で開いて補助してくれた。鏡で見ると顔を お尻から10cmくらいの至近距離で凝視してる。「じゃあ、本当にいくよ、いい?」と尋ねると、あゆ◯が「うん、早く見せて!」と頷く。なるべくゆっくり肛門を開いて、少しずつ出る様子を見せる。「あっ、お尻の穴が開いた。あっ、中に何か見える。あっ、頭が出てきた!」とコメントをだす。「く、臭いけど、いやらしい匂いがする!」約5分ほどに渡り何度か排出した。「私、本当にお尻好きになっちゃったよ。どうしよう?」と言うと、あゆ◯は「今日お店に内緒でサービスしてあげる」とゴムもつけてない生の指をウ●チしたばかりの肛門に差し込んできたかとあ思うと、後ろからペニスを口に入れて吸ってきた。それは、通常風俗嬢がやるようなジュポジュポとピストンするようなフェラではなかった。しかし、一気に大量の精液を放出してしまった。「いやあ、何これ、にっが~い!」吐き出した。彼女のうがいと手洗いを介抱する。「この次は、おじさんがテクニックを見せてあげたいんだけどいいかなあ?お礼に。」と約束して、このときは彼女のォシッコをあそこから飲み干してクンニしまくり何度もいかせる。今度は逆に彼女のウンチを見た後、穴に舌を入れて排泄物をきれいに舐めとる。それ以来彼女とは度々セフレとして付き合っている。
925、銭湯のおばちゃんにオナニーさせてもらう
一度自宅の風呂が壊れたことがありまして、だいぶ寂れた銭湯を以前発見したことを思い出し、そこに行くことにした時のお話です。 仕事で遅くなった私はダメ元で時間ギリギリに入店しました。 掃き掃除をしていたおばさんに 「すみません。もう閉まっちゃいましたかね?お風呂壊れちゃって困ってるんですよ~」 と尋ねると 「そりゃ大変ね!長居はさせてあげられないけどシャワーだけで良ければ浴びてらっしゃいな。」 と、優しい言葉をいただきました。 私はサッとシャワーを浴びて、なるべく早く出ることにしました。 私がすぐ出るとおばさんが掃除をしていた 「急かしちゃってごめんねぇ」 と、謝ってきたので 「いえいえ、本当に助かりました。ありがとうございます。」 とお礼しました。 この時全裸の私は露出のムシが疼き、体など拭きながらおばさんに堂々と見せつけながら会話を試みることにしました。 おばさんは普通に会話をしてくれました。 話を聞くに一人で銭湯を切り盛りしているがお金は充分にあるのでほぼ趣味でやってるとのこと。 会話していると私はそのシチュエーションに興奮してきたのか次第に勃起してきました。 おばさんは私の息子を見ても怒るどころか 「お兄ちゃん流石若いねぇ!トイレ貸したげるからスッキリさせてきなさい」 とまさかの神対応 私は冗談っぽく「するとこ見てもらえませんか」と頼んだのですが、それは叶わずでした。 トイレは男女共用のいたって普通のどこにでもあるようなトイレでした。 せめてもの抵抗とトイレのドアを開けっ放しでシコシコしました。 おばさんはこちらをチラチラ見ながら掃除をしているようなしていないような感じでした。 私はわざとらしく声を出して射精しました。 おばさんは「お疲れ様!」 とニコニコしながらティッシュを持ってきてくれました。 私は帰り際「また来ます」とおばさんに伝えると「こういう時以外に勃たせたら出禁だからね!」と笑いながら言いました。
アロマ企画

M男いじめ その31

4drtftygu78huigyuvyvuytyftrtdu.jpg
141、混浴のお姉さんに弄ばれる
ジャングル風呂という、ジャングル風の内装のお風呂に入った。するとそこは混浴だったらしく、20位の女の人が2人入っていた。「キャ〜男の子だぁ〜」と言われたが、僕は混浴だからと思い、気にしないようにして、入ったら、その2人から「こっちの方においでよ〜」と言われた。『恥ずかしいからいいです』って言ったら「じゃ、こっちから行っちゃうよ〜」と言ってこっちに来て、両並びに僕を挟むように座った。どこから来たの?年はいくつ?とか聞かれ、答えていた後、「ねえ、女の人の裸見たことある?」とか聞かれ、『あります』「え、誰、どこで?」『お母さん・・』と答えたら「カワイイ〜!」と言われた。「じゃあ、お母さん以外は初めてなんだ?」『ハイ・・』「ねえ、どっちがキレイ?お母さんとアタシ達」『お姉さん達・・』「カワイイね、キミ」「あたし達の裸見て、オチンチン起ってな〜い?」『・・・・』そこで股間を隠していたタオルを取られ「あ〜起ってる〜」「触っちゃお」と言われ握ってしごかれた。僕は『アッ・・アッ・・』と言っていたら、「カワイイ声出すね、キミ」と言われ立つように言われ、今度はしゃぶられた。その瞬間射精してしまった!「いっぱい出たね?こんなことしたの初めてでしょ?」『ハイ・・』「ここじゃヤバイからあたし達の部屋においで」って言われて部屋に行った。
142、年下を弄ぶ女性
学生です。夏の間は彼氏もいないのでバイトばかりしていました。しかしあることをきっかけに中○生の男の子と知り合うことになりました。その子の誰にも言えない秘密を知ってしまいました。はっきり言って犯罪に該当するようなことです。でも私は誰にも言わない代わりに私の言うことを聞くようにいいました。中○生と言っても小さくてまるで小○生のようです。その子を私の部屋に呼びどうしてあんなことをしたのか責めました。半ベソかきながらあれこれ話をするのを見てなんだか可愛く見えてきました。その子のしたことは誰にも言わないから私の言うことには絶対服従し、またそのことを誰にも言わないと約束させました。私はその子にハダカになるように言いました。イヤイヤながら全裸になった少年は肌がすごくキレイで女の子のようです。陰毛も薄く包茎ぎみの可愛いオチンチンを見ると胸がキュンとなる思いでした。私は自分の下着をその子に着せてあげました。とても可愛くて似合っていました。女性の下着に興奮したのかオチンチンはムクムクと大きくなっていきました。興奮してきたのならオナニーして見せなさい。そう言うと少年は下着の上からオチンチンを擦りながら気持ちよさそうにしていました。すぐにイキそうになったので近くにあったタオルで受け止めてあげました。濃くってすごい量の精液が発射されました。それでもまだまだ元気なオチンチンに私は手を伸ばしてしまいました。精液でドロドロになったキレイなオチンチンを激しく扱くとまたすぐにイキそうになったので私は口で受け止めてあげました。さっき出たばかりなのにまたたくさんの精液が私の口に注がれました。もっと気持ちいいことしてあげるから明日も来なさいってその日は帰しました。次の日その子が来る前に私は似合いそうな少女の洋服や下着を買っておきました。その子はやってきました。部屋にあげるとすぐに服を脱がし少女の下着を着けさせ洋服を着せてあげました。私は背後からその子を襲いました。洋服の上から、下着の上から・・そして直にオチンチンを刺激しました。感じて悶える姿はとても可愛いです。女の子なのにオチンチンがあるのね・・それにこんなに大きくしちゃって…言葉で責めながら手でオチンチンを責めます。勢いよく射精しました。昨日もあんなに出したのに・・・。そのあとすぐにイカないようにジワジワとフェラで責めました。
143、年下を弄ぶ女性2
若くて元気のいい精液を美味しくいただきました。その後も何度かやってきました。私は女児用のスクール水着や下着を買ってきてはその子に着させ女の子に変身させました。女の子の姿をさせたまま私のカラダを舐めさせたりしています。女児のショーツでは隠しきれないほどオチンチンを大きくして舐めています。セックスはさせません。まだまだ調教が必要です。でも濃い精液を私のカラダに向かって発射させたりして楽しんでます。明日は土曜日です。お昼過ぎには近くの公園のベンチでその子は待っていると思います。明日は何をして遊ぼうか考えただけで私もアソコが濡れてきます。そろそろその子のアナルを開発したいと思っています。
144、少年をお嬢様扱いするメイド
「やぁ…じゃないですよお嬢様ったらまったく」「ほーんと。クリちゃんこんなにおっきくしちゃって」「あれ?おちんちんじゃないの?クスクス」「いいのよこんなちっちゃいオチンチン。クリトリス扱いしてもらえるだけありがたく思わなくっちゃ」「も、もうやだぁ、へ、へんなとこさふぁひゅうみゃああああ」「あははは、もう何言ってんだかわかんないですよ」 ここはお屋敷の地下室 "お嬢様"こと、すっかりメイドさんたちの玩具に成り下がった坊ちゃまのお部屋少女趣味に飾られたその部屋での生活もはや数ヶ月 お嬢様お嬢様お坊ちゃまと囃し立てられ嬲られすっかりパンティーとブラジャーが似合う男の子になってしまった坊ちゃまです。今日のお召し物は可愛いピンクのひらひらパンティ再度はチョウチョ結びの紐になっている密かに過激な代物です。そしてパンティーとおそろいのブラジャーに学校の制服…女子の制服を着せられているのです。そう、坊ちゃま普段の生活では完全に女の子の下着なのですが学校に行く時は今までどおり男の子の制服だったのです。「どう?いつ気付いたのかな??自分が女の子の制服着てるって?」「ひふっ…ぁああいっさ、さわっ…そんなとこ、触ん…な」「ほら、いいなさい?いつ気付いたのかな??」「あ、が、学校ぅっ…学校行く途中…ですっっ」膝たちになってる坊ちゃまの後ろからメイドさんが「ぐいっ」って 腰を動かすと坊ちゃま気持ちよさそうに頬を真っ赤に染めながら「ああん」なんて身をよじるのです。そんな様子を楽しそうに悪戯好きメイドさんたちが 周りからクスクスと嘲笑を浴びせるんです。「学校行く途中何かな??うふふ」「あっが、学校行く途中でぇっえっ女の子の服きてるってぇ」「あはは、坊ちゃまったら女の子の服きて途中まで学校に言っちゃったんだー」「よかったじゃない。嬉しいでしょ??可愛い格好皆に見てもらえたじゃない」「っていうかさー気付いたら着替えにもどりゃいいのにねえ」「いいのよ、坊ちゃまは女の子なんだから。ねえ?」
145、女子トイレの便器を舐めまわすM男
今日、屈辱と言うか快感を味わってきました。以前から何度か自分の変態プレーにおつき合いしていただいた女性とです(有料で・・・)女性の排泄や女子トイレ、生理用品に興味があり、屈辱的なプレーに憧れるって話しを以前からしていたのですが、その女性(ミカさん)の好意で一部実現できました。ミカさんの仕事が終わり、軽く食事&飲みをし、誰も居なくなったミカさんの職場の女子トイレに入らせていただきました。まずは会う前にメールでの約束通り、自分は女性用の下着をつけました。女子更衣室に連れていかれ、下着姿の恥ずかしい姿にされました。そして、隣にある女子トイレに入りました。和式の個室が3つある夢のような空間です。そのうち一つの個室を見ると、流していないオシッ●とティッシュの残った便器がありました。「帰りがけに私がしたのよ」と言われ、便器を舐め、飲むように指示されました。便器に向かって跪き、縁に飛んだオシッ●を舐めました。オシッ●まみれのティッシュを口にほおばり、絞り出し、飲み干しました。便器に残った黄色いものもすべて啜り飲みました。
セカンドフェイス

CFNMの話 その194

886、銭湯掃除の娘に見せつけ
休みの前の日に友達と夜中まで遊び深夜2時頃1人帰宅した時の事です。いつもは遅い時間なので家のシャワーを浴び眠るのですがその日はどうしても広いお風呂に入りたく夜中2時半頃銭湯に向かいました。 いつもは家族連れなどで賑わっている所なのですが深夜の時間帯、他に客は誰も居なく有線から流れる演歌が余計に寂しさを際立たせていました。受け付けには暇そうに雑誌を見ているおばちゃんがいました。 早速自販機で入浴券を買い受け付けのおばちゃんに券を渡しました。ふとカウタンターを見ると掃除の時間の張り紙があり3時から4時迄掃除の時間だそうです。という事はあんまり入浴する時間が無いのかと思いおばちゃんに聞いてみました。 するとおばちゃんはその時間内は自販機を締めて新しく入ってきたお客さんはお断りするが時間前に入っていたお客さんに関しては掃除が気にならなければそのまま入浴してても構わないと言う事でした。 私としてはせいぜい2~3人の業者のおじさんが掃除しにくると思い気にならないのでそのまま了承しました。 浴場に入ると見事に誰も居なくゆっくり入浴を楽しみました。 そして3時になり誰が浴場に入ってくる気配がし業者のおじさんかと思い見て見るとなんと短パンにTシャツ姿の女性が10人程入って来るではありませんか。 備え付けのベンチに座り全裸で呆然としてる私を横目に女性達はテキパキと掃除を始めました。 その中の1人と目が合うとニコリと会釈をしてくれそんな状況に軽く興奮を覚え一物が半立ち状態に陥りました。 すると女性達はチラチラと半立ち状態のペニスに視線を送り気が付いたらフル勃起してました。タオルを被せ隠した所でテントが張った状態になり意味がありません。元々露出願望があった自分だったのでタオルを取りそそり立ったペニスを見せつけました。視線に気付かないふりをしてペニスが良く見えるよう足を広げストレッチをしました。そしたらクスクスと笑い声が聞こえますます興奮しました。試しにみこすり半シコって様子を伺った所大丈夫そうだったのでそのままオナニーをしその日は果てました。 女性達の反応は無関心な態度の人も居ればニヤニヤとしてる人もいてとてもとても興奮した記憶があります。 その日から休みの前の日は必ず夜中の銭湯に行くようになりました。
887、ネットカフェのレジの女性に…
関東のとあるネットカフェにて、入室後しばらくはエロ画像やエロ動画を眺めて過ごします。 興奮も高まり、勃起も安定した頃合いになるのを待って、レジカウンターへ行きました。レジの女性は、ちょいフリーター風20代後半。淡い茶髪ショートカットの165cmくらい、やせ形、胸はそこそこ。 レジでお菓子を2品ほど購入。自分のズボンはあえてチャック全開。社会の窓(死語?)からは、半勃起で盛り上がったチンコがトランクス越しに存在感を主張している状態です。 金の受け渡しの際に、レジ女子の視線が一瞬ぼくの股間に向いたことを確認し、興奮はさらに高まります。 個室に戻って、その興奮を思い出して、フル勃起になったチンコをトランクスの上からします。握ったりつまんだり、撫でたり擦ったりしていると、トランクスの先端には1円玉サイズくらいにかウパー染みができてきました。 そこで、もう一度レジカウンターへ行きます。 格好は、さっきのまんまです。

僕「あの、すみません」
レジ女子「はい、なんでしょう?」
僕「えっと・・・」
レジ女子「はい?」
僕「あの・・・、エロ動画見てたらオナニーしたくなっちゃったんですけど、個室でオナニーしてもいいですか?」
レジ女子「はい?・・・・・・」
僕「ドアはちゃんと閉めますから。オナニー用にティッシュが欲しいんです。」
レジ女子「え、えっと・・・」

僕、レジ女子の顔を見つめながら答えを待つ。 

僕「えっと・・、やっぱり、ダメですか?」
レジ女子「あ…はい…部屋を汚されると困りますので…」
僕「そうですか・・じゃあ、トイレでしてきます」

と言ってトイレでオナニーしてきました。 レジ女子に向かって恥ずかしい言葉を自ら言うという興奮。 個室でオナニーされると困ると答えられて「じゃあトイレでします」と返答したときの反応。 (ええ~、結局するんかい!というツッコミが聞こえてきそうな表情) 「トイレでします」と言ってトイレへ向かってる最中に振り返って見たときに見えた、軽蔑しきった表情。 すべてが最高の興奮材料となり、かなり気持ちよく射精できました。
888、海岸でのCFNM体験
とある海岸で、年齢的には35くらいと思うけど、ちょっと精神病的な感じでブツブツ独り言をいいながら、砂浜に寝そべったり、野良猫に餌をあげたりしてるのを何回か見かけて気になってました。顔立ちの悪くないスレンダーな女性だけど、いつも小汚ない服着て、だいたい17時から見かけて、遅いときは23時過ぎに砂浜に座ってるのを見かけた事がありました。 遅い時間なので、回りには誰もいません。 初めてその女性に見せ付けた時は、短パンを膝まで下ろし、パイパンの勃起したものをシコシコシコシコしながら近づいて「ほーら、イヤらしいチンポ、ねぇ見て見て~!せんずり気持ちいい~!」と声をかけました。「ギャー!」と大声を出されましたが回りには誰もいません。1mくらいの至近距離でじっとチンポを睨み付けられながら、ドピュドピュっと大量に射精を見せ付けることに成功しました。 それから、その女性を見かける度に同じような事を繰り返してます。
889、スパッツ越しに見せてるお母さん
稽古終わりにスパッツ越しに見せてるお母さんに遂に言われました。 先日も稽古終わりにスパッツ一枚で身体を涼しくなるシートで拭いてると、帰る挨拶をしに部屋に来ました。暑いから部屋の入口は開けっ放しです。 その日も暑い中稽古したのでスパッツは汗でスケスケでした。 すると、「暑かったから汗で透けちゃってるよ!笑」と言われ始めて気づいたフリをして、「うわっ!恥ずかしい!粗末なモンをすみません!笑」と言うと「そんな事無いわよ。ウチの男達はみんな皮被りだから!笑」と笑って言ってました。 ちゃんと亀頭の形とか細かく見てたんだと思ってかなり興奮しました。次はスパッツや水着のスケスケのインナーで見せようと思ってます。
890、チンポに興味津々の女性
日課のオナニーをしている時にちょうどインターホンが鳴った。カメラ越しに見ると40代後半くらいの綺麗な女が立っていた。「すこしだけお時間ございますか?」と言われたので、玄関まで通した。すでにギンギンに勃起しているちんこをボクサーパンツで強引に隠しドアを開けた。すると案の定、勧誘の話だった。 内容はよく覚えていないないが食材関係だったと思う。話し始めてから数分と経たないうちに女が俺の勃起に気づいた。「あら...」と視線を送るので正直に「シコってたんすよ」といったら女は「若いわね~」と色っぽく答えた。理由は分からないがものすごく興奮していた俺は今思えば普通ではなかったと思う。 いきなりパンツを脱いで下半身を露わにして、女に「見てて」と言いその場で扱き始めた。女は「えっ...!?」と戸惑っていたがすぐに笑顔になりしゃがんで顔を近づけてきた。シゴいてるちんぽの臭いを嗅いできて「舐めてもいい?」と聞かれたとほぼ同時に玄関の扉に向かって射精した。女は「あら~すごいわぁ」と声を漏らした。興奮冷めないおれは、その後立て続けに3回女が見てる前で射精した。
ビッグモーカル

CFNMの話 その188

juhygtfrdeswwwwwwwww3wert.jpg
856、銭湯の女の子が恥ずかしがり…
銭湯で露出した時の話です。 大きなホテルの銭湯に午後2時くらいに行きました。 人はまばらで、沢山の種類のお風呂があるせいか、メインの洗い場は自分一人でした。 前々から女性の前で勃起したチンコを見せつけたいという欲望があり、その日もお尻の穴にピンク色の極太ディルドを入れたまま、身体を洗うふりをしつつ、しっかりチンコをしごいていました。 ディルドをアナルに激しく出し入れしたりチンコをしごいていると、次第にチンコからはヌルヌルした液体が出てきて、洗い場にはヌチュッヌチュッといやらしい音が響きました。 すると1人の従業員が洗い場に入ってきました。 年齢は20代前半くらいだろうか、黒髪ショートヘアで、いかにも真面目そうな女性ですが、顔はまあまあ可愛い。 Tシャツ姿から察するに細身ながらかなりおっぱいは大きく、俺はすぐにこの女の子にチンコを見せつけたいと思いました。 彼女はこちらをチラチラ見ながら掃除を始めました。 次第に自分の方に近づいてきて、距離は2メートルくらいになりました。 彼女もどことなく自分に興味があるようでした。 俺は勃起したペニスを見せつけるために大きく足を開きました。 垂直に真上を向いたペニスはヌルヌルの液でテカっており、足を開いたためお尻の穴からはピンク色のディルドが半分くらい出かかっていて、遠くからでもはっきりと確認できるくらいに目立っていたと思います。 彼女は依然、掃除をするふりをしながらチラチラこちらを見てきます。 俺は思い切って、「このシャワーって途中でお湯が止まっちゃうんだけど、何でですかね?」と話しかけました。 もちろん、こういう施設のシャワーが時間で止まることは知っていましたが・・・。 彼女は、「すみません」と恥ずかしそうに答えながら俺のすぐ横まで来ました。 しかも、俺のギンギンにそそり立ったペニスをジッと見つめているではありませんか。 興奮した俺は、わざと台の上に置いてあったロッカーのカギを床に落としました。 洗面台の下のかなり奥の方に落ちたので、内心うまくやったと思い、「アッ」とわざとらしく声を出しました。 カギを拾うには、お尻を突き出し、手を奥まで伸ばさないと取れない距離です。彼女は、「大丈夫ですか?」と言いながら床に膝をつきました。 俺は、「うん、でも取れるかなー?」などと言いながら床に膝をつき、彼女の方にお尻を向け、手を伸ばす体勢になりました。もちろん彼女には俺のお尻が丸見え、穴に刺さった卑猥な物体もハッキリ見えます。俺は時間をかけてわざと取れない素振りを見せ、もっとしっかり見てもらえるように彼女の方にお尻を突き出しました。彼女は顔を近づけて、「取れますか?」などと言ってきましたが、横目で確認すると、しっかり俺のアナルを見ているのが分かりました。興奮はMAX。お尻の穴がキュッと締まるのが分かります。 次第に穴がヒクヒクと痙攣しだし、ケツ穴からディルドが今にも抜け出しそうになりました。 それでも彼女はさらに顔を近づけてきます。 たぶん10センチくらいの距離。 なんとなく彼女の荒い吐息がアナルにかかったかのような感じがしました。 俺はアナルが拡がるように、そして勃起しまくったチンコがよく見えるように、不自然なまでに股を開きケツ穴を突き上げます。 (あぁ・・・もうダメだ・・・我慢できない・・・。この体勢のままディルドでアナルを掻き回しながら、ヌルヌル勃起チンコをしごいて発射したい!) 欲望が抑え切れません。 ヌルヌルに湿ったチンコの先からは我慢汁が垂れてきていました。 興奮で膝はガクガクと震え、ヒクついたアナルからはディルドが抜けそうになり、俺はアナルにぐっと力を入れまます。 力を入れるとチンコの先からはスケベ汁がポタポタと滴り落ちてきました。 これほど興奮したことが今まであったでしょうか? チンコは今にも暴発しそうでした。 あまり長い時間をかけるとまずいと思い、欲望と戦いながらも、そこはぐっと我慢・・・。 なんとか欲望を抑え、仕方なくカギを拾って起き上がりました。 「やっと取れましたよー」と言いながら彼女を見ると、彼女は顔を赤らめながら、「良かったですぅ」と言いました。 しかしその時、彼女は床に膝をついた体勢だったため、俺が起き上がると彼女の目の前には勃起したペニスがあるわけです。 もうしごかなくても発射してしまいそうなくらいガチガチに硬直し、ビクンビクンと脈を打ったペニス。 真上を向いてそそり立つペニスの先からは我慢汁が溢れ出て、それが竿の部分を伝って垂れ落ちてきています。 恥ずかしそうな顔をしながらも目の前にある変態チンコを舐め回すようにじっくり見つめる彼女。 恐らく時間にして10秒くらい。 でも自分には、じっくり彼女にチンコを見せつけることができた満足感に浸れるほど長い時間に感じられました。 調子に乗った俺は一歩前に踏み出し、彼女の顔ギリギリまで勃起したチンコを近づけてみました。 ハァハァと息遣いも荒く、ニラニラのチンコを彼女に突き付ける俺。 今思えばよくこんなことしたなとドキドキしてしまいますが、この時は興奮で欲望が優っていました。 もしかするとチンコが彼女の顔にくっついたかもしれない・・・。 このまま思い切って彼女の口の中にチンコをぶち込んでやろうと思いました。 チンコの先を彼女の口元に徐々に近づける・・・。 「ハァハァ・・・ハァハァ・・・」 すると、ハッとしたかのように彼女は急いで立ち上がり、顔を真っ赤にしながら、「では失礼します」と言い、足早に洗い場を去ってしまいました・・・。 と同時に俺も我に返り、なんとか冷静さを取り戻したものの、(彼女にフェラチオさせてやりたかった)という残念な気持ちが急激に興奮へと昇華され、俺はその場でディルドを激しくピストンし、ぐちゅぐちゅとスケベな音を立ててチンコを擦り、一気に絶頂へ。 「あーっ!イクッ!出るよ!いっぱい出るよ!あーーっ!!」 彼女に届けとばかりに大声を発しながら、大量のザーメンを銭湯の鏡にぶっかけました。
857、JKに見せつけ…
普段通学途中の単独でなく数人のJKに見せてます。中途半端なRは通報につながると思っているので、僕は堂々と見せることをモットーにしています。 OKな子は怪しい動きをしているとなんとなく分かる。目が合ってから少し笑ってズボンを脱げば結構向こうも笑って見てくれます。 ののしられることや逃げられることもあるけど、この堂々作戦で通報されたことはありません。 先日は某神奈川県の女子校。学校が駅から遠く、いくつか通学ルートがあるなかのあまり一般の人が通らない道。朝はJK率90安全です。 歩いてきた5人のJKに明らかに不審者っぽいマスクをした僕。ひとりがニヤニヤしはじめたので「これはいける」と直感。 一気にパンツをおろして高速O。ひとりを除いてゲラゲラ笑い出したので、続いてしこしこしこしこ。大量Sを足元にぶちまけました。 おえーっと言いながらも笑って罵声を浴びせながら歩き去るJKたち。唯一おびえた顔で上目つかいでPを見てくれた背の低い子が一番のおかずで、今でも思い出しては抜いてます。 私の露出は基本的にもっこりを見せ付けるパターンが多いです。 (露出といえるか微妙なところですが・・・) 近頃、めっきり暖かくなったので長袖レオタードを着て夜の10時ごろ 隣町の団地を散歩していました。 途中団地内にある小さな公園で休もうと、自販機で飲料を購入している時に すぐ裏手にある横道?らしき細い道を女性が通り過ぎました。 どちらかといえばその日は誰かに見せる目的では無かったので 正直いきなり現れた人に驚いていたところ その女性が公園内に入ってきて、ベンチに座りました。 (明らかに不審者なのに警戒心の無い・・・) 見たところ30代くらいでしょうか、街頭に照らされているといっても 顔には影がかかっていて表情は上手く見えません。 女性と公園に二人きり、しかもこっちの姿はド変態 ムラムラと来て、女性の目の前に仁王立ちしました こんばんはと声をかけると、大声を出したり驚いたりする事も無く 普通にこんばんは、と返され拍子抜け。 正直興が削がれたので、隣に座って話していると(話にも付き合ってくれました) この女性は近くに住む20代後半の人妻で、暑かったので夜風にあたるために散歩を していたら面白そうな人が居たので公園に入って来たと。 この恰好どう思います?と聞いたところ変態過ぎる!と嬉しい反応 少々調子の乗って、勃起しているもっこりを見せ付け 触ってみます?と聞きました。(今思えば滅茶苦茶危ない行為) 最初はハハハと笑っていたのですが、こっちが無言でもっこりを見せていると じゃあ・・・と指先あたりで擦ってくれました。 暗くて分からなかったでしょうけど、布は我慢汁で濡れていました。 しばらく擦ってくれていたのですが、私の方がびびってしまい 射精もする事無くじゃあ、という形で帰ってきました。
858、個人経営のベテラン女性とのCFNM体験
個人経営のベテラン女性の施術では、途中で生理現象だから我慢できなくなったら自分で抜いていいと言われた。自家発電中はさすがに背中を向けて見てくれなかったが、逆に興奮したし、精液で濡れたティッシュは手渡しできたし、抜いたあとの残り液漏れも施術しながら拭いてくれた。 また同じく個人経営のある若い(これが超エキゾチック美人)人妻は、勉強中ということで行く度にポーズが変わる。リクライニングシートを倒したままが普通だが、斜めにおこして施術されたことがある。当然、自分のが丸見えだし、彼女の大きく開いた胸元から谷間も丸見えで、終始フル勃起状態だった。 そしてO部分は、普通は横向きで自分で片手で穴を広げさせられるのが多い(これも興奮する)が、なんと四つん這いを要求される。確かに施術しやすいだろうが、リクライニングシートといい、このポーズといい、明らかにエロ意識でやっている。 ある時から、シートの上にアクリル板を敷いてあったので理由を聞いたら、誤爆したやつがいたそうで後片付けが大変だったからだという。ということは、誤爆しても大丈夫、いやしてもいいですよということかと解釈し(笑)、VI部分のあと、トイレで勃起施術と彼女のおっぱいを思い出しながら速攻で抜き、ちゃんと吹かずに戻って四つん這いに。 当然、残り液がアクリル板にポタポタと…するとやはり気になるのか、ティッシュで板を拭く。あーこの人、トイレで抜いてきたんだ…とバレバレなのも興奮し、終わったあと、またそれをオカズに抜くのが最近のパターン。 研修モニターもなかなかいい。先生がお手本を見せるパターンと生徒の施術を指導するパターン。 前者は、先生が皮をつまんで向きを変えて施術、生徒は熱心に凝視しながらメモをとっていた。後者は生徒がガッツリ握って向きを変えたり、先生が押さえてくれたりと事故率が高かった。
859、ネカフェでオナニーする露出狂
駅前のネカフェで毎日オナニーしてます。 とうとうこの前 間違えて店員の女の子が扉あけちゃいました。 よく受付や会計で顔あわせる かわいい子が。 彼女の視線が俺の顔とギンギンのあそこに一瞬釘付けに なり 失礼しましたと扉しまりました。 妄想します 彼女が男のオナニー見たのが初めてだとショック かな 刺激強くてうち帰ってオナニーネタにするかも 彼氏に変態なお客いてさーとか言って お前もネタにされて るかもよ とか言われながらやられてたらエロいな バイト仲間の飲み会でいつも来るおじさん すごいオナって たんですよとか話題にされてたらバイトの女の子全員が 変態おじさんだと心の中で思ってたらと 卑猥な妄想しながら そのネカフェで書き込んでます。 また 間違えて女の子に見られたいです。 30分ほど前のこと したくて見せたわけじゃないのですが・・・ 姉(といっても僕と双子)のところに 女子が数名泊まりに来ています。 そんな輪の中に入れるわけもなく、 自分の部屋で映画を観ていました。 しばらくて姉が先に風呂へ入れ、 とうるさいので風呂へ。 そして風呂から出て頭をタオルで拭いていると 突然ドアが開き、女子が入ってきました。 僕の両手で髪を拭いていたので チンポ丸出しでした。 その女子も驚いて固まっていたところ、 「ゆうき君ごめん」と謝ってきました。 僕も驚き間抜けな恰好のまま 「え?だれ?」と返事も間抜けでした。 「わたしです、松山です」と答えた。 いつもとは違い眼鏡からコンタクトにしていて 髪も下ろしていたので全然気付かなかった。 松山さんはじっと僕の股間を見ていることに 気付き慌てて隠しました。 コンタクトにゴミが入って取りたい、 とのことっだったので僕は 風呂場へ逆戻り。 摺りガラス越しだけど お尻をこちらに向けているのをじっくりみていると 勃起してしまい、そのままシコシコと。 そろそろ出そうな時に、 松山さんは出て行ってしまった。 さっきラインで松山さんから 「ごめんなさい 弟たちのと あまりに違ったので見てしまいました ほんとうにごめんなさい」と来てた。 友達と比べるとちょっと長めだけど 1/3ほどしか剥けていない包茎なので あらためて「見た!」的にいわれると 包茎を知られた僕の方が恥ずかしい・・・
860、JKの萌える感想
JK、JCともなるとある程度の知識は頭にチン歩入ってます。JKの 中にはもう知識以上の事を彼氏教えて貰ったJKも・・・ しかし、何故か私はその事を知っている! いや、知っていると言うよりJK自らが私に教えてくれるのです。 これはあるチン歩の日の出来事です。 ローカルな山手の通◯路、片側二車線、そこはS字になって更に路肩に駐車スペース有り! ↑午前10時半過ぎ私は得意先からお次の得意先へとワンボックスで移動してた時です。 この時間にしてもうJKが自転車でなんにんも帰宅してる光景が車内から伺えました。 「えッ?もうこんな時間から?早ッ・・・」 そして私はS字の先に有る路肩を発見すると何気に車を路肩に駐車しました。 そう、何気に・・・ 私の車の左側は歩道、即ち間違いなくJKは自転車で歩道を通るのです。 ミラーでS字に入った四人組のJK自転車にロックチン! そしてS字で車のミラーから姿が消えたタイミングである程度、凝り固まった状態で立ちション開始! S字から再び姿を現した頃、JKは程好い距離から私の状況にチン遭遇! A「見て!あんな所でォシッコしてる!」 B「えッ!?最悪~ッ」 C?「いや、チ◯コ凄い大きいって!見てッ!勃起してるくらい有るッて!メチャ大きいって!」 AB?「えッ、マジで!?・・・いやッ、ホントに凄い大きいッ!」 ?「いやッ、メチャ長ぶっといって!凄いデカい!」 ?「平常時でウチの彼氏の倍は有るって!・・・メチャ大きいッて!」 ?「アレ勃起したら絶対20センチは有るって!」 そして気付かぬまま遭遇間近で慌てて終う私でした。 そして私の車を通り過ぎたJKの会話は終わらず・・・ ?「普通であれだけ有ったら勃起したらメチャ、長ぶっといって!凄いなぁ・・・」 そして会話が私の耳から遠退く・・・ 去らばJK!またいつの日か・・・
ボレロ&マーラー

CFNMの話 その186

ertyuj56eh5ehrthrhehrthyjuiukl0oiujytre.jpg
846、ギャルJKに見せつけた話
地元にはチョットおバカだけど、ギャル率の高い女子高校がある そこから駅までに向かう途中には数字のコンビニが 学校が終わるとJK達はアイスを買ったり立ち読みしたり集団で立ち寄っている その帰り時間を狙ってトイレに入りスタンバイ そこトイレは女子用と男女兼用の2つの便器があるのだが、JK達はどちらも女子は使えるので兼用の方にも普通に入って行く 今か今かと時間を見計らって、カギを閉め忘れた設定で、中で勃起をさせ待っていた 時間になりガヤガヤと外からJK達の声が聞こえて来た 「◯◯~トイレ行ってくるね~」と声が聞こえて、ドキッと構えていたが、女子用に入られた そのまま待っていると、カチャっと入口の扉を開ける音とともに可愛らしいJKの声が そしてついにガマン汁全開でケツを拭いてる振りをしてチ◯コを突き出してるオレのいる個室を開けて入って来ようとした 初め外の友達と話していたのかオレには気づかず中に入ろうと しかし目の前には、フル勃起で慌てている振りのオレ そしてついに「キャッ」て声とともにオレのチ◯コをガン見、何が起きてるか理解出来ず一瞬固まり、すぐ「スミマセン」って言って出て行った すると外から、「ねぇ~スゴいの見ちゃった~」と話し声が 長居もヤバイので、身なりを整え外へ JK達はヒソヒソ話をしオレを見ている オレはその中を恥ずかしそうな振りをして出て来た 今頃チ◯コ話で盛り上がっているのかな?
847、仲居さんとの想い出
先日、妻と地方の温泉旅館に行った時のことです。 妻とはレスなんで、営みはありませんが、この時は、担当の仲居さんが、ややふくよかな感じで少し気になるタイプでした。 翌朝、チェックアウトが10時でしたが、大半のお客さんは9時くらいには出発しており、妻は化粧に時間が掛かるので、朝食後、チェックアウト時間ギリギリ出たら良いかと思い、独りでのんびりと露天風呂に入ってました。 一応混浴で、少し期待してましたら、同世代くらいのご夫婦が入ってきました。 奥様は、仲居さんと同じような、色白でふくよかなタイプ。胸も大きく、混浴に慣れてるのか、あまり隠さず来られましたので、下の茂みも拝見出来ました。 ご夫婦は、私が居たからか、ほんとにサッと入って出ていかれましたが、奥様の肉体が目に焼き付き、ムラムラしてきたので、風呂を出て脱衣場で抜こうかと思ったら、担当の仲居さんが脱衣場の掃除をされていました。 仕方なく、体をタオルで拭きながら、雑談してましたが、仲居さんの体を見てると、だんだん勃起してきて、仲居さんがそれに気付き、 「あら…」 と、手を口に当てながらも、ずっと見ていました。 どうせならと、私は自分で扱きながら、 「すいません…見てるだけでいいので…」 と言うと、仲居さんも、黙って頷いて見ていました。 しかし、緊張感からかなかなかイケず、ちょっと困った感じになると、仲居さんが近付き、 「ナイショですからね。」 と、作務衣の下をずらして、脱衣かごの棚に手をついて、バックから入れるよう促してきました。 誰か来るといけないので、私もそのまま挿入。 中は、とても気持ちよく、すぐイキそうになり、 「出そうです…」 と言うと、仲居さんは小声で、 「中に…いいですよ…」 と言われましたので、奥に出させていただきました。 抜くと仲居さんは、手元のタオルで自分のあそこを押さえながら、私のぺニスを咥えて綺麗にしてくれ、 「満足いただけましたか?」 と言い、私は、 「はい、とても。」 と言うと、仲居さんは軽くキスしてくれ、 「また、お越しくださいね。」 と言って、引き続き掃除をされ、私は脱衣場を出ました。 最高のおもてなしに、また行こうと思いました。
848、田舎のお姉さんとのCFNM体験
先日祖母の友人の家の倉庫の片付けの手伝いをしに行った時の話です。 祖母とその友人が家を空けている間に留守番兼片付け頼むわ~みたいな感じで押し付けられました。 祖母にはとてもお世話になっているので問題ないなら祖母の頼みごとはなるべく行くことにしています。 祖母の友人の家は田舎の方にあり、家の裏手にそこそこ大きな倉庫があります。 その時私は帰りにでも露出しようと思い中に大きめのTシャツと半パンそして中にはメッシュ生地のブーメランパンツを穿いていました。 朝の6時くらいに祖母の友人の家に着くなり、倉庫の方へ連れていかれこれこれをどうこうと指示を受けます。 祖母とその友人は後は頼んだよ~と嬉しそうに出かけていきました。 この時期とは言え倉庫の中は風通しはあまり良くなくやや暑く少し汗もかくくらいでした。 私はこの時に露出の虫が騒ぎ半パンを脱ぎました。 メッシュ生地は汗で透けており、興奮して勃起した息子がくっきりわかるどころか透けて肌色まで見えています。 とは言えシャツがかなり大きく膝辺りまであるのでぱっと見はわかりません。 そのまま掃除を続け小一時間くらいで片付けもあらたか終わり、外で風を浴びながら息子をシゴいていると玄関の方から「◯◯さ~ん」と誰かが呼ぶ声が聞こえます。 無視していると「◯◯さん?」と誰かがこちらに近付いてきます。 私はシゴくのを止めました。 シャツが大きいとは言え、流石に勃起してるのがバレるとマズイと思い座ったまま待ちました。 すると30代くらいの女性が野菜を抱えてこちらに向かってきました。 女性は私の方を見ると怪訝そうな顔で「あなた、誰?」と問い詰めるように尋ねてきました。 私はなるべく怪しまれないように丁寧に私がここに居る理由をおばさんに説明しました。 女性は「あ~!そう言えば◯◯さん(恐らく祖母の友人)と△△さん(祖母の名前)今日温泉行くって言ってたわ~!あなたがお留守番の子ね~!」 とすぐに納得してくれました。 女性はLさんと言い会話しているとすぐに打ち解けてくれました。 Lさんは「ここは若い子が居ないから気楽だわ~」 とちょっと嬉しそうでした。 Lさんは35歳だそうで同年代が居なくてつまらないのよ~と話していました。 Lさんは「それにしても汗だくね~風邪引かないようにね~」 と心配してくださいました。 私は「はしたない格好ですみません。倉庫の中暑かった物で…」 と苦笑いしながら答えました。 Lさんは「いいのいいの!こんな田舎だと殆ど誰も来ないしね笑 こないだなんて褌一丁のおじいちゃんが歩いてたわよ!私だって誰も見てないからいっつもラフな格好~」 とおっさんみたいに笑いながら言いました。 私はLさんをマジマジと見つめました。 Lさんはタンクトップに大きめのハーフパンツ的な物を穿いており、明らかに乳首が浮き出ています。 私は収まりかけていた勃起があからさまになってきました。 Lさんはそれに気付いたのか 「でも流石にお兄さんみたいにシャツ以外裸は見たことないわ!笑」 と、私の股間を指差して大笑いしました。 私は「パンツは流石に穿いてますよ!」 と言っても 「うっそだぁ!パンツ穿いてたらそんなにならんよ~!」 と信じてくれません。 あれ?この人になら見せても大丈夫じゃないか?と思い始め、私は心臓をバクバクさせながら 「じゃあもし、穿いてたらどうします~?」 となるべく冗談っぽく返しました。 Lさんはえ~?と笑って考える素振りを見せたあと、手でシコシコする動きを見せて 「こうして欲しいんでしょ~?」 と、答えました。 私は確信しシャツをめくりました。 スケスケのブーメランパンツの中でフル勃起した息子が姿を見せます。 Lさんは 「たしかに穿いてるけどこんなの穿いてないようなもんじゃん!」 と、またも大爆笑 Lさんは 「引き分け引き分け!特別に見ててあげるからしちゃっていいよ~」 と笑いながら私のブーメランパンツを下ろしてぶるんと飛び出た息子を見てまた笑いました。 私はずっと我慢していたのと興奮ですぐいきそうになりました。 Lさんは「早すぎ!ちょっと待って!」 と手でおわんを作り、私の息子にあてがいました私はLさんの手に犯すように擦り付け大量に射精しました。
849、陸女のJKに見せつけ
地元の陸上競技場で大会があったのですが、私は参加者のフリして、白のモッコリスパッツ姿で競技場周辺を徘徊しました。競技場周りのランニングコースに、5~6人のJKが座っていたので、競技日程等を聞くふりして話かけました。座っている女子達のちょうど目の前が私のモッコリです。女子達は私の顔と股間を交互に見ながら話していて、数人は真っ赤な顔して笑いをこらえてました。私の股間は形クッキリに、はち切れんばかりの状態です。あまり長くいると怪しまれるので、「じゃあ、頑張って下さい」とその場を離れ、トイレに直行。 個室に入り女子達の目線を思い出しながらしこってたら、女子達もトイレに来ました。勿論トイレは別々なのですが、天井がつながっているので話声が丸聞こえです。すると「きゃ~、見た?さっきの人」「見た見た、モッコリでしょ」「形クッキリなんだもん」「でかかったよね」…等、チンコの品評会。その会話を聞きながら私はしこりまくりました。850、出張先のホテルで…
仕事で地方に出張した時に泊まったホテルが大浴場のあるホテルでした。 大浴場は24時間入れるタイプでした。仕事で遅くなり12時位に大浴場に行くと、他の宿泊客はいなく貸切状態でした。 風呂から上がって涼んでると女湯の方から3人くらいの声が聞こえてきて、着替えてる様子でした。 男湯の入口のドアは開けっ放しだったので期待して外から見える位置で髪を全裸で乾かしていると、案の定若い3人組が女湯から出て来ました。男湯を通り過ぎる時に3人ともガッツリこちらを見たので全裸姿を3秒位見られました。姿が見えなくなると笑い声と、「モロ見た!」と聞こえてきました。最高でした。パナシアプロダクション

CFNMの話 その174

22wthyjuj67y54wtw4.jpg
786、おばちゃんに見せつけた体験談
夜10時過ぎだったかな? 駅から少し離れた静かな住宅地で、1人で歩いてきた50くらいのオバチャンに目の前で立ち塞がって露出をしました。 僕の露出のポリシーとして、露出するときは(なるべく)100状態を見せる という変な信念を持っていたので、相手がオバチャンだろうとギンギンのを見せつけていました。 オバチャンはソレを見て『ひゃっ!』とオバチャンらしからぬ可愛い声を出して驚いていたけど、レア体験はこのあと起きました。 勃起チン丸出しの僕を見ながら、 『ビックリしたわねぇ~! あなたなにしてるのよ~! あ~やだやだ、驚いたわ~!』と言っていたのです。 僕は捕まるまでに13年間露出をしていたので露出歴はそこそこあったほうだと思います。 そんな露出活動の中で、こんなことを言ってきた相手はこのオバチャンだけです。 僕はもう興奮状態だったので、勃起チンをシゴキながら『イクとこ見ててもらえませんか?』とお願いすると、オバチャンは再び視線を下半身に落とし、 『あなた変なこと言わないでくれる? そんなの見るわけないでしょ!』 とだけ言って、ヒールをカンカンいわせながら去っていきましたが、お願いしたときに視線を落としてオナニーを見ていたのが妙に興奮しました。
妄想族
787、後輩の女の子に見せつけ
後輩の女の子(23歳)にLINEでチンコ画像を送信しました。 その日は一緒に飲んでて下ネタで盛り上がり、僕の股間(ピチピチのスキニー)をガン見して「形が…」「公然ワイセツですよw」とか突っ込んできたので『生で見せるぞ』と言うと「喜んで見ますよw」と嬉しい反応。 その場は露出することなく相変わらず下ネタ話して解散。 帰宅した頃を見計らってLINE開始 『今日はおつかれ』 「お疲れ様です。ごちそうさまでした」 とか普通の会話から 『○○ちゃん、股間見すぎ』 「モッコリしすぎですよw」 とか徐々に下ネタに 『見たいなら写真送ろうか?』 「見せてくれるならガン見しますよw」 これは送信するしかないでしょ(笑) 短小包茎のドリチン写真をプレゼント 「まってwwwそれなにwww」 「ホントにチンコ?」 「寒さで縮こまってる感じ?(笑)」 ドMの僕には嬉しい反応です。 タメ口になってるし 翌朝、 『夜中にごめんね、画像は消してね』 ってLINEすると 「びっくりしましたw 永久保存しますw」 って… 知り合いに見せるのって興奮しますが 顔を会わせるのがちょっと憂鬱です(笑) ブーツの館
788、いじめられっ子のCFNM(前編)
中暖時代、クラスにひとりいじめられっ子がいました。 僕と友人A、友人B、仲良いわけでもないクラスメイトCとの四人部屋だったのですが、いじめっ子3人と、隣のクラスのやはりギャルっぽい系の女子二人の計5人が入ってきました。 「おすそわけしてやるから楽しもうぜ。俺のおごり」 と、ジュース類やお菓子類を持ち込んで談笑タイムが始まります。札付きの不良とかではないもののヤンキー系なのは間違いないくせにビールじゃなくてジュースってのが笑うましたけど。 少し経って、「チャラリーン、今週のお楽しみにタイム開始~」とリーダー格が言い、いじめられっ子くんに何やら耳打ち。 「さ、じゃあ、いつものいってみよう~。今日は暖美と暖香も見てくれっからさ(笑)」 女子二人「きゃ~、いいぞいいぞ~(笑)」と喜ぶ。 いじめられっ子くん、最初は嫌がる素振りを見せるも、2度ほど凄まれて、おどおどと立ち上がりました。 何が始まるかと思ったら、なんと、部屋着代わりに着ていた学校ジャージのズボンを下ろします。白ブリーフ姿になったかと思いきや、すぐさまそれも下ろします。チン丸出し。 そして、丸出しのちんをもんだり握ったりし始めました。そう、旅館の部屋で、皆の前でオナニーさせられ始めたのです。 いじめっ子3人が女子二人に自慢話のように語って聞かせる話によると、彼らはこれまでにも何度か、面白半分にいじめられっ子くんにオナニーさて見物するってのをやってたようです。場所は、放課後の(リーダー格の所属する部の)部室だったり、公園の車イストイレだったりだそうです。  彼らの話によると、最初は半泣きでイヤイヤやていたけれど、回数を重ねるうちには、 嫌がりながらもいざ行為を始めてしまうと、いつも最後は気持ち良さそうに射精してるぜ(笑) 、とのこと。 「お前ら、セーシ出るとこ見たことないだろ?」と言われた女子二人も 「見たいみたい~」と、盛り上がる。 「お前らも見てやれよ。こいつ、見られるのが好きなのかもよ(笑)。」と、僕らにも声をかけ、近くに寄らせます。 僕と友人AB、クラスメイトCの3人は、恥ずかしながらもそれを「やめろよ嫌がってるだろ」と止めだてするようなポジションにはいなかったので、ただただ見てるだけです。 いじめ問題で問題視される、“傍観者”に成り下がってしまっていたことは今でも恥じてはいるのですが、ここではそれは置いておきます。 (見られるのが好きなのかもよ発言に対して) 「そんなことないよぉ」 と漏らしていた「られっ子くん」、さすがに緊張してるのか、さすがに屈辱的すぎるのか、いくらこすっても勃起せず。フニャチンのままです。 しびれをきらしたか、女子二人(DとEとします)が、「がんば~れ、がんば~れ」と、コールし始めました。 それでも反応が無い、「られっ子くん」。 女子Eが「じゃあ、サービスしたげるよ~」 と、学校ジャージの上着の裾をめくってお腹を見せます。 ほっそりしたお臍と、ブラジャーの布の下の端っこ、パンティの生地の上の端っこが、見えました。上下の下着の色が違っていたのが印象に強く残ってます。 思わず僕らもおお、っと身を乗り出して 「あんたらへのサービスじゃないから」 と、ピシャリと言われましたが、、その後もチラ見し続けました(笑)。 いじめっ子3人も大喜びで身を乗り出しますが、「あんたらも駄目~」と言われて、すごすごチラ見に切り替えてました(笑)。 バリバリ不良ではなく半ヤンキーみたいな程度とはいえ、そこで悪のりして「もっと見せろ~」とか言ったり、女子とあれこれエロ行為になだれ込もうとしたりしないで引き下がるあたり、今考えると微笑ましいです(笑)。 当の「られっ子くん」も、もちろん身を乗り出して覗き込みます。目を見開き、興奮してきてるのは僕らにも分かりました。 「それじゃ見えね~じゃん。ちゃんと見せてやれよ」 とリーダー格が言い、前のめりだった姿勢を直立姿勢に戻した「られっ子くん」、なんと、彼の分身は、見事に変身を遂げていました。 ついさっきまでは、僕と同じでまだ「子象」だった彼のJr.は、フル勃起したことにより衣服を脱いで、立派な(?)亀さんになっていて、悔しかったのも印象に強いです(苦笑)。 初めて見るフル勃起チンに、女子二人は大喜び。手を叩いて騒いでます。 「弟のと違う~」「パパのもこういう風になるのかな、ぎゃぁー、変な想像しちゃった(笑)」とか。 女子Dが「じゃあ、私もサービスしてあげる。早く出してよ~」と言い、Eと同じように学校ジャージをめくります。 Dは胸も小さく、寝る前の時間だからか、なんとノーブラ。乳首までは上げなかったものの、ブラジャーの下布ではなく、生のおっぱいの山の丸みのふもとが見えて、僕も当然フル勃起です。バンプフレイヤ
789、いじめられっ子のCFNM(後編)
「られっ子くん」、おおぉ~、凄い~と呟き、手の動きが速まります。「あぁ~」とか、「うぅ~」とか、気持ち良さそうな声が漏れてきています(笑)。 「出そう?ねえ、出るのぉ?」 「早く、早くぅ~」 と囃す女子二人。 「あぁ~、出そう、出る、出ますぅ~」 と叫ぶような哀願するような声と共に、「られっ子くん」、ついに果てました。当時の僕には信じられないくらいの大量発射です。 ※精通前からオナニーしていましたが、やっと精通を迎えたばかりの当時の僕は、射精といっても発射というよりは“こぼれ落ちる”という感じで、宙を飛ぶことは無かったので。 飛んだ精子は女子Eの、靴下を掃いていない足の甲と、学校ジャージの脛部分あたりにかかりました。 「ぎゃっ、ちょっと、キモ~。ふざけんなよ」 とか、かなりの口調で罵倒したけど、表情は楽しそう(笑)。 そして 「あ~楽しかった。暖くん(リーダー格)ありがと(笑)。」 「▲坊(られっ子くん)、お疲れ~」 「うちらも大サービスしちゃったねぇ(笑)」 などと言いながら、コトが済んだらさっさと帰って行きました。 いじめっ子3人もそのあと、 「お前もいい思いできたじゃん。旅の思い出だあね(笑)」とか言って去っていきます。 置き去りにされた「られっ子くん」と僕達。 僕はちょっと・・・いや、かな~り気まずかったですが、当の本人は以外と(?)ケロっとしてて、畳に零れた精液を自分のティッシュで拭ったら、 「なんだか変なことに付き合わせてごめんね」 とか言いながら帰って行きました。 後日、彼がオナニー発射させられたことが言いふらされて大騒ぎになるようなことはなく(女子二人のせめてもの良心?)、修学旅行は滞りなく終わりました。 高校入ってしばらくしたくらいで、「修学旅行の時に“られっ子”が部屋でシコらされたらしい」という噂がちらっと耳に届きはしましたが。 高校以降の“られっ子くん”は、そっちでもいじめられる・・・というようなことは無かったようで、十数年経った後の同窓会にも顔を出して(僕なら、いじめられてた時の面子になど会いたくないだろうけど)、僕らとも当時のいじめっ子たちとも、大人の接し方をしていました。 いじめの“傍観者”に成り下がったことを恥じていた(今でも恥じている)自分は、その光景に少しだけ救われました。 で・・・その時の思い出はかなり強烈で、 (きっかけになった、とかまでは言わないが) その後成人してM男性癖や露出願望性癖に目覚めた僕にとって、「憧れのシチュエーション」として胸に焼き付いて離れません。 実際にやらされたら、立ち直れないくらいの心の傷になっていたでしょうが、シチュエーションとしてはかなりエロく、思い出してはオカズにしてます。足崇拝
790、風呂上がりに女性従業員に見られる
近所の個人経営だと思う銭湯へ 初めて行ってきました。 風呂上り、タオルで粗チンを隠しながら 瓶のフルーツ牛乳を自販機で買いました。 自分のロッカーを開け、タオルを置き フルーツ牛乳のフタを開け飲み始めたのですが、 後ろから何かがぶつかってきました。 振り返ってみれば掃除に入った従業員(?)だったのですが 20代前半くらいの女性でした(ちょっとかわいい) どうやら脱衣所を走り出した子供避けるために 下がったら自分とぶつかったようでした。 自分はその衝撃で持っていたフルーツ牛乳を 顎下から胸元へ盛大にこぼしてしまいました。 我ながらドンくさい。 それを見た従業員さんは 申し訳ございません、お拭きしますね、と 胸元をみたのですが、視線は当然フルチン状態の下へも。 結構な量がこぼれていたため、 すみません新しいタオルで拭きますので こちらへお願いします。と連れられ従業員用と書かかれた 扉を抜けてタオル類の入った小部屋へ。 そこで腰回り拭いてもらっているうちに 勃起してしまい、従業員さんも あっ と声を。 さすがに恥ずかしいので ここは自分でしますから、というと いえ、わたしのミスなので、と勃起したものを 握り上下に。 ちがうそういう意味じゃない! いやいや、こっちはほっとけば収まるので あとは自分で拭きますからっ、と言ったところで 初めて勘違いしたことに気付いたのか 従業員さんは耳まで真っ赤になってました。ROCKET

CFNMの話 その170

766、お風呂で丸見え
近所のスパ銭に行った時のことです。 普段は常にタオルで隠しています。 (なので露出とか考えたことなかったです) その時はたまたま脱衣所には自分しかいなかったため オープンにしていたところ、女性店員が 掃除のために入ってきました。 あわてて隠そうとしたのですが先に向こうが 「あれ ソノダ先輩じゃないですか」と 話しかけてきた。 よく見ると中高と同じ学校、部活だった 後輩のマミだった。 夏前からここでバイトを始めたとか、そんなことを 話していたが自分は見られたことが 恥ずかしくてそれどころじゃありませんでした。 すこしして、マミが 「それにしても先輩ってちっさいのに全然 隠さないんですねー」と何かをえぐられるような 話をしてきた。 なんでも、お客さんで見せつけるようにしてくる人は 結構いるそうで、大抵はデカい人だそうだ。 自分のように小さい、被っている人は 隠している人が多いらしい。 「逆に男らしいですっ」と妙な関心をされてしまった。 自分は全然そんなつもりじゃないし 恥ずかしくて帰りたい気分なのに・・・ 仕事の邪魔をすると悪いからと、 適当な理由をつけて大浴場へ逃げました。
Hunter
767、ドン引きするJK
駅から徒歩20分の場所にある公立高校、駅までの徒歩ルートにはいくつかあり、その中に人通りの少ない裏道的なルートがあります。 その日の夕方、下校中の女子高生を狙って張っていると、タイミングよく3人組がやってきました。 T字路の角に身を隠して待ち伏せて、3人が近付いてきたときに角から姿を出して、3mの距離から露出しました。 3人はほぼ同時に自分を見て、これまたほぼ同時に丸出しのフルボッキに視線を落とし、 「うわぁぁ・・・」と声を出して思わず?足が止まる 1人。 他の2人も驚いた表情で、チンポではなく自分の顔をジッと見ていました(マスク着用)。 立ち止まって露出していた自分の前を3人はゆっくり通りすぎたのですが、 「うわぁ・・」と声を出していた子は完全にドン引き顔で、 例えるなら、梅ぼしを10個 口に放り込まれたみたいな苦悶の表情を浮かべていました。 無言でゆっくり通りすぎながらも3人はずっと自分を見ていたのですが、5m進んだところで、 「ヤバイよ!これぜったいヤバイよ!」と声が聞こえ、7m付近で完全に立ち止まり こっちをチラチラ見ていて、 「学校戻ったほうがよくない?ぜったいヤバイよ!」 「 戻ろう!戻ろう!ありえないから!」 との会話とともに3人は駅とは違う方向へ向かっていったので、自分もチャリまで走って急いで帰宅しましたが、学校から警察に連絡がいったのは間違いないですよね。 露出をしていると色々なことがあって、自責の念にもかられますし思うことは多々あります。 しかし正直な話、 「うわぁぁ・・」と声を出していた子はメチャメチャ可愛い子だったので、あの子の苦悶の表情で何度抜いたかわかりません。
TMA
768、少年とおばちゃん
私はそもそも幼い頃から露出に目覚めS4の 頃には露出をしてました。 まだ毛の無いち●ぽでしたが、シコシコして フルB状態のを1日に何人もの女性に見せてました。 ターゲットになる女性は特になく女性なら、お●んこ なら年齢や容姿は関係ありませんでした。 S学時代は同じ学校の子は避け(バレないように)C学生 K校生や大人の女性が対象でした。時におばあさんにも 見せてました。 当時は携帯電話や監視カメラ等は全く無い時代でしたから やりたい放題だった事を懐かしく思います。 当時私がS学生の頃はまだ射精はしませんでしたが エクスタシーはありました。 まだ私は子供だったせいか 大体笑いながら見てくれ『そんなところいじっちゃだめだよ』と優しく 叱られる程度でした。 ある日、いつもように自転車でターゲットを探し、いつもより遠くまで 来ちゃったなぁ。と自転車を止め山道を探索していたら 畑作業をしていた50代位のおばさんを発見。 木陰から少し様子を伺うことに。。。どうやらおばさんは 一人の様子。いつものようにズボンとパンツを ひざまで下げ、チンチン丸出しでおばさんを見ながらシコシコ開始 そっと少しずつ接近、おばさんは私に全く気付かずに居た 様子でした。おばさんとの距離2メートル。。。 と突然おばさんは作業を止め、 一瞬遠くの辺りを見回し、おばさんは私の目の前で ズボンを下げました。そして私の方に向かってしゃがみ ォシッコし始めシャーという音とともにおばさんのアソコ が目に飛び込んで来ました・・・赤黒いおばさんのアソコはS学生の私には衝撃的でした。とっさに私は おばさんがズボンを履く前にフル勃起した自分のち●こを 見せようと隠れた木陰からおばさんの目の前に出てォシッコ 最中のおばさんの前でち●こをいじって見せました。 おばさんは一瞬ビクッとした様子でしたが、子供か。。。 と思ったのか、ニヤッと笑みをこぼし私を見ながら 徐に?いや、わざとに?りゆっく用を済ませ、 『あら。ごめんね、おばさんォシッコ我慢出来なくてボクもォシッコ?』と 言いながら持っていたちり紙でアソコを拭き静かに立ち上がり、私のシコシコしてるフル勃起したち●こを見ながら ゆっくりとパンツを上げズボンを履きました。 『ボクはどこの子?キレイなおちんちんねぇ?おちんちんいじって、おばさんの見たから? 気持ち良いのかなぁ?おばさん、今ォシッコしたばかりだから・・・ばっちいよ。。ゴメンねぇ。。。 ばい菌付くと大変だから早くしまいなさいね。』と優しく声をかけてくれました。 その頃私はセックスの仕方もよく解らず、おばさんが私にゴメンねと言った意味も 解りませんでした。 その瞬間いつものエクスタシーが・・・そして初めておばさんの 目の前で大量の白い液体が次から次に勢い良く飛びちりました。はじめての射精 におばさんより私の方がビックリしました。 そんな私におばさんはニコッと笑い『ボクもう出るんだね?』とポケットから ちり紙を出してくれました。私はおばさんに初めて出たと 言うとおばさんは『そうなの?いつもおちんちんいじって も出なかったの?初めて出たの?精子だよ、大丈夫。大人になった証拠なの。』 と優しく言いながら私のおちんちんをそっと手に取り 拭いてくれズボンを履かせてくれました。グローリークエスト
769、母娘にCFNM
今日は朝から夕方迄で1組の収穫でしたがお母さんのナイスリアクションに感謝しました!朝から粘って午後3時半頃、此方に向かって来る歩道橋の自転車二人組を前方200メートルからロックオン!録音開始と助手席の窓全開!右手をズボンの中に入れシコシコとエネルギー充填半◯起80そろそろのタイミングで車道から歩道に向いて放水開始!かなり放水を我慢してたので勢い良くドボドボと放水する中を自転車二人組が何か会話しながら目の前を横切って行きました。何か会話してるのは聞こえましたが内容までは耳で聞き取れませんでした。車内へと戻り録音再生すると年の離れた女性二人組の自転車でした。アルバイトの帰りか?いや、アルバイトの帰りにしてはおばちゃんと若い子が一緒に帰るものか?やがて私の前を自転車二人組が通過する約15メートル手前からの会話が神音声として録音されてました。「でっかい!」「彼氏のよりも?」「でっかい!」お母さん娘にナイスな神質問ありがとうございました!娘さん、彼氏のモノと比較してのお母さんへのコメントありがとうございました!甘美会FemDomWorld
770、男湯に入っている女の子
レジャー施設と温泉が一緒になった地方の施設に行ったときの事です。 夕方6時くらい、まだ人もまばらな男湯の脱衣所に入り服を脱いでたら、 おっさんと少女が入ってきました。 明らかに親子。 少女はどうみても5.6年で発育がよくムチっとしてる感じです。 『こんな大きな娘を男湯に入れるのか、、、』と思いつつ、露出の虫がうずき抑えきれなくなりました。 まずは着替え中の少女の横を体重計に乗ったり鏡を見たりするふりをしながらフリチンでウロウロ。 日焼けしてロングヘアーの素朴な感じの娘ですが、同年代の中ではたぶん背は高い方。 明らかに胸がふくらんでいます。 風呂場では露天風呂に浸かる彼女の対面の敷石に股を開いて腰掛け、チ●ポ見せまくりです。 少女は父親と仲良さそうに話していて、あまりこっちを見ていないようでしたが、、、 (男湯に慣れてる?) 残念なことに風呂場では父親が常に隣にいたため、思い切ったことができませんでしたが 脱衣所で大チャンスが訪れました。 親子が風呂から上がるのを見て、自分も脱衣所に。 着替えてパジャマ姿になった少女は洗面所の前のドライヤーで髪を乾かし始めました。 銭湯でよくある鏡が何面もある横長のやつです。 そこでなんとおっさんは少女に『しっかり乾かせよ』と言い残し、先に帰ってしまったのです。 脱衣所には他に人はいません 洗面所で椅子に座ってドライヤーを使う少女。 すぐさま自分は全裸のまま少女の横に行き、フリチン仁王立ちで自分も髪を乾かし始めます。 目の前の大きな鏡には、湯上がりパジャマ姿のカワイイ少女とチ●ポ丸出しの自分が横並びに映っています。 この状況に異常に興奮し心臓はバクバク、、、徐々にチ●ポが固くなってきました。 少女の髪は長いので乾かすのに時間がかかりそうなのをいいことに 自分は真横でチ●ポをペチペチ揺らしたり、陰毛を乾かすフリをして皮をむいたりやりたい放題。 半勃ちになったところで、カラダを掻く振りをして根元を握り大きくシゴくと一気にフルB状態に。 もう少女は口を半開きにして鏡と真横のチ●ポを交互にチラ見しています。 自分は思い切って声をかけてみました。 自分『お嬢ちゃん、どこから来たの?』 少女は一瞬はっとした感じでこっちを向きました。 少女『えっ、●●市です』 自分『へえーあそこだったら車ですぐだね。ここのお風呂大きくて気持ちいいよね~』 少女『あ、はい、すごい大きいです』 親しげで優しげなオジサンみたいな口調を心がけましたが チ●ポはビンビンで先っぽはガマン汁でテカテカという異常な状況。 もう自分は抑えきれなくなり、ゆっくり勃起チ●ポをシゴきました。 すると少女は完全に横を向き、目を大きく開いてチ●ポを凝視しだしました 警戒したり怯えたりする様子はなく、口をポカンと空けて自分の顔をチ●ポを交互に見ています。フリーダム

CFNMの話 その159

711、皮膚科で同級生が働いていて…
大学生の時、やっているスポーツの関係で股ずれから太ももの内側全体が痒くなり、皮膚科に受診した。 そんな大したことでも無いとおもって、近所のちっちゃい診療所みたいなとこに行って見た。 おじいさんの先生が1人でやっていて年配の受付の女の人が1人、助手の看護師さんが1人って感じのとこだった。 しかし、診察室に呼ばれてびっくり。 「あっ、〇〇君?」って一目見て気づかれたんだけど、助手の看護師さんが中学の同級生だった! そいつは結構姉御肌で女子にしては体も大きく、男子にいじめられてた女子をかばって男子に食ってかかるようなタイプ。ソフトボール部のキャプテン。 みんなからはなんだあいつ、なんて目の敵にされてたんだけど、実は発育がよくぽっちゃりだったので、体育の時間の体操着越しのゆれるおっぱいと、ブルマのなかのはち切れそうなお尻に実はクラスの男どもは釘付けになってたような女だった。芸能人でいうと貫地〇しおりに似てる感じ。 「え?〇〇?」すぐに自分のヤバイ状況に気づいた。待合室で書いた問診票からするとこれはまずい。 問診票に目を通していたお医者さんは、いつくらいから?とか聞いてきたけどすぐに、じゃあ患部を見せてもらいましょうか?となった。じゃあこっちでって言われてカーテンで仕切られた診察台を指さされる。 カーテンの中でどぎまぎしていると、「準備できましたー?」としおりがカーテンの中に入って来る。戸惑ってる俺を見るとしおりがニヤッと勝ち誇った目線を向けて来るのを見逃さなかった。 「じゃあ、こっち向きに寝ていただいて、よく見えるようにしてくださいね」口調は事務的だけど明らかに目が笑っている。オレが「えっ?えっ?」と戸惑ってるうちに、診察台に寝かされると、「ちょっと腰浮かせてくださいねー」と言ってくる。「あ、はいっ」とその口調に乗らされて従ってしまうと、しおりは俺の短パンに手を掛けると、スルスルっと一気にパンツもろとも脱がせてしまった! 腰を浮かせてたおかげで強調するように突き出したオレのおちんちんがしおりを前にぽろんっと丸出し。 一瞬目が合うと、しおりはやらしい目でオレの股間を凝視ししながら、笑いをこらえた表情で、そのままするんっとパンツごと服をぬいちゃって、オレを下半身素っ裸にしやがった。 「えっ!えっ!」とびっくりして両手で股間を隠すオレ。 その後先生が入ってきて診察になったんだが、もうカーテンも開けちゃって、先生の背中越しにしおりがニヤニヤしながら見てるシチュエーション。 おじいさん先生はこっちが早く終わって欲しいのに、すごく丁寧な先生で(痒いのももらった薬ですぐに治った)しっかり診察してくれるのはいいんだが、よく見るために足を開かせたり、おじいさんなのに結構な力でグイグイ指示してくる。 いつの間にか膝曲げて足開いて、ほぼちんぐり返しの体勢になってしまってた。 確かに一番荒れてたのがその辺りだったので致し方ないのだが、元同級生の女子に恥ずかしい部分全部丸出しにしてる状況に頭が真っ白になるくらいクラクラしていた。 おそるおそるしおりの方を見てみると、口に手を当てて笑いをこらえながら、めちゃくちゃニヤニヤした目でオレのおちんちんと真っ赤になってる顔を交互に見比べてる。 うわー、見られてる!と思った瞬間スイッチが入ったように、おちんちんがムクムクとおっきくなり始めちゃった。 ヤバイっ!て思ったけどもう俺の意思では止められない。 しおりはすぐに気づいて最初目を見開いてびっくりしたみたいだけど、もう笑いをこらえられないって感じで、お医者さんに見つからないように声は出さないけど、腹を抱えてあからさまに笑い出す始末。 それを見て余計に止まらなくなる我が息子。最初の緊張して皮をかむった子供のおちんちんみたいな状態から、ムクムクおっきくなっちゃって、もうフルボッキ…。そんな一部始終を明るい診察室で元同級生のしおりにガン見されちゃってるオレ。 もうおちんちんの先からガマン汁がトロトロでてる状態。肛門周りからうらすじやタマタマのシワシワまで見られちゃったのは確実で、なのにしおりは白衣をきっちりきたままってこの状況に、もう気が飛びそうなほど興奮してしまってました。 いくのだけはなんとかこらえて、速攻帰って家で思い出して抜きまくりました。 後日街中でばったり会ってちょっとお茶したのですが「老人のは見慣れてるけど、同年代でそれも知ってる人のは面白かった」「大きくなっていくのをマジマジ見たのは初めてだった」「ガマン汁でてたのも気づいてた」って教えてくれて、余計に興奮しました。
パラダイステレビ
712、女性とグルになりJKに見せつける
常連でいつも指名しているO嬢と親しくなって、どの辺に住んでるとか、普段はどんな仕事してるとか教えてくれるようにまでなった。彼女は、本当にその仕事が好きでいつも積極的に責めてくれ、特にアナルは得意だった。当時、F市の靴店に普段はアルバイトで勤めていて、店に寄ったら本当にいたので驚いた。食事をご馳走したりして親しくなったが、あくまで嬢と客の関係は保っていた。彼女は当時、フリーターの19歳。そんなあるとき外でのプレイを持ちかけ、個人契約で料金を払うことで話が成立。F市の静かな公園で夕方、日も落ちた頃、二人のJKを見つけ数m離れたベンチでプレイ開始。言い争っている様子から一方的に罵られ、そのうち下半身裸にされてオナニーさせられたり、手でしごかれたり、尻を蹴飛ばされたり。JK2人は、唖然と見入ってる。彼女がJK2人に声をかける。うまいこと話をでっち上げ、「こいつ女の敵だから。変態だし、嬉しいんだよ。こんなことされるの。ねぇ、一緒に制裁加えるの手伝ってよ。」JK2人が興味深々で見学。お尻の穴を指で拡げて「肛門の構造、前立腺の場所」などを教えたり、タマの正常な位置を触って確かめさせたり。最後は開脚、股全開で彼女に手コキされアナルを激しく痙攣させながら大量射精。JK2人は食い入るように見つめながら、自身の股間に手をやっていた。彼女の指示で3人に強制クンニを奉仕させて頂き終了。JK2人にも報酬を支払った。
グレイズ
713、混浴温泉で奥さんが…
私は温泉と露出(主に妄想)が好きな30の男です。 北関東の混浴温泉に行ってきました。 外湯は温水プールになっており、水着orタオル巻きOKでした。 お客さんは常連さん1人、35前後のきれいな感じの奥様と2人のお子さんだけでした。(旦那さんは部屋で寝ていた) 常連さんはタオル、奥様家族は水着着用です。 私は一応、タオルを当てて気を使っているように装っていましたが、虫がウズウズしてきました。 奥様が近くに来た時に縁に腰掛け、片足を上げてアレが見えるようにしていました。 すると、奥様も縁に腰掛けお子さんに飲み物を飲ませながら、しっかり見てくれました。 私は気付かないふりをして、「水着を持ってくればよかった、アレに自信が無いから見られると恥ずかしい」等と話しました。 奥様は「そんなこと無いですよ」と言ってくれました。 そんな会話をしている内にアレがFBになると、奥様は更にしっかり見てくれました。 ちなみにアレは最大13㌢ほどで、毛が少なく小~中○生並です。 かなり溜まっていた私は不覚にもSしそうになりましたが、堪えました。 しかし、奥様は相槌も適当になりガン見です。 こう言った経験の無かった私は遂に我慢の限界を迎えてしまい、どろ~っと出してしまいました。(アレに触れずに出てしまいました) 奥様はアッと言う顔で私の顔とアレを交互に見て、なぜか「ごめんなさい、ごめんなさい」と言って近くに有ったタオルをアレに当てがってくれました。 そんなつもりは無いのでしょうが、タオル越しに竿と玉を揉まれました。 奥様がタオルを取ると今年1番の量の白濁が付いていました。 奥様は、「大切な物を…ごめんなさい」と言っていました。 表情も汚いとかではなく、申し訳なさそうでした。(他人にとってはかなり汚い物だと思いますが) 私はスッキリして恥ずかしくなってきたので、「すみません」と言って湯舟から脱衣所に退却しました。 常連さんは自分の世界に入っているようで、こちらを見ていませんでした。 しばらく脱衣所で待機していると、奥様家族もあがって来ました。(男女別ですが、男側は丸見えです) 奥様が、「さっきはすみませんでした。つい目が行ってしまって。恥ずかしいって言ってたのに。」と謝ってきました。(その時、私は全裸です) 私は「いえいえ、こちらこそすみませんでした」と言って服を着るそぶりを見せました。 奥様家族は女側の脱衣所に入り、着替えを始めたようでした。 私は着替えを終えて休憩所で休んでいると、奥様家族が出て来ました。 奥様は軽く会釈をすると何事も無かったかのようにお子さんの身なりを直し始めました。 それ以降は会話は無く、私は温泉を後にしました。 ほとんどの女性は見ないようにするか、軽蔑するような目で見てきますが、今回の奥様は興味が有ったようです。 何にしても良い思い出になりました。Hunter
714、罵倒するJK
2月くらいの寒い夕方、日も落ちて下校するJKを、いくつもあるスポットのひとつで待ち構えていた。車も人も通行が疎らな小道に面した駐車場の柵越しに、5人の徒歩のJKが来るのを発見。下半身に何も身につけず仁王立ちでいると、直ぐにこちらに気づき「変態!変質者!」と罵声の嵐。しかし立ち止まり対面したまま。そのうち「小せえんだよ!もっといいもん見せてくんない?」と言い出したので、「寒くて縮こまってるんだけど、勃起したの見たことないんでしょ?」と返した。すると「じゃあ、勃起させてみろよ!どうせ粗チンのくせに。」というので、シコって勃起させて「どう?」というと「まあまあじゃん?」。そのうち限界になってフィニッシュを片足を柵に掛けて股を開き片手でシコりながら片手で尻を開いて穴をヒクつかせながら大量射精した。「何それ?ダッセ~。早すぎ!ケツの穴まで出してんじゃねぇよ!」事が済んだのでダッシュで走り、隠れた場所に待機してあった車で逃走。
素人女子崇拝倶楽部
715、爆笑するJK達
部活帰りのjkにRしてました。運動部の集団はリアクション最高でした。少し遠目から怪しい私を見つけると皆で「たんたんたぬきのキンタマは~」と歌いながら来ました。近づいてきた所で「絶対変態だよ、出すよ」とざわざわ。期待に答えてチャックからビンビンのチンポを 出すと「出た~」「上向いてる」「白いの出るよ」立ち止まってガン見。そして再び「たんたんたぬきのキンタマは~」と合唱。そんな中、タップリの精子を放出。「出た出たー」と大爆笑されたのでした。
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
M男向けGIF集
M女向けGIF集
49ead0c8b3a4387c15f18cb799e3b706.gif
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
タグ

CFNM 女王様 罵倒 手コキ 嘲笑 JK ギャル 顔面騎乗 強制オナニー 言葉責め 圧迫 踏みつけ おばさん いじめ 包茎 熟女 クンニ 長身 アナル 羞恥 センズリ 爆笑 蹴り フェラ ォシッコ ブーツ 聖水 屈辱 爆乳 JC  足コキ 美脚 ビンタ 格闘技 短小 女装 淫語 店員 金蹴り 看護婦 トイレ 露出 JS  ぺ二バン 露出狂 温泉 立ちション 酔っぱらい女  オムツ OL 赤ちゃんプレイ 授乳 浣腸 JD お漏らし ママ 巨尻 寝取られ 臭い 奴隷 強制ホモ 部活 ぽっちゃり おっぱい 電車 蝋燭 マッサージ師 水着 女子大生 女子高生 写メ マッサージ 剃毛 プール 銭湯 金玉 電気あんま ヤンキー 集団 女教師 お母さん ペニバン バス 巨根 清掃員 M女 調教 失禁 コスプレ お尻ペンペン ヒール バイブ パート 外国人  義母 素人 同級生 コンビニ店員 M男 お姉さん レズ M女 OL 灰皿 メイド ナース パイパン カップル奴隷 足舐め 排泄 後輩 チンカス 動物真似 アロマ企画 セールスレディ 芸能人似  首絞め バイト 筋肉 オナニー キャバ嬢 NTR 野外 Jk 緊縛 パンチ 子供 茶髪 竹刀 カップル 土下座 ネカフェ ジョギング レザー 水責め 同僚 黄金 ジャージ 童貞 巨乳 マザコン フリーダム 漫画喫茶 幼児プレイ 裸踊り 先生 ペ二バン 乳首 食糞 飲尿 尿道 デブ 乳首責め 母親 携帯 ウンチ 撮影 69 咀嚼 電気按摩 キス 匂い ハード 早漏 五十嵐ゆい 首輪 ぺニバン ボクシング コンビニ 散歩  飲み会 ぶっかけ アナル舐め 女の子 格闘  先輩 中国人 パンスト 電気アンマ クラスメイト アカスリ  貞操帯  風呂 ホテル スナック スパンキング 感想 婦警 ウンコ メス化 宗教勧誘 ニューハーフ 肉体改造 人間便器 女子 SEX 女看守 射精 ブルマー マッサージ女性 観光地 バスガイド おばあちゃん 公開排泄  拡張 排泄公開 ディルド アナルフィスト CMNF 公園 オムニバス ヌードデッサン ホモプレイ フードクラッシュ ユニフォーム テニス ヨダレ ふたなり レギンス 漫画 人間灰皿 祭り ナンパ タイツ 病院 デッサン 宅配 アダルトショップ 運転手 うんこ スーツ ロリ 年下 射精管理 喫煙 大槻ひびき お仕置き 旅館 写真 警備員 介護士 肛門 屋外  泌尿器科 SM 検尿 受付 喫茶店 愛音ゆり パイパン看護婦 NTR ラブホテル グロ 拷問 介護 赤ちゃん 鷹宮りょう 田舎 酔っぱらい女性 おばちゃん 専門学生 検事 改造 母乳 夢野あいだ 事務員 保健室 友達 海外 モデル ブス 満喫 フェラチオ 笑顔 誕生会 ニヤニヤ マクドナルド ばばあ オナホール 障●者 ホームレス 客引き ホモ 男女兼用 隣人 レジの店員 女将 JS 中国 親子連れ JK 部下 公園散歩 レジ店員 ネイルサロン 計測 チャット 伯母 不良  エレベーターガール スポーツ用品店 浴衣 女子マネ パンティ 女子社員 水泳部 マンション 試着室 歯医者 妻の友達 女上司 抱っこ 上司 看護師 おなら 学生 ボンテージ 訪問販売 ブーツ舐め 煙草 監禁 脚コキ 知り合い ネット ドン引き 手袋 失神 風俗嬢  少女  コーチ 失笑 ファーストフード店 おむつ  掃除のおばちゃん  奥様 公衆トイレ オナクラ ミニスカート パンチラ ウエイトレス 巨漢 居酒屋 水泳  トイレットペーパー カラオケ 脱糞 精子 乗馬 ジム 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR