FC2ブログ

CFNM・M男・露出狂研究所

CFNM・M男の拾った体験談やAVレビュー、自作作品を続々公開♪

CFNMの話 その106

406、銭湯おばさん包茎の皮剥きを見せる
一人暮らしの学生です。 おとといガスが止まったので久しぶりの銭湯に行きました。 せっかくなので番台のおばさんに軽く見せてきました。 扉を開けるとすぐ番台があるタイプ、脱衣所に入ると誰もいなかったので さっそく服を脱いでパンツ1枚で番台のおばさんの所へ・・。 今後もお世話になるかもしれないので、休日とか営業時間とか聞きながら おばさんの目の前でパンツも脱いで皮を被せておいた包茎チンコを見せました。 ちょうど目線の高さが腰くらいなので、おばさんは何度かチラ見してくれました。 一通り話し終えた後、浴室に向かって体と頭を洗ってお湯に少し浸かって出ました。 ロッカーからタオルを取り出し、軽く体を拭きながら番台の前へ・・・ 一応エチケットとしてチンコを手で軽く隠しながら、さりげなくチンコの皮を剥いて亀頭を出しました。 番台の前にある扇風機で涼みながら、チンコ丸出しで頭を拭きました。 何度か見てくれたのでその日はそれくらいにして、その後は普通に服きて帰りました。 人柄の良さそうなおばさんだったのでまた機会があれば行こうと思いました。
407、片言の女性にチンコを見せる
職場の同僚と飲み会があり、翌日も朝から仕事ということで電車が十分にある時間にお開きとなりました。 ただかなり泥酔していた私は同僚と駅で別れてからの記憶が途切れ途切れでかろうじて電車に乗れたものの寝過ごしてしまい繁華街のある某駅まで何とか辿り着きました。駅に降りると小腹が空いたので駅前のラーメン屋に立ち寄りどうやらそのままその場で眠ってしまったようでした。『お客さん、もう起きてください!』店員が呼びかける声でハッと目が覚め、時計を見たら深夜2時。駅前には人通りもタクシーもなく、仕方ないのでそこからフラフラの足取りで自宅まで歩き始めました。すると突然どこから現れたのか、片言の日本語を話す女性5人に取り囲まれました。『オニイサン、カナリノンデルネ。モウチョットノンデカナイ?』深夜にも関わらず異様な程ハイテンションの女性たちでした。平日でこんな深夜だと酔客も捕まらないのでしょう。そんな矢先に<いいカモが来た>と思われたのかも知れません。私はお金もなかったので興味なくその輪から抜けようとすると突然一人の女性が突然私の股間を揉み始めてきて『キモチイイコトデキルカモシレナイヨ。。』そう耳元で囁きました。(ああっ。。)私は思わず声が出てしまいました。『オニイサン、キモチヨクナッテル~。』思わずその一言で私の心の奥底にある露出の血が騒いでしまいました。『・・・あの。。ちょっと皆で見てみる?』『アー!ミルミル!オチンチンミセテー!』あっという間に私はベルトを外されズボンを下されました。 そしてついにパンツを下され、真夜中と言えどもこんな野外で 女性5人が見ている目の前で自分の性器を露わにしてしまいました。『ヘー、オニイサンノオチンチンテコンナナンダネー。オモシロカッタ。ジャーネー♪』そんな事を言いながらその女性達は去っていきました。 私は急に素に戻り、慌ててパンツとズボンを元に戻し 周囲を見回し何事もなかったかのように自宅の途につきました。
408、集金先のママさんに勃起チンコを見せる
営業マンのコージ(30歳)と申します。先日お客さんであるスナックのママ、ゆうこさんのところに集金に行きました。ママは50代半ばでムッチリしていて見た目は10歳くらい若く見えます。彼女は離婚して一人暮らしです。この日私は領収書を書いていると彼女が私の手の甲を見て「コージくんて毛深いね。」と言いました。「珍しいですか?」「うん。」「全身こんな感じですよ。」と私は言い、スラックスの裾をあげて脛を見せました。「本当だ。すごいね。」「脚の毛とアソコの毛の境目も分からないくらいですよ。あ、 ごめんなさい、セクハラ発言でしたね。」「ううん、大丈夫。仕事柄慣れてるから。でも、そんなこと聞いたらどんなものか気になっちゃうじゃない(笑)」「ははは。僕はかまいませんけど見てみます?」と言うとベルトを緩めながら立ち上がりスラックスを足首まで 落としました。下半身はブリーフだけです。彼女は一瞬驚きましたが「毛深いのは分かったけどアソコに目がいっちゃうじゃん」「ゆうこさんに見られて興奮しちゃいました。」「もしかして露出狂なの?」「はい、少しだけ。」「お客さんにもそういう人がいて見せられたことがあるわ。」「よかったら僕のも見ます?」「こんなオバサンに見せてどうするの?」「いえいえ、ゆうこさんは若いですから。」そう言うとブリーフを膝まで降ろし、ビンビンのおちんちんが丸出しになりました。ゆうこさんは「やだ、やめてよ。大きくなってる。」と言いながら笑ってみています。「もうしまって」と言われたのでスラックスをはきました。「今日は息子くらいの若い子のハダカ見ちゃったわ」「すみません。勢いで変なモノを見せて。代金は値引き しますので内緒にしておいてください。」 そう言って帰ってきました。ちょっとやりすぎたかと 思いましたが大興奮でした。
409、女子大生の集団にパイパンを見せる
群馬の某混浴温泉で すごい広い敷地のあるとこなんですけどね、入浴中の私がその温泉の案内図を見ていたら、入浴を終えた着衣の女子大生くらいの5人組が近付いてきました。これはチャンスと思い、タオルで前だけ隠しお尻全開にしてみました。すると大勢という安心感と解放感でしょうか。を取り囲むように私の後ろから5人組は案内図を見出しましたが、明らかにお尻を見てます。どうでもいい話をしながら動く気配が無いので、いよいよと思い前を全開にして、振り向きました。すると全員の視線が股間に集中。吹き出す娘もいました。だってパイパンなんだもん。 彼女達の視線をたっぷり浴びてゆっくり歩いて行きました。後ろで「マジか、ヤバいって、うける、」称賛の声が聞こえます。広い敷地なのでベンチみたいなものもあるんでそこまで行って休んでいると、5人組がやって来ました。「ここいいですか」と聞いてくるので「どうぞ」とパイパン全開で迎え入れます。「すごいですね」「何が?」「それ、恥ずかしくないんですか?」「気持ちいいよ」「マジか(≧∇≦)」「何で毛が無いの?」 「剃ってるもん」「だから何で?」「趣味。見てほしいの」「じゃあいっぱい見てあげる(爆笑)」何て会話してたら「写メ撮っていいですか?」と聞いてくるので 「顔写さないならいいよ」というと 一人の娘が写メ撮り始めました。マジやばいって、とかいいながら誰も止めず大爆笑。さまざまな言葉攻めをうけながら至福のひとときを過ごしました。集団ってすごいですね。5人に超至近距離で見てもらい、たっぷり感想を貰えるという夢のようなひとときを過ごしました。

410、清掃員のおばさんにオナニーを見せる
先日仕事でホテルに連泊する機会が有りました。仕事は午後からで、午前中は部屋で資料の準備等をしていました。10時すぎになると、部屋を清掃する音がだんだん近付いて来ます。安ホテルと云う事もあり清掃員はかなりのオバちゃんですが、悪い虫が騒ぎ出してしまいました。 部屋の間取りはかなり狭く、入り口を入るとすぐにベットの足元といった感じです。ですので、部屋に入ればベットを一望出来る位置関係です。すかさず全裸になり、パソコンにヘッドホンを繋ぎ、エロ動画を再生します。ヘッドホンから音漏れする位の大音量にしておきます。入口のドアを背にして、入口から見れば全裸の男が、エロ動画を見ながら肛門を晒して枕にナニを擦りつけながら、腰をヘコヘコ動かしている光景が目に飛び込んでくる状況です。動画を再生しながら掃除に来るのを待ちますが、こんな時に限ってなかなかやって来ません。ついにノックの音が、トントントン、トントントン、トントントンとかなり念入りにしましたが、ヘッドホンで聞こえないフリを決めこみます。ガチャとドアが開くと、気付かないフリして腰を動かし続けます。「オッ!」と言うおばさんの声が聞こえて、慌ただしく入口のドアを閉める音がしました。あくまでもコチラは気付いていないフリです。 確実に全裸で肛門を晒して腰を振る姿を見てもらえたはずです。清掃の音がしなくなってから部屋を出ると、ドアノブに袋に入れた換えのバスタオル一式が入っていました。
寝取られセリフ付きCG集
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

CFNMの話 その99

361、立ちションのフリ露出専門の男
(2015/11/15)
立ちションのフリ露出専門で約10年活動しています。だいたい年間100回くらい露出するので、約1000回、計2000人くらいに露出してきました。一応立ちションを装うので、チンポをしごくことはまずしません。なのでここの皆さんみたいに射精まで見せたみたいな展開はほとんどなくて、チンポしごいて射精を見せたのは3回しかありません。露出してる時間は数秒から長くて1分くらい。他の方法で露出したことがないから比較はできないけど、これは短い方なのかな。本当に立ちションするときも多いですが、ほとんどはフリです。とは言ってもたいていB状態をつきだしているので、相手からは露出魔ってバレバレかとw今までに1000回2000人に露出してきて、相手が怒って突っかかってきたことが2回あります。どちらも相手は1人だったんだけど、「ふざけんじゃねーぞてめぇ!」って激怒したピンヒール履いたギャルと、「あなたなんなんですか!?なに考えてるんですか!?」って言ってきた、 30半ばくらいの元ヤン雰囲気醸し出してた主婦。まぁ1000回やればこういう人に巡り会うときもあるでしょう。
乱暴なギャル達に強制センズリさせられてフリーダム

362、オシ●コ姿を見せつける
(2015/11/15)
3回とも複数組のJKでした。やっぱ若くて複数いるほうが反応は良いですね。JK2人が爆笑しながらオシ●コ見て行ったりとか、キャーキャー系の反応は本当にたまりません。 JDとかになるといくら複数でもキャーキャー言う人なんてほとんどいないし、大人の女性なんて冷たいもんです。(それでも無言で見ていく人は結構いる) 射精したときの話は成功例としてまたの機会にでも報告します。
363、オシ●コ姿を見せつける2
(2015/11/15)
この10年のまとめとして、相手のタイプとか人数で露出が成功するかしないかはある程度予測できますが、最後はやっぱ運ですかね。 見てくれる相手に出会えさえすれば露出は成功する。 昨日今日露出を始めた人だろうが10年やってようが条件は一緒。 もちろん見せ方も多少影響するとは思うけど、自分みたいな立ちションのフリ露出なんて方法でも、3組のJKが足を止めて射精まで見ていってくれたし、キャーキャー系の反応なら数百あった。
美容師二人からツイスターゲーム代りにされたM男変幻餌罪
364、チンコを露出しながらJKをストーキングする露出狂
(2015/11/15)
午後4時すぎ、駅近くの裏道でターゲットをさがしていると、前方から2人組のJKが。 2人とも茶髪ロングで紺のブレザーと青と白のチェックスカート。丈はかなり絞っていて膝上25センチレベルの超ミニ。 定番の紺のソックスでしたがハイソックスではなくショート(?)とでも言うのか短いタイプ。 最近はこのテの紺ソックスをよく見かけるので、これが今の流行りなのでしょうか。 そんな2人と対面して歩いて行き、3mほどに迫ったときに勃起チンコを露出し、同時に歩くペースも遅くして思い切り見せつけながら歩く。 2人はこんな感じで → ○○ 並んだ状態で歩いていて、僕は右の子の1m横あたりを露出しながら通過していく感じです。 2mくらいに迫ったときに『左の子』が異変に気付いて (?)こっちを向いて勃起チンコに視線を落とす。 ほんの一瞬、わずか1秒だけチンコを見た左の子は『うげっ…』てな表情をし、すぐに視線そらして正面を向いたが表情は曇ったままだ。 1m横を通過した右の子は、常に左の子を見ながら話をしていたので僕には気付かず。 そのまま横を通りすぎた直後、 『うしろ・・・ヤバイ・・・』 幽霊でも見たかのようなトーンで呟いた左の子。 これはぜったい振り返る! そう確信したので勃起チンコを突きだしたままクルリと反転し、2人に向かって露出を続ける。 報告を受けた右の子がすぐに振り返って僕を見たが、左の子は振り返らず。 勃起チンコを指差して『これこれ!』的にアピールすると、それにつられるようにチンコに視線を落として ドキッッ!! 大きく驚いてすぐに正面を向き、左の子と顔を近付けて何やらヒソヒソ。 明らかに歩くペースが遅くなった右の子は、ここでまたも振り返った。この時点での距離は4mくらい。 嬉しくなった僕は勃起チンコ握ってオナニー開始。 右の子だけが見つめる中 激しくシゴいていると、それを2秒くらい見つめまたも正面を向いた。ここでも一切振り返らない左の子。 その後しばらく振り返ることなく進んでいった2人。 話をしていたのは確かだが会話までは聞きとれない。 そのまま10m以上離れ、もうダメかな? そう思ったとき、ミタビ 振り返った右の子。しかし左の子は徹底して振り返らない。 右の子に見せつけるように激しく激しくオナニーしていると、これだけ距離が離れて安心でもしたのか、立ち止まりそうなほどのゆっくりペースで歩きながら見続ける右の子。 くそぉ!もっと近ければ!
ブーツの館
365、板野友美似のクラスメイトに変態行為
(2015/11/15)
高1から同じクラスの超可愛いクラスメイトがいます。見た目は板野友美系で可愛いくて、ほぼ毎日ムラムラしてます。今まで①こっそり板野のペットボトルにバレない程度オシ●コ②弁当の白米のとこに精子ちょっと出す③上靴の中に精子出す④膝かけ、体操服に少しオシ●コ。などなどを放課後や移動教室の時にやってきましたが、露出だけは出来ていませんでした。 どうしても自分のチンコを板野に見せたかった。※自分とはバレずに。 変装して帰り道でゲリラ露出しようかとも考えましたけど バレたら色々終わるので止めておきました。 なので自分の全裸の写真とかチンコの写真をノートに挟んでおくことにしました。コンビニのコピー機でケータイで撮った写真を3枚プリントアウトして、放課後に次の日の2時間目の授業のノートに挟んでおきました。 もうドキドキです。 1枚目の写真は自分が全裸で勃起してブリッヂしてる画像。二枚目は板野のプリクラをプリントアウトした写真に射精してる画像。三枚目は勃起したチンコの横に定規を並べたアップの画像。※全部首から上は加工して分からなくしてあります。指紋も拭き取ってるので安全。 今日成功しました。 今4時間目の授業うけながら書いてるんですが、2時間目にがっつり見てもらえました。僕は1番左後ろの席なので様子を見放題でした。 板野は真ん中少し後ろの席です。ノートの最新のページを開けた瞬間ピクッと体が動き、グーっとノートに顔を寄せて固まっています。2分ぐらい経つと横の席の女子にツンツンして写真をパスしました。横のブスのギャルがなんかテンション上がってるみたい(笑)写メとかとってました。(笑) 休み時間になると5人ぐらいで板野の机に集まってワイワイしてました。「この白い液なんなん?ww」「ガリガリやのにめっちゃデカイやん。キモい。(笑)」とか聞こえました。板野は終始苦笑い。ビビってるのかわからないが写真の1枚をジーっと見つめてました。
ボレロ&マーラー

月刊 こんな女子校生がいたらスゴイ!! M男変態教師をボコボコに殺っちゃいました!!ver.

月刊 こんな女子校生がいたらスゴイ!
どこにでもいる化学担当の新米教諭。彼の平穏な学校生活はある事件をきっかけに崩れ落ちていく。ある日、生意気な生徒にからかわれた新米教諭。彼はその生徒を怒るはずが…。

AVメーカー:OFFICE K’s(オフィスケイズ)
AVレーベル:XX
シリーズ:こんな女子校生がいたらスゴイ!!
発売日:2007/04/07
収録時間:80分
品番:TXXD-57 廃盤

M男向けの素晴らしいストーリー物です。女子校生2人組が先生を誘惑し「見ててあげるから脱いで」と脱がし、写メで撮影。「舐めたいの?靴だよ?」「マジキモーい」とローファー舐め、おし●こ飲みから始まります。マゾであることが生徒にバレてしまい女子校生の奴隷に…。
vlcsnap-2016-10-08-12h19m07s626_R3ミニ vlcsnap-2016-10-08-12h20m52s306_R3ミニ vlcsnap-2016-10-08-12h19m44s485_R3ミニ vlcsnap-2016-10-08-12h22m56s884_R3ミニ vlcsnap-2016-10-08-12h23m59s689_R3ミニ vlcsnap-2016-10-08-12h25m52s948_R3ミニ vlcsnap-2016-10-08-12h25m58s952_R3ミニ vlcsnap-2016-10-08-12h26m05s922_R3ミニ vlcsnap-2016-10-08-12h27m54s342_R3ミニ
月刊 こんな女子校生がいたらスゴイ!オフィスケイズ

CFNMの話 その93

331、番台のおばちゃんにチンポを見せる
2015/11/15
閉店間際の銭湯に行った時、番台のおばちゃんにじぃ~とガン見された。俺1人だけだったし、若い男がこないのだろう。見られて興奮してビンビンになったの で、全開で見せてやった。不意に番台から降りてきていきなり俺の近くを掃除しはじめたおばさんは明らかに近くで見たそうでチラチラ見ていたのでサービスで 俺はさりげなく前屈みになり肛門とおばさんの目の前にチンポを見せてやった。おばさんは笑顔だった。帰り際、「有り難う、いいもん見せて貰って、お毛毛も 濃く、おちんちんも綺麗に剥けてたね」と言っていた。
入浴している女の前で俺のデカチンを見せつけたら5
332、バスの中でJKにオナニーを見せる
2015/11/15
10年程前の夏、帰宅するため路線バスに乗っていた時の話です。前方の座席に数人の乗客がいるぐらいでとても空いてる中、最後列の窓側に座っていました。途中、高校の前のバス停にとまるとちょうど下校時間と重なり、車内がすし詰め状態になるぐらい沢山の男女の学生が乗車してきました。しかし、なぜか偶然にも後方の座席や通路に来たのはJKばかり。車内後方にいる男は自分一人というちょっとしたAVのようなありえないシチュエーション。JKの匂いを間近で感じながら、下を向けばすぐ横に座っている黒髪ロングでスタイルの良い可愛いJKの生足がじっくり見れて、前を向けば短いスカートを履いた制服姿のJKがいっぱい。そんな状態に興奮しすぎて我慢なんてできませんでした。前方からあからさまに見えない程度に小さめの鞄を置いて隠しながらチャックを下ろし、Pを取り出してガマン汁を垂らしながらシコシコ。すぐ横での行為に間違いなく気づいているだろうと確信しながら続けていると、「めっちゃチンコいぢってんだけど…」「かまわないで放っておこ。無視してた方がいいって…」「でもさ、隣でめっちゃ勃起してるし!超キモいんだけど…」「い、いいから。知らないふりしてなよ」と隣で会話をしています。もう見てないか確認をしたくてチラッと見るとそれでも2人はPをガン見。もうこの際、最後まで見てもらおうと高速でシゴいて自分の手に発射。自分でも驚くぐらい大量に勢い良く発射したため、最初のドピュッと出た精子が鞄を越えて前の座席にいるJKのポニーテールの髪に飛んでしまう始末。さすがに焦りましたが、幸い気づかれなかったようで一安心しながら気持ち良く出し尽くしました。それを真横で見ていたJK達は、「えっ!?待って待って…ウソでしょ?超出してんだけど…」「マジありえない!!意味わかんないし…」「こんなとこで普通しないよ!絶対頭おかしいって!!」「今までバスに乗った中で一番の衝撃なんだけど…」っていう会話をしながら最後までしっかり見てくれました。出し終えた後、急に冷静になり慌てて後始末をしていると前の座席の2人が、「何か臭くない??」「それ私も思ったぁ」「これ、何の匂い??」「もしかしてあれじゃない?」「あれって?」「(耳打ち)」「えぇ~!確かにそんな匂いだけどさぁ。でもバスの中だよ?」と、話題に。そして、斜め前を向くと通路にいる5人のJKもニヤニヤしながらずっとこちらを見ていました。結局、沢山のJKに最初から最後までじっくり見てもらえました。このRが忘れられず癖になりそうでしたが、それからはバスに乗ってもさすがに我慢してます。今でも同じようにバスが運行されていて、実行しようと思えばいつでもできる環境ですが、あの時あの場でもし騒がれてたら即アウトだっただけに、今も何とか必死に堪えています。いつまで我慢できるかわかりませんけど…。それだけ最高の経験でした。ただあのRから4ヶ月後、真横で見てたJKが自分の職場に来て再会した時はさすがに焦りました…。勢いって結構怖いなと実感しました。
暴行バス
333、援露の短大生に変態行為を撮影されるしてもらう
2015/11/15
地方出張中に、援露で知り合った短大生の女に1ヶ月の間に何度か見てもらった。ある日、彼女が引越しするから、カンパの意味も込めて最後の援露となった。

「今までより大胆にして欲しいでしょ」と彼女。ドキドキしながら着いて行く。音大の近くの駅へ行く途中の小さい地下道、通学路みたいなもんだ。共学だが、8~9割り女学生だろう。その地下道の小さい踊り場で全裸になるように彼女に言われる。「全裸で手すりに拘束された姿をビデオに撮ってあげる。」と彼女。オレは、全裸で拘束され、彼女に手コキで苛められる姿を想像した。「早くしないと、授業が終わって女子学生が来るわよ」「それも嬉しいかも」とオレ。

速攻裸になり、服と免許証と財布は、少し離れたゴミ箱の裏へ彼女が隠す。壁ぎわの手すりとその支柱に鎖の無い手錠(myアイテム)で両手両足を拘束される。拘束中にチンポは、もうビンビンに勃起していた。「ホント変態ね」とチンポをペッシッ。金玉をニギニギされ、チンポを何度も何度もしごかれ、じらされた。そして、コンパクトビデオ(myアイテム)を少し離れた放棄された傘に引っ掛けて階段の方へ角を曲がる途中、バイバイポーズ。

状況をつかめないオレ。・・・5分経過、「お~ぃ、冗談きついぞ」「・・・・」
・・・10分経過、「勃起したチンポも萎えてくる」「ちょちょい、おーい」「・・・・」・・・15分経過、とうとう遠くに女の声が聞こえ始める。「ヤバイ、警察に通報される」声が響きだした、地下道に入って来た。「や・や・やばい、マジか」Myアイテムの手錠も鎖が無いため、全く自由が利かない。全裸、大股開きで拘束され、少しかがむのが精一杯。

3~4人位だろうか、話し声が5段ほど下がった階段の直ぐ曲がり角まで来ている。
彼女達の姿が現れる。「あぁ、終わりだ」壁に貼り付けにされた、全裸のオレに気付かず真っ直ぐ行ってしまった。「向こうのホームか、良かった」と安心したのもつかの間、無数の話し声が響きだす。

「見つかる、ムリだ・・・、全裸の体が冷たくなる」でもチンポは散々シゴかれていた為か、3割増で亀頭は真っ赤に膨らんでいた。直ぐに曲がり角まで来た、先頭の二人がこちらに曲がり階段を1段、2段、3段目で目が合う。二人の視線がオレの顔から股間に。しばし股間を凝視された後「ぎゃぁ~」と戻って行く。「出た出た、変態がいるぅ~」と大声で叫ばれる。

代わる代わる角から覗かれ、1人、2人とこちらに上って来る。「何をしてるんですかぁ」と怒鳴られる。「いや、いや、すみません、すみません」と下を向いたまま小声で謝るしか出来ない。あっと言う間に20人以上の女子学生に囲まれる。うな垂れ、彼女達、全員に見られているだろう亀頭が真っ赤な自分のチンポを放心して見ていた。

前列の2~3人が「警察、警察呼ぼう」と怒っているが、後ろの多数の女子学生はニヤニヤ笑っていた。覗き込む様に顔とチンポを見て笑うヤツ、近づいてローアングルから写メを撮って逃げるヤツ。ちょっと顔を上げてみると、階段から踊り場まで40人位に増えていた。不思議にパァ~ッと見ただけだが、多くの子の視線がオレの股間に来てるのを感じた。シャッター音が何発も聞こえ、何人かの学生が、携帯を構えているのも見えた。また近づいてローアングルから写メを撮っろうとする女子学生に小声で「お願い、写メしないで・・・」

散々シゴかれてたのと無意識に興奮もしていたのか、開いた股間で垂れ下がったチンポは、彼女達に見られてる間もずっと、3割ぐらい大きく、亀頭が真っ赤に膨らんでいた。もう開き直りと言うか、自分のチンポと写メを撮ろうとする女子学生を見ながら、「亀頭が膨らんで、よい形のチンポで写メされて良かった」と思っていた。ちょっと離れていても、しっかり形が分かったと思う。
紅陵女子短期大学 男性研究学科 射精実習

334、知的障害者に顔射する
2015/11/15
中3のある日Pを見せたい、見られたい衝動にかられ、同級生で少しだけ知的に障害がある子がいたのでこの子なら見せたりしてもバレないかなと思い、一緒に遊ぼと声を掛けました。小学校のグラウンドの横は森になってるので、オシ●コをする振りをしてPを真横にいる彼女の前で出しました。顔を見たらニヤっと笑ってましたが別に逃げたりしないので、なかなかオシ●コでないな~とか言いながらシコりました。興奮してきてギンギンに反り上がったPをしゃがみながら見てる彼女の顔の前にいきなり向け顔に射精しました。すげー気持ち良かったけど、その出来事を彼女がありのまま母親に報告し、私の家に母親と来て修羅場を体験しました。知的障害でもなんでもねーじゃねーかって思いました。
僕はマダムの豚
335、ネカフェの黒ギャルに蔑まれる
2015/11/15
たまにいくネカフェは休日と土日の朝8時ごろから店員が受け付けから清掃まで全員若い女に代わる、しかも全員黒ギャル系の遊んでそうな感じがする。全員と言っても3人だが高校生のバイトっぽい。住宅街の近くのせいか休日の朝は客もほとんどいない、初めてこの店に入った時、エロ動画でオナニーしていると、小さく抑えた様な女の子の笑い声がした、周り のブースに客は居なく、店員の女の子の笑い声に違いなかった、フラットシートだったので、もしかしたらと体勢を真っ直ぐにしてチンポを身体の正面にしてみると、また笑い声と小声で会話するのが聞こえた、手のシゴきを高速にして、気が付いてないのを装いながらシゴいて、上に着てるものを脱ぎながらどこから見 てるのか伺うと、後ろのブースの向こう側の通路に高い位置の本を取る台?に乗っている2人組の女の子が見えた、向こうからはバッチリ見えるがこっちからは 全然見えない位置だった。女子高生モノを見ていたのだが、ヘッドホンの音量を最大にして、耳から外した、壁に頭が付いているから相手にはチンポと画面とヘッドフォン喘ぎ声しか認識出来ないはず。耳をすまして会話を聞くと、オナニーして何分で射精するのかはかっているらしい、動画を黒ギャル女子高生ものに変えるとロリコンとか、あんた達高校の制服持ってきて、オナニー手伝って援すればと話し声、一回止めてシャツを着てジュースを汲みに受け付け横に行くと4人集合してこっちを ガン見してきた、結構イケてねとか、私もみにいこって興奮気味に話している、派手な金髪は高校生じゃ無いだろうが残りの3人は高校生だろうと目星を付けた。席に戻りさっきと同じ体勢になり、ズボンとパンツは膝まで降ろし動画を検索、女子高生逆さ撮りを選択、タイトルが出ると変態じゃね?って声にチンポはMAXでイきそうになってしまった。また動画をチェンジして、制服ギャル系のM男イジメって感じのタイトルがうけたらしく長く笑いをこらえるのが聞こえた、飛ばしていると制服の生足を舐めてい るシーンがあったのでそこでいくフリをしたところ、変態とかM男とか聞こえてきた、ポケットティッシュで処理っぽい動作をらして、射精して無いギンギンの チンポをピクピク動かすと、精子出たのにめちゃ元気じゃねとか話している、制服黒ギャルM男イジメって感じのタイトルを選択すると、また笑い声それだけでも気持ちいい、どんな顔してしこってるかみてくると前の席のトビラが開く音がして、机とキーボードを拭く音がしたので、ヘッドホンを直し画面を見ながら上を見るとチラッと覗いているのが見えた、掃除したフリをして出るときにまたこっちを覗いてきた、キモ チよさそうだったと報告している。結構ハードなM男モノでアナルにペニバンとか出てきた時に、女の子達の反応だけでイきそうになるくらいだった、犯されて るところでめちゃシコるの早くなったとか、聞こえてきて女の子達の鼻息が聞こえてきたので、そこで精子を出した。まじM男だねとか、1時間で2回いったと か話している、大量に腹に出した精子をみてめちゃ精子出てる、きたね~、とか話している。しばらくすると男のチン毛を剃っているシーンが出てきた、確かヒゲ剃りが売ってたなーって思い、ひらめいてしまった、剃るところ女子高生に見せつけたい衝動に駆られた。

CFNMの話 その92

326、いじめられっ子に復讐され、露出狂に
2015/11/15
僕が露出狂になったきっかけは●学生の時の事。いつもクラスのブスB子を虐めていたか、ある日体育館の用具室で女子数人に羽交い締めにされ、いきなりキン タマを蹴られた。動けない僕は瞬く間にズボンとパンツを脱がされチンコ写メを撮られてしまった。そしてリーダー格のH美に「今度B子を虐めたら写メばらま くからね。そしてまたキンタマ蹴るからな」僕は完全にびびってしまい「言うとおりにするから写メばらまかないでキンタマも蹴らないで」と泣きながらお願い した。その後いつ写メをばらまかれるか、またキンタマ蹴られたらどうしようという恐怖で毎日が絶望感だった。毎日学校でH美達に会う度にニヤッとされるの だが「あいつらは毎日僕のチンコ写メ見て笑っているんだな」と思うと段々恐怖感が快感に変わってきた。またH美達にチンコを見られて笑われたい。またH美 にキンタマ蹴られたい。そんなモヤモヤ感が増していった。その後H美達とは別の中学に進んだ為二度と会う事はなかったが、あの事件以来、僕は女子に露出する事に快感を覚えてしまい、体育や水泳の着替えの時やトイレはわざと女子に見らるようにした。
セカンドフェイス

327、性的いじめを受けるM男
2015/11/15
小中高校時代ずっといじめられていました。いずれも性的ないじめがメインで小学6年の頃から始まり、最初はよく女子の前で服を脱がされました。それがだんだんとエスカレートしていきある日「Fにチンコ見せてこい!」と言われて逆らえずにFさんの前で性器を露出して叫ばれました…。それからは露出命令がメインのいじめになりました。性器を露出すると女子は必ず叫んで逃げました。命令もだんだんハードになってきて「Kに勃起したチンコ見せてこい!」「Mにオッパイ揉ませてくださいと言いながら見せてこい!」とイロイロ命令されて全て従いました。

中学に入ってからはよく女子の前でオナニーをさせられました。無理矢理好きな女子を白状させられて、その女子の前で「あなたが好きです!付き合ってください!」と告白しながらオナニーをさせられました。その時の女子の引き攣った顔や両手を口に当てて凝視している姿とか最高に興奮しました。『告白オナニー』は定期的にやらされて、後輩の女の子にも告白させられました。これもだんだんとハードな内容になってきて、本気で喘ぐように言われて喘ぎ声をあげないと容赦なく殴られるので本気で喘ぎました。その女子にしてみたいエッチな事などをオナニーしながら全て白状させられます。言わないとやはり殴られるので、もうヤケになって「あなたの胸を揉みたいで す!」「あなたのブラとパンツが欲しいです!」と言うとたいていの女子はドン引きしますが中には「変態」「馬鹿じゃないの」と言ってくる女子もいてたまらなかったです。「あぁ…大好き…パンツ欲しい…」と言いながら射精した時は最高です。その女子は愕然としていますし、周りのヤンキー女子たちは大爆笑していました

高校時代はさらにハードでした。オナニーショーはもちろんでしたが、よく全裸にされて女子更衣室に放り込まれました。放り込まれる前にいじめっ子に「勃起しろ!」と言われ、自分で扱いて勃起させると女子更衣室に放り込まれます。女子たちはキャー!と叫び声をあげて急いで出ようとするんですが、反対側から押さえられて出られません…そのうちいじめっ子の女子たちがそばに来て「なにやってんのアンタ!」「裸で女子更衣室に入る なんて変態だね!」「つかなんで勃起してんのww」と言ってきて恥ずかしさと快感で頭がおかしくなりそうでした。そしてその女子たちは下着姿のままそばに来るので、よくガン見していました。あとはよく休み時間に女子トイレの個室に入ってくるように命じられて「女子が入ってきたら扱いてる勃起したチンコを見せつけてエロいコト言えや」と言われて個室に入ってきた女子に「パンツください」って言いながら勃起した性器を見せつけて叫ばれました。凄くハードないじめでしたが、いじめっ子たちには感謝しています。

高校でもよく好きな女子にオナニーしながら告白をさせられましたが、いじめっ子の女子が 「サービスしてあげて」ってその女子の胸を揉んだり、スカートをたくし上げさせてその女子のパンツを見ながらオナニーが出来たので至福の一時でした。あとは高3の時に女性用のパンツを履いて来るように命じられて、しまむらで購入したパンツを穿いて登校して女子たちの前で、パンツ一枚の格好にされて笑われたコトもありました。もちろん興奮して勃起してしまい女子たちからは「超ヘンタイwww」とさらに笑われてその格好でオナニーするように命じられました 「女の子のパンツ大好き!」と言わされて本気で喘いで射精して果てました。その日は本当に最高でした。他のクラスの女子の前に立って「今日は女の子のパンツ穿いてきました」と言って見せてくるように命じられて、たくさんの女子に見せに行って叫ばれたり笑われたりしました。放課後も清楚で可愛い後輩女子の前で告白オナニーをさせられて、その後輩女子は女性用のパンツを穿いてる僕を見てびっくりしていました。その格好で卑猥なコトをたくさん言うように命じられてオナニーしました「あぁ…大好き…大好き…あなたのオッパイ揉みたい!あなたの脱ぎたてのパンツ穿きた いです!」と言いながら射精をしました。もちろん周りは大爆笑で、その後輩女子は顔を真っ赤にして僕のオナニーを見ていました。

バンプフレイヤ
328、引っ越ししてきた中国人女性
2015/11/15

安アパートに住む自分は、近所付き合いもなく今まで過ごしてきました。4世帯の小さい今のアパートに住んで3年、誰とも関わらず生活していたのですが、同じアパートに住む人が1人、また1人と引っ越してきき、いつの間にか自分だけになっていました。大家さんが空き部屋を作りたくないからか、家賃を下げたんです。私も下げて頂いたのですが、家賃が下がると全ての部屋が入居者で埋まりました。引っ越してきた3人のうち、わざわざ挨拶に来てくれたのは隣りに引っ越してきた中国人の女性だけ。28才の方で美人ではないが、スタイルは良く日本語もカタコトで少し可愛げのある方です。


もともと露出癖のある私ですが、近所の人や知り合いには性癖がバレないように気を付けていました。ある日、私の家のインターフォンが鳴り、誰かと思ってドアを開けると隣人。「カイランバンデス」と笑顔で回覧板を持ってきてくれました。隣人も同じアパートに住む同士、仲良くなりたいのか、それをきっかけに「キョウハオヤスミデスカ?」「オシゴトハナニシテマスカ?」など色々と話しかけてくるようになりました。長いこと近所付き合いが無かった私は少し嬉しくもありました。


ある日、パンツ1枚でベランダに出て洗濯物を干していると、隣のベランダから隣人が「コンニチハ」と声をかけてきました。「こんにちは」と答えると「カゼヒキマスヨ、ハダカデソトデルト」と笑顔で言ってきました。「裸じゃないよ、パンツ履いてるし」と答えると「ハダカトオナジデスヨー」と笑いながら隣人は言います。少しイタズラ心が動いてしまい、隣人を試す事にしたんです。「裸ってのはパンツも脱いだら裸なんだよ~、脱いじゃうぞ、そんなにからかうと」と言うと、「パンツヌイダラミチャイマスヨ」と答えました。この子なら裸を見せれるかもしれない!と感じ、夕食に誘いました。


夕食の帰り道で「今日ベランダでからかわれた時に裸見ちゃうって言ってたけど、本当に?中国って裸とか厳しいんじゃないの?」と言うと、「キビシイデスヨ、ダカラキョウミアリマス」と答えました。「俺、裸になるの大好きだから裸見てよ」と言うと少し驚いていましたが「イイデスヨ」と言ってくれました。アパートに着き、10分後に私の部屋に来てもらうように約束して一旦それぞれの部屋に戻りました。本当に来るのかな?と疑いつつもドキドキし、服を全て脱ぎ全裸になりました。


すると10分後にドアをコンコンとノックされました。「はーい、開いてますよ」と言うと隣人がドアを開けました。「オジャマシマス」と部屋に入ってくるやいなや、「モウハダカナンデスカ?」と私の体をガン見。私のチンポは完全に勃起状態。食入るように見回された後に「ハダカイイデスネ、ワタシノハダカミタイデスカ?」と思わぬ質問をされました。「見たい!」と言うと「ジャア10プンゴニワタシノヘヤニキテクダサイ」といい残して部屋を出て行きました。10分経ち、隣人の部屋のドアをノックすると「アイテマスヨ」と返ってきました。「お邪魔します」と言いながらドアを開けると隣人は全裸で仁王立ちしていました。「ドウデスカ?チュウゴクジンノハダカドウデスカ?」と笑顔で言います。このあとにsexした事は言うまでもありません。それからと言うもの、一緒に露出をする事が増えて今では子供から老人まで2人の裸を見せて遊んでいます。最近の彼女の口癖は「ゼンラ」「スッパダカ」「ヘンタイ」「オサンポ」です。

素人女子崇拝倶楽部
329、トイレの清掃員にオナニー見せ
2015/11/15

ある日いつも使う駅のトイレに用を足しに行った時。入り口に清掃中の看板が出ており中に入ると40代のスレンダーな女性が居ました。目と目が合った瞬間ど うぞご利用ください!と女性から言われ中に入ると2名の方が用を足していました。僕は一番右側の便器に立ち、もしかしたら?と考えながら用を足してその後 萎えていた息子をフルボッ○させてシコ○ながら先程の女性が入って来るのを待ちました。時間にして3分位した時バケツを持ってやって来ました。僕は心臓バ クバクしながらシコシコしてると。女性がこちらの動きに気付いた用で何度かチラチラ見てるのがわかりました。高まる気分の途中女性が失礼致しますと言い隣 の便器を洗い出しました。僕はシコシ○コしながら身体ごと女性の方を向いて、あっ...はい大変ですねと声を掛けてみた所チラチラ見ながら、そうです ね~っと帰ってきました。初めて女性の隣でオナ○ーして興奮のあまり大量に便器にブッカケました。出る瞬間少し声が出たので女性もチラチラとガン見してい ました。癖になりそうです。

バンプフレイヤ
330、アカスリで外国人にオナ見せ
2015/11/15

先週の横浜のアカスリに再訪です。
この前のアジュンマがいることを期待しつつ、
アカスリコーナーへ。
ここからの、流れは前回とかわらず、何度もタオルが
ズレて、チンコがポロリしつつ、フル勃起したところで
「今日も、見てくれる?」と、お願いしたら、
「スコシダケイイヨ」と言って、ガン見してくれました。
「チンコ見るのは、好き?嫌い?」と聞くと
「キライハ、ナイヨ」と意外な返事。
たたみかけるように、「大きいチンコが好き?」
と聞いたら、「オトコハ、オオキイよりカタイがスキ」
そこで、すかさず、自家発し、更に勃起させて
「どれぐらい硬いか、触ってみてよ」とお願いしたら、
片手で、ギューと握られました。
なんだか嬉しそうに「カタイ、カタイ」と2コキほどしてくれ
「ハイ、オワリダヨ」と。。

M男いじめ その16

71、JKに辱められる露出狂⑥
(2006/06/18)

「うちらの特製ドリンクは超おいしいからな」カズミ様がニヤニヤしながら付け加えた。「作ってやるから、その水貸してみな」僕は恐る恐る水が入ったコップを差し出した。ミキ様がコップを受けとると、覗き込むようにして口をすぼめた。ツツーッと唾が垂れてコップの水に落ちる。「あーっ、入った入った」ユカ様がはしゃいでいる。 「これがうちらの特製ドリンク。お前の大好きな女子高生の唾が入って、おいしそうだろ?」ミキ様が僕の目を覗き込んだ。僕は唖然として声もでなかった。「じゃあ、次はユカね」 そう言ってユカ様にコップを手渡した。ユカ様も楽しそうにコップに唾を垂らしていく。「はい、最後はカズミね」ユカ様からカズミ様にコップが手渡された。「オッケー。たっぷりと入れてやるから」カズミ様はそう言うと口をすぼめた。「ペッ」コップの中に唾を吐き出す。「もう一回おまけ。ペッ」大量の唾が注ぎ込まれた。「さっ、お前の大好きな女子高生様特製ドリンクの出来上がり。ありがたく飲めよ」カズミ様がコップを突き出した。僕は黙って受けとるしかなかった。ミキ様、カズミ様、ユカ様がニヤニヤと睨んでいる。僕は唖然としながらも内心ではこんなに可愛い女子高生様の唾が頂ける事に興奮していた。コップの水面を見ると白い泡状になったミキ様、カズミ様、ユカ様の唾が浮いている。「ほらっ、早く飲めよ」「は、はい。頂きます」コップを傾け口の中に流し込んだ。ドロリとした感触が口に広がる。それをゴクリと一気に飲み込んだ。「ギャハハ、こいつマジ飲みやがったよ」カズミ様が爆笑した。「ってか、マジキモくねー?」ユカ様は顔をしかめた。「うちらの命令で、こんなオヤジに唾飲ませてるなんて超最高じゃん」「うちらの特製ドリンクおいしいだろ?」ミキ様が聞いてきた。僕は自然に答えていた。「はい、おいしいです」「だけどうちらみたいな超年下の女子高生の唾飲んで、おいしいなんて、お前ほんと変態だな」ユカ様の言葉に僕は耳まで真っ赤になってしまった。「これじゃあお仕置きになんなくねー?」カズミ様が不満気に頬を膨らませた。「じゃあそろそろ、本当のお仕置き始めよっか」ミキ様が言うと、カズミ様とユカ様の目が輝いた。「両手を机の上に出してみな」ミキ様の言葉でユカ様がテーブルの上の食べ物を押し退けてスペースを作り始めた。「あの、な、何をするんでしょうか?」「お前バカじゃねー?おもちゃは絶対服従だろ。黙って言う通りにすりゃいいんだよ」カズミ様は厳しい口調だった。「申し訳ありません」おずおずと両手をテーブルの上に差し出す。3人は楽しそうにカバンから何かを取り出した。「これこれ」そう言って手に持っていたのは、今時の女子高生様なら誰でも持っている、プリクラやノートに落書きするためのペンだった。ピンクやパープル、ブルー等色とりどりだ。
北川プロ





72、JKに辱められる露出狂⑦
(2006/06/18)

「ギャハハ、ユカそれ最高。超ウケんだけど」カズミ様が爆笑した。「おもちゃに奴隷、変態男のお前にピッタリだね」ミキ様は楽しそうに続けた。「じゃあ、お前は自分の立場すぐ忘れるから、手に書いてある文字口に出して読んでみな」「えっ、そんな…他の人に聞こえてしまいます…」僕はキョロキョロと周りを見回した。「このテーブルの周りは誰も座ってねーよ。キョドってねーで、早く読めよ」「お前、これお仕置きなんだから、しっかり読めよ」次々に浴びせられる女子高生様の言葉に、僕は黙って従うしかなかった。 ウェイトレス女子高生様の顔はかろうじて笑顔だったが、目には明らかな侮蔑と汚いものを見るかのような視線を浮かべながらテーブルを離れて行った。一瞬の後、「プッ」「ククッ」「ギャハハ」ミキ様、カズミ様、ユカ様が爆笑した。「ねっ、今の顔見た?」「超キモって顔してたんじゃねー?」「超笑えんね」3人は大騒ぎだった。「きっと、裏で大騒ぎしてんじゃねー?」「さっきのやつが、『手に、僕は女子高生様のどれいですって書いた変態男がいた』って皆に報告してるよ」「みんなで見に来んじゃねーの?」僕にとっては恐ろしい事を次々に言い始めた。 「よかったな、お前の変態っぷりをたくさんの人に知ってもらえて」「は、恥ずかしいです。もう許して下さい」「ばーか、お仕置きなんだからあたりめーだろ?もっともっと恥ずかしいめにあわせてやるからな」カズミ様があたりまえのように付け加えた。「それはそうと、お前お仕置き追加だからな。カズミ。」ミキ様が合図した。カズミ様が周りをサッと確認した次の瞬間、「パンッ」カズミ様のビンタが左頬に飛んできた。頬に広がる痛みと、こんな場所でのビンタに、目に涙が浮かんできた。「ちょれ〜、こいつ涙目になってんよ」ユカ様が楽しそうに指摘する。「手引っ込めようとしやがって。手は出しとけって言ったろ?これからキッチリ躾てやるからな。おい、お礼は?」ミキ様が問いかけてくる。「えっ?」「えっ、じゃあねーだろ?躾してもらったんだから、お礼言わないとダメだろ?」今度はカズミ様が責めてくる。「あ、ありがとうございました」「そうそう、これからはお礼忘れんなよ」そんなやり取りをしている時だった。「ストロベリーミルフィーユ、お待たせしました」ウェイトレスがケーキを持ってやって来た。今のビンタややり取りが見られていたかもしれない。そう考えると汗がドッと吹き出てきた。ウェイトレス女子高生様はさっきの子とは変わっていた。ただ明らかにニヤニヤしながら僕の顔と手を見て、ケーキを置いて行った。「今の明らかに変態男見に来たって感じじゃねー?」「ホント、ガン見してたって。また裏で大騒ぎだよ、きっと」またひとしきり盛り上がった所で、ユカ様が言った。「そろそろ次行こうか?」「そうだね、ケーキにもあきたし」「じゃあ、お前金払って出てこいよ。うちら外で待ってるからな」女子高生様はそう言うと席を立ち始めた。「おら、さっさと伝票持って行けよ。でれねーだろ!」ユカ様に急かされて慌てて立ち上がった。「ど、何処に行くんですか?」「次はプリクラだよ。うちらがおもちゃのお前と撮ってやるんだからありがたく思えよ」ミキ様が意味深な笑いを浮かべて出口に向かい、カズミ様、ユカ様もニヤニヤ笑いながら出て行った。僕は急いでレジに向かって支払いを済ませた。お釣りをもらって出口の方を向いた時、レジの女子高生様の口から「変態!超キモイんだけど」と言う言葉が聞こえてきたのだ。僕は真っ赤になって店を飛び出した。
ミストレスランド





73、みかん様の調教①
(2006/06/18)

「はじめまして、みかんと言います(*^_^*)私は現役女子高生です☆小説を読んでいて興奮しちゃいました(*^_^*)すごく上手で感心しました☆これからも楽しみにしています(^-^)」僕はこのメールを見て狂気乱舞した。実際の女子高生様からメールが来るなんて…。確かに、本当の女子高生様なんだろうかって言う思いが頭をかすめた。でも、こんなチャンスを見過ごす事はできない。しばらくして…ブルブルと携帯が震え、メールの着信を伝えた。
「すごくリアルですよ(^o^)だからすごいなぁって感心しちゃったんです(*^_^*)私も変態好きなんで楽しみです!」
やはり、みかん様からの嬉し過ぎる返信だった。しかも変態好きの言葉。
これはもしかして…期待を膨らませながら、何系の変態が好きか聞いてみる。露骨に聞いて引かれたりしないように、小説の話を混ぜながら…
「みかん様ありがとうございますm(__)m現役女子高生様にリアルと言って頂けるとすごく嬉しいです。そういえば、みかん様は変態好きと書かれてましたが、どんなのが好きですか?みかん様はS系?M系?ちなみに僕はもちろんM系で、女子高生様に弱いです(^^ゞ。セーラー服、ミニスカ、ルーズときたらそれだけでひれ伏しますm(__)m」
最後の方はかなり露骨かな、とも思ったけど、これで返ってこなかったらそれまで、と思い切って送信ボタンを押した。
待ってる時間は、何時でも長く感じてしまう。やっぱりもっと普通の文章にしておけば…なんて色々な思いが頭の中に渦巻いた。
とその時、携帯がブルブルと震えた。
「私はSですよ(*^_^*)パンツとか靴下とかタイツでオナニ―させると感じますよ☆だからホムペの小説がすごく好きなんです。あと、表現とか言葉とか文法とかとても上手ですよね(^-^)読んでいてやっぱり一番気になったのが女子高生の会話や言葉遣いがまさにそのままで、臨場感というか、ほんとにそのまま実際にありそうで面白いんです!」
このメールは驚きだった。こんなにのってきてくれるなんて…おまけに現役女子高生様でSだなんて!ここはもう、どんどん先に進めるしかないって思って、すぐにメールを返した。
「みかん様に女子高生様の会話を誉めて頂けると自信になります(^^)みかん様はSなんですね☆何だか嬉しいです(*^^*)実際にパンツとか靴下でオナニーさせてるなんて、させられている人が羨ましいです。僕もみかん様に命令されてオナニーさせられたり、いじめて頂いたりしたいですね(>_<)」
まだ、冗談として済ませられるような雰囲気を残しておく。みかん様からはすぐに返事が来た。
「あははっ(^0^)変態(^-^)小説は願望でしょ?」
女子高生様からの『変態』と言う言葉に激しく興奮しつつも、少し引かれたかな?と言う心配もあったので、もう少しだけ何時でも戻れる感じで返事を書いた。
「みかん様に変態って言われるとたまりません(^.^)たまにメールでいじめてくださいませ☆小説はもちろん(残念ながら?)願望です。そうそう、最近女子高生様の間で流行っている言葉、もの、遊び等ありましたら教えてください。ではでは(^-^)ノ~」
アリウス




74、みかん様の調教②
(2006/06/18)

「そっかぁ(^-^)いじめたいです!!私としてはあまり下品な言葉を極力使わないようにしてるんで何が流行っているとかわからないです。あるいは自然に使っていてわからない場合もあるし…」
ついに、待ち望んでいた言葉を聞くことができた。単なる願望が現実に変わった瞬間だった。
「みかん様あきおは女子高生様に笑われたり馬鹿にされたり、恥ずかしい事を言われたり、言わされたり、恥ずかしい格好させられたり、強制オナニーさせられたりすると感じてしまいます。痛いのは割と苦手です」
すぐにメールが返ってくる。殆どチャットに近い感覚だ。
「あははっ(^-^)あきおはオナニ―好きなんだ(^0^)マジ変態だね☆じゃあ小説書いていてもチンコ立つんでしょ?」
「あははっ(^0^)マジ変態だよね!今どこにいるの?」
もう頭は完全に麻痺して、仕事所ではなかった。
「今は会社にいます。何時もはもう少し遅いのですが。みかん様は学校ですか?」
「そうだよ!ズボンの上からでいいからチンコいじんな!立ってきたら写メとりな」
いよいよ本格的な調教のスタートだった。
「あははっ(^^)マジ送ってるよ!!恥ずかしくないの?変態!!どうされたいのか言ってみな!!」
これで僕の理性は完全に吹っ飛んでしまった。
20歳は年下の女子高生様に完全に支配されているのだ。女子高生様は教室で授業を受けながら命令を出され、僕はご命令通りチンポを撮って送る。女子高生様は教室で僕のチンポの写真を見て馬鹿にして大笑いされているのだ。
「みかん様あきおはもうたまりません。もっと笑って馬鹿にして下さい。どんな恥ずかしい命令にも従います。恥ずかしい格好の写メもお送りしますm(__)m」
「あはっ(^^)マジキモいんだけど!やばくない!?女子高生に馬鹿にされてチンコ立たせてるんだよ!?マジうけるね!!みんなにみせようか?変態!」
「馬鹿にされてうれしいんでしょ?小説が現実になってチンコ立たせて!変態オナニ―しな!」
あまり長くトイレにいては変に思われるので、席に戻りながらメールを見ていたけど、慌ててトイレに戻って返信した。
「みかん様はい嬉しいです。みかん様に馬鹿にされて笑って頂いて…ご命令通り、これからトイレに行って変態オナニーしてまいります☆」
すぐにメールが返ってきた。
「あはっ(^^)きもっ!!」 トイレの大に入りすぐにズボンとパンツを引き下ろした。既にビンビンのチンポが飛び出す。
思い切りしごこうとした時、ブルブルと携帯が振動した。
「オナニ―の動画撮って」
そう、今は携帯同士ならムービーも簡単にやり取りできる。でも、まさか自分がこんな使い方をするとは思ってもみなかった。
「あははっ(^^)ほんとに撮ってるよ!!うけんだけど!!マジキモいね!変態!私のパンツとかでオナニ―したい?」
完全に女子高生様みかん様のおもちゃだった。
すぐにオナニーを開始した。我慢汁が溢れて、いやらしい音が響きわたる。
「グチュグチュ」「ヌチャヌチャ」
全身に快感が広がった。
「あははっ」「恥ずかしくないの?」「女子高生に馬鹿にされてチンコ立たせてるんだよ!?」「マジキモいね!」「変態!!」「じゃあムービーで声だしてオナニ―してるところ撮りな」
その返事を見たとたん、目に涙が浮かんできた。かな様に許して頂けた安堵が身体中に広がる。
「あははっ(^_^)マジオナニーしてるし!!みてやるからもっと長く撮れよ変態!!」「そうなんだ。じゃあ私が他の子にムービーを見せたらどうする?」
本当にたまらない言葉だった。自分の喘ぎ声が入ったオナニームービーをたくさんの女子高生様に見ていただく…考えただけで、イッってしまいそうになるが、なんとか踏みとどまった。
「どうかお許しくださいm(__)mみかん様だけのおもちゃ奴隷にして下さいm(__)m」
「あははっ(*^_^*)」「じゃあ、あきおがどんなに変態なおもちゃか見てやるから、全裸変態ポーズの汚い姿を送ってきな」
かなり恥ずかしいご命令だった。既にチンポはビンビンになっている。鏡の前で変態ポーズをとって携帯で撮影した。
恥ずかしすぎる行為だけど、かな様に見て頂けると思うと、感じてしまう。
「みかん様、大きいサイズで撮りました。見られると良いのですが。変態の汚い姿をご覧下さい。かなり恥ずかしいです…」
「うわっ気色悪いね!こんな姿でよく生きていけるよね 変態」
「かな様、汚い姿をさらし申し訳ございません。でも、みかん様に言われると感じてしまいます」
「じゃあ、次オナニーしてみな!」
「はい、変態オナニーいたします」
「マジきもっ!みかん様のパンツでオナニーしてみな」
「はい、変態はみかん様の最高に素敵なパンツでオナニーしています。ああ、感じます…」
「顔の上座ってやるよ!幸せだろ?マンコきれいにしな!顔マンコで汚してやるよ。あっ元から汚いか!」
「ああ、最高に幸せです。みかん様の顔マンコ最高です。マンコきれいにさせて頂きます」
「あははっ!マジしごいてるよ 超必死じゃん!もっと撮れよ」
僕はもう頭がおかしくなりそうだった。みかん様に変態のお願いをしながら、狂ったようにチンポをしごいた。
「あははっ!女みたいじゃん 汚いチンコ足で踏んでやるよ!変態の大好きな紺ソで!ルーズソックスでも感じるんだろ?」 「ほんときたねーなー。変態いじりすぎなんだよ。もっと変態なこと言ってるムービー送りな」「じゃあ、鏡の前に行ってみな。鏡に映っている、自分のきたねー恥ずかしい姿見ながらチンコしごきな」 「もう一度変態鳴き声出しながら、イクまでムービーとりな。イクときは変態イキますを忘れるなよ」「うわっ、めちゃめちゃ出したね。きたねーな。きもいよ、変態」
放心状態になりながらも、そんなみかん様の言葉に感じてしまうのだ。
「最後に、鏡についた変態のきたねー精液、自分で舐めてきれいにしな」「最初からやればいいんだよ。最後に味の感想を入れろよ」 一部始終をムービーに撮ってみかん様に送付した。
「本当に変態だね 自分の精液舐めておいしいなんて きもっ!」

M男パラダイス





75、ドSお姉ちゃんとドМ弟
(2006/06/18)

姉 「キャハハハハハ、何言ってるのよ。あんた弟でしょ。それに…男?わたるが?中1のガキが男?アハハハハ、笑わせないでよ 、僕ちゃん。そういうことはね、ちんぽこに毛が生え揃ったらお言いなさい。それとも、もう生え出したのかな?お姉さまが調べてあげようか?どれどれ、フフフ…」
弟 「や、止めてよ。か、関係ないだろ!女の癖に…恥かしいこと平気で…ち…ちん…」
姉 「ち・ん・ぽ・こ、って?恥かしがってるのあんたでしょう?」
弟 「も、もういいよ!…と、ところで、ママは?…どこいったの?ぼ、僕、お腹ペコペコなんだよ…」
姉 「ハハ…ふざけすぎちゃった…。ママは今日同窓会だって。帰り遅くなるらしいよ」
弟 「ええっ…じゃぁお昼ご飯は?…支度してないの?…」
姉 「ないんじゃない?美容院いくからって、早くから出かけたよ。私がなんか作ってあげようか?」
弟 「えーお姉ちゃんがぁ?あやしい。なんか条件つきなんでしょう?」
姉 「そんな訳ないじゃない。かわいい弟のためならご飯ぐらい作ってあげるわよ。あんたはごはん作ってる間シャワーでも浴びてきなさい。今日は外、暑かったでしょう?」
弟 「本当に?うわぁありがとうお姉ちゃん。お姉ちゃんはやっぱり優しいな。美人だし、スタイル抜群だし、僕、お姉ちゃん大好きだよ」
姉 「調子のいいこといって…。さっきと言ってること全然違うじゃない…って、こらっ。お子様の癖にいったいどこ見てるんだ。まだまだ、女の体に興味もつなんて百万年早いぞ。まぁ、あんたの言う通り私のナイスバディじゃしょうがないけど。フフ…」
弟 「な、何言ってんのさ!ぼ、僕、べ、別にお姉ちゃんの体見てなんか…い、いないよ…ど、どこも見てなんか…。で、でも、あの…さっきは生意気言ってごめんなさい。あの…そ、それじゃぁ僕、シャワー浴びてくるね…。」
姉 (フフフ…まったくガキんちょが、簡単に引っかかって…。面白くなりそうね…)
弟 「は…はい…その…」
姉 「こらっ、こっちを向いたらまっすぐ立ちなさい!子供の癖に何恥かしがってるの?ほらほら、早く手をどかして!」
弟 「えっ、そ、そんな…だって…見られちゃう…」
姉 「何を?何を見られるっていうの?見られて困るものあんた何かあるの?ほら、黙ってないで、何を見られたら困るのか言ってごらん」
弟 「そ、それは…僕の…ち、ちんちん…です。ちんちん見られるの…恥かしいよぉ…」
姉 「アハハハハ。ちんちん?ちんちんですって。そういうことは大人が言うことなの。あんたみたいなお子様が、大人の私にちんぽこ見られたからって恥かしがることは無いのよ」
弟 「そんな…僕だって、もう中●生だし…子供じゃないよぉ…」
姉 「あらそう。じゃあ、あんたが大人か子供かお姉さんが特別に調べてあげるわ。ちんぽこ見れば、男の子が大人か子供かなんてすぐわかるのよ。さぁ、調べるから早くその手をどかしなさい!私に逆らえると思ってるの?さぁ、早く!」
弟 「…わ…わかったよぉ…」
姉 「あら…アハ…アハハハハ…。坊や…フフフ…坊やはやっぱりまだ子供じゃないの。ちんぽこ産毛しか生えてないじゃない。そんなツルツルのちんぽこでよく大人だなんて言えたものね」
弟 「ひ、ひどいよ。お姉ちゃん…」
姉 「何がひどいの!だいたい、その小さいの丸出しにして、私のパンティいたずらしてたのはあんたでしょう?あんた、いったい私のパンティで何をしてたのよ。さぁ、わたる。次はその質問に答える番よ。ほら…早く答えなさい」
弟 「…そ、それは…僕…そ、その…オ、オナ…」
姉 「はっきり言いなさい!聞こえないわよ。あんた男でしょう?小さくても一応ちんぽこついてんだから、もっと男らしくなさい!」
弟 「は、はい…僕…オ、オナニーしてました…」
姉 「オナニーですって?子供の癖に…ツルツルちんぽこのくせにオナニーですって?許せないわ。私のパンティでオナニーしてたなんて」
弟 「ご、ごめんなさい…お姉ちゃん、ごめんなさい…」
姉 「許さないわ。あんたみたいにエッチなオナニー小僧にはお仕置きをしなくちゃね。わたる、私の部屋に来なさい。もちろんその格好のままでよ。いいわね」
まぐろ物産



M男いじめ その14

60、変態サッカー部員まさと⑤
(2009/01/15)

何回射精したかは覚えてないです。その後元旦セックスするように命令されけんた様からまた薬入りドリンクを渡されました。昼からは親がいなかったので家に呼んでドリンクを飲み夕方までセックスしまくりのムービー撮り、また佳奈様とけんた様に全て報告しました。2日は昼から佳奈様とけんた様の家に来ました。部屋では全裸にされ手を後ろに縛られM字開脚の状態に縛られました。けんた様が袋から首輪とボールギャグとバイブとオナホールを出して来ました。佳奈様に首輪とボールギャグを着けてもらいけんた様にはアナルにバイブを入れてもらいその変態姿を写メとかムービー撮られました。けんた様がオナホールを使いながら変態まさとのチンポをシゴいてくれました。あまりの気持ち良さにヨダレを垂らしながら何度も射精しその姿もしっかりムービーとか撮られました。その後けんた様がマドラーを変態まさとの尿道に入れて来ました。ボールギャグを付けているのでうぅうぅとヨダレを垂らしながら声を出していました。マドラーで上下に何度も尿道を刺激していただき変態まさとはヨダレを垂らしていました。夕方になりやって解放されましたがチンポが痛かったです。3日は朝からけんた様がけんた様のお兄さんと車で家に来てドライブに誘われました。まさかお兄さんの前で調教されるとは思ってなかったのですが、車に乗るとお兄さんから『こいつが変態まさとか?笑』と言われたのでビックリしました。けんた様はお兄さんに携帯を見られてバレたそうでお兄さんの提案で今日のドライブになりました。助手席に座りお兄さんからズボンとパンツを脱ぐよう命令され脱ぎました。お兄さんから錠剤を渡され飲みました。暫くすると体が熱くなりチンポがビンビンで我慢汁が止まらなくなりました。コンドームを渡されそれを付けてシコりました。その間車は色々なとこを通りました。さすがに遠くにドライブに行きましたが町中でのドライブだったので隣の車の人に信号待ちとかで見られてしまいました。途中から道路脇に車を止められ後ろでシコるように命令されました。窓ガラスはフィルムが貼ってありましたが近く通ると外からでも見えるみたいで歩いてる人がこちらを見ていました。何度かタメか大学生らしいに人に窓に顔つけて覗かれバカにされました。その間けんた様とお兄さんは車から離れて喫茶店から見ていたそうです。夕方まで何度か場所を移動してその間ずっとシコらされましたが薬のせいかチンポはずっとビンビン状態でした。夜になりやっと解放されましたがシコり過ぎてチンポが痛かったです。今日は朝からけんた様の家に来ています。午前中はM字開脚のまま縛られアナルにはバイブを入れてチンポにローターを固定され無制限射精状態にされました。『ゆいにいつもされてるように俺のチンポシャブれ!』屈辱的な命令でしたが従いました。『シャブるの上手いな!ゆいにいつもこんな風にシャブらせてるのか?笑』いつも彼女にフェラしてもらってる感じでけんた様のチンポをフェラしました。途中頭を押さえられ口内ピストンされ喉の奥までチンポが入り涙がでました。けんた様は口の中に射精され変態まさとは全て飲みました。2回目は顔射され全て写メ、ムービーを撮らました。昼からはけんた様のお兄さんに同じ事をされました。惨めな姿は佳奈様に報告されました。『今日からたまにこの口で奉仕してもらうからな!爆笑』そう言われ『はい』としか返事できませんでした。このメールはまだまさと様の家にいるので2人の前でM字開脚でアナルにバイブ入れながらチンポにローター固定し口にはボールギャグを付けてヨダレを垂らしながら報告しています。

未来(フューチャー)




61、変態サッカー部員まさと⑥
(2009/01/15)

今日は朝から薬入りドリンクを飲んでパソコンの前で夜までシコり続けました。パソコンにはカメラが付いてるので佳奈様とけんた様にはパソコンで変態まさとのオナニー姿を鑑賞していただきました。いつもより薬が多いみたいでチンポがいままでにないくらいビンビンになりまた小さいビンをけんた様のお兄さんからいただきそれを嗅ぎながらシコると変な気分になりオナニーがやめられなくなりました。朝9時から夜の7時までトイレ以外はチンポから手が離れませんでした。晩飯の時もチンポはビンビンで親とか弟にバレないかドキドキでした。飯食い終わって風呂場でもシコりまくりその後もさっきまでシコりまくりでした。もお正直オナニー狂いになりそうです。寝たいけどチンポがまだビンビンでまたしたくなりましたのでこれで終わります結局昨日は勃起が治まらず朝までシコリ続けました。人間は24時間オナニー出来るってことがわかりました。その後はいつの間にか寝てしまい夕方になりました。けんた様からメールがあり『お前が寝てる間に弟が部屋に来て変態兄貴の全裸で勃起したまま我慢汁垂らして寝てる姿見て行ったぞ!爆笑 てか部屋ティッシュだらけじゃん!爆笑 弟ビックリしただろうな?爆笑』オナニーし過ぎて爆睡してる間に弟に見られたみたいでしたが晩飯の時弟は知らないふりをしていました。変態まさとの生活は24時間パソコンのカメラで佳奈様とけんた様に監視されています。佳奈様からは『今月はエッチ禁止ね!毎日オナニーして狂いなさい!変態!笑笑』と彼女とのセックスは禁止されました。でもマジでオナニー狂いになりそうです。部活と学校とオナニーで忙しくて報告できませんでした。佳奈様とけんた様から毎年やることが決められました。①朝6時に起きてから朝飯までオナニーし続ける。 ②昼休みは学校のトイレでオナニーする。 ③ 部活が終わってみんなが帰ってから部室で1時間オナニーする。④ 家に帰ったらロンTとボクサー1枚で自分の部屋では全裸で生活する。 ⑤ 晩飯の時以外はオナニーし続ける。⑥ 携帯バイブがなったらどこででもちんぽを勃起させる。でした。



BOOTS


62、変態サッカー部員まさと⑦
(2009/01/15)

部活とオナニー漬けで毎日ヘロヘロです。親とか弟の前で勃起させたボクサーで飯食ったりするのは恥ずかしいです。授業中も勃起命令がよくあり友達とかに勃起姿見られました。けど恥ずかしい気分と興奮してる自分がいます。これからどんどん堕ちて行きそうです。オナニーに夢中でさっき親に見られました。イク瞬間ドア開けられたので射精したとこ見られて最悪です。親は何も言わずにドア閉めました。こんな姿も佳奈様やけんた様にはパソコンのカメラで監視され馬鹿にされました。これからは親の目気にしないでオナニーするように命令されました。どこまで変態姿晒せば終わるのか不安です。佳奈様から命令がありました。『お母さんにゎ毎日オナニーしてるから勝手に部屋に入らないように言いなさいよ!笑 携帯通話状態で言うんだよ!笑 これからゎドア開けっ放しでオナニーしなさい!』と命令があり晩飯の時に親父がいなかったので母さんに『毎日オナニーしてんだから勝手入ってくるなよ!』と言いました。もちろん弟もいまた。ロンTにボクサーで勃起させながら恥ずかしいこと言わされてもお家にいずらいです。母さんは無言で弟は爆笑しながら『兄貴毎日かなりしてるからな 爆笑』と言われました。弟にも馬鹿にされる変態兄貴です。今日は部活が終わってからけんた様が家に来ました。家に着くなり弟はいるか?と聞かれ部活でまだ帰って来てないですと答えると弟の部屋に行きました。『兄貴が変態なら弟も変態に仕込んでやらないとな。爆笑』と言いながら隠しカメラを付けて行きました。『弟に特製ジュース毎日飲ませろ!飲ませて暫くしたらノックしないで部屋に行け!』と命令され砕いた錠剤を渡されました。弟が帰って来てから飲み物に少し錠剤をいれました。しばらくしてノックしないで部屋に入ると夢中でシコッてる弟がいました。『勝手に入って来んなよ!』と怒られました。これから先兄弟揃って堕ちてくんだと思いました。俺はもうオナニー狂いみたいです。毎日何回抜いてるかわからないです。精子が出なくなってもシコリ続けてるせいか最初に感じた痛みも最近は感じなくなりひたすらちんぽをシコリ続ける毎日です。
Face Press




63、SS夫婦のM奴隷①
(2009/01/15)

社長の目的はあわよくば奥さんをSMの道に引き込んで、SS夫婦としてSMをしたい、また愛人のM女さんも奥さん公認の奴隷にしたいという狙いです社長の家の近くの駅で待ち合わせて奥さんと娘さんにご挨拶しました、あまり歓迎されてない感じです。車はリムジンタイプのワンボックスで運転慣れしてないのでさっそく叱られてしまいました。道中、社長は奥さんに私がいかにダメか作り話の失敗談を語り、私はそれに合わせて「ハイ」「スミマセン」 を繰り返しました。娘さんにも「努力しないとこんな人間になってしまうんだよ」とかも 奥さん「ちょっとやりすぎじゃないの?」社長 「だけど召し使い連れて別荘って気分いいだろ?」奥さん「何か気使うわよ」社長 「気なんか使う必要ないんだ、じつはアイツはマゾなんだ。SMって解るだろ?」奥さん「エェー、何それ。本当なの?どうゆうこと?」社長 「アイツ会社のパソコンで隠れてそういうサイトばかり見てるんだ、バレてるとも知らずに。だから気にする事ないし召し使いっていうより奴隷扱いしても構わないんだよ」奥さん 「そんな変態連れて来て大丈夫?○○ちゃん(娘さん)に変な事しない?」社長 「大丈夫、絶対俺に逆らえないようにするからさ、身辺調査もしてあるし。だから協力してよ」朝社長に起こされ庭の草刈りを命じられる、その時社長に質問した。夕べの会話が聞こえたけど今後どうするのかと。社長は 「まあ任せておけ、俺達夫婦の奴隷になりたいだろ?◎◎(奥さん)いいだろ、くれぐれも打ち合わせしてた事は内緒だからな、協力しような」みたいな返事しか貰えませんでした。遊園地に向かって出発、娘さんはテンション高い。時々私にも話しかける。敬語で答える私。それにつられ奥さんも初めて私に質問した。「××さんはどちら出身?」とか大した内容ではないけど。入園料は社長が払ってくれた、てっきり車で待機というか休めると思ってたけどでも荷物持ちだからベンチで待ってるだけで疲れはしない。混んでいても代わりに並んだりはしなかった。
竹工房





64、SS夫婦のM奴隷②
(2009/01/15)

「とにかく今日の予定は全て中止だな、◎◎と相談するからお前はそこで反省してろ」「○○ガムテープ持って来てくれ」娘さんがテープを持って来ると後ろ手に指を交互に組んで握るように言われその上からぐるぐる巻きにテープで固定されてしまい、靴も脱がされ足首も固定されました奥さんと社長は奥に入って行きました、娘さんはちょくちょく覗きに来ます。私が顔を上げると軽蔑した目で睨みつけます。足が痛くなってちょっとモモを上げもじもじとしてる所を覗かれ「お母さん××が正座崩してるよー」と告げ口されてしまいました。 呼び捨てです。車の音と娘さんの声で帰って来たのが分かりました。ドアが開いた瞬間に「ごめんなさい、ごめんなさい」とボールギャグで上手く発音できないまま謝ってました。泣いていました。「何?どうしたの?」「何なの?このニオイ」背後から奥さんの声と「パパー××がウン●漏らしてるー」と娘さんの声が…パニック状態であまりこの時の事ははっきり覚えてません、社長家族もパニック状態で玄関のドアを開けたまま私とニオイをどうしたらいいかいい争ってました。社長がボールギャグのヒモの外し次に後ろ手に拘束してたガムテープを外してくれました。唯一の味方の社長に「ゴメンナサイ!スミマセン」を繰り返してました。でも社長も怒ってました、(後で聞きましたが本気で殺意を覚えたそうです)その姿を奥さんが私の携帯で撮影してました。「ベルト外してズボン下ろしなさい!」と命令。まだ動けません、片手でベルトとウエストのホックだけ外して躊躇してしまいました。するとふくらはぎを踏まれてシビレが…そのとたん失禁してしまいました。オシッ●が止める事さえ出来ず下半身が感覚あるのに麻痺してる様な感じです。「そのままこっちに来い」と社長に髪の毛を掴まれて庭に引かれていきました、ズボンを膝まで下ろして四つん這いで。待ってろと命じられ社長が別荘からゴミ袋とトイレットペーパーを持って来てくれました。「立てるか?自分できれいにしろ!服は全部脱いで諦めてゴミ袋、最初にシャツを脱いで庭を汚さないように敷いてやれ」 と。そのとおりにしました。子供のように素直に。奥さんと娘さんが見守る中。和式便所の姿勢で何度もトイレットペーパーでお尻のウンチを拭う姿は最悪ですがすべて委ねてしまった私には何か優しい時間に感じてました。
セカンドフェイス





65、年下女性に全てを管理される
(2009/07/14)

私の御主人様は女性で10歳年下の大学を出たばかりの方です。出会いはチャットでしたが、近くに住んでいるというのが分かったので数回のチャット後に直接躾を受けました。初めて会った時にズボンの上から握られ立っているのがばれて呆れられてしまい会っている時は常に勃起してる事と言われてしまいました。ホテルに入り入口で裸になり土下座してお願いをして剃り、ちんぽの先に鈴を付けられて本当の鈴口だと笑われ、椅子に縛り付けられて自分の唾をちんぽに掛けるように言われたりしました。その間全く御主人様は服を脱がず裸の私を好きにしていました。最初の出会いではいくことも許されずただ、惨めな思いをしていました。その後、下着付けてるのはおかしいといわれて下着をごみ箱に捨てられ服もいらないだろうといわれましたが服だけはと懇願して許してもらいましたが、逆らった罰として無期限のオナニー禁止と排泄を全ておむつで行うように言われて。おむつを換えるときには毎回動画を送って見てもらいそれから許可が出て換える事になり、許可がでない時にはそのままかそれをもう一度穿くしか出来ません。この生活になってから2月目ですがオナニーは一回もしてません。躾中は大画面でAVが流れています。一回だけ夢精をした時は、一日女性下着をつけて仕事に行き排泄の許可を得てから行います。
クインズビデオ




M男いじめ その13

56、貞操帯を汚した罰を受けるM奴隷
(2008/02/26)

先日、女王様とのデートの際、その日の女王様の、黒革のニーハイブーツ、黒のタイトなミニスカート、白いブラウスそして、黒革の手袋という姿に興奮しすぎて、射精してしまいました、ズボンに染みを作ってしまった上に、臭いがキツ過ぎたため、女王様の許可無く射精したことがバレ、しかも、女王様に買って頂いた貞操帯を汚してしまった罰として、デートの間中、首から『私は、言い付けを守れずに射精した馬鹿犬です』という札をかけて街中をつれ回されました。しかも、そんな罰に感じていたことがバレてしまい、その日の夜は、女王様の飼われている、牝奴隷が呼び出されその方の小便を浣腸され、さらに、その牝奴隷に、私のケツマンコをペニバンで犯されながら、女王様のブーツで蒸れ、臭う足を口で掃除させられ、綺麗にいたしました、しかし、女王様は、貞操帯を汚してしまった怒りが納まらず、私の口に女王様のパンストを押し込めて、その上からガムテープを貼り、わたしの鼻を指で摘み塞いだり開いたりを繰り返し遊ばれました、その様な遊びの間ももう一方の手は私の、汚らしいほうけいチンポを、いじられたため、女王様の手に出してしまったため、本気で怒った女王様に今回、ネットでの告白と、見知らぬS女様方10名から一言ずつなじってもらうようにという、命令を受けてしまいました。




57、変態サッカー部員まさと①
(2009/01/15)

ご主人様にお名前を聞くと同じサッカー部の友達の彼女の由佳様(仮名)でした。『まさと君ってM男だったんだ?バラされたくなかったら由佳のペットになりなっ!笑笑』この瞬間学校での自分の立場が崩れていく気がしました。由佳様から『とりあえず1枚づつ脱いで変態君のストリップね!ちゃんと写メ報告しなさいっ!』と命令が来ました。しばらく考えてると『由佳の命令聞けないの?けんたにバラしちゃう?笑笑』とメールが来たので慌てて命令通り1枚づつ脱いで写メ報告しました。『変態キャプテンだね!この写メはしっかり保存しとくからね!命令聞かないとどおなるかわかるよねぇ?笑笑』この瞬間完全に佳奈様のペットになりました。けんたは同じサッカー部で友達だけどバラされたら学校での自分の立場が堕ちて行くので、佳奈様に絶対服従を誓いました。『それじゃぁ忠誠の印でおちんちんの毛剃っちゃいなっ!』佳奈様から非情な命令が来ました。『部活で着替えの時とか彼女にバレたら困ります。他の命令には絶対服従するので許して下さい。』佳奈様にお願いしましたが『命令聞けないならわかったてるよねっ?』佳奈様は許してくれません。これ以上抵抗すると何されるかわからないのでしょうがなく『わかりました。今から変態ペットの証として剃ります。』って返事しました。『剃りながらムービー撮って見せなさい!これからはおちんちんの毛生やしたら許さないからね!ゆいとはおちんちんの毛剃ってエッチしなっ!笑笑』佳奈様から厳しい命令がまた来ました。自分には彼女(ゆい)がいてSぶってガンガン責めるセックスしていた自分が毛剃ったらどう思われるか心配になりましたが、拒否権はないので風呂場に行き毛を剃りながらムービー撮って佳奈様に報告しました。『あはははマジで剃っちゃったんだ?笑 ゆい何て言うかな?笑笑 明日はゆいとエッチしなさい!これからはまさとの全てを管理するからねっ!』まさか彼女とのセックスまで管理されるとは思いませんでした。『今からオナニーしてムービー撮りなさい!佳奈がいいって言うまで続けるんだよ!勝手に射精したらお仕置きわかってるよね?笑笑』厳しい命令でも何故かビンビンに勃起していたのでシコッてる姿をムービー撮って報告しました。

甘美会FemDomWorld



58、変態サッカー部員まさと②
(2009/01/15)

『もっと喘ぎながらオナニーしなさいよっ!気持ちよくないの?笑』『もっと腰も使ってしなさい!』『腰の使い方下手だね!エッチも下手みたいだね!』佳奈様の命令は次々に来ます。射精したくなって佳奈様に『佳奈様お願いします。射精させて下さい。』シコりながら何度もお願いしましたが『射精したらお仕置きだよ!いいよって言うまでムービー撮りながら報告しなさい』なかなか射精させてもらえません。時計を見るとシコり始めてから3時間くらい経ちました。普段ならこんな長時間シコッたことなかったけど勃起は一度も収まることはなく我慢汁をダラダラと垂らしていました。『それじゃぁ今日はこれで終わりだよ!射精したいなら明日ゆいとエッチした時にしなっ!笑笑』佳奈様から射精禁止の命令がきました。延々3時間くらいシコッて射精禁止はつらいので『何でもしますから射精させて下さい。お願いします佳奈様』ってお願いしたら『コンドーム付けて射精して最後に自分の飲みなっ!変態キャプテン!笑笑 自分で何でもしますって言ったんだからやらなかったらお仕置きだよ!』まさか自分で自分の精子を飲むことになるとは思ってなかったけど覚悟決めて飲みました。スゴい不味い味でよく彼女にこんなの飲ませてた自分を反省しました。次の日佳奈様から『今日ゎエッチの日だよ。ゆいとのエッチもちゃんと報告だよ!あいつ生意気だから責めてあげな!笑』セックスまで報告はさすがに無理で『セックス報告はマジ無理です。勘弁してください。』ってお願いしたけど当然許してもらえませんでした。『昨日は3時間もオナニーして精力あるみたいだから今日は3回ね!タップリ変態キャプテンのエッチ見せてもらうよ!笑笑』ここでやめるか考えたけどやっぱり言えませんでした。彼女にメールして家に呼んでさっそくセックスしました。彼女は結構エロいタイプなんでムービー撮りながらのセックスもOKでした。最初ゎ顔写さない約束で始めたけど途中からは彼女も俺もハッキリ顔が分かるように撮りまくりました。正直後でオナネタに使う目的もあったからです。



59、変態サッカー部員まさと③
(2009/01/15)

佳奈様の厳しい命令を考えながら佳奈様が満足してお仕置きがないように色々撮りまくり結局この日はお互い興奮して5回もしてました。夜なると佳奈様から『いつまでエッチしてんの?笑 早く報告しなっ!』とメールがあり全て報告しました。『あんたら超エロいね?笑笑 ゆいってあんな顔して変態のおちんちんフェラしてんだね?笑 SぶってエッチしてるけどドMの変態犬なのにね?笑』もお全てをさらけだし管理されることを覚悟しました。『このムービーとか見ながらオナニーするの?笑』佳奈様に見透かされた様で思わず正直に『はい』と返事してしまいました。『それじゃぁけんたに見せたら喜ぶかな?あいつもエロいからいつもエッチしよって煩いからこれで我慢してもらおっかな♪笑笑』さすがに『それだけは絶対勘弁してください。もお何でも言うこと聞きます。絶対服従しますから許して下さい』ってお願いしてなんとか許してもらいましたがこれからどんな厳しい命令があるか考えたら不安でした。もしあんなのがバレたら学校行けなくかなるし自分のプライドはガタガタです。次の日朝から部活があるので準備していると佳奈様からメールがあり『今日練習試合だよね?学校の玄関で待ってるからちょっと来なさいね!』と命令があったので早めに学校に行くと佳奈様が待っていました。『こっち来てズボン脱ぎなっ!』と言われ教室に連れて行かれズボンを脱ぐと『パンツもだよ』と言われ命令通りパンツも脱ぎ佳奈様の前にに立ちました。『まさとってマジMだったんだね?笑 超ド変態じゃん!笑 これからもよろしくね!いっぱい可愛いがってあげるから♪笑笑』と言われ何故かチンポはビンビンに勃起してしまい自分がマジMだってことを自覚させられました。



60、変態サッカー部員まさと④
(2009/01/15)

『まさともお立ってるじゃん!やっぱりあんた変態ドMだね♪笑 今日の試合はこれをお尻に入れながらしなさい!』とローターを渡されその場で入れるように命令されました。佳奈様が用意したローションで濡らしながら小さいローターを入れました。佳奈様にズボン履くように命令がありズボンを履き終わると同時にお尻の穴が振動し始め思わず『ぁん』とか普段なら絶対出さない声が出てしまい佳奈様は『ド変態!気持ちいいみたいだね?笑笑』と言われ『それじゃぁそのまま試合に行きなっ! あとこれは試合前に飲みなさい。』とスポーツドリンクを渡されました。試合が終わり今日の不甲斐ないプレーでコーチから呼ばれて散々怒られました。もちろんその間もチンポは勃起状態でしたが上のユニフォームで隠して何とかバレないで済みました。部室に戻るとまさとが待っていました。『コーチに散々怒られたみたいだな』と言いながらいきなり後ろから抱きつきチンポを鷲掴みにしてきました。耳元で『お前試合中ずっと勃起してただろ?笑 てか射精してんじゃん!パンツヌルヌルだぞ』と言われ一気ににパンツとスパッツ脱がされました。『??爆笑 お前毛剃ってんの?爆笑 M男か?爆笑』 手で隠していると『本当は佳奈から昨日聞いたんだよな。爆笑 エロムービーもたくさん貰ったぜ。爆笑』その瞬間目の前が真っ暗になるような感じでした。『今日から俺と佳奈のペットだな!笑』けんたから思いがけない命令でした。けど何も言えないまま立ってると『他の奴呼ぶか?笑 試合相手には俺から頼んでやってもらったから!爆笑 なんならゆいにあのムービー見せるか?爆笑』俺はもうプライドも立場もなくなりました。『勘弁してください』って言うと『あぁ?聞こえねぇよ!俺に服従するの!?何でも言うこと聞くのか!?』と言われ『何でも言うこと聞きますから勘弁してください』って言うしかありませんでした。佳奈様とけんた様からその日の調教報告しなさいと注意されたのでこれからはその日の報告します。とりあえず1日から報告しなさいと言われたので報告します。1日は前日の夜から近所にある神社に佳奈様とけんた様に呼び出され人があまりに来ない場所で年越しオナニーさせられました。けんた様にまた薬入りドリンクを飲まされたので4時間連続オナニーしました。
ブーツの館

ブーツの館

M男いじめ その10

41、ラウンジのママが女王様に…①
(2007/09/02)

僕はよく行くラウンジのママと女王様と奴隷の関係になって1年ぐらいの時の事です。いつも客として飲みに行く時はママの命令でノーパンでアナルにリモコンバイブを入れて行きます。もちろん他の人たちには内緒です。ママは僕が飲んでる時や歌ってる時にリモコンバイブのスイッチを入れて僕の反応を見て後ろで笑ってるんです。ある日いつものようにママから『今日暇やからおいで!』のメールで僕は例の準備をして店に行きました。その日は客が少なく閉店の時はママと僕と従業員の女の子2人になりみんな酔っていて女の子の1人のゆかりちゃんが突然、告白タ〜イム!って言い出して暴露大会になりました。僕も最初は何食わぬ顔で子供の頃の話をおもしろおかしく話してたのですが、ママが酔った勢いで僕が奴隷って事を言い出したんです。僕は慌てて『ママ飲みすぎやで』ってごまかそうとしたのですが、ママは『ヒロキちゃん早よ脱いでみんなに見せ!』って言いました。女の子らは唖然としながらも興味ありありなのが伝わってきます。ママは店では普通なのですがプライベートではかなりハードな女王様なので後のお仕置きが怖くなって僕は立ち上がってゆっくりと脱ぎはじめました。ママは『早よせなえらい事になるで!』と普段店で言わないキツい口調で言い後ろから蹴りを入れたのです。さすがに女の子らはびっくりして『ちょ、ちょっとママ…』って言いましたがママは『実は前からヒロキは私の奴隷やから大丈夫よ!ゆかりちゃんも前にM男いじめてみたいって言うてたやん。今日は遊ばしてあげるわ』て全裸になった僕に首輪をつけて床に正座させました。僕は酔いもすっかり覚めてしまい恥ずかしくて顔を上げれませんでした。するとゆかりちゃんが『へぇ〜ヒロキさんてMやったんやぁ、薄々感じてたけどママの奴隷なんは以外やったわ』と笑いながら僕の顔を覗き込みました。そして僕のアナルから垂れ下がってるリモコンバイブの受信機を見て『ん?このコード何?』て言ったと同時にママがスイッチを最強にして入れたので僕はたまらず『あっ、あぁ〜ママ…』と小さな声で言っちゃいました。ママは『これはリモコンバイブでこのスイッチで離れててもスイッチ入れたり強くしたり出来るねん。ヒロキはここに来る時はいつも入れたまま来ててんよ』と自慢げに話し僕を四つん這いにして首輪を引っ張りながら僕の背中に座りました。



42、ラウンジのママが女王様に…②
(2007/09/02)

女王様は『あら、いい子やん!ちゃんと挨拶できるんやぁ。』ひろみ様は『この子今日からペットになってん。いろいろ覚えたいから○○女王様の好きなように調教してみて!かなりの変態やわ!ヒロキ!早よ脱いで見てもらい!』僕は慌てて全裸になりました。また勃起してました…『ひろみママの許可もらったからヒロキは今から私の奴隷ね!ん?誰が起たせていいって言うたん?』『申し訳ありません…。』『ヒロキみたいな変態にはお仕置きせなあかんね!はいっ、四つん這いになってこっちにお尻向けてごらん』『はいっ!』女王様はバラ鞭を取り出し僕のお尻を鞭で撫でながら『鞭の味を覚えなさいね!今日は初心者用ので打ってあげるから』と言い終わる前にバシッ!っと鞭を振り下ろしました。『い、痛いっ。あぁ…』僕は初めての鞭に苦痛を感じながらも快感もあり酔いしれて自分からお尻を高く上げてました。女王様はビシバシ鞭を打ちながら『調教しがいのある子や。初めての鞭でこれやったらかなりの変態になるなぁ。』女王様は僕の体を起こして後ろ手に縛っていきます。そして縄尻を後ろからもってきてチンポを縛りました。再び前に倒し連続で鞭を打ちます。僕は必死でこらえてましたが今度は乗馬鞭で打たれ激痛に『○○様っ〜お許し下さいっ!あぁ…痛いっ痛いです』縛られているので動けなく動こうとするとチンポが引っ張られてさらに激痛が走ります。それでも容赦なく打たれ僕は泣きながら許しを乞いやっと止めていただいた時は体中が焼けたみたいにジンジンしてハァハァ息をしながらぐったりしてました。僕はこのキツい責めの中でもMの快楽を見た気がします。女王様はそれを見抜いてたみたいで乳首と舌とチンポに木製のクリップを付けます。ひろみ様は『ヒロキ!あんたスゴい変態やん。こんな事されてんのにまだ起ったままやで!』首輪のリードを引っ張り僕の涙でぐちゃぐちゃになった顔を見て嬉しそうに言いました。そして『これからちょくちょくここ来てお前をもっと変態なマゾペットに調教してやるからな!』○○女王様も『この調子やったらショーも出来るし、次はアナル開発しようね!腕が入るまでね!笑』『ショー…?アナル?』僕はもう何をされてもいいと思うようになり『はい…。ひろみ様の立派なマゾペットになれるよう頑張りますのでいっぱい調教して下さい』と涙と涎とチンポ汁を垂らしながらお願いしました。




43、ラウンジのママが女王様に…③
(2007/09/02)

あの日から僕はひろみ様のペットになりいろいろな調教を受ける事になりました。初めて調教された次の日もひろみ様のお店を閉めてからR女王様のお店に行きました。店の前でひろみ様に首輪を付けてもらいリードを引っ張られて中にはいりました。その日はお客さんも数人いて従業員のS女性も2人いてました。奥からR女王様が出て来て『いらっしゃーい!もう少ししたら終わりやからそこで飲んで待っててね。ヒロキ!こんばんは。昨日は楽しかったねぇ』『R様、こんばんは!昨日はありがとうございました』『あとで可愛がってあげるから服を脱いで床に正座して待ってなさいね!』『えっ?はい…。』僕は他のお客さんや店のS女性がいてるのも気にしないで急いで脱ぎ正座しました。この店では珍しい事でもないみたいで全裸になっても誰もびっくりしてませんでした。ひろみ様が水割りを飲みながらヒールでチンポを踏み僕のアゴを掴みながら『今日はヒロキのアナルを拡張して何でも入る変態アナルにしてあげるからな』『はい…。』しばらくして閉店しお客さんもいなくなりR様が『さぁ、はじめようか!ヒロキ、四つん這いになって顔を床に着けてこっちにお尻向け!FちゃんとTちゃんもこっち来て見ときね!』店の女の子にまで恥ずかしい姿を見られてます。『まずは浣腸しよね!初めてやからイチヂク5個とお湯を500くらいかな』R様はローションをアナルに垂らしゴム手袋でアナルをほぐして指を1本入れてきました。僕は思わず『あっ、あぁ…。』と声を出してしまいました。


アイリング
44、虐められるドМ実習生①
(2007/09/02)

HRが終わり教室を出た時、亜矢と2人の女生徒が寄ってきて『やっぱりお前やったんか!』僕はとぼけていると『これに昨日の事が全部映ってんで』と言われ撮られた事にきずき最悪の状況になり小さな声で『ごめんなさい。許して下さい』と謝りましたが亜矢は『これをバラまかれてクビになりたくなかったらあとでバスケ部の部室に来い』と僕の足のスネを蹴りながら言い教室に戻りました。
僕は心臓がバクバクして『しまった、どうしよう』と頭ん中が真っ白になりましたが、教師になれないとしてもあの変態オナニーを撮られたのをバラまかれるのはマズいと思いお金で許してもらおうと思い放課後部室に向かいました。その週はテスト前なのでほとんどのクラブはなくスポーツ部の部室の周りには誰もいませんでした。僕はノックをしてバスケ部の部室に入りました。そこには亜矢と先ほど一緒にいた美希と涼子の3人が僕の変態オナニーのビデオを見ながら笑ってました。亜矢は『お前、実習生のクセにエラい事してくれたやん』僕は黙って下を向いていると美希が『このビデオいっぱいダビングしてバラまいてやろか?』僕は頭を下げて『これで許して下さい。お願いします』とお金の入った封筒を亜矢に渡しすと『金で済む問題ちゃうやろ!お前は今からあたしらの奴隷やで!わかったら全裸になって土下座しろ!』涼子は『早よせんとこのテープ担任に見せるで!変態実習生くん!』とバスケのボールを僕の頭に投げつけました。3人は薄ら笑いをし勝ち誇った顔をしています。僕は観念して服を脱ぎ全裸になって土下座しながら『申し訳ありませんでした。お許し下さい』と頭を地べたにつけて謝りましたが亜矢は写メを撮りながら『そんなんで許すわけないやろ!実習が終わるまでお前は奴隷やからな!ほらっこのビデオみたいに足広げてオナニーしてみ!』涼子は『これからは名前に様をつけて呼ばなお仕置きやからな!』『返事は!』『はい…』『わかったら早よ変態オナニー見せろや!』僕はこんな最悪の状況にも勃起してしまいチンポの先から透明の汁が垂れていました。亜矢様は(ここから様を付けて書きます)『こいつチンポ起ってるやん!キモっ!ホンマもんの変態やぁ〜』と笑いながら僕の顔に唾を吐きつけました。美希様も『亜矢の言ったとおりホンマにドMやったんやぁ』涼子様はかなりのドSらしく慣れた口調で『お前ブルマ好きなんやろ?ブルマ被りながらしごけ!』と僕の顔にブルマを被せてチンポに唾を吐きながら言いました。僕はブルマで目が塞がれ唾と汁でベトベトになったチンポをしごき『うっ、イキそう、イクっ!あぁ〜』数分でイッてしまいました。亜矢様らはゲラゲラ笑いながら写メを撮ってます。そして『汚いなぁ、この変態マゾ!自分で出した物は自分で掃除しろよ!』亜矢様に髪の毛を掴まれて床に飛び散った精子を舌で舐めさせられました。




45、虐められるドМ実習生②
(2007/09/02)

四つん這いで舌ですくい取った自分の精子を口に吸い取っていると涼子様が後ろから僕のお尻に靴で踏みつけ『おいっ、全部飲み込めよ!』僕はむせながら床の埃や砂の混ざった自分の精子を飲み込みました。すると亜矢様は『こいつの頭押さえつけといて』と美希様と涼子様に言い僕は仰向けに倒され髪の毛を掴まれ押さえつけられると『全部飲めよ!こぼしたらお仕置きやからな!』と言うと亜矢様はスカートをめくり黒い下着を脱ぐと僕の顔にまたがりチョロチョロとオシッ●をしはじめました。僕はお仕置きという恐怖から慌てて口を大きく開けてオシッ●を受け止め飲もうとしましたがこぼさずに全部飲めるわけもなくほとんどこぼしてしまい亜矢様に顔を踏まれ『こぼすな言うたやろ!』オシッ●まみれになった僕を亜矢様らは踏んだり蹴ったりし僕の服で床にこぼれたオシッ●を拭かされ『今日はそれを着てそのまま帰れよ!』と言われ僕の身体にマジックで『変態マゾ』『オシッ●大好き』『亜矢様の奴隷』と書かれ『僕は亜矢様の奴隷です。どんな命令にも従いますので実習の間好きなようにして下さい』と言わされオシッ●でベトベトになった服を着て帰りました。僕はその時悔しい気持ちはなくて、今まで妄想していた事が実際にリアルでされて亜矢様らの奴隷になった嬉しい気持ちでした。次の日も部室に呼び出され中に入るとすぐにに全裸にさせられ首輪を付けられました。亜矢様は四つん這いになった僕の首輪に鎖をつなげ『暗くなったらこのカッコで散歩に連れて行ったるな!』涼子様は鎖を引っ張りながら『今日からお前がもっと変態マゾになれるように本格的に調教したるから喜べよ!』と嬉しそうに言いました。美希様は自分が使ってたバイブと薬局で買ってきたイチヂク浣腸1箱とホームセンターで買った縄と洗濯バサミなどをカバンがら取り出し『お前の為に買ってきてやったんやで!昨日のお前のお金で買ったんやけどな』笑。亜矢様は四つん這いの僕の上体を起こし乳首と舌に洗濯バサミをつけ『アキラ!足を広げてお尻を突き出せ!』僕は乳首の痛みに耐えながら『はぃ…』と答え自分で手で広げてお尻を皆様に突き出しました。涼子様が『お前のアナルをガバガバにしてやるからな!』と言いイチヂク浣腸の箱を開けてアナルに突き刺しブチュっと入れました。僕は『あっ…』と声が出ましたが舌が洗濯バサミに挟まれてて『浣腸は許して下さい』ってちゃんと言えずにお尻を引くと亜矢様にビンタされ『何してんねんっ!全部入れるまで動くな!』と言われ恥ずかしさと苦しさに耐えました。1個目からお腹が痛くなり10個全部入れ終わったときは足が震えて息もちゃんと出来ないぐらいに苦しく口から涎を垂れ流しながらハァハァ喘いでました。亜矢様は『勝手に漏らすなよ!散歩行くから四つん這いでついておいでや!』外は暗くなったとはいえまだ6時すぎです。僕は『許して下さい!お願いします!』と必死でお願いしましたが、洗濯バサミで言葉になりません。グルグルなるお腹が痛く動けないでいると亜矢様は鎖を引っ張り美希様と涼子様は後ろから足で蹴って無理矢理部室の外に出さされました。首輪の鎖を引っ張られ四つん這いのお尻を蹴られお腹に激痛を感じながら外に出されました。春になったとはいえまだ寒く震えながらグランドに引っ張られて行きます。校舎からは離れてるので人影はありませんが夕暮れのグランドに全裸の男が女生徒3人に首輪を引っ張られ四つん這いで散歩している姿は異様な光景でしかありません。僕はもう限界になり舌に洗濯バサミを挟まれながら必死で『亜矢様、出させて下さいお願いします!』と言いましたが、亜矢様は『ここで漏らしたら縛ってグランドに放置して帰るからな!』と言い美希様のバイブをアナルにあてて無理矢理押し込んで来ました。僕は太い杭を打ち込まれたみたいな感覚でアナルに激痛が走り声にならないうめき声をあげて涙が出ました。それでも亜矢様は深く奥まで突き刺し足でグイグイ押し付けて来ます。僕は『ギャァ〜』と叫び地面に崩れ落ちバイブが亜矢様の足から離れた瞬間にバイブを1メートルぐらい吹き飛ばし爆音とともに排泄してしまいました。亜矢様らは僕の顔やチンポを踏みつけながら『あ〜あ!この変態マゾ漏らしよった!』『誰が出してええ言うてん!キツ〜いお仕置きやな!』『グランドでウン●垂れた罰やな』僕は半分気を失いかけながら聞いていました。放心状態の僕に容赦なく唾を吐きかけられ涙と涎と排泄物でグチャグチャになりながら僕は『ごめんなさい。お許し下さい』を繰り返していました。


CFNMの話 その77

251、JSの集団に見せつける
(2012/11/28)

ちょうどPのあたりの高さの個室の壁に、穴が2つ開いているのに気がつきました。穴の大きさはちょうど一円玉位の太さの穴で、結構大きくて、横からPが丸見えの位置で、Pから穴の開いた壁までは60センチ位の距離で、こっちから中を何気なく覗くと中からテープがはってあるようで、ガムテープの粘着部分しかみえませんでした。用をたそうとPを出そうとした時に、逆の入り口からJSの5〜6年生位の子が来て、二人で個室に入って行きました。気にしないで用をたそうとすると、先程の穴のガムテープがそっと剥がされて、肌色が見えました。コソコソ声で、「みえる?」「まだ出してないよ!」って会話が聞こえてきました。個室は天井が開いているので、コソコソ声が丸聞こえです。チャンスだと思い、逆を向いて、一旦皮を被せて便器に向き直して、なおかつ少し左向きに向いてしばらくPを振っていたら、「出した出した!丸見えだよ!玉まで出てるよ!でもこの人のは、とんがってるよ!」「わ〜ホントだ!」とコソコソ声の会話が聞こえてきて、「や〜スゲ〜!キモイ〜!」と、もう一人の子も興奮してる様子で、すると、もう一人の子が、「ムービー撮る?」って言ったら、「撮る撮る!」って聞こえてきて、「オシッ●出たら撮るからね!」「オッケー!」って聞こえてきたから、両手を後ろに組んで、しばらくいたら、「チンチンもたないのかな?オシッ●出ないね!」って会話で興奮して、下向いてたPが段々上を向き始めて、皮も徐々に向け始めてたら、一人の子が、「あっ!長くなってきた!」って会話で、我慢出来なくなって、人差し指と親指で皮を一気に剥いて、上向きに二本指で持ったら、「棒だ棒だキノコ棒だ」って言い出して、もう一人の子は「オシッ●自分にかかちゃうじゃん!」って会話を聞きながら、シコシコをゆっくり始めると、「ムービーとってるからね!」って聞こえてきて、我慢汁を指で伸ばして糸を引くとこを見せたりしてたら出したくなったので、早くシコシコしたら、「あっ!早くなったね!」って言葉に、興奮して、出ちゃいました。出るときは、穴の方を向いて、手を止めて、ドピュッ!ドピユッ!と飛ぶとこを見せて、根っこからゆっくり扱いて残り汁をダラッと出すとこまで見せてあげました。すると、「今飛んだの精子だよね?オシッ●じゃないよね?」「スゲ〜初めて精子見たよ!真っ白だっね!」ってコソコソ声の会話でまた大きくなってきたら、「あっ!また長くなってきた!」って会話でもう一回シコリました。でも途中でタクシーの運転手がこっちに向かって来たので止めて慌てて外にでて、トイレの裏でそっと会話を聞いていたら、「この人はキノコ棒じゃないね!」っていってました。久しぶりに凄く興奮しました。

蒼の彼方のフォーリズム ダウンロード販売

252、泥酔お水3人組にオナニーを見てもらう
(2012/11/28)

昨日の夜、呑んだ帰りにふらふら歩いていると前からお水っぽい3人組がこちらもふらふらしながらあるって来た。ムラっときたというか、ピンときたというか無性にRしたくなり、ガードレールにすわり一気にパンツを下ろしました。3人ともほぼ同時に気づいたみたいですが笑ってます。
千年戦争アイギスR オンラインゲーム
「かぜ引くよー」
「あららら、まぁ」
「ぷっ」


こちらに近寄ってきます。
「ふぅぅ」とため息をつきながら、扱き出しました。

「なにしてんの、変態くん」
「気持ちいいの、あらパイパンじゃない」
「見ててほしいのかな、どMくんは」

「いや、なんかちょっと暑くてね」

話をしながらしごいていると、
カブに乗ったおまわりさんが近くに来ました。
深夜の巡回か何かだったんでしょう。

やばいっと思ったらとっさに
「もう、あんなに呑むからよ、大丈夫」
「ちょっと座って休みなよ」
といって私を隠してくれました。

普通の酔っ払いかと思ったおまわりが去っていくと

「さっ、頑張れ変態」
「あっ、ちょっと待って、写メ撮らせてよ変態くん」


再開して程なく終わりに近づき
「あっ、いきそう」というと

「飛べっ、どこまで飛ぶの、いけっ」
大声援の中、大量発射。
「うわぁぁ、でた」
「ホントにいった」
「すごいいっぱい出てる、さすが変態くん」


しばらく放心状態でした。

「あーおもしろかった。じゃーねー」
「かぜ引かないようにねー」
「変態くん、またねー、捕まっちゃダメよー」


PRIMAL×HEARTS ダウンロード販売
253、JKにブラブラとチンコを見せる
(2013/05/06)

女子校の通学路に行ってきました。
本当に様々な反応をしてくれますね。

チャックからブラブラさせながらすれ違ったのですが、
顔を歪めながら「キモ…」と言いながらもガン見する子
ニヤニヤしながら通り過ぎる子真顔でぽかんとしながらガン見する子

顔を背けながら目線は釘付けの子友達に後から教えられて
「えー!見たかったー!」と言う子
「ちんこ見せてんじゃねーよ!」と叫ぶ子
友達と一緒に戻ってきて二度三度と見ていく子

途中からは勃起してしまいビンビンのものをみせつけることができました。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
254、金髪ギャルに罵倒されながら強制オナニー
(2013/08/29)

先日、仕事帰りにムラムラしてきて、露出でもしよーかと、夜の12時頃に、少し寂しい駅を車で徘徊すると、夜も遅いのに、ギャハハー!!と黄色い声が聞こえてきた!!ふと見ると、団地の方から、金髪ギャル二人組が、歩いているのが見えたので、車を止め、ギャルの後を追う。 ギャル達は近くの玉出「スーパー」に入った! 私はスーパーから出てきたギャル達が、ここを通ると読み、団地の車の影に隠れて、ズボンに手を入れFB状態にしスタンバイOK・・・だが、待てどもギャル達は出てこない・・・15分が過ぎ、やっとギャル達が出てきた!!・・・しかし、この時点でPは小さくなってしまい、 仕方なく皮が被った状態での露出実行。 車の影で、下半身丸出しになり、ギャル達が、こちらに近づいてくる。車の影から出てきて、暗闇の中、手持ちのライト点灯し、まずはギャル達を照らし、こちらの存在を気付かせた後、自らの下半身を照らすと、「えっ!?何あれ!!うわぁ〜!!不審者〜!!不審者〜!!」と1人のギャルが、笑いながら叫びだし、もう一人のギャルも笑いながら「うわぁ〜キモい!!キモい!!」と連呼しながら、後退り 私は小心者なので、すぐにその場から離れたが、ギャル達の声がいつまでも聞こえるので、少し様子を見る為に待機、するとギャルが、「もう一回見せてーやー」と言いながら、こちらに近づいてくる!! 私はこれはチャンスだ!!と思い、再びギャル達の前に登場し、近くの公園に移動。そして股間をライトアップ!! 残念ながらFBではないが、パイパンホーケーチンポはインパクト大でしょう。 ギャル達との距離は、およそ10M「よく見えへん」と言いながら徐々に私の方に近づいてくる、5M程の距離まで近づき「うわぁ〜!!、ちょっと!! 毛無いし!!ガハハ〜!!マジでキモいやん!! 爆笑やし」とさんざん二人で私のツルチンを見ながらバカにする始末、しかも悪乗りが酷く 1人のギャルが、「写メ撮らせてや〜」もちろんOKしたが、写メを撮るも遠すぎるのか、さらに近づいて来て2M付近でしゃがみこみ激写!! 写メ を撮ると、少し後ろに下がったが3M付近でストップ。 私の息子も徐々に興奮し、半立状態になり、「なんかさっきより、でかなってない!?」「うわぁ!!ホンマやし!!きっしょー!!ギャハハー!!」しばらく、この状態が続いたが、いきなりギャルの携帯が鳴り出し「写メ見たー?バリキモいやろ!!、ガハハ〜!! オモロイ物見れるで〜!!今○○の裏の公園、今おるねんて、すぐ来てやぁー!!」どうやら近くに住む女友達を呼んだらしく、女友達?が来るのを待つか退散するかは、私としては大きな賭けだった。 悩んだあげく、こんなチャンスはめったに無いし、もし男が来たらダッシュで闇の中に逃げてやる。 待つこと10分。 闇の中から数名の人影がこちらに近づいてくる、写メを送ったギャルが、「こっちこっち!!」と叫び出す。 かなりドキドキしたが、3人追加で、新にギャル達登場!! 「うっわぁ!! 何あれ!?マジやん!!キモーい!!ギャハハー!!」待っていた間、ドキドキしていたので、半立になっていた息子は、最小限に縮こまり、毛も無いから、まるで小●生のようになっていた。計5人になったギャルは、ほぼ無敵状態、1Mの距離で、あっという間に5人に囲まれ「何こいつ!? めっちゃ小さ!!ガハハ!! さっきはもっと大きかったで〜!!うそ〜!?おっさん、大きくなってるの見せてーやー!!」 願ってもないチャンスに遭遇!! 喜んでPを弄ると、「シコってるし〜!!キモーい!!」みるみる大きくなって完全にFB状態に!! ギャル5人組の反応は・・・「うっわ!?」食らい付くかのような眼差しで、ツルチンをガン見!! 1人のギャルが、また携帯を取り出し、私の息子に向け始めた、「○○写メ?・・・ううんムービー、撮ってるやん!!ギャハハー!!」5人組のギャルに見られながらのオナニー、わずか5分程度だが、最高のテンションに私の息子は射精!! 自分でもビックリするぐらいの量がドクドクと飛び出した!!「うわぁ!!なんか飛んできたし!? こいつ逝ったんちゃう!?キモい!!キモい!!」ギャル達は一斉に後退りし距離を取る。「キモーい!! 誰が行けって行った!? お前キモいねん!!」・・・かなりのご立腹? 様子を見るとどうやら短パンのギャルの太ももに少し付いた見たいで、「きしょい!!きしょい!!」と叫んでいた。そんなつもりじゃなかったのに、結果的に、ぶっかけてしまった。一人スッキリした私は、我に変えると5人組が、ギャーギャー騒ぎ立てるので、近所の目が気になり、この場を離れようとするとギャル達は「ちょっと待てや!!」と追いかけて来る、ダッシュで逃げ切った後、車で公園付近を見に行くとギャル達はおらず、しばらく徘徊すると、・・・いた!! 駅の方に歩いていく人影を発見!!ん?だが よく見ると・・・男も一緒だ!! そのまま車で巡回しながら、ギャル達の行方を追うと・・・その先には、なんと交番!! その後、通報され、公園付近にKの方が、ウロウロしてたので、一目散に、その場から脱出しました。

俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!! (1) ダウンロード販売
255、ちんこの写メを撮ってもらう
(2013/08/29)

家から15分くらいの公園まで裸で出発。夜だったので車しかすれ違わす公園についちゃいました。そこでピンチ。夏休みだからか夜なのに大学生か高校生の女子二人がブランコに座ってはなしてました。 狭い公園なのですぐに全裸の俺に気づいてコソコソ話し出す。ヤバイかなと思ったけどめったにないチャンスなのでベンチに座ってシコシコ出しちゃった。そしたら女子二人が近づいて。写メ撮って『小さい』と言っていってしまいました。その後何もなく(車は沢山すれ違ったので見られたと思うけど)家につきました。

たからさがしのなつやすみ ダウンロード販売
変態マゾカウンター
プロフィール

紫眼球水槽

Author:紫眼球水槽
「CFNM」「M男羞恥」に魅せられた紫眼球水槽です。M男を辱める小説を作成しています。それ以外に、体験談、経験談、お勧めのAVや書籍、欲望のままに綴った自作小説を一挙公開させて頂きます。どうぞゆっくりしていってください♪

※本サイトは、18歳未満のアクセスを固く禁じております。
※体験談に著作がある場合は、お手数ですがご連絡いただきますよう宜しくお願い致します。早急に削除いたします。

カテゴリ
紫眼球水槽作品集
社畜奴隷 調教残業奴隷転落綺譚 後編ママと内緒の調教メール。調教する隣人4調教する隣人3包茎皮伸ばし調教メール ボイス編調教する隣人2調教する隣人1奴隷転落綺譚 前編包茎鬼畜遊戯-第2章 戯曲-包茎鬼畜遊戯-第1章-田舎ママ女王様 VS 包茎マザコン男包茎皮伸ばしメール調教物語女王様の包茎ち○ぽ言葉責め!
紫眼球水槽バナー
紫眼球水槽の公式HP
M男向けGIF集
bloggif_57d4c5e1232f4.gif bloggif_57d4c620af209.gif bloggif_57d4b1160012f.gif bloggif_57d4b06e81524.gif bloggif_57d4b0f81723d.gif bloggif_57d4b03b6b7dc.gif bloggif_57d4b0cd83fb3.gif bloggif_57d4b00a1a0ac.gif bloggif_57d4aff2a14f5.gif bloggif_57d4b0a13a4a5.gif bloggif_57d4afcc8dd1e.gif モンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しましたモンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました tumblr_mlpuze3fy21s17vl9o1_1280.jpg モンタージュBloggifを作成しました ABCっでうぇw05 モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました モンタージュBloggifを作成しました
センズリ鑑賞動画
お気に入りサイト様
最新トラックバック
タグ

CFNM 女王様 罵倒 顔面騎乗 包茎 強制オナニー 圧迫 手コキ 長身 クンニ アナル 爆乳 JK センズリ ギャル 格闘技   ブーツ 聖水 ォシッコ フェラ 言葉責め ビンタ おばさん 蹴り JC 女装 足コキ 金蹴り 踏みつけ 短小 JS 看護婦 酔っぱらい女 いじめ ぺ二バン 淫語 奴隷 女子高生 トイレ 露出狂 美脚 ぽっちゃり 蝋燭 おっぱい  巨尻 ママ お漏らし 羞恥 嘲笑 温泉 マッサージ オムツ 同級生 清掃員 爆笑 臭い 赤ちゃんプレイ チンカス 剃毛 OL 店員 授乳 立ちション 熟女 ナース カップル  コンビニ店員 M男 寝取られ ペニバン 芸能人似 金玉 ペ二バン 浣腸 竹刀 筋肉 JD Jk 茶髪 子供 露出 緊縛 アロマ企画 フリーダム パイパン ネカフェ  メス化 女教師 食糞 屈辱 飲尿 ヤンキー 首絞め 同僚 灰皿 女子 コスプレ 電気あんま 格闘 ぶっかけ 銭湯 失禁 パート 水着 69 土下座 プール 集団 パンチ レザー 電気按摩 ぺニバン ウンチ キス 童貞 携帯  部活 足舐め ボクシング ヒール 巨根 SEX マザコン 五十嵐ゆい 水責め JK 女子大生 散歩 外国人 ホモ クラスメイト 首輪 バイブ 撮影 早漏 キャバ嬢 オムニバス 鷹宮りょう 人間灰皿 ハード 大槻ひびき 赤ちゃん 黄金 愛音ゆり 夢野あいだ キモい ヨダレ ふたなり 匂い NTR  検尿 フードクラッシュ 咀嚼 ロリ ミニスカート ホテル 障●者 笑顔 フェラチオ バイト ホームレス JS 客引き レジの店員 親子連れ 中国 満喫 ブス JC 写メ メイド 強制ホモ 塾の先生 マクドナルド 誕生会 ニヤニヤ 感想 オナホール 男女兼用 アカスリ 水泳 乳首 居酒屋 トイレットペーパー 乗馬  ファーストフード店 煙草 ブーツ舐め 失笑 スパンキング 精子 脱糞 抱っこ 女上司 セールスレディ 隣人 公衆トイレ 尿道   おむつ 女看守 母親 妻の友達 排泄 アイドル 裸踊り オナクラ 監禁 異世界 後輩   コンビニ 女将 パンチラ 飲み会 素人 カラオケ 上司 乳首責め アナル舐め 巨漢 奥様 掃除のおばちゃん 女の子 ウエイトレス ジョギング ばばあ 先輩 お姉さん エレベーターガール 伯母 不良  試着室 スポーツ用品店 ネイルサロン 人間便器 チャット 公園散歩 女子マネ パンティ 女子社員 部下 水泳部 マンション レジ店員 計測 浴衣 歯医者 おなら 



FC2 Management