FC2ブログ

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

CFNM、CMNF、SM、屈辱、羞恥、同性いじめ等の作品紹介、体験談、オリジナル小説を公開しています。
[ 旅館 ] のタグを含む記事

CFNMの話 その186

ertyuj56eh5ehrthrhehrthyjuiukl0oiujytre.jpg
846、ギャルJKに見せつけた話
地元にはチョットおバカだけど、ギャル率の高い女子高校がある そこから駅までに向かう途中には数字のコンビニが 学校が終わるとJK達はアイスを買ったり立ち読みしたり集団で立ち寄っている その帰り時間を狙ってトイレに入りスタンバイ そこトイレは女子用と男女兼用の2つの便器があるのだが、JK達はどちらも女子は使えるので兼用の方にも普通に入って行く 今か今かと時間を見計らって、カギを閉め忘れた設定で、中で勃起をさせ待っていた 時間になりガヤガヤと外からJK達の声が聞こえて来た 「◯◯~トイレ行ってくるね~」と声が聞こえて、ドキッと構えていたが、女子用に入られた そのまま待っていると、カチャっと入口の扉を開ける音とともに可愛らしいJKの声が そしてついにガマン汁全開でケツを拭いてる振りをしてチ◯コを突き出してるオレのいる個室を開けて入って来ようとした 初め外の友達と話していたのかオレには気づかず中に入ろうと しかし目の前には、フル勃起で慌てている振りのオレ そしてついに「キャッ」て声とともにオレのチ◯コをガン見、何が起きてるか理解出来ず一瞬固まり、すぐ「スミマセン」って言って出て行った すると外から、「ねぇ~スゴいの見ちゃった~」と話し声が 長居もヤバイので、身なりを整え外へ JK達はヒソヒソ話をしオレを見ている オレはその中を恥ずかしそうな振りをして出て来た 今頃チ◯コ話で盛り上がっているのかな?
847、仲居さんとの想い出
先日、妻と地方の温泉旅館に行った時のことです。 妻とはレスなんで、営みはありませんが、この時は、担当の仲居さんが、ややふくよかな感じで少し気になるタイプでした。 翌朝、チェックアウトが10時でしたが、大半のお客さんは9時くらいには出発しており、妻は化粧に時間が掛かるので、朝食後、チェックアウト時間ギリギリ出たら良いかと思い、独りでのんびりと露天風呂に入ってました。 一応混浴で、少し期待してましたら、同世代くらいのご夫婦が入ってきました。 奥様は、仲居さんと同じような、色白でふくよかなタイプ。胸も大きく、混浴に慣れてるのか、あまり隠さず来られましたので、下の茂みも拝見出来ました。 ご夫婦は、私が居たからか、ほんとにサッと入って出ていかれましたが、奥様の肉体が目に焼き付き、ムラムラしてきたので、風呂を出て脱衣場で抜こうかと思ったら、担当の仲居さんが脱衣場の掃除をされていました。 仕方なく、体をタオルで拭きながら、雑談してましたが、仲居さんの体を見てると、だんだん勃起してきて、仲居さんがそれに気付き、 「あら…」 と、手を口に当てながらも、ずっと見ていました。 どうせならと、私は自分で扱きながら、 「すいません…見てるだけでいいので…」 と言うと、仲居さんも、黙って頷いて見ていました。 しかし、緊張感からかなかなかイケず、ちょっと困った感じになると、仲居さんが近付き、 「ナイショですからね。」 と、作務衣の下をずらして、脱衣かごの棚に手をついて、バックから入れるよう促してきました。 誰か来るといけないので、私もそのまま挿入。 中は、とても気持ちよく、すぐイキそうになり、 「出そうです…」 と言うと、仲居さんは小声で、 「中に…いいですよ…」 と言われましたので、奥に出させていただきました。 抜くと仲居さんは、手元のタオルで自分のあそこを押さえながら、私のぺニスを咥えて綺麗にしてくれ、 「満足いただけましたか?」 と言い、私は、 「はい、とても。」 と言うと、仲居さんは軽くキスしてくれ、 「また、お越しくださいね。」 と言って、引き続き掃除をされ、私は脱衣場を出ました。 最高のおもてなしに、また行こうと思いました。
848、田舎のお姉さんとのCFNM体験
先日祖母の友人の家の倉庫の片付けの手伝いをしに行った時の話です。 祖母とその友人が家を空けている間に留守番兼片付け頼むわ~みたいな感じで押し付けられました。 祖母にはとてもお世話になっているので問題ないなら祖母の頼みごとはなるべく行くことにしています。 祖母の友人の家は田舎の方にあり、家の裏手にそこそこ大きな倉庫があります。 その時私は帰りにでも露出しようと思い中に大きめのTシャツと半パンそして中にはメッシュ生地のブーメランパンツを穿いていました。 朝の6時くらいに祖母の友人の家に着くなり、倉庫の方へ連れていかれこれこれをどうこうと指示を受けます。 祖母とその友人は後は頼んだよ~と嬉しそうに出かけていきました。 この時期とは言え倉庫の中は風通しはあまり良くなくやや暑く少し汗もかくくらいでした。 私はこの時に露出の虫が騒ぎ半パンを脱ぎました。 メッシュ生地は汗で透けており、興奮して勃起した息子がくっきりわかるどころか透けて肌色まで見えています。 とは言えシャツがかなり大きく膝辺りまであるのでぱっと見はわかりません。 そのまま掃除を続け小一時間くらいで片付けもあらたか終わり、外で風を浴びながら息子をシゴいていると玄関の方から「◯◯さ~ん」と誰かが呼ぶ声が聞こえます。 無視していると「◯◯さん?」と誰かがこちらに近付いてきます。 私はシゴくのを止めました。 シャツが大きいとは言え、流石に勃起してるのがバレるとマズイと思い座ったまま待ちました。 すると30代くらいの女性が野菜を抱えてこちらに向かってきました。 女性は私の方を見ると怪訝そうな顔で「あなた、誰?」と問い詰めるように尋ねてきました。 私はなるべく怪しまれないように丁寧に私がここに居る理由をおばさんに説明しました。 女性は「あ~!そう言えば◯◯さん(恐らく祖母の友人)と△△さん(祖母の名前)今日温泉行くって言ってたわ~!あなたがお留守番の子ね~!」 とすぐに納得してくれました。 女性はLさんと言い会話しているとすぐに打ち解けてくれました。 Lさんは「ここは若い子が居ないから気楽だわ~」 とちょっと嬉しそうでした。 Lさんは35歳だそうで同年代が居なくてつまらないのよ~と話していました。 Lさんは「それにしても汗だくね~風邪引かないようにね~」 と心配してくださいました。 私は「はしたない格好ですみません。倉庫の中暑かった物で…」 と苦笑いしながら答えました。 Lさんは「いいのいいの!こんな田舎だと殆ど誰も来ないしね笑 こないだなんて褌一丁のおじいちゃんが歩いてたわよ!私だって誰も見てないからいっつもラフな格好~」 とおっさんみたいに笑いながら言いました。 私はLさんをマジマジと見つめました。 Lさんはタンクトップに大きめのハーフパンツ的な物を穿いており、明らかに乳首が浮き出ています。 私は収まりかけていた勃起があからさまになってきました。 Lさんはそれに気付いたのか 「でも流石にお兄さんみたいにシャツ以外裸は見たことないわ!笑」 と、私の股間を指差して大笑いしました。 私は「パンツは流石に穿いてますよ!」 と言っても 「うっそだぁ!パンツ穿いてたらそんなにならんよ~!」 と信じてくれません。 あれ?この人になら見せても大丈夫じゃないか?と思い始め、私は心臓をバクバクさせながら 「じゃあもし、穿いてたらどうします~?」 となるべく冗談っぽく返しました。 Lさんはえ~?と笑って考える素振りを見せたあと、手でシコシコする動きを見せて 「こうして欲しいんでしょ~?」 と、答えました。 私は確信しシャツをめくりました。 スケスケのブーメランパンツの中でフル勃起した息子が姿を見せます。 Lさんは 「たしかに穿いてるけどこんなの穿いてないようなもんじゃん!」 と、またも大爆笑 Lさんは 「引き分け引き分け!特別に見ててあげるからしちゃっていいよ~」 と笑いながら私のブーメランパンツを下ろしてぶるんと飛び出た息子を見てまた笑いました。 私はずっと我慢していたのと興奮ですぐいきそうになりました。 Lさんは「早すぎ!ちょっと待って!」 と手でおわんを作り、私の息子にあてがいました私はLさんの手に犯すように擦り付け大量に射精しました。
849、陸女のJKに見せつけ
地元の陸上競技場で大会があったのですが、私は参加者のフリして、白のモッコリスパッツ姿で競技場周辺を徘徊しました。競技場周りのランニングコースに、5~6人のJKが座っていたので、競技日程等を聞くふりして話かけました。座っている女子達のちょうど目の前が私のモッコリです。女子達は私の顔と股間を交互に見ながら話していて、数人は真っ赤な顔して笑いをこらえてました。私の股間は形クッキリに、はち切れんばかりの状態です。あまり長くいると怪しまれるので、「じゃあ、頑張って下さい」とその場を離れ、トイレに直行。 個室に入り女子達の目線を思い出しながらしこってたら、女子達もトイレに来ました。勿論トイレは別々なのですが、天井がつながっているので話声が丸聞こえです。すると「きゃ~、見た?さっきの人」「見た見た、モッコリでしょ」「形クッキリなんだもん」「でかかったよね」…等、チンコの品評会。その会話を聞きながら私はしこりまくりました。850、出張先のホテルで…
仕事で地方に出張した時に泊まったホテルが大浴場のあるホテルでした。 大浴場は24時間入れるタイプでした。仕事で遅くなり12時位に大浴場に行くと、他の宿泊客はいなく貸切状態でした。 風呂から上がって涼んでると女湯の方から3人くらいの声が聞こえてきて、着替えてる様子でした。 男湯の入口のドアは開けっ放しだったので期待して外から見える位置で髪を全裸で乾かしていると、案の定若い3人組が女湯から出て来ました。男湯を通り過ぎる時に3人ともガッツリこちらを見たので全裸姿を3秒位見られました。姿が見えなくなると笑い声と、「モロ見た!」と聞こえてきました。最高でした。パナシアプロダクション
変態マゾカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
940位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
53位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
CFNM、CMNF、羞恥、屈辱、SM、いじめに魅せられた紫眼球水槽です。体験談、経験談、お勧めのアダルト商品や書籍、欲望のままに綴った自作小説を公開させて頂きます。どうぞゆっくりお楽しみください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談、画像、GIF、動画に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽のCFNM・マゾヒスト・露出狂研究所 紫眼球水槽の公式HP 紫眼球水槽の応援ページ 千姫のTwitter 鳴神月りあさんのTwitter 紫眼球水槽のグッズ販売
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム